2014年07月25日

小野恵令奈はなぜ引退したのか

 元AKB48でタレント小野恵令奈(20)が、芸能界を引退することを3日、自身のブログで明かした。今年に入って、所属事務所と話し合いを続けており、契約は15日で終了する。今後について、小野はブログで「新たな夢や目標が出来て今回の様な決断をさせて頂きました」とつづっている。

 小野は06年にAKB48のオーディションに合格し、12歳で芸能界入りした。大島優子(25)らと同期で、09年の選抜総選挙では11位に入った人気メンバー。愛くるしい笑顔と人懐こい性格で「えれぴょん」の愛称で親しまれ、次世代エース候補と呼ばれていた。10年に海外留学を理由に、グループを卒業。11年に現在の事務所と契約し、12年に「えれぴょん」でソロデビュー。昨年は「タンクトップファイター」(テレビ東京系)でドラマ初主演など、幅広く活躍していた。

 12歳で芸能界入りした小野は、8年の芸能活動にピリオドを打つ。「本当に沢山のファンの方々や関係者、スタッフの皆様の支えや応援があったからこそ、今に至るまで私は、素敵な芸能生活を送らせて頂けたと本当に本当に心から感謝しています」とつづった。(日刊スポーツ、2014.7.3)


 元AKB48のアイドル・小野恵令奈(20)が3日、自身のブログを更新。今月15日をもって芸能界を引退することを発表した。

 「この度、小野恵令奈は2014年7月15日をもって芸能界を引退することにいたしました。突然のご報告となり、皆様にご迷惑とご心配をおかけすることになってしまい、ごめんなさい」

 12歳で芸能界入り。海外留学を理由に2010年9月にAKB48を卒業し、芸能活動を休止していたが、12年4月にソロアイドルとして再始動していた。「普通では味わえないような経験を、夢のような時間を、景色を見させていただきました。あこがれであった仕事だったからこそ、無我夢中でいられた反面、思春期を経て色々と考えるようになった自分がいることに気づきました」と振り返る。

 「20歳に近づくにつれて、その想いが強くなっていき、自分自身と向き合って考える時間も増えていきました。そして、新たな夢や目標ができて、今回のような決断をさせていただきました」と芸能界引退の理由を説明。「これからは違う形ではありますが、新たな目標に向けて進むべき道を一歩一歩しっかり進んでいきたいと思います」と前を見据えた。

 最後は「約8年間、とても楽しかったです。皆さんに出会えたこと、過ごした時間、幸せでした。ありがとうございました」と感謝で締めくくった。

 2006年2月、AKB48第2期追加オーディションに合格。同年4月、公演デビュー。09年、第1回選抜総選挙11位でメディア選抜入りを果たす。10年、第2回選抜総選挙は15位。同年9月、AKB48を卒業した。12年6月、シングル「えれぴょん」でソロデビュー。同年、レコード大賞新人賞を受賞した。昨年、TBS「タンクトップファイター」でドラマ初主演した。(スポニチ、2014.7.3)


 「小野恵令奈はなぜ引退したのか」という問いにアサ芸が下記の記事で答えてくれました。AV出演の契約金に7億円も払ってペイするのだろうかと一瞬思いますが、小向美奈子のデビュー作は売上20万枚(参考価格4104円)。現役バリバリで格上の小野ならこの記録を軽くクリアするのは間違いなく複数本契約で確実に利益が出るんでしょう。

 まあ我々が勝手なことを言っててもこの手の噂はがっかりすることがほとんどではあります。鈴木早智子AV騒動の際このブログで批判記事を書いたように、同じことが繰り返されるかもしれません。ただ、さっちんと違うのはえれぴょんが電撃引退していること。

 レコ大新人賞受賞、ドラマ主演(『タンクトップファイター』、友情出演で川島海荷が出ている)という芸能人が結婚以外で引退するなど通常あり得ませんし、鈴木あみのような事務所トラブルも聞きません。そういった点だけでもスケベ野郎共の胸をざわつかせるのに十分なものがあります。座して待つべし。


<参照>
アサ芸プラス 元AKB48・小野恵令奈が歌舞伎町の“会員制バーの看板娘”になっている?
アサヒ芸能 元AKB48・小野恵令奈 「引退宣言」でアダルト業界が極秘オファー真相
ウィキペディア 小野恵令奈
東京スポーツ 小向美奈子1億円全身改造 スライム乳がキングスライム化
posted by リュウノスケ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする