2015年01月13日

自動車教習所津波訴訟仙台地裁判決

 東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県山元町の常磐山元自動車学校の教習生二十五人とアルバイト従業員の女性=当時(27)=の遺族が、教習所側に約十九億七千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で仙台地裁は十三日、全員に対する教習所側の責任を認め、計約十九億一千万円の賠償を命じた。遺族側の全面勝訴の内容。地裁は「教習所側が津波を予見し、教習生らを安全に送迎する安全配慮義務に違反した」と指摘した。教習生は当時十八〜十九歳。

 震災で津波犠牲者の遺族が学校側や勤め先など管理者を相手取った訴訟の一審判決は四件目で、損害賠償が認められたのは、園児五人が死亡した宮城県石巻市の日和(ひより)幼稚園の訴訟に続き二件目。従業員に対する責任を認めたのは初めて。

 判決理由で高宮健二裁判長は「教習所前で消防車両が避難を呼び掛けており、津波が襲来することを具体的に予期し得た」と指摘。教習所側が「速やかに教習生らを避難させ、安全なルートを通って送迎先に送り届ける安全配慮義務があった」として、避難の遅れと死亡との因果関係を認めた。

 判決後、子どもを失った原告男性は「ほっとした気持ちはあるが、線香を上げ続ける毎日に変わりはありません」と喜ぶ様子は見られなかった。

 判決によると、二〇一一年三月十一日午後二時四十六分の地震発生後、海岸から約七百五十メートルの教習所は授業再開を検討し、教習生を敷地内に待機させた。その後打ち切りを決め、午後三時四十分ごろ、教習生が分乗した送迎車などを出発させたが、津波にのまれ四台の二十三人が死亡した。発生時に路上教習で内陸側にいた二人は、海側の教習所に戻った後、徒歩で移動中に被災した。

 アルバイトの女性は勤務中、教習所か周辺で津波に巻き込まれた。

 教習所側は、津波到来は予見できず、安全配慮義務はなかったとして、請求棄却を求めていた。

 教習生の遺族が一一年十月に、女性の遺族が一二年四月にそれぞれ提訴し、一緒に審理された。教習所側によると、役員や教官ら十人も津波の犠牲になった。(東京新聞、2015.1.13)
posted by リュウノスケ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランスモスク襲撃事件

 フランスの複数の都市で7日夜から8日未明にかけて、イスラム教の礼拝所などが攻撃される事件が相次いで起きた。検察当局者が8日、述べた。

 パリ(Paris)西部のル・マン(Le Mans)では8日午前0時過ぎ、モスク(イスラム教礼拝所)に手りゅう弾3発が投げ込まれた。手りゅう弾は爆発しなかった。

 また、仏南部ナルボンヌ(Narbonne)近郊のポールラヌーベル(Port-la-Nouvelle)ではイスラム教の夜の礼拝の直後に、礼拝に使われていた建物に向けて発砲があった。

 さらに8日、仏東部ビルフランシュシュルソーヌ(Villefranche-sur-Saone)では、モスクそばのケバブ店で爆発があった。けが人はいなかったが、当局者は、爆発は「犯罪行為」によるものと述べ、警察当局が捜査に着手したと語った。(AFPBB News、2015.1.8)


 7日の週刊紙襲撃事件後、フランス各地でモスク(イスラム礼拝堂)などイスラム教関連施設への「報復」とみられる事件が相次いでいる。事件に反発した者の犯行とみられ、反イスラム感情の高まりが懸念される。

 仏メディアなどによると、7日夜に南部ポルラヌーベルで無人のモスクに銃弾数発が撃ち込まれた。

 また、8日には東部ビルフランシュシュルソーヌでは、モスクのそばにある中東などで供される料理ケバブの店で爆発があった。

 西部ルマンではモスクに手投げ弾3発が投げ込まれた上、銃撃されて窓などが破壊された。幸い死傷者はなかったという。(毎日新聞、2015.1.11)


 フランス連続テロ事件の犠牲者を悼むため仏各地で実施された大行進について、仏内務省は11日、全国の参加者の合計が少なくとも370万人に達したとの推計を発表した。仏メディアは、第2次世界大戦中の1944年の「パリ解放」時を超える「前例のない規模」だと報じている。行進は同日夜に終了し、目立った混乱はなかった。

 このうちパリの行進に加わったのは160万人超とみられ、98年にパリのシャンゼリゼ通りに集まってサッカー・ワールドカップ(W杯)のフランス優勝を祝った150万人の記録を上回った。

 パリ解放の際には4年にわたったナチス・ドイツの占領が終了し、全国で多くの国民が集会などを開いて自由を祝った。正確な人数は定かではないが、フランスでは史上最大の人出の象徴と位置付けられている。

 大行進にはキャメロン英首相やドイツのメルケル首相ら欧州主要国を中心とする40人超の各国首脳も参加。参加者は事件の犠牲者の遺族に先導され、市中心部レピュブリック広場から東部ナシオン広場までの約3キロを練り歩いた。(時事通信、2015.1.12)


 犠牲者を悼む大行進が行われる一方でモスクが襲撃されているようです。「ムハンマドを貶める行為を表現の自由として認めること自体がヨーロッパにおけるイスラム教徒への差別そのもの」という意識がテロ事件の動機の一つであり、モスク襲撃はそれを証明して余りあります。

 報復はキリスト教右翼とイスラム教過激派双方のイデオローグを利するだけ。平和に暮らしたい一般市民にとっていいことは何もありません。


 <銃撃された仏紙、最新号表紙にムハンマド風刺画>
 先週、仏パリ(Paris)にある本社がイスラム過激派の男らに銃撃された仏風刺週刊紙シャルリー・エブド(Charlie Hebdo)が、14日に発行予定の銃撃後初となる最新号の表紙で、「すべては許される」とのメッセージの下で「私はシャルリー」と書かれたカードを掲げながら涙を流すイスラム教の預言者ムハンマドを描いた風刺画を掲載することが分かった。

 同紙は、発行に先立ち表紙をメディアに公開。「生存者号」と銘打ったこの特別号の発行部数は300万部で、諸外国から引き合いがあったことから16言語に翻訳され、25か国で発売される予定。

 同紙の腕利きの風刺画家5人を含む12人が殺害された銃撃事件を受け、「私はシャルリー」とのメッセージとともに同紙との連帯を示す運動が世界中で広まっている。

 だが、同紙が再びムハンマドの風刺画を掲載することで、預言者をいかなる方法でも描いてはいけないと信じる一部の敬虔(けいけん)なイスラム教徒からの反発が強まる可能性がある。

 同紙は2011年、ムハンマドの風刺画を掲載したことで、イスラム過激派とみられる集団によって本社ビルに火炎瓶を投げ込まれる被害を受けている。今月7日に本社を銃撃した男らは、現場を立ち去る際、「預言者ムハンマドのかたきを討った」と叫んでいた。


<参照>
グーグル画像検索 「MUHAMMAD CHARLIE」
ウィキペディア ムハンマド風刺漫画掲載問題
posted by リュウノスケ at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(テロ事件) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする