2014年11月15日

侍ジャパンノーヒットノーランリレー達成

 「2014 SUZUKI 日米野球」の第3戦が15日、東京ドームで行われ、小久保監督率いる侍ジャパンは大リーグ選抜と対戦。坂本、中田の一発でリードを奪った侍ジャパンは、先発・則本から4人の継投で“ノーヒットノーラン”を達成。4―0の完勝で3連勝し、1990年以来24年ぶりに日米野球の勝ち越しを決めた。

 侍ジャパンが投打で大リーグ選抜を圧倒した。打線は3戦連続で先手を奪う。2回、中田の左翼線二塁打から1死二塁、坂本が左越え2ランを放って先制した。3回には松田の左前打で1死一塁から、中田が左越え2ランを放ってリードを広げた。

 援護を受けた投手陣も応えた。先発・則本は5回を投げ打者15人から6奪三振のパーフェクト投球を披露し60球で降板。6回から2番手で登板した西は2四死球を与えたものの2イニングを無安打に抑えた。8回は3番手・牧田が2四球で1死一、二塁のピンチを背負ったが、後続を抑えて“ノーヒットノーラン”を継続。9回は4番手・西野がアルトゥーベを空振り三振、サンタナを二ゴロ、モーノーを一ゴロに抑えた。

 日米野球で日本代表が勝ち越しを決めたのは1990年(8試合制、4勝3敗1分け)以来24年ぶりとなった。(スポニチ、2014.11.15)


 まさに快挙。パリーグ4投手はもちろん9回表サンタナが放ったヒット性の当たりを攻守でアウトにした菊池は特筆に値します。日本のいいところばかりが出た試合でした。


 <カノ骨折だった 右足小指に死球、残り試合欠場へ>
 大リーグ選抜のロビンソン・カノ内野手(32)が15日、日米野球第3戦で7回に西から右足小指に死球を受けて、途中交代した。

 そのまま都内の病院に直行し、エックス線検査を受けた。大リーグ機構も所属球団のマリナーズもケガの詳細については明らかにしていないが、関係者によると、右足小指の骨折で全治3〜4週間。残り試合を欠場することになった。

 だが、痛みはなく、12月中旬にはプレーに支障がなくなる見込みで、2月の春季キャンプには支障がないという。

 大リーグ公式サイトによると球場を出る際には「これも試合の一部。(16日の)日曜の試合も(札幌での)最後の試合もプレーできると思う」と話していたが、無念の離脱となった。5年連続で球宴に出場しているカノは、今回のメンバーで最大の目玉選手だった。(スポニチ、2014.11.16)


 <侍ジャパン西、骨折カノに直接謝罪>
 侍ジャパンの西勇輝投手(24=オリックス)が試合前、前日15日の第3戦で死球をぶつけて右足小指を骨折したロビンソン・カノ内野手(32)に謝罪した。

 練習前には小久保監督、鹿取投手コーチに付き添われ、ファレル監督に謝罪。その後、カノが球場に到着した直後、本人に直接謝った。(日刊スポーツ、2014.11.16)


西 カノーにデッドボール!カノー骨折!



<参照>
日刊スポーツ スコア速報 日本 対 MLB 【試合終了】 日本3勝0敗0分け ◇日米野球◇開始18時07分◇東京ドーム◇観衆46084人 2014年11月15日20時50分04秒更新
posted by リュウノスケ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カマタマーレ讃岐知事選で現職に推薦状

 香川県を本拠地とするサッカー・J2のカマタマーレ讃岐が、8月に行われた同県知事選で再選された浜田恵造知事に推薦状を出し、関係者の政治活動を禁じたJリーグ規約に違反するとして、村井満チェアマンから口頭で厳重注意を受けていたことがわかった。

 規約では「リーグ関係者は、職務に関連して政治的デモンストレーションをしてはならない」と定めている。リーグによると、熊野実社長名の推薦状が告示前の7月、知事の後援会事務所に貼り出されたという。

 リーグの指摘で讃岐は8月31日の投開票日までに推薦状を取り下げたが、規約違反と判断した村井チェアマンが9月、熊野社長に電話で注意した。政治活動を理由にした処分は例がないという。

 讃岐は今春のJ2昇格の際、債務超過を解消するため、県から2000万円の出資を受けていた。熊野社長は「規約について認識不足だった。後援会に依頼され、深く考えずに推薦状を出したが、出資へのお礼という意図はなかった」と話している。(読売新聞、2014.11.14)


 チームにスポンサー名を入れないというポリシーの結果税金を使って運営されているJリーグ。ネット上では「税リーグ」なんて揶揄されているわけですが、現職知事の選挙応援をしているようでは批判は免れません。
posted by リュウノスケ at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

福島県警捜査2課連続自殺事件

 福島県警捜査2課の40代の男性警部補が自殺していたことが13日、県警への取材で分かった。12日夕、南相馬市の山中で首をつった状態で死亡しているのが見つかり、使用していた捜査車両の中に遺書があった。今年に入り、同課員の自殺は3人目。

 県警によると、警部補は12日、南相馬市に1人で出張し、午後2時ごろに県警本部に戻る予定だったが戻らなかった。携帯電話もつながらなかったため、南相馬署などが捜索し、午後5時過ぎに南相馬市鹿島区の山中で捜査車両と警部補を見つけた。

 捜査2課を巡っては、4月下旬に課長補佐の警部(当時51歳)と指導官の警視(当時52歳)の2人が相次いで自殺。県警は6月、自殺した課長補佐を含む同課の男性警部3人に対するパワーハラスメントがあったとして、当時の捜査2課長を戒告の懲戒処分とし、7月に警察庁に異動になった。

 また、10月下旬には、同課の部屋で、捜査員3人が机の引き出しに保管していた捜査費の一部計5万円がなくなっていることが発覚。それ以前にも数回にわたり捜査費の紛失があったといい、県警が内部による窃盗事件の疑いもあるとみて捜査している。

 県警によると、遺書は車内にあったかばんの中から見つかり、ノートの紙1枚に複数の上司と妻、子どもあてに書かれていた。上司あてには「信頼を裏切って、申し訳ありません」、妻あてには「泥棒はしていません。これだけは信じてください」と記されていた。

 捜査費がなくなった事件では同課の部屋にいる全員が事情聴取され、自殺した警部補は「自分は被害にも遭っていないし、具体的なことは何も知らない」と関与を否定していたという。

 県警の久野浩・警務課長は「何が原因か検証して、二度とこのようなことが起きないよう人事管理を徹底していきたい」と述べた。(毎日新聞、2014.11.13)


 福島県警捜査2課の40歳代の男性警部補が12日、同県南相馬市の山中で首をつって死亡していたことが県警への取材で分かった。

 警部補の遺書が見つかっており、県警は自殺とみている。

 県警幹部によると、警部補は12日午前、南相馬市の南相馬署管内に「業務で行く」と言って1人で福島市の県警本部を出た。同日午後になっても戻らず、携帯電話もつながらないため、同課員らが捜したところ、同日夕、南相馬市の山中で首をつって死亡しているのが見つかった。近くに止めてあった公用車内に家族宛ての遺書があり、「私は泥棒はしていません。信じて下さい」などと書かれていたという。

 県警では10月下旬までの約1年間に同課の捜査費計約11万円が盗まれた疑いが浮上。警部補は県警の事情聴取を受けた1人だった。

 同課を巡っては今年4月末、当時の課長からパワーハラスメント(職権による人権侵害)を受けていた課長補佐の男性警部(当時51歳)と、警部の上司だった男性警視(同52歳)が相次いで自殺している。(読売新聞、2014.11.13)


 福島県警捜査2課の40代半ばの男性警部補が同県南相馬市内で自殺していたことが13日、県警への取材でわかった。同課では4月に課員2人が命を絶っており、今年3人目となった。

 県警によると、警部補は12日午前、業務指導のため1人で南相馬署へ捜査車両で向かった。午後2時になっても福島市の県警本部に戻らず、携帯電話もつながらなかった。同課員らが捜索し、同日午後5時過ぎ、南相馬市鹿島区の山中で首をつって死亡している警部補を見つけた。近くの捜査車両にあった遺書には、上司などにあてて「信頼を裏切って申し訳ない」などと書かれていた。

 同課では4月、課員の警部(当時51)が自殺し、上司の警視(当時52)が後を追った。県警は6月、警部の自殺はパワハラが一因などとして当時の課長を戒告の懲戒処分にし、更迭した。県警は今のところ、2人の死亡と、今回の警部補の自殺は関連がないと見ている。(朝日新聞、2014.11.13)


 福島県警本部(福島市)の捜査2課の複数の机に保管していた捜査費計約5万円がなくなっていたことが5日、分かった。県警は10月30日に福島署へ被害届を出した。窃盗容疑で調べている。

 県警刑事総務課によると、捜査費は交通費など経費として毎月初めに捜査員に支給される。今回は10月上旬に支給され、同月下旬に捜査員がなくなっていることに気付いた。捜査員がいなくなる夜間は、部屋を施錠していたという。

 刑事総務課の椎根正之課長は「管理が不十分で大変申し訳ない。あらゆる可能性を視野に慎重に捜査を進め、再発防止に努めたい」と話した。(共同通信、2014.11.5)


 福島県警捜査2課の複数の捜査員が机の引き出しに保管していた「捜査費」の一部計5万円が無くなっていたことが4日、分かった。捜査2課からの被害届を先月30日に受理した県警福島署などは、窃盗の疑いで捜査している。

 県警刑事総務課によると、捜査費は聞き込みや張り込みなど捜査の際の必要経費として毎月初めに支給される。先月下旬、捜査員の一人が紛失を申し出て発覚し、捜査2課が調べたところ、他の捜査員の机からも封筒に入れていた捜査費がなくなっていた。

 捜査2課の部屋は、課員不在の際は施錠し、鍵は県警の当直に渡していた。鍵が壊された跡はなく、外部の人の出入りがほとんどないことなどから、福島署は内部での犯行の可能性もあるとみて調べている。(毎日新聞、2014.11.4)


 福島県警捜査2課の警部(51)と警視(52)が4月末に相次いで自殺し、上司だった前捜査2課長(45)=6月27日付で警務部付、7月11日付で警察庁人事課付=がパワハラで戒告の懲戒処分を受けた問題で、県警の調査結果の詳細が朝日新聞の取材で分かった。前課長から、警部は日常的に激しく非難され、担当業務も思うように進まず、同僚に謝りながら死を選んだという。

「小学生みたいな文章を作ってんじゃねえ」「何やってんの。あんた本当に警部。国語習ってきたの」

 調査結果によると、前課長は昨年12月〜今年4月ごろ、決裁をもらうために文書を持ってきた年上の警部を自席の前に立たせ、他の課員もいる中、べらんめえ口調の大声で執拗(しつよう)に非難し、何度も書き直させた。他の課員2人にも昨年5月以降、「あんたは係長以下だ」などと叱責(しっせき)していた。(朝日新聞、2014.7.3)


 福島県警捜査2課の警部(51)と警視(52)が4月末に相次いで自殺した問題で、県警は26日、このうち警部の自殺は清野隆行・捜査2課長(45)のパワハラが一因だったと発表した。県警は清野課長を同日付で戒告の懲戒処分とした。

 警部は「仕事に疲れました」という内容の遺書を残し、福島市内の県警施設で自殺した。その後、この警部の名前とともに「最後まで寄り添えなくて申し訳ありませんでした」と、守れなかったことを悔やむ遺書を残し、上司の警視も山形市内で自殺した。

 これを受け、県警監察課が捜査2課員らへの聞き取り調査を実施。清野課長は昨年12月ごろ〜今年4月ごろ、執務室で文書の決裁を求める警部に「小学生みたいな文章を作るな」「国語は習ってきたのか」などと責め立てて3〜4回書き直させるなど、人格を否定するような非難を執拗(しつよう)にしていたという。(朝日新聞、2014.6.26)


 福島県警捜査2課の男性警視(52)と男性警部(51)が4月下旬に相次いで自殺していたことが1日、県警への取材でわかった。2人は上司と部下で、県警は自殺の理由と関連について調べている。

 県警幹部によると、課長補佐の警部は4月28日朝、福島市の県警山下庁舎内で首をつって死亡していた。遺書があり、仕事上の悩みも書かれていた。なりすまし詐欺事件などを担当していた。「事件化するのが難しい」と家族に悩みを漏らしていたという。

 同課指導官の警視は29日から行方不明になり、30日午前に山形県内に止めた乗用車の中で首をつって死亡していた。遺書が見つかり、亡くなった警部に寄り添えなかった、との趣旨が記されていたという。(朝日新聞、2014.5.1)


 伏魔殿と化している福島県警捜査2課。こんな狂気の職場に優秀な学生が就職したがるとは思えないので福島の治安は将来的に暗いんじゃないでしょうか。

 それにしても先輩2人を自殺させ警視庁に移動となった課長のおぞましさ。階級が上とはいえここまでなじれるのはキャリアだからか。極めて悪質な人格障害者であり、再び問題を起こす前に辞職すべきだと思います。
posted by リュウノスケ at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「今度はギュウギュウ?」グルーポンおせち販売再開

 4年前、見本とは全く異なるスカスカのおせち料理で問題になったクーポンサイトのグルーポンが、おせちの販売再開を発表しました。

 グルーポンは、老舗料理店や有名シェフが作ったおせち料理を販売します。4年前、いわゆる「スカスカおせち」で食材の虚偽表示など様々な問題が発覚したため、グルーポンは、30項目だった審査基準を約200項目に増やし、出品を厳格化しました。割引率を実際よりも大きく見せる不当な価格表示への監視も強化し、信頼の回復を図ります。(テレビ朝日、2014.11.13)


 グルーポンのおせちが帰って来ました。「4年前に販売した「バードカフェ謹製おせち」は見本と大きく異なり、価格や使用食材の不正表示、宅配の遅れなど、さまざまな問題が噴出した」(J-CASTニュース)というおせち業界の伝説。スカスカなのはもちろんクール便も使わず痛んでいたというチキンマックナゲット級の生ゴミは玉手箱を開けた浦島太郎のように購入者の度肝を抜きました。

 とはいえ、再び不祥事を起こしたら会社が潰れかねないので今度は立派なおせちが届くんじゃないでしょうか。責任は持ちませんが。


<参照>
【グルーポン-GROUPON】- おせち/お正月特集
withnews グルーポンがおせち再開 反省4年「今度はぎゅうぎゅう」
J-CASTニュース グルーポン、「スカスカおせち」から4年ぶりおせち販売 ミシュラン店などが手がけた豪華17種類
posted by リュウノスケ at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

イ・スンチョル入国拒否

 聯合ニュースは10日、所属事務所の話として、韓国の男性歌手イ・スンチョルさんが9日、羽田空港で約4時間、入国を拒否された状態で留め置かれたと報じた。所属事務所は、イさんが8月に島根県・竹島(韓国名・独島)で「(南北)統一ソング」を発表したことが問題視されたようだと説明している。

 所属事務所によると、イさんは日本の知人の招待で、妻と共に9日午前、羽田空港に到着したが、入国管理局の事務所に留め置かれたという。イさんは同日夕の便で韓国に帰国した。(時事通信、2014.11.11)


 イ・スンチョルは89年にマリファナ吸引事件を起こしているものの、その後日本に15回入国(中央日報)しており竹島での活動が問題になっているのはほぼ確実。

 韓国側からすれば自国の領土である独島(竹島)へ行ったからといって日本に入国拒否されるいわれはありません。逆に日本側からすればれっきとした入国管理法違反であり、これを不問にすれば「竹島は韓国領である」と認めたことになります。法的にいえば入国拒否は妥当な判断でしょう。

 イだってこの程度の成り行きは読んだ上で母国の「義士」になりたかったのではないか。私はこの人をよく知りませんが、日本での音楽活動で最も有名なのはRUI名義で出したTBSドラマ『輪舞曲-ロンド』のエンディング曲だそうです。


<参照>
中央日報 歌手イ・スンチョル、日本入国拒否される…「独島のせい」(1)
朝鮮日報 日本が韓国歌手の入国拒否 独島での曲発表を問題視か
ウィキペディア イ・スンチョル
ウィキペディア 出入国管理及び難民認定法
posted by リュウノスケ at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする