2014年04月29日

「(遠足に)行くのは死ぬよりつらい」JTB中部男性社員遠足妨害事件

 JTB中部(名古屋市)の男性社員が、岐阜県立東濃高校(同県御嵩町)の遠足バスを手配し忘れ、ミスを隠すため、生徒を装い遠足中止を求める内容の手紙を学校に届けていたことが29日、同校への取材で分かった。遠足当日バスが来なかったため手配ミスが発覚、遠足は延期された。

 同校によると、遠足は全校生徒317人が対象。各学年ごとに名古屋市の東山動物園、三重県桑名市のナガシマスパーランドなどに行く予定で、男性社員に大型バス11台の手配を依頼していた。

 男性社員は遠足前日の24日夕、「学校の郵便受け近くに落ちていた」と言って、同校事務室に手紙を届けた。匿名で生徒を装い「(遠足に)行くのは死ぬよりつらい」などという内容だったという。このため同校は電話で、全校生徒の安否を確認。該当者がいなかったため遠足実施を決めた。

 しかし25日朝、全校生徒が集まる中、バスは来ず手配ミスが発覚。JTB側がその後、全校集会で謝罪した。同社の調査で手紙は男性社員が書いたことが判明したという。(時事通信、2014.4.29)


 「JTB中部」の男性社員が、岐阜県の県立高校の遠足で依頼されたバス11台の手配をせずに、遠足が延期されていたことが分かりました。

 男性社員は責任を免れようと、遠足の前日に生徒を装って自殺を暗示し遠足の中止を求める文書を高校に届けていたということで、JTB中部では学校側に謝罪しました。

 岐阜県御嵩町の県立東濃高校では今月25日、300人余りの全校生徒が学年ごとに分かれてバスを使って遠足を実施する予定でしたが、前日にバスの手配を依頼していたJTB中部多治見支店の男性社員から、遠足の中止を求める内容の文書が学校に落ちていたとして届けられたということです。

 学校によりますと、文書は封筒に入っていて、内容は生徒が自殺を暗示し遠足の中止を求めるものだったということです。

 高校では、詳しく調べた結果、自殺のおそれがある生徒はいないと判断し、遠足の実施を決めましたが、当日の朝になって依頼していた11台のバスが準備できていないことがJTB中部から伝えられ、延期したということです。

 JTB中部はその後、全校集会で生徒に事情を説明し、文書はバスの手配をしなかった男性社員が責任を免れようと生徒を装って書いたものだったと説明し、謝罪したということです。

 東濃高校の早野稔教頭は「生徒が楽しみにしていた遠足だったので残念です。生徒のために早く遠足を実施したい」と話しています。

 遠足が延期になった東濃高校の3年生の男子生徒は、「楽しみにしていた遠足だったので残念です。大人が生徒の命を言い訳にして取り繕うのは怖いことだと思います」と話していました。(NHK、2014.4.29)


 発注ミスはしょうがないとして全国ニュースになるような狂言はまずかったんじゃないでしょうか。半沢直樹みたいに土下座でもすればよかったのに。
posted by リュウノスケ at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「セキュリティー上の不具合が改善されるまで使用を控えるよう勧告」インターネットエクスプローラーに重大な脆弱性

 米マイクロソフト は26日、同社のインターネット閲覧ソフト「インターネット・エクスプローラー(IE)」のアップデートを予定しているとウェブサイトで発表した。セキュリティソフト会社ファイア・アイ が前週末、米企業へのサイバー攻撃を目的にハッカーグループがIEのバグ(不具合)を探していると述べた。バグ修正の対象となるのはIEのバージョン6から11まで。

 基本ソフト(OS)ウィンドウズXPのサポートは4月8日(日本時間9日)に切れており、同OSを利用しているPCは対応されない。世界のPCのうち、いまだに15―25%がウィンドウズXPで動作しているとみられている。(ロイター、2014.4.28)


 米国土安全保障省はこのほど、米マイクロソフトのインターネット閲覧ソフト「インターネット・エクスプローラー(IE)」にハッカー攻撃を受ける可能性があるとして、セキュリティー上の不具合が改善されるまで使用を控えるよう勧告した。ロイター通信が28日報じた。

 対象はIEの6〜11のバージョンで、利用者に対し、代替ソフトの使用を検討するよう求めている。ロイター通信によると、IEの6〜11はデスクトップ型パソコンの多くで使用されているという。(時事通信、2014.4.29)


 米Microsoft(マイクロソフト)は現地時間2014年4月26日、同社のWebブラウザーInternet Explorer(IE) 6〜11に、標的型攻撃に悪用されうる脆弱性があると公表した(米MicrosoftのSecurity Advisory)。米FireEyeは同日、IE 9〜11を対象にした防衛・金融関連組織への標的型攻撃を検知したとブログにポストしている。FireEyeは一連の標的型攻撃を「Operation Clandestine Fox」と名付けた。

 攻撃者が脆弱性を悪用すると、リモートで任意のコードを実行される恐れがある。この脆弱性は、削除済みや適切に割り当てていないメモリーにIEを通じてアクセスし、任意のコードを配置できるというもの。FireEyeが検知した標的型攻撃は、今回発見されたIEの脆弱性とFlashの既知の脆弱性を組み合わせた攻撃だったという。

 現時点でセキュリティーパッチは存在しない。Microsoftは月例のセキュリティー更新プログラムでパッチを配布する予定としている。Microsoftは同社製の脆弱性緩和ツール「EMET」(Enhanced Mitigation Experience Toolkit)の利用や、「VGX.DLL」の無効化を回避策として紹介。FireEyeはFlashプラグインの無効化を推奨している。加えて、「解決方法がリリースされないXPユーザーに対しては、今後もこの脆弱性を利用した標的型攻撃が多く起こることが予想される」(米FireEye)としている。(日本経済新聞、2014.4.29)


 米国土安全保障省が言うんだから指示に従うのが賢明。セキュリティーパッチが配布されるまでは使用しない方がいいと思います。


<参照>
ウィキペディア Internet Explorer
ウィキペディア アメリカ合衆国国土安全保障省
posted by リュウノスケ at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山口医院ニセ漢方クリーム事件

 横浜市都筑区の「山口医院」(山口了三院長)が、漢方で治療すると説明しながら強いステロイド入りのクリームを処方していた問題で、弁護士有志で作る神奈川医療問題弁護団が28日、「都筑区山口医院被害弁護団」(黒田陽子代表)を結成し、夏をめどに山口院長を相手取った損害賠償請求訴訟を起こす方針を明らかにした。

 被害弁護団によると、被害患者は2000人以上。鈴木順事務局長は「全ての被害者についての提訴は難しいが、全員の救済につながるような訴訟にしたい」と話した。

 5月19日午後7時と同20日午前9時45分の2回、横浜関内ホール(同市中区)で被害者説明会を開き、訴訟について説明する予定。問い合わせは医療問題弁護団(045・226・9961)。(毎日新聞、2014.4.28)


 横浜市都筑区の「山口医院」が、「最強」クラスのステロイド入り塗り薬をステロイドが入っていない「漢方クリーム」として患者に処方していた問題で、同医院は4日、初めて患者説明会を開き、山口了三院長が「ステロイドが入っていたとは知らなかった。申し訳ありません」と謝罪した。

 会場には、600人以上の患者や家族が詰めかけ、一時は怒号が飛び交った。

 説明会の開始予定時刻だった午後2時、会場の横浜市都筑公会堂ホール(座席数604席)は満員に。それでも外に約100人の患者らが押し寄せ、入れなかった人たちが、立ち入りを拒んだ医院の弁護士に詰め寄り、そのまま会場に入った。説明会は30分遅れで開始。質疑応答では、「きちんと説明しろ」などと大声も上がった。

 混入していたステロイドは、国民生活センターの調査で「最強」クラスに分類されるプロピオン酸クロベタゾールと判明している。

 山口院長は、医院で漢方相談を担当していた50歳代の中国人女性に、中国の製造工場との取引を任せていたと説明したが、弁護士が調査したところ、この工場は実在しなかった。

 弁護士によると、クリームは1998年頃から処方し始めたが、ステロイドがいつ頃から混入したかは不明という。医院が取り急ぎ、昨年1年間に処方した患者数を調べたところ、少なくとも1600人いたことが判明。医院は売り上げの大部分をこの女性の給料などに充てていた。

 医院は代金を返済する意向だが、総額で3億円以上になるため資金が足りず、医院の破産や民事再生法の適用を検討しているという。説明会に参加した相模原市の女性(37)は「(院長の説明は)中国人女性に全ての責任を押しつけた印象だった。誠意は見られなかった」と憤っていた。

 弁護団、きょうから無料電話相談実施

 横浜弁護士会の有志でつくる「神奈川医療問題弁護団」は5〜6日、患者を対象にした弁護士による無料電話相談(045・681・8686)を実施する。患者数や副作用の実態などを把握し、被害救済につなげることが目的。電話相談は両日とも午前10時〜午後4時。弁護団は「自己決定権を侵害された患者の声を集約して救済したい」としている。

「早く教えてくれれば…」

「『漢方薬』と言われて安心していた。早く教えてくれれば、すぐに使うのを中止できたのに……。説明不足で、患者を考えていない証拠だ」

 長女(1)と自分の湿疹に悩む東京都中野区の主婦(36)は、山口医院の対応に不満を募らせている。

 来院のきっかけは、人気女性タレントのブログだった。「いくつかの病院に通って治らなかったのが、漢方の塗り薬で治りました」。このブログを見てタレントの所属事務所に問い合わせると、山口医院の連絡先を教えてくれたという。

 昨年6月に長女を連れて受診。山口院長に2種類の「漢方クリーム」(5グラム、各4000円)を処方され、計3個購入した。ファクスでクリームを手軽に購入できる注文方法も紹介され、これまでに9個を買った。保険の適用外だが効き目は抜群で、2人とも湿疹が治まったという。

 さらにクリームを購入しようと、昨年12月に問い合わせると、「クリームが入荷できていない」と言われた。同じ回答が続き、不審に思ってインターネットで調べると、ステロイド混入の疑いがあることを知った。

 すぐに使用をやめたが、2人とも湿疹がぶり返した。主婦は「ステロイドを使わない治療法と信じていたのに。副作用がないか心配」と表情を曇らせる。(読売新聞、2014.4.5)


 よく分からない中国人女性の調達した薬を「漢方クリーム」として処方していた山口病院。実際は最強クラスのステロイドであり、多くの被害者を出しました。テレビニュースで山口院長に詰め寄る女性を見ると事態の深刻さが窺えます。

 記事の人気女性タレントが誰なのか私は確認していませんが、仮に宣伝に加担しているとしたら今後週刊誌などで叩かれるんじゃないでしょうか。
posted by リュウノスケ at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月28日

山中伸弥教授実験データ散逸で謝罪

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)の開発者でノーベル医学生理学賞を受賞した京都大の山中伸弥教授は28日、2000年に欧州の専門誌に発表した論文にインターネット上で疑問が指摘されていることについて京大で記者会見した。山中教授は不正を否定した上で、論文共著者の実験ノートが手元に保管されておらず、自分のノートにも実験の生データがなかったとして「日本の科学に対する信頼が揺らいでいる状況でこのようなことになり、誠に申し訳ありません」と陳謝した。

 問題の論文は、山中教授が奈良先端科学技術大学院大学の助教授だった00年、欧州分子生物学機構の「EMBOジャーナル」に発表した。特定の遺伝子を欠落させたマウスの胚性幹細胞(ES細胞)を作製し機能を分析する内容で、06年に発表したiPS細胞の研究にもつながった。昨年4月ごろネット上で画像と図が不自然だと指摘があり、山中教授が所長を務める京大iPS細胞研究所が調査していた。

 調査した森沢真輔副所長によると、山中教授の実験ノートなどから、実験は1998年ごろ行われたことを確認した。論文で発表した細胞は現在も使われており、再現性に問題がない点から「論文の内容が正しいことは明らか」と判断。画像に切り貼りの跡がないことも確認した。

 ただ、実験の生データは山中教授のノートでは確認できなかった。共に研究の中心となった中国出身の研究者のノートに記録されている可能性もあるが、連絡が取れないという。

 山中教授は会見で論文と同様の結果を示す実験の生データと図を示し、「学生に厳しく指導している私と昔の自分(の違い)を思い、恥ずかしい」と話した。(時事通信、2014.4.28)


 京都大iPS細胞研究所の山中伸弥所長が2000年に発表した論文の画像や図に疑問点が指摘されたとして、京都大iPS細胞研究所は28日、記者会見した。記者会見での山中所長の一問一答は次の通り。

 −−問題発覚の経緯は。

 山中所長 昨年の4月、広報から指摘された。その時は何のことか分からないという気持ちだった。客観的な判断を森沢副所長にお願いした。

 −−結果は。

 山中所長 私の当時のデータ保存が不完全だったということ。自分のデータに関しては保存していたが、共同研究者については全くといっていいほど保存していなかった。

 −−画像や図の実験は正しいのか。

 山中所長 内容については100%の自信を持っている。しかし、実験の生データそのものが自分のノートからも出てこない。日本の科学者の見本となる立場で、所長としてノートの使い方や資料の保存について厳しく指導しているのに、心から反省している。

 −−切り張りという指摘については。

 山中所長 似ているが、違う部分もある。少なくとも、バンドをコピーする必要性も理由も記憶もない。(毎日新聞、2014.4.28)


 小保方問題で揺らいでいる日本の科学界。ノーベル賞学者である山中教授までもが杜撰なデータ管理だったとは非常に残念な話であります。それにしても不正や疑問点を指摘しまくるネット住民が凄すぎますね。

 さっきやっていたNHK『ニュースウオッチ9』で大越健介キャスターが「揚げ足取りはよくない」と言ってましたが、完全に間違いだと思います。スポーツ選手のドーピングチェックと同じで逆にどんどん指摘すべき。不備・不正の謝罪会見という恐怖があれば誰が読んでも隙のない論文書くに決まっています。
posted by リュウノスケ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イモトアヤコエベレスト登頂断念

 日本テレビの大久保好男社長は28日の定例会見で、タレントのイモトアヤコさん(28)が同局系バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」の企画で挑もうとしていたエベレスト登頂について、「アタックは難しいという現地の報告を受け、今年は断念する」との判断を明らかにした。

 エベレストでは今月18日、ネパール人登山ガイドらが雪崩に巻き込まれ死亡する事故が発生し、現地ガイドらは今シーズンの登山中止を決定。同局は「世界各国の主要な登山隊が引き揚げていると聞いている。隊同士で協力し合って登るので、主要な隊が断念すると危険度が増して困難になる」と説明した。(時事通信、2014.4.28)


 お笑いタレントのイモトアヤコ(28)が番組企画で世界最高峰(8848メートル)のエベレスト登頂を目指す、日本テレビ系のバラエティー「世界の果てまでイッテQ!」(日曜午後7時58分)の27日の視聴率が28日、15・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と発表された。

 前週20日の20・0%より4・2ポイント下回った。

 27日は電話出演してエベレスト登頂の中間報告をした。現在は6461メートルのメラ・ピークという山で高度順応中で、約5000メートルの標高にあるカーレというベースキャンプにいる。

 18日にシェルパ13人が死亡する事故が発生し、地元ガイドらは今季の登山を中止したことから、イモトらの登頂も危ぶまれた。この日も、スタジオの内村光良が「大きな雪崩があって大変だったみたいですが」と呼び掛けると、同行している山岳ガイドの角谷道弘氏は「まだそちらの方には行ってないので、これからまた考えますけど、よく考えて行動します。安心しててください」と冷静に応じた。

 イモトは「うまくいけば、5月中旬から下旬くらいにエベレスト登頂を目指しております。まだまだっす」と明るく話し、「夜、ちょっと寂しいときは、(手越)祐也のことを思い出すかな」とジョーク。続けて「なんとかみんなで力を合わせて、エベレストのてっぺんからの景色を見ている皆さんにお伝えしたいと思いますので、応援よろしくお願いします。頑張ります」と話した。(日刊スポーツ、2014.4.28)


 ヒマラヤ登山のガイド会社などが加盟する「ネパール山岳協会」のアング・ツェリン・シェルパ会長は26日、13人が死亡する雪崩事故が起きた世界最高峰エベレストで、今季(4〜5月)の登山活動は「終了したに等しい」と述べ、当面は誰も登頂できないとの認識を示した。共同通信に語った。

 事故後、登山を支援する現地ガイドの多くが十分な補償を政府に求めており、安全面への不安から登山を拒否。会長は「登山ルートに、はしごやロープを設置するガイドの数が足りていない」と語った。

 大人数の登山グループは既にエベレスト挑戦を断念しており、少人数グループが現地ガイドの支援なしに登山を続けるのは難しい状況という。

 エベレストでの事故としては過去最悪となった雪崩は18日に発生。ネパール人のシェルパと呼ばれるガイドら13人が死亡、3人が行方不明となった。(共同、日刊スポーツ、2014.4.27)


 ネパール人ガイドら13人が死亡する雪崩が起きた世界最高峰エベレストで、シェルパと呼ばれるガイドたちが、ネパール政府の犠牲者への補償金が少ないと反発、登山拒否の動きを見せている。登山に不可欠なガイドが実際にボイコットをすれば、日本など外国人登山者に影響が出そうだ。

 エベレストで過去最悪となった18日の事故では依然、3人が行方不明。ネパール山岳ガイド協会によると、ネパール政府は事故後、遺族1人当たり4万ネパールルピー(約4万2千円)の補償金を支給すると決めた。

 これに対し、同協会のパサン・テンジン・シェルパ氏は「政府は登山者から多額の登山料を徴収しているのに、補償金が少なすぎる。このままでは今シーズンの登山取りやめも辞さない」とガイドの思いを代弁。政府に入る登山料の一部で補償の基金設立も求めている。

 多くのガイドは登山専門の旅行会社に所属。空気の薄い登山ルートでロープの架設やテント設営、荷物運搬などを担い、ほとんどの外国人登山者に欠かせない存在だ。

 エベレストのベースキャンプにいるカナダからの登山者はブログで「シェルパたちはわれわれの家族、きょうだいのようなもの。彼らの決断に従う」と支持を表明した。(共同、スポニチ、2014.4.21)


 世界最高峰エベレスト(Everest、8848メートル)で18日早朝、雪崩があり、ネパール人登山ガイド少なくとも12人が死亡した。エベレストでこれまでに起きた事故で最も死者数の多い事故となった。

 事故にあったのは、今月末からの本格的な登山シーズンを前に、準備のためにテントや食料、ロープなどを運んでいたシェルパ(ネパール人登山ガイド)の一行。

 雪崩は18日午前6時45分(日本時間同日午前10時)ごろ、標高5800メートル付近、クンブ(Khumbu)氷瀑(ひょうばく)へ向かうルート途中の「ポップコーン・フィールド」と呼ばれる場所で発生した。

 ネパール観光省のディペンドラ・パウデル(Dipendra Paudel)氏はカトマンズ(Kathmandu)でAFPの取材に「12人の遺体を雪の中から収容した。雪の中に他に何人埋まっているか、分かっていない」と語った。捜索・救助活動には救助ヘリコプターが出動し、これまでに7人が雪の中から救助されたという。

 ベースキャンプで救助活動に参加するヒマラヤ救助協会(Himalayan Rescue Association)のラクパ・シェルパ(Lakpa Sherpa)氏はAFPの電話取材に、「11人の遺体がベースキャンプに運び込まれるのを確認した。あと3人の遺体が来ると言われている」と語り、死者数が14人に増える可能性を示した。

 カトマンズを拠点とするヒマラヤ登山の専門家として著名なエリザベス・ホーリー(Elizabeth Hawley)氏は、今回の事故はエベレストで起きた登山中の事故としては最も死者数が多い事故だと語った。(AFPBB News、2014.4.18)


 バラエティ番組の企画というそれでなくとも批判の多い登頂なので各国の登山隊が撤退している以上強行はできないんでしょう。妥当な判断といえます。
posted by リュウノスケ at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする