2014年07月04日

偽名勤務強要訴訟

 プロテインなどスポーツサプリメントの製造・販売会社(東京)に今春入社した岡山県の男性(22)が、同姓の社員がいることを理由に偽名で働くことを強要された上、意に反した自己都合退職をさせられたとして、会社に慰謝料など約1千万円の損害賠償を求めて岡山地裁に提訴していたことが、3日分かった。

 訴状によると、4月1日に東京本社であった新入社員説明会で、男性は指導担当者から姓を1字変えた名前を使って勤務するよう唐突に命じられ、用意していた偽名の名刺を渡された。昨年8月に内定を得た男性は今年3月、大阪支店勤務の指示を受けていたが、偽名での勤務についての言及は一切なかった。

 男性は「偽名の必要性はなく、命令は受け入れられない」として、家族を通じて実名での勤務を交渉してきたが、会社は受け入れなかった。男性は「偽名を使わない限り勤務できない状況に追い込まれた」として4月2日以降、出社できなかった。このため就業規則に基づき無断欠勤を理由とする退職勧告書(5月14日付)が送付され、自己都合退職の処理が会社によって一方的になされた―と主張している。

 原告代理人の平松掟弁護士(岡山弁護士会)は「会社の業務命令は重大な人権侵害。無断欠勤を退職理由に挙げるが、違法・不当な命令で出勤できない状況に追い込んでおり、合理性はない。実質的な雇用調整ではないか。不当解雇に該当する」と話している。

 男性は「自分以外にも偽名で働くことを強いられた新入社員が2人いる。氏名は自分の人生が刻まれた人格の象徴。誇りを傷つけられたうえに人生設計まで狂わされた」と憤っている。

 会社側は「訴状が届いていないのでコメントは差し控えたい」としている。(山陽新聞、2014.7.4)


 芸能人などで漢字まで同姓同名の先輩がいる場合芸名をつけるのはよくある話ですが、今回のケースは姓が同じなだけ。同姓の社員がいるからといってそれほど業務に支障が出るとは思えず、なぜ偽名を強要するのか意味が分かりません。こんな理不尽なことをするなら最初から珍しい苗字の人ばかり雇えばいいんじゃないでしょうか。
posted by リュウノスケ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィリピン人女性人身売買事件

 フィリピン人女性をわいせつ目的で売買したとして、警視庁保安課は人身売買容疑で、フィリピン国籍で川崎市高津区千年、会社役員、マツモト・カルメリータ・エストレリア被告(60)=監禁致傷罪などで起訴=と同区久末、自営業、中村久容疑者(66)=犯人蔵匿容疑で逮捕=ら3人を再逮捕した。同課によると、マツモト容疑者は容疑を一部否認し、中村容疑者ら2人は認めている。

 同課によると、わいせつ目的での人身売買容疑の摘発は全国で初めて。マツモト容疑者は2月、「日本で仕事ができる」といって女性を観光ビザでフィリピンから呼び寄せ、自宅で売春行為をさせていた。同課は平成14年以降、少なくとも20人のフィリピン人女性の偽装結婚を仲介したとみて裏付けを進めている。

 逮捕容疑は5月12日、川崎市高津区内のマツモト容疑者の自宅で、わいせつ目的で、フィリピン人女性(23)を現金150万円で中村容疑者に売るなどしたとしている。

 マツモト容疑者は別のフィリピン人女性(38)を自宅に監禁して負傷させたとして逮捕、起訴されていた。(産経新聞、2014.7.3)


 警視庁保安課は12日までに、フィリピン人女性(28)を監禁しけがをさせたとして、監禁致傷の疑いで川崎市の無職松本功容疑者(64)ら男女3人を逮捕した。松本容疑者らが女性を売買していたとみて、人身売買容疑での立件も検討している。

 保安課は、別のフィリピン人女性(23)が不法残留と知りながら自宅にかくまったとして、犯人蔵匿の疑いで高津区の自営業中村久容疑者(66)も逮捕。松本容疑者らから、女性を150万円で買ったとみている。

 松本容疑者ら3人の逮捕容疑は5月15日、自宅で模造刀を見せるなどして女性を脅し監禁し、軽いけがをさせた疑い。保安課によると、松本容疑者は「監禁したとは思っていない」と容疑を否認している。

 保安課によると、女性らは海外で働いていたが、ブローカーとみられる男に「日本に行けばもっと稼げる」と誘われ5月上旬に来日したという。このうち、松本容疑者が売買に関わったとみられるフィリピン人女性の1人が逃げ、日本のフィリピン大使館に保護を求めて事件が発覚した。(共同、日刊スポーツ、2014.6.12)


 我が国で東南アジア出身の女性を暴力団が売買しているのはずいぶん前から世界的に有名な話。児童ポルノ規制に熱心な国会議員はこちらの問題もきちんと対策すべきだと思います。
posted by リュウノスケ at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春一番逝去

 アントニオ猪木のものまねで人気となったタレント春一番(本名・春花直樹)さんが3日、肝硬変のため都内の病院で死去した。47歳だった。

 所属事務所によると、先月末までいつも通り仕事をこなしていた。今月2日夜に自宅で酒を飲んだ後に就寝したが、翌朝になって呼吸が止まっていたという。病院に救急搬送されたが、既に息を引き取っていたという。

 05年に腎不全で入院後に長期休養したが、仕事復帰していた。97年に3歳年下の女性と結婚した。(日刊スポーツ、2014.7.3)


 アントニオ猪木のものまねで知られるタレントの春一番(本名・春花直樹)さんが3日、都内の病院で、アルコール性肝硬変のため死去していたことが分かった。47歳だった。3日朝に自宅で容体が急変し、帰らぬ人となった。

 猪木氏は会長を務めるIGFを通じて、「送る言葉に相応しくないかもしれませんが、あえて、元気ですかー!!を送ります。謹んでご冥福をお祈りいたします」と別れの言葉を寄せた。

 春さんは05年に腎臓病を患い、肺のうようを併発するなどし、生死をさまよった。集中治療室(ICU)の春さんを見舞い、激励したのが猪木氏だった。猪木氏は当時、本紙の取材に「絶望だと言われてたんだけど、見舞ったら奇跡的に、ね…」と奇跡の生還を喜び、秘話を明かした。

05年12月30日、春さんも参加した年末恒例の炊き出しの際にも「ICUで寝たきり。お別れかと思ったけど、元気になって良かったよ」と復活を喜んでいた。

 大の酒好きで知られる春さんは、2005年に腎不全で入院。その後も肝臓、すい臓などを悪くして、長期入院するなどしていた。晩年は病気続きだったが、最近は3カ月に1回の検査を欠かしておらず、体調には気をつけていた。

 一方で、大好きな酒はやめられず、1日おきくらいのペースで飲んでおり、亡くなる前日の2日の夜にも飲んでいたという。

 ただ、体調に異変はなく、仕事も順調だった。6月28日には名古屋でのステージもこなしていた。なお、通夜、葬儀などの日程は未定。(デイリースポーツ、2014.7.3)


 タレントで俳優の片岡鶴太郎(59)が3日、自身のブログで、同日午前に肝硬変のため亡くなった弟子のものまねタレント・春一番さん(享年47)をしのんだ。

 この日夜8時過ぎに訃報を知ったという鶴太郎。1985年、17歳だった春さんが芸人を目指して鶴太郎の元へ弟子入りした当時を振り返り、「面白い子でした。何度春の無駄話に笑った事か」。そして「春花の春、芸人として一番を目指す様、春一番の様に強い風を吹かせろ!!との想いを込め、『春一番』と名付けました」と芸名の命名理由を明かした。

 春さんは大の酒好きで知られ、05年には腎不全で入院し長期休養を余儀なくされた。鶴太郎は「本当は酒を辞めて欲しかった」と言い出せなかった願いを吐露。「酒で笑いが出来無く成る程、もったいない、残念です。才能の在る子でした。悔いは残ります」と悔やみ、「今は、唯 唯 春一番の御冥福を御祈り申し上げます」と愛弟子の冥福を祈った。(スポニチ、2014.7.3)


 結局酒をやめられなかった春一番。モノマネ対象の映像・文章など様々な資料を頭に叩き込み考え方まで完全コピーするイタコ芸は後進の同業者に多大な影響を与えました。関根勤の「好きな人しかマネしない」という主義を猪木一本で実践した誰からも愛される「マニア」であり、その愚直さに好感を持っていた人も多いと思います。春一番さんのご冥福を心よりお祈ります。


<参照>
東京スポーツ 猪木のものまね芸人・春一番が肝硬変のため死去
ウィキペディア 春一番 (お笑い芸人)
posted by リュウノスケ at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする