2014年04月05日

来春小学社会教科書竹島・尖閣全社記述 

 文部科学省は4日、来春から使用する小学校教科書の検定結果を公表した。韓国、中国がそれぞれ領有権を主張する島根県・竹島(韓国名・独島)と沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)について、社会科を発行する4社全てが5年か6年で記述した。教科書作成の指針となる小学校の学習指導要領解説書は竹島・尖閣に言及していないが、小学校でも領土問題を教える流れが定着した。

 文科省は1月、近現代史を扱う際に政府見解の尊重を求める内容に検定基準を改定し、中学と高校の解説書で竹島・尖閣を「固有の領土」と明記。今春申請の中学教科書から適用され、今後は国の意向が記述に反映される傾向が強まりそうだ。

 韓国と中国は4日、そろって反発。韓国外務省は別所浩郎駐韓日本大使を呼んで抗議。同省は「挑発のレベルをさらに高めた」として「強く糾弾する」声明を発表した。中国の洪磊副報道局長は「(尖閣は)日本が不法に盗み取った」とした上で「日本が挑発をやめるよう求める」と述べた。

 菅義偉官房長官は4日の記者会見で、韓国が実効支配する竹島について「歴史的にも国際法上も日本固有の領土で、現在、韓国に不法占拠されている」と述べ、教科書の記述に関し「当たり前のことを書いたにすぎない」と指摘した。

 東日本大震災は、合格した教科書の25%に当たる35点が取り上げ、現行本より大幅に増えて全教科で記載された。東京電力福島第1原発事故に触れた教科書も小学校で初めて登場した。

 ゆとり教育を転換した現行学習指導要領に基づく小学校教科書の検定は2回目。前回2009年度検定ではそれ以前の教科書より大幅にページ数が増えたが、今回もさらに9%増となり、「脱ゆとり」が一段と進んだ。

 竹島・尖閣の記述があるのは、現行本では小5社会の1点だけだったが、今回は5年か6年で全社が取り上げた。3・4年でも2点が地図中に表記し、4年以上で使う地図帳に記述したものもあった。

 竹島について「日本固有の領土ですが、韓国が不法に占領しています」(小5)と政府見解を明記した教科書や、尖閣周辺の日本の領海で中国船が違法操業していることに触れたものもあった。

 震災は社会だけでなく、理科24点中8点、体育・保健10点中5点などが取り上げ、防災教育の観点からの記述も充実した。原発事故は「有害な放射性物質が広い範囲に放出されて、多くの人々が避難しなければなりませんでした」(小6社会)などと記載された。

 来春から使われる主に高校3年用の検定結果も公表され、49点中1点が不合格、1点が申請を取り下げ47点が合格した。(共同通信、2014.4.5)


 韓国外務省報道官は4日、竹島関連の記述が増加した日本の教科書検定結果に対し、「2010年よりも(韓国に対する)挑発の水位が高まっており、強く糾弾する」との声明を出した。また、竹島を日本固有の領土と明記した日本の外交青書についても声明を発表、「とんでもない主張が繰り返されている」として「強い遺憾」の意を示した。

 同省は4日午後、別所浩郎駐韓大使を呼び、抗議する。

 検定結果を受けた報道官の声明は「安倍首相は3週間前に、歴代内閣の歴史認識を継承すると公言したばかりだ」と指摘。「小学生にまで帝国主義の侵略と略奪の歴史を歪曲(わいきょく)、隠蔽(いんぺい)する教育を行えば、約束違反になるだけでなく、日本の未来の世代を国際社会から孤立させる」と主張した。

 外交青書に対する声明では、「日本政府が独島(竹島)に対する強引な主張を繰り返すことは、日本が帝国主義の歴史の迷妄から抜け出せていないことを示すものだ」と強調。「韓日関係はもちろん、北東アジアの平和と安定にも深刻な傷を与える」と訴えた。(時事通信、2014.4.4)


 かつて中学用歴史教科書をメーンに扱っていた日本書籍は「最も自虐的」と保守層の主張砲火を浴び、2001年の採択でシェアが3分の1に激減。数年後には倒産した。元社員は「“左”と見なされ、教育委員会に日本書籍は避けようという意識が働いた」と話す。(山陽新聞夕刊、2014.4.4、抜粋)


 新しい歴史教科書をつくる会が出版した本は「トンデモ教科書」として失笑を買いましたが、「自虐教科書追放」という目的自体は完全に達成しました。韓国が煽れば煽るほど日本が右寄りになるわけで、日韓の右翼がお互いの運動を補完しているといえます。

 出版社は日本書籍倒産の恐怖で追従してるだけ。別に愛国運動に共鳴しているわけではありません。


<参照>
朝鮮日報 独島:小学生にまで「独島=日本領」の洗脳始めた日本
ウィキペディア 新しい歴史教科書をつくる会
posted by リュウノスケ at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする