2014年08月31日

第9回キーンランドカップ(GIII)

三連単 G・M→B→@・C・D・H・J・L=1万2000円
前回までのトータル:−165万9550円
回収率:65.9%
posted by リュウノスケ at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月29日

全国高校軟式野球選手権大会準決勝延長30回決着付かず

 第59回全国高校軟式野球選手権大会は29日、兵庫県の明石トーカロ球場で、前日0―0で延長15回サスペンデッドゲーム(一時停止試合)となった準決勝の中京(東海・岐阜) ―崇徳(西中国・広島) の続きが行われたが、両者譲らず延長30回0―0のまま2日目も終了。再びサスペンデッドゲームとなり、30日(午前11時)に延長31回から行われることになった。

 中京は11安打、崇徳は19安打を放つがともに得点できず。中京は松井、崇徳は石岡がともに30回を投げ抜いている。

 これまでの最長イニング試合は25回で、第26回大会(1981年)の大津(山口)―口加(長崎)と、第28回大会(83年)の平工(福島)―松商学園(長野)で記録。硬式では25回で、第19回大会(1933年)の中京商(愛知)―明石中(兵庫)が記録している。

 現在、硬式では延長15回が終わっても引き分けの場合は、翌日に再試合となるが、同大会では決勝戦を除いてサスペンデットゲームが適用されている。サスペンデッドゲームが行われたのは、10年の準決勝、中京―能代(北東北・秋田)以来だった。

 なお、これまで国内での最長延長試合は、第38回天皇賜杯全国軟式野球大会(1983年)で記録された、田中病院(宮崎県)―ライト工業(東京都)の延長45回となっている。

 決勝は31日(午前11時)に予定されており、勝者は初出場の三浦学苑(南関東・神奈川)と対戦する。(スポニチ、2014.8.29)


 まさに死闘。両投手の肩・肘は大丈夫でしょうか。打線はなんとか援護して決着を付けてほしいと思います。


 <中京0−0崇徳 延長45回でも決着せず>

 <全国高校軟式野球:中京0−0崇徳>◇30日◇準決勝◇明石トーカロ
 2日続けてサスペンデッドゲーム(一時停止試合)になった中京(東海・岐阜)と崇徳(西中国・広島)の一戦は、延長31回から再開。延長45回、0−0でまたしても決着せずサスペンデッドに。明日31日に持ち越された。

 31日の延長戦は9回まで。これでも決着がつかなかった場合は抽選で勝者を決める。勝ったチームは同日引き続き行われる決勝戦で三浦学苑(南関東・神奈川)と対戦する。

 31回から45回までこの試合も無得点。崇徳は34回裏に無死三塁の好機があったがスクイズ失敗などでサヨナラを逃した。

 2日間で30回を投げ抜いた中京・松井、崇徳・石岡の両投手がこの日も先発、最後までマウンドを降りなかった。

 両校は28日に15回まで戦い、0−0。翌29日に16回から再開したが得点が入らず30回で再びサスペンデッドゲームになった。

 同大会は日程の消化を優先させるため、延長15回で引き分け再試合ではなくサスペンデッドゲーム(一時停止試合)を採用。日本高野連によると、これまでの最長は1981年の大津(山口)−口加(長崎)戦と83年の平工(福島)−松商学園(長野)戦で記録された25回だった。

 これまで最も長い延長戦とされているのは1983年(昭58)9月20日に行われた天皇賜杯全日本軟式野球大会決勝で、ライト工業(東京)が延長45回の末に田中病院(宮崎)を2−1で下して優勝。8時間19分の死闘に敗れた田中病院の池内雄一郎投手は1人で522球を投げた。

 3日間のイニングスコアは以下の通り。

 <28日>

中京000000000000000=0

崇徳000000000000000=0

【中】松井(15回、10安打、215球)

【崇】石岡(15回、5安打、177球)

<29日=16回から再開>

中京000000000000000=0

崇徳000000000000000=0

【中】松井(15回、9安打、217球)

【崇】石岡(15回、6安打、214球)

<30日=31回から再開>

中京000000000000000=0

崇徳000000000000000=0

【中】松井【崇】石岡
(日刊スポーツ、2014.8.30)


 <延長50回、高校軟式野球ついに決着>

 <全国高校軟式野球:中京3−0崇徳>◇31日◇準決勝(4日目)◇明石トーカロ
 中京(岐阜)−崇徳(広島)の一戦が延長50回、ついに決着した。

 46回から再開。50回表、中京は無死満塁から2番後藤敦也内野手(3年)の適時打で2点。さらに1点を加え3点。その裏を無失点に抑え、4日間に及んだ死闘にピリオドが打たれた。

 中京は引き続き行われる決勝戦で三浦学苑(神奈川)と対戦する。

 中京−崇徳の準決勝は28日に始まり延長15回、0−0でサスペンデッドゲーム(一時停止試合)に。翌29日も15回を戦い0−0でサスペンデッド。3日目となった前日30日も15回を戦い0−0。計45イニング戦っても両校無得点で4日目を迎えていた。(日刊スポーツ、2014.8.31)


 <延長50回制した中京が三浦学苑破り優勝>

 <全国高校軟式野球:中京2−0三浦学苑>◇31日◇決勝◇明石トーカロ
 4日間にわたる延長50回の激闘を制し決勝進出した中京(岐阜)が、三浦学苑(神奈川)を破って2年ぶり7度目の優勝を果たした。

 0−0の6回に1点。7回にも1点を追加し2投手のリレーで完封した。

 この日は午前9時から行われたサスペンデッドの準決勝・崇徳戦に勝利。同10時過ぎに試合が終わり、そこから約2時間半のインタバルを空けて午後12時半開始の決勝戦に臨んだ。

 50回を完封したエース松井大河投手(3年)はベンチスタート。それでも4回途中からリリーフでマウンドに上がり5回2/3を無失点に抑えた。

 松井は25日の1回戦・河南(大阪)戦で延長11回1失点完投。27日の準々決勝・能代(秋田)戦は9回完封。そして準決勝で50回を完封。4試合、75回2/3、1047球を投げ、わずか1失点に抑える鉄腕ぶりを発揮し優勝投手に輝いた。(日刊スポーツ、2014.8.31)


 <尾木ママ、延長50回の見解求める>
 教育評論家の“尾木ママ”こと尾木直樹氏が31日、延長50回に及んだ全国軟式高校野球選手権大会の準決勝について、ブログで高野連への「怒り」をあらわにし、「高野連に見解を求める」と息巻いた。

 尾木ママは31日夜、「軟式高校野球の準決勝。四日間に渡る延長50回は残念・残酷」のタイトルでブログを更新。「過ぎます!!しかも勝った岐阜・中京高校は試合の後すぐに決勝戦のダブルヘッダー!!さらに中京の松井投手 4試合連続75イニング3分の2 約1000球も投げきったのです!」(※原文ママ)とあきれかえった様子でつづった。

 さらに「尾木ママ 高野連に大いに不信感抱きました!こんなバカな試合やらせるとは教育機関なのかどうか」と激しい口調で糾弾。「残酷ショーさせた高野連に緊急見解を求めます」と追及の姿勢を見せた。

 これだけ書いても怒りは収まらないようで、「かなりかなり 怒り心頭の尾木ママです!」と書き込み、「まさか 精神論や武士道 おっしゃらないでしょうね」とブログを結んでいた。

 中京(岐阜)は30日まで3日間にわたり崇徳(広島)と延長45回を戦っても0‐0で決着せず、サスペンデッドゲームに。31日、延長46回から再開され、延長50回の末に中京が3‐0で勝利をつかんだ。

 決勝は準決勝終了後のわずか2時間半後に行われ、中京のエース、松井投手は4回途中からリリーフし、決勝でも77球を投げた。4日間で786球を投げたことになった。(デイリースポーツ、2014.8.31)
posted by リュウノスケ at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

英ロザラム少女性的虐待事件

 英中部ロザラムで、1997〜2013年の16年間に約1400人の子どもが性的虐待を受けていたとする報告書が26日、発表された。調査を実施した専門家は、地元当局が虐待に関する報告があったにも関わらず対応を怠ったと非難している。

 報告書では、少女を狙った集団強姦(ごうかん)や誘拐、人身売買などについて詳述しており、被害者の中には11歳の少女もいたことを明らかにしている。

 地元自治体の委託を受けて行われたこの調査の結果をまとめた社会福祉専門家のアレクシス・ジェイ氏は、「ロザラムでこの間、実際にどれほどの規模で子どもに対する性的搾取が行われていたのかは誰にも分らない」としつつ、「少なく見積もっても1400人の子どもたちが搾取されたとみられる」と語っている。

 報告書によれば、虐待被害者らは犯人の多くが「アジア系」だったと証言したが、地元当局は「犯人らの人種を特定することによって、人種差別主義者だと思われるとへの不安」を感じていたという。

 ジェイ氏によると、被害者の一部はガソリンをかけられ、火を付けると脅されたり、銃を突きつけられたり、他の被害者が強姦される現場に立ち会わせた上で「誰かに話したら次はお前の番だ」と脅されたりしていた。

 報告書の公開を受け、地元議会のロジャー・ストーン議長は辞職を表明した。報告の内容に関連して、地元当局の関係者が懲戒処分を受けることはないという。(AFP=時事、2014.8.27)


 英中部ロザラムで、昨年までの約16年間に少なくとも1400人の子供が組織的に性的虐待を受けていたとの調査報告が26日、発表された。主にパキスタン系の男が白人の少女を狙い、国内の他都市に人身売買もしていたという。英国民は衝撃を受け、イラクやシリアの過激派に加わる若者が続出し、逆風下のイスラム移民社会に動揺が広がっている。

 報告によると、被害者の多くは、さまざまな理由で家族と離れ、施設に入れられた白人の子供。虐待者は贈り物や酒、麻薬を与えて子供に近づいたという。

 11歳の少女が多数の男に強姦された例もあった。被害者は誘拐や殴打のほか、銃を突きつけられたり、ガソリンをかけられ火を付けると脅されたりした。

 虐待については、2002〜06年にも3件の報告があったが、地元当局は対応を怠ってきた。英メディアは、当局が人種問題に触れるのを恐れたなどと批判している。(共同、産経新聞、2018.8.27)


 これほどの大事件がどうして長い間見過ごされてきたのか。警察が人種差別批判を恐れたとしても1件や2件じゃないわけで、きちんと捜査すれば証拠・証人は十分に得られたのではないでしょうか。無辜のイスラム系住民のためにも早めに検挙してほしかったと思います。


<参照>
ウィキペディア ロザラム
グーグル地図 「イギリス サウス・ヨークシャー ロザラム」
posted by リュウノスケ at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝日新聞週刊文春広告拒否

 文芸春秋(東京都千代田区)は27日、28日発売の「週刊文春」(9月4日号)について、朝日新聞社に新聞広告の掲載を拒否されたと発表した。

 文芸春秋によると、掲載を拒否された広告には「朝日新聞『売国のDNA』」などの見出しがあり、朝日新聞社が一部記事の誤りを認めた従軍慰安婦報道について特集記事を掲載している。27日に朝日新聞社から掲載しない方針を伝えられ、文春は同日中に抗議した。文春は「当該記事だけでなく、全体の広告まで掲載しないのは、朝日新聞読者の知る機会を奪うことになる」とコメントしている。

 朝日新聞社広報部は広告の不掲載を認めた上で、「当該の広告は論評の範囲を著しく逸脱し、本社の社会的評価を低下させるもので、掲載に応じられないと判断した」としている。(読売新聞、2014.8.27)


 文芸春秋は27日、「週刊文春」9月4日号(8月28日発売)の新聞広告掲載を拒否したとして、朝日新聞社に抗議文を送付したと明らかにした。

 抗議文は「当該号には慰安婦問題に関する追及キャンペーン記事が掲載されている」とし「新聞読者が当該記事のみならず、他の記事の広告まで知る機会を一方的に奪うのは、社会の公器としてあるまじき行為だ」としている。

 朝日新聞社は「当該の広告は論評の範囲を著しく逸脱し、本社の社会的評価を低下させるもので、広告掲載基準に基づき掲載に応じられないと判断しました」とするコメントを出した。(産経新聞、2014.8.27)


 <週刊新潮の広告、「売国」「誤報」黒塗りで掲載へ 朝日新聞>
 「週刊新潮」を発行する新潮社は3日、朝日新聞から9月11日号(4日発売)で同紙を批判する内容の新聞広告について、一部を黒塗りにすると連絡があったことを明らかにした。朝日新聞は慰安婦問題に関する報道を批判した先週号の週刊新潮について、広告の掲載を拒否していた。

 黒塗りになるのは「売国」「誤報」との文言。新潮社は「黒塗りについては納得も承認もしていないが、掲載する朝日新聞が行うことで仕方ない」とコメントしている。

 朝日新聞社広報部は「個々の広告の掲載経緯などについては、取引内容に関わりますので公表していません」とした。

 一方、慰安婦問題の報道に関し朝日新聞を批判した先週号の広告を掲載拒否された週刊文春は、11日号(同)でも批判記事を掲載。発行元の文芸春秋は同紙から広告の黒塗りの連絡があったかについて「個別の案件で回答できない」としている。(産経新聞、2014.9.3)
posted by リュウノスケ at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

埼玉の盲導犬刺される

 埼玉県で7月、全盲の男性が連れていた盲導犬が電車内か駅周辺で何者かに刺されけがをしていたことが27日、県警などへの取材で分かった。訓練された盲導犬のため刺されても鳴き声を我慢したとみられ、犯行場所は未特定。インターネット上で「許せない」との声が相次ぎ、県警は器物損壊容疑で捜査している。

 武南署や男性の関係者によると、事件は7月28日に起きた。午前11時ごろ、さいたま市の男性(61)が職場に向かうためラブラドルレトリバー「オスカー」(雄9歳)を連れて自宅を出発、JR浦和駅から電車に乗り東川口駅で下車した。職場に到着後、同僚がオスカーのけがに気付いた。先端が鋭くとがったもので腰の辺りを2、3カ所刺されていた。

 盲導犬はパートナーに危険を伝える際などを除き無駄な声を上げないよう訓練されており、オスカーは痛みをこらえほえなかったとみられる。

 男性は被害届を提出し、同署が防犯カメラの解析や聞き込みなどの捜査を進めている。身に着けていた犬用のシャツに穴はなく、犯人は意図的にシャツをめくり上げて刺した疑いが強いという。

 ネット上では男性の職場関係者の書き込みから広まり「犯人を捕まえて」などと大きな話題になっている。

 オスカーは盲導犬の育成や普及を目指す「アイメイト協会」(東京都練馬区)で訓練を受けた。協会関係者は「パートナーにとって盲導犬は、心がつながり、体の一部と同じ存在。男性が目を刺されたことに等しい事件だ」と話している。(東京新聞、2014.8.28)


 飼い主の連れている犬を刺すとはどういう神経なのか。訓練されている盲導犬が我慢して鳴かなかったというのも涙を誘います。最近はどこの駅周辺も防犯カメラだらけなのでもしかしたら犯行が映っているかもしれません。
posted by リュウノスケ at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする