2014年11月18日

高倉健逝去

 「網走番外地」シリーズや「幸福の黄色いハンカチ」「駅 STATION」「あなたへ」など多数の映画に出演し、戦後日本を代表するスター俳優として活躍した高倉健(たかくら・けん、本名小田剛一=おだ・ごういち)さんが10日午前3時49分、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去した。83歳だった。福岡県出身。葬儀は近親者で行った。

 東映にスカウトされ、1956年に映画「電光空手打ち」の主役でデビュー。60年代に出演した「日本侠客伝」「昭和残侠伝」シリーズなどの任侠(にんきょう)物映画で硬派のアウトローを演じて、人気を不動のものにした。

 70年以降も「八甲田山」「野性の証明」「南極物語」「居酒屋兆治」「鉄道員(ぽっぽや)」など、日本映画史に残る名作に出演し続けた。陰影に富んだ演技で古風な男性像を体現し、米映画「ザ・ヤクザ」「ブラック・レイン」など海外作品にも出演。近年は中国を中心に人気を集め、2005年にはチャン・イーモウ監督の招きで日中合作映画「単騎、千里を走る。」に出演した。

 205本目の出演映画で、任侠映画時代からの盟友、降旗康男監督が手掛けた「あなたへ」(12年)が遺作となった。

 2013年文化勲章受章。(時事通信、2014.11.18)


 高倉健という役者はある時代まで日本の男の理想像でしたが、「ケンカが強く女に綺麗で筋を通す」という古きよき任侠的キャラクターは社会が暴力を絶対悪としてしまった時点で役割を終えました。

 その後、暴力を不良が独占した結果として大なり小なり主役は全てヤンキーという荒涼とした状況になりました。健さんの時代ならいまの主役キャラなどチンピラとして軽く一蹴されるザコでしかありません。「正義の暴力」を肯定しない限り真面目で強いヒーローなど絶対に生まれないでしょう。

 健さんの死というのは古い世代が持つ理想の死と重複します。残ったのはヤンキー的アノミーとそれを監視する防犯カメラだらけの『1984年』的ディストピア。高倉健さんのご冥福を心よりお祈りします。


<参照>
ウィキペディア 高倉健
posted by リュウノスケ at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

納谷六朗逝去

 声優の故納谷悟朗さんの弟で、同じく声優の納谷六朗(なや・ろくろう)さんが17日午前10時28分、肺炎のため東京都大田区の病院で死去した。82歳。東京都出身。

 劇団で役者業を始め、69年にアニメ「妖怪人間ベム」で声優デビュー。「聖闘士星矢」のカミュ役や、「クレヨンしんちゃん」で幼稚園の園長先生役などを務めた。「キャプテン翼」「ドカベン」など多数のアニメのほか、洋画や海外ドラマの日本語吹き替えでも活躍。今年3月の第8回声優アワードで功労賞を受賞した。

 兄の悟朗さんは、「ルパン三世」の銭形警部役や、「宇宙戦艦ヤマト」の沖田十三役で知られる。兄弟共演も多かった。(スポニチ、2014.11.18)


 健さんの訃報とかぶってしまい影が薄くなってしまいましたが、ファンにとっては大ニュース。しんちゃんの園長先生は誰に代わってもネット上でしばらく異論が出るでしょう。納谷六朗さんのご冥福を心よりお祈りします。


<参照>
ウィキペディア 納谷六朗
posted by リュウノスケ at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

ハイスコアガール著作権法違反事件

 他社のゲームキャラクターを漫画作品の中で無断で使ったとして、大阪府警は17日、著作権法違反容疑で、ゲームソフト「ドラゴンクエスト」などの製作で知られる漫画作品の発行元「スクウェア・エニックス」(東京都新宿区)と、同社の編集・出版部門の役員や担当者15人、漫画の男性作者(35)の計16人を書類送検した。

 書類送検容疑は、平成24年2月〜25年12月、同社が発行する漫画誌「月刊ビッグガンガン」で連載中の漫画「ハイスコアガール」で、ゲームソフト販売・開発会社「SNKプレイモア」(大阪府吹田市)が著作権を持つ対戦型格闘ゲーム「ザ・キング・オブ・ファイターズ(KOF)」や「サムライスピリッツ」などのキャラクターを、計166カ所にわたり、許諾なしに勝手に使用したとしている。

 16人全員が「許諾を取っているかどうか知らなかった」などと容疑を否認。さらに作者は「スクエニ社が許諾を取ってくれていると思った」と話しているという。

 事件では府警が8月、同法違反容疑でスクエニ社を家宅捜索。ハイスコアガールは一時休載している。(産経新聞、2014.11.17)


 著作権にうるさいディズニーと違い日本企業は警察沙汰にしないケースも多いと思いますが、今回は全面戦争となりました。なんできちんと許諾を取らなかったんでしょうか。





<参照>
ウィキペディア ハイスコアガール
posted by リュウノスケ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

「ナンパの達人」ジュリアン・ブランクについて

 「ナンパの達人」を自称し、米国を拠点にその方法を伝授するセミナーを開くジュリアン・ブランク氏(25)について、女性を蔑視し、性暴力を助長するとして世界各国で入国禁止運動が巻き起こっている。日本でも抗議が広がり、入国禁止の署名が14日に5万人に達した。

 ブランク氏は15〜17日に日本でセミナーを開催する予定だったが、すでにスケジュールからは削除されている。同氏が入国するかどうかは不明だが、もし日本でセミナーが開催されると、大きな騒動を呼びそうだ。

 各国で講演するブランク氏は、セミナーに来た男性らを前に「東京で白人男性はやりたい放題だ」と断言。「日本人女性には上品に対応しようと悩む必要はない」「ピカチュウ、ポケモン、トモダチ、と適当な言葉を叫びながら、頭をつかんで股間に引き寄せても、日本の女の子は笑うだけ」などと語っていた。

 実際に女性の頭をつかむ動画も公開され、女性団体などが猛烈に反発。また、女性を落とす方法として「女性の首を絞める」というようなものもあり、性暴力を助長すると批判されている。

 日本では、ネットの署名サイトで、今月6〜9日に約3万8000件の署名が集まり、10日、入国管理局に提出された。入国管理局は「署名そのもので入国を差し止めるということはない。情報の一つとして、実際に法に触れる事実があれば入国禁止などの措置をとることになる」としている。ブランク氏の入国については「個人情報なので明らかにはできない」とした。

 欧米のメディアによると、今月のオーストラリア講演旅行では激しい抗議を受け、ビザを取り消されて出国を余儀なくされたという。共同電によると、英国では入国禁止を求めるネット署名に約10万人が参加。抗議はカナダなどにも及んでいる。


 タダでやらせてもらっているくせに女性・人種差別発言を繰り返すジュリアン・ブランク。どんな顔をしているのか画像検索してみると確かにモテそうではあります。ナンパできるかどうかはほぼ全てルックスで決まるのであって、大枚はたいてこの人の強制わいせつ自慢を聞いたところで意味はありません。

 カール・マルクスの経済理論じゃありませんが、セックスというのは等価交換。男と女が同程度のルックスならば成立しがちですし、美的に釣り合わないならば経済力や学歴・職業のスペック、気配り、会話、所作、髪型・ファッションなどでギャップを埋めなければなりません。仮に一文無しのとんでもないブサイクが会話と愛想のよさだけで異性にモテまくっているならばその人の講演会には一聴の価値があると思います。

 テリー伊藤も同意しているように実際問題美しい白人ならば王様のように振る舞えるんでしょう。レイシズム全開の男に玩具にされて喜ぶなど『家畜人ヤプー』のようで悲しい話です。





<参照>
グーグル画像検索 「Julien Blanc」
サイゾーウーマン テリー伊藤、「尻軽女だっている」発言で炎上! 米ナンパ師擁護に「ゲス」「女性蔑視」の批判
posted by リュウノスケ at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第39回エリザベス女王杯(GI)

三連単 @・E・K・O→D→I・N・Q=1万2000円
前回までのトータル:−178万9150円
回収率:64.2%
posted by リュウノスケ at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする