2014年07月18日

ウクライナ親ロシア派マレーシア航空機撃墜事件

 マレーシアの旅客機が17日、ウクライナ東部上空で地対空ミサイルによって撃墜された。ロシアのインタファクス通信がウクライナ内務省高官の情報として報じた。

 それによると、乗客280人と乗員15人の合わせて295人全員が死亡した。撃墜は親ロシア派のミサイル攻撃によるものという。

 内務省のゲラシェンコ氏によると、撃墜された飛行機は、アムステルダム発クアラルンプール行きのボーイング777型で、ドネツク市近郊に墜落した。複数のウクライナ当局者は、地元住民が墜落した機体の残骸を発見したと述べた。

 マレーシア航空は、短文投稿サイト「ツイッター」上で、アムステルダム発のマレーシア航空17便との交信が途絶えたとした上で、「機体が最後に確認された地点はウクライナ上空だった」と明らかにした。

 ヤツェニュク首相の報道官によると、首相は今回の事故を重く受け止め、調査を行うよう命じた。(ロイター、2014.7.18)


 ロシアのインターファクス通信は17日、ウクライナ内務省当局者らの話として、ウクライナ東部ドネツク州のロシア国境近くで17日夕(日本時間同日深夜)、アムステルダム発クアラルンプール行きマレーシア航空のボーイング777型機(乗員乗客295人)が墜落した、と伝えた。

 ウクライナ内務省によると、乗客乗員は全員死亡した。

 同通信が、航空関係者の話として伝えたところによると、墜落現場は州都ドネツクの東50キロにあるシャフチョルスク市近郊。ロシア領内に向かっていたが、高度約1万メートルを飛行中に下降を始め、レーダーから機影が消えたという。

 同通信によると、ウクライナ政府は、地対空ミサイルで撃墜されたとの見方を示している。

 マレーシア航空はツイッターで「飛行機との交信が途絶えた。最後に把握できた位置はウクライナ上空」とのコメントを出した。墜落現場は武装集団が支配している地域内にあるという。

 一方、武装集団「ドネツク人民共和国」の代表は、同通信に対し、「我々は1万メートル上空を飛んでいる飛行機を撃墜できる兵器は持っていない」と話している。

 ウクライナ東部では今週、ウクライナ軍機の撃墜や所属不明の航空機による同国東部の空爆などが頻発。ポロシェンコ政権がロシアの関与を主張するなど、両国の緊張が急速に高まっていた。(読売新聞、2014.7.18)


 ロシア国防省報道官は17日、ロシア軍はウクライナの戦闘機を撃墜していないと述べた。

 ウクライナ軍報道官はこの日、ウクライナ軍の戦闘機が同国東部で16日夜、ロシア機に撃墜されたと表明。

 ロシア国防省報道官はこれについて国営ロシア通信(RIA)に対し、「これまでと同様、ウクライナ当局によるロシア国防省に対する単なる非難に過ぎない」と述べた。

 ロシアのチュルキン国連大使もロシア軍による撃墜を否定。ウクライナのSU─25戦闘機を撃墜したのはロシア軍ではないと述べた。(ロイター、2014.7.18)


 ウクライナ国防当局者は17日、ウクライナ軍のスホイ25攻撃機が16日夜にロシア軍機のミサイル攻撃で撃墜されたと発表した。パイロットは緊急脱出して無事だったという。当局者はまた、ウクライナ軍がロシア領内の村からミサイルで攻撃されたと述べた。いずれも詳細は不明。

 ロイター通信によると、ロシアのチュルキン国連大使は撃墜を否定した。

 ウクライナ東部では14日に政府軍のアントノフ26型輸送機が撃墜され、ウクライナ側はロシア領内からミサイルで攻撃されたとの見方を示していた。(毎日新聞、2014.7.17)



 ウクライナ軍戦闘機を撃墜するのはまだ分かりますが、どうして無関係のマレーシア民間航空機を落とすのか。国際社会を敵に回す暴挙でありロシアは窮地に立たされました。
posted by リュウノスケ at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする