2014年07月22日

日本マクドナルドとファミリーマート上海福喜から仕入れていた

 中国・上海にある米系食肉加工会社「上海福喜食品」が、マクドナルドやケンタッキーフライドチキン(KFC)などに、品質期限の切れた鶏肉などの加工食品を納入したり、工場で床に落ちたハンバーガー用のパテを素手で生産ラインに戻したりしていた、と中国メディアが20日、伝えた。中国では食の安全問題への不信感が根強く、上海の衛生当局が調査に乗り出した。

 上海のテレビ局「東方衛視」が同社品質管理部門の元担当者の話をもとに伝えた。報道によると、上海市郊外にある同社工場では、品質期限を半月近く過ぎた鶏肉を混ぜてナゲットなどを生産。不合格品も5%の割合で生産ラインに戻して再びミンチにしていた。品質期限を7カ月過ぎて変色した牛肉を使ったケースもあった。出荷の際には生産日時も改ざんしていた。

 問題の加工肉が具体的にどの店舗に納入されていたのか不明だが、中国マクドナルドは全国のチェーン店に対し、「上海福喜食品」製の加工肉の使用停止を指示。また、KFCは、福建省の一部店舗以外では問題の加工肉は使っていない、と中国版ツイッター「微博」で説明した。「上海福喜食品」は、米食肉加工大手「OSI」グループ傘下にあり、同グループが中国で主に外資系ファストフード向けに展開する生産拠点の一つ。(毎日新聞、2014.7.21)


 米マクドナルド(MCD.N: 株価, 企業情報, レポート)とケンタッキーフライドチキン(KFC)を運営する米ヤム・ブランズ(YUM.N: 株価, 企業情報, レポート)は21日、食肉の仕入れ先が保存期限切れの食肉などを供給していたとされる問題をめぐり、消費者に謝罪した。
  
 問題となっているのは米食品卸売会社OSIグループの中国工場、上海福喜食品で、テレビの報道番組で従業員が床から食肉を拾っている姿や、期限切れの食肉を新鮮な食肉に混ぜている姿が放映された。

 上海市食品薬品監督管理局はこの報道を受けて、20日に同工場を閉鎖した。

 マクドナルドとヤムは同工場との取引を中止するとしている。マクドナルドは中国のウェブサイトで、商品が不足する可能性があると明らかにした。調査会社ユーロモニターによると、2社は中国のファストフード市場で売上高ランキングの最上位を占めている。

 マクドナルドの中国事業の広報担当者はロイターに対し、「報道で取り上げられた行為が本当ならば、世界中どこでもマクドナルドが絶対に許さない行為だ」と述べた。(ロイター、2014.7.22)


 日本マクドナルドは22日、一部店舗で「チキンマックナゲット」の販売を休止したと発表した。ファミリーマートも7月発売の鶏肉加工2商品を停止した。仕入れ先の中国食肉加工会社「上海福喜食品」が使用期限の切れた牛肉や鶏肉を出荷していたことが発覚したためだ。他の小売・外食企業にも影響が広がる可能性もある。

 日本マクドナルドは販売する約2割のナゲットを上海福喜から調達していた。全店の約4割に当たる約1340店で上海福喜製のナゲットを販売していたが、期限切れ食肉使用が発覚したことを受けて21日に販売を停止し、他社製への切り替えを進めている。

 このうち、在庫がすべて上海福喜製だった最大約500店では全面的にナゲットの販売を停止した。他社製を配送して、遅くとも23日には販売を再開する方針だ。現時点で健康被害を訴えた購入者は出ていないという。

 ファミリーマートも上海福喜から仕入れ、約1万店で販売していた「ガーリックナゲット」と、21日に東京都内など10店で試験販売を始めた「ポップコーンチキン」の取り扱いを22日に中止した。現在のところ健康被害の報告は出ていないという。

 上海福喜は米食肉大手OSIのグループ企業。20日夜に、上海の地元放送局が使用期限を半年過ぎた鶏肉をナゲットに加工したり、カビが生えた牛肉を使ったりしていたこと暴露した。工場従業員は「食べても死んだりしない」と話したという。

 中国ではマクドナルドやケンタッキーフライドチキン(KFC)の現地運営会社などが上海福喜から食材を仕入れていた。各社は放送直後に「使用停止を各店舗に通知した」と発表した。

 日本でKFCを運営する日本KFCホールディングスは「『オリジナルチキン』はすべて国産鶏。上海福喜から食材は調達していない」としている。日本ハムや伊藤ハム、プリマハム、丸大食品など食肉大手も上海福喜食品との取引関係はないことを確認した。

 中国では食の安全を揺るがす事件が絶えない。2008年には化学物質メラミンが粉ミルクに混入する事件が発生、社会問題化した。同年は冷凍ギョーザの殺虫剤混入事件も起きた。中国のミニブログ「微博(ウェイボ)」では「中国企業の食品安全も厳しくチェックすべきだ」との書き込みが目立つ。(日本経済新聞、2014.7.22)


 下記映像を見ると経営者が無理なコストカットを命じた結果として客に生ゴミを食わせていた事実は否定のしようがありません。他人の不幸と引き換えに利益を得る反社会的拝金主義者。人の上に立つべきではない輩といえるでしょう。


过期重回锅 次品再加工 上海福喜食品向知名快餐企业供应劣质原料



中国・上海の食肉工場 期限切れ肉をマクドナルドやKFCに納入



<参照>
ウィキペディア 原田泳幸
ウィキペディア 上田準二
posted by リュウノスケ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする