2014年07月13日

関西介護会社フィリピン人女性職員に悪質誓約書を提出させていた

 関西地域の介護会社「寿寿」(大阪府東大阪市)が、フィリピン人女性を介護職員として採用する際に、本人が死亡しても会社の責任は問わず、「永久に権利放棄する」との誓約書を提出させていたことが12日、共同通信の取材で分かった。

 フィリピン人の女性職員からは「労働条件が厳しい」との苦情が出ており、宿直勤務を月間13回させた書類も残っている。職員が死亡した場合に会社を免責する誓約書に署名させていた理由や、休日取得などの実態について、厚生労働省が調査に乗り出した。(共同、東京新聞、2014.7.13)


 介護現場の人手不足を外国人に頼るのならばこのような悪質なケースを野放しにしてはいけないでしょう。これはブラック企業問題に人種差別が加わった国家的恥だと思います。
posted by リュウノスケ at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(労働問題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第19回プロキオンステークス(GIII)

三連単 J・M→E→C・D・G・I・K・O=1万2000円
前回までのトータル:−161万1550円
回収率:66.6%
posted by リュウノスケ at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする