2014年01月31日

仏漫画祭韓国館展示スペースの大半を使って慰安婦漫画展示

 フランス中部アングレムで30日開幕した恒例の漫画祭で、韓国の団体が旧日本軍の「従軍慰安婦」をテーマにした特別展を開いた。安倍晋三首相の靖国神社参拝を契機に、中国や韓国が歴史問題で対日批判を強めている時期だけに、会場には地元フランスのほか日韓のメディアが多数集まった。

 市役所近くに設けられた韓国館では、展示スペースの大半を使って従軍慰安婦をテーマにした漫画が展示され、慰安婦に関するアニメも会場内で流された。韓国の趙允旋・女性家族相も韓国館の開館式に出席。「ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)は多くの人が知っているが、従軍慰安婦は世界にあまり知られていない。漫画という媒体を通じ、この問題が広く伝わるよう望む」と語った。

 漫画祭主催者は特別展について、記者団に「アーティストに表現の場を与えたもので、政治的性格は持たない」と主張。その一方、特別展を通じ「(従軍慰安婦に関する)議論が深まるのは良いことではないか」と話した。(時事通信、2014.1.30)


 ランスで毎年恒例の「アングレーム国際漫画祭」が30日、開幕し、韓国政府や作家団体が、いわゆる従軍慰安婦をテーマにした展示を行った。

 韓国の展示開幕式には趙允旋(チョユンソン)女性家族相が出席し、「この問題は(日本との)2国間の問題にとどまらない。ユニバーサルな問題だ」と訴えた。会場には少女が拉致され、慰安所に連行される様子などを描いた約60点が展示された。

 一方、鈴木庸一駐仏大使は29日、パリで記者会見し、「漫画を通じて相互理解を深める場。一国の政治的主張をそのまま伝えることは、趣旨に沿わない」との見解を主催者とアングレーム市に伝えたと発表した。また、会場で日本の立場を説明するちらしを配布する方針だと述べた。(読売新聞、2014.1.30)


 欧州最大級の漫画フェスティバル、フランスのアングレーム国際漫画祭が30日、開幕した。漫画祭には、慰安婦問題をめぐる日本と韓国の作品が出展されたが、主催者側は、「強制連行はなかった」とする日本側の漫画を「政治的」として撤去するよう要請した。韓国政府が持ち込んだ「元慰安婦被害者」の作品は展示を許可した。「韓国側主張の誤りを正し、真実を伝えたい」と、漫画作成に意気込んできた日本側関係者は納得せず、波紋が広がっている。

 30日、韓国政府の趙(チョ)允(ユン)旋(ソン)・女性家族相はアングレームを訪問し、「散ることのない花」と題した元慰安婦についての漫画企画展の開幕を宣言した。しかし、事前に地元記者らを対象に予定されていた説明会は主催者側の要請で中止された。

 日本発慰安婦漫画の出展準備を進めていた実業家の藤井実彦氏(41)ら「論破プロジェクト実行委員会」のメンバーらは29日、アングレーム中心部にある「アジア館」の日本ブース前で行っていた記者会見の中止を主催者から求められた。

 主催者は、日本側の漫画について「政治的な宣伝だ」と発言、日本側の関係者と論争になったという。

 藤井氏は「日本人が得意とする漫画で慰安婦の真実を伝えようとしたことが、表現の自由を標(ひょう)榜(ぼう)するフランスの漫画祭で理解されず残念だ。韓国政府が主導している反日の出展こそが政治的な宣伝であり、抗議していきたい」と語った。

 鈴木庸一・駐フランス大使は開幕前にパリで行われた会見で、「漫画祭は文化イベントで、特定の政治メッセージを伝えることは好ましくない」と発言。日本が韓国に第二次大戦の問題で謝罪をしていないという認識は誤りだと指摘し、補償問題についても、1965年に韓国と締結した請求権・経済協力協定などで完全、かつ最終的に解決したとの日本側の立場を改めて説明した。

 会場では、「漫画祭を政治に利用しないでほしい」「漫画は楽しむもので議論するためのものではない」との声も聞かれた。(産経新聞、2014.1.30)


 フランス南西部アングレームで30日、「アングレーム国際漫画祭」が始まった。韓国政府が従軍慰安婦をテーマにした企画展を実施。日本政府は「補償問題は解決済み」などと説明する文書を用意、会場での配布を検討している。

 大使館などによると同日午前の段階では混乱などは起きていない。

 日本の鈴木庸一駐フランス大使は29日にパリでフランスメディアを対象に記者会見し「文化交流や相互理解を深める機会である漫画祭が、特定の政治的主張を広めるために使われるのは残念」などと述べた。

 一方、韓国紙の朝鮮日報によると、韓国の趙允旋女性家族相も出席して29日にパリで開かれる予定だったメディア向け説明会は主催者の要請で中止されたという。聯合ニュースによると、韓国側が予定していた企画展への元慰安婦の招待や、期間中の慰安婦に関するアニメ上映会も中止となった。

 鈴木大使は、補償問題は1965年の日韓請求権協定で解決済みとの日本の立場や、元慰安婦に償い金を支給した「アジア女性基金」の取り組みなどについて説明。日本大使館では同様の内容の文書をフランス語、韓国語、英語で用意した。

 同大使館は準備段階から主催者と連絡をとり日本側の立場を説明。主催者は「日本大使館は企画展実施に否定的だったが、最終判断はこちらに任せてくれた」と話している。

 同漫画祭は欧州最大規模で、今年で41回目。4日間の日程で昨年は約20万人が訪れたという。(共同、サンスポ、2014.1.30)


 マンガやアニメなどどうでもよく、従軍慰安婦問題すら単に「ディスカウントジャパン運動」の駒の一つとしか思っていないのではないか。国家を総動員して日本を貶めようという強烈な意志を感じます。


<参照>
ウィキペディア 国家ブランド委員会
posted by リュウノスケ at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

ハイヒール450足窃盗男逮捕

 東京・銀座の高級クラブの更衣室に侵入し、ホステスのハイヒールなどを盗んだとして、警視庁池袋署は29日までに、窃盗と建造物侵入の疑いで、住所不定、無職S容疑者(28)=別の窃盗罪などで起訴=を再逮捕した。

 S容疑者は「クラブの更衣室のロッカーは宝箱だった」など供述し、容疑を認めているという。同署は同容疑者が契約していたレンタルルームからハイヒール約450足を押収した。

 同署によると、S容疑者は約2年前から杉並区のネットカフェを拠点にし、埼玉、神奈川、千葉各県でもホステスのハイヒールを狙って窃盗を繰り返していた。「ハイヒールを盗むことに喜びを感じた。新品には興味がなかった」などと話しているという。

 逮捕容疑は昨年11月1日午後0時半ごろ、中央区銀座のクラブの更衣室に侵入し、ホステス(26)ら16人のハイヒール14足や化粧品など計26点(約55万円相当)を盗んだ疑い。(時事通信、2014.1.29、元の記事は実名、以下同じ)


 警視庁池袋署は29日までに、東京・銀座のクラブ更衣室からホステスのハイヒールを盗んだとして、窃盗などの疑いで住所不定、無職S容疑者(28)を再逮捕した。

 池袋署は、S容疑者が使っていた東京都杉並区のネットカフェのブースからハイヒール448足を押収した。同署によると「ハイヒールを盗むことに喜びを感じた。(更衣室の)ロッカーは宝箱だった」と供述している。埼玉、千葉、神奈川の各県でも盗んだとみて、裏付け捜査を進める。

 逮捕容疑は昨年11月1日午後、東京都中央区銀座8丁目のクラブに忍び込み、更衣室からハイヒール14足や化粧品など計55万円相当を盗んだ疑い。

 池袋署は東京・池袋のクラブに侵入して現金などを盗んだとして、建造物侵入と窃盗の疑いで1月6日に現行犯逮捕していた。(共同、日刊スポーツ、2014.1.30)


 容姿などの理由で女性に愛されなかった結果として性的倒錯に至った男というのは実存的哀愁があり個人的には嫌いじゃないですが、このS容疑者は見た目が普通であることに加え連行時にニヤニヤ笑ったりして全く共感できません。

 ホステスのハイヒールというのも凡庸であり、ついでに現金を盗むなど単なる泥棒。0点の変態といえます。


<参照>
ウィキペディア 性的倒錯
posted by リュウノスケ at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自転車死亡事故4746万円賠償命令

 東京都大田区の横断歩道を歩行中、赤信号を無視したスポーツタイプの自転車にはねられ死亡した主婦Aさん=当時(75)=の遺族が自転車の男性(46)に約一億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は二十八日、約四千七百万円の支払いを命じた。

 原告側は「自転車による被害は軽く見られがちだが、自動車と同様の扱いをしてくれた」と判決を評価した。自転車の人身事故では昨年七月、神戸地裁が加害者側に約九千五百万円の支払いを命じている。

 事故は二〇一〇年一月に発生した。判決などによると、Aさんは時速十五〜二十キロの自転車にはねられて転倒し頭を強打、五日後に死亡した。男性は重過失致死罪で在宅起訴され禁錮二年、執行猶予三年が確定した。

 この日の判決で三木素子裁判長は「脇見運転をし、前を注視しなかったため事故が起きた。Aさんには何ら落ち度がない」と指摘した。

 被告側は「病院でベッドから転落したのが死亡の原因」と主張したが、三木裁判長は「頭には事故による損傷以外、見つかっていない」と退けた。その上でAさんの年齢などから逸失利益を算出し、慰謝料、弁護士費用などを加えた総額の賠償を命じた。(東京新聞、2014.1.29、元の記事は実名、以下同じ)


 東京都大田区の交差点で2010年、信号を無視したスポーツ自転車にはねられ、5日後に脳挫傷で死亡した女性(当時75歳)の遺族が、自転車に乗っていた男性(46)(重過失致死罪の有罪確定)に約1億円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁(三木素子裁判長)は28日、男性に約4700万円の賠償を命じる判決を言い渡した。

 脳挫傷が事故で生じたかどうかが争点となり、男性側は「女性が病院のベッドから落ちたのが原因だ」と主張。しかし、判決は「女性の頭には事故で受けた傷しかなく、ベッドからの転落は関係ない」と退け、「事故は、男性が信号の順守義務を怠って発生したもので、女性には何ら落ち度がない」と結論づけた。

 判決を受けて記者会見した遺族は、「自転車事故も重大な被害をもたらすと認定した判決の意義は大きい」と話した。(読売新聞、2014.1.28)


 東京都内で2010年、自転車にはねられて死亡した女性(当時75)の遺族が、自転車に乗っていた男性会社員(46)に計約1億600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は28日、会社員に計約4700万円の支払いを命じた。死亡と事故との因果関係が争点だったが、三木素子裁判長は「女性は会社員の信号無視による事故で死亡した。被害者に落ち度はなかった」と認定した。

 判決によると、女性は10年1月10日、東京都大田区の交差点で、青信号で横断歩道を歩行中、右側から交差点に進入してきた会社員のスポーツタイプの自転車にはねられた。会社員の進行方向の信号は赤だった。女性は頭を強く打ち、5日後に病院で死亡した。

 判決は女性の慰謝料や逸失利益を計約4千万円と算定。これに遺族2人への慰謝料計300万円などを加えて賠償額とした。遺族側の弁護士は「自転車側が加害者となる歩行者との事故が増えるなか、自動車事故と同程度の賠償が認められた」と判決を評価した。(朝日新聞、2014.1.28)


 信号無視の自転車に衝突されて死亡した東京都内の女性(当時75歳)の遺族が、自転車に乗っていた会社員の男性(46)に1億636万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は28日、4746万円の支払いを命じた。三木素子裁判長は「男性は脇見をして前方を注視していなかった。青信号で横断歩道を渡っていた被害者に何ら落ち度がない」と述べ、高額の賠償責任を認めた。

 訴えていたのは、亡くなったAさんの夫(83)と長男Mさん(43)。

 判決などによると、事故は2010年1月10日、東京都大田区の交差点で発生。横断歩道を渡っていたAさんに、競技用自転車に乗った男性が赤信号を無視して時速15〜20キロで衝突。Aさんは転倒して頭を強く打ち、5日後に死亡した。三木裁判長は事故と死亡の因果関係を認定し、「男性は自転車を運転する際の基本的な注意義務を怠った」と指摘した。

 この事故で東京地検は10年8月、男性を重過失致死罪で在宅起訴。禁錮2年、執行猶予3年の有罪判決が確定した。

 判決後、Mさんは東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見し「被害が悲惨なことは自動車事故と変わりなく、悔しい思いが理解してもらえた」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。代理人の正田光孝弁護士は「自動車事故と同様の賠償額を算定してくれた」と評価した。

 自転車事故には刑法の自動車運転過失致死傷罪が適用されず、男性はより刑の軽い重過失致死罪で起訴された。Mさんは「命が軽く扱われるのはつらかった」と振り返り、「乗り方を間違えれば、自転車も凶器になることを知ってほしい」と訴えた。

 ◇相次ぐ高額賠償、車と同様の責任

 自転車で歩行者を死傷させた人に高額な賠償を命じる判決は各地で相次いでいる。特に歩行者が歩道や路側帯など「保護される場所」にいた場合は自転車側の責任を100%としたり、歩行者側に過失があっても軽くしたりする判断が目立つ。

 神戸地裁は昨年7月、自転車で坂道を下っていて路肩寄りを歩いていた女性とぶつかり意識不明となるけがをさせた小学5年男児(当時)の母親に、損保会社の支払い分も含め9520万円の賠償を命じた。判決は、女性にも前方不注意があったとする母親側の主張を退け「母親の指導や注意が不十分」と指摘した。

 自転車は手軽な乗り物だが、歩行者を死傷させれば、裁判所は車と同様の賠償責任を認める傾向にある。(毎日新聞、2014.1.28)


 このケースは信号無視なので加害者が全面的に悪いわけですが、逸失利益4000万ですか。平均寿命までの年数かける年金の他に何か収入があったのかもしれません。事故の不安で自転車保険に加入する人が増えるんじゃないでしょうか。


<参照>
ウィキペディア 逸失利益
posted by リュウノスケ at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

タタ自動車社長飛び降り自殺?

 インド自動車大手、タタ自動車のカール・スリム社長(51)が26日、宿泊していたタイ・バンコクのホテルから転落し、死去した。警察が死亡時の詳しい状況を調べている。同氏は英国人で、米ゼネラル・モーターズ(GM)などを経て2012年10月にタタ自社長に就任した。販売低調に悩むタタ自再建を請け負っていただけに、死去は同社には痛手。27日にタタ自の株価は下落した。

 スリム氏はタイ法人の役員会出席のため、妻とともにバンコクに滞在していた。現地報道などによると、同氏は宿泊先のホテルの22階から転落。部屋からは同氏が書いたと思われる手紙が見つかったとされ、自殺の可能性がある。

 スリム氏は生産畑で豊富な国際経験があった。GMに17年間在籍。同社のインド法人トップを務めたほか、中国やカナダ、ポーランドで活躍。GM以前にはトヨタ自動車に勤務した経験もある。これらの手腕を買われ、タタ自では、08年に買収した英高級車ブランド、ジャガー・ランドローバー(JLR)を除く全事業を統括していた。

 タタ自は12年後半から国内市場での販売が低調になっていた。09年に世界の話題をさらう形で投入した格安車「ナノ」が失敗。その後、目ぼしい新型車がなかった。

 スリム氏は就任早々から「再建人」として期待された。しかし13年4〜12月のタタ自の乗用車販売台数は37%減。景気減速を受けて全体に低調な同国自動車市場の中でも、主要メーカーで最大の落ち込み幅となり、いまだ活路がみえない状況だった。

 タタ自は1月、仕様を大幅に変えたナノの改良車を投入。2月初旬に開幕するデリー自動車ショーでも新型車を発表すると公表しており、まさに反転攻勢の機運が出始めた直後の出来事となった。タタ自の株価は27日に終値ベースで前日(24日)比6%下落した。

 タタ自は今後の経営体制について明確にしていない。タタ・グループを統括するサイラス・ミストリー氏は今回の不測の事態を受け「スリム氏は難しい時期に強いリーダーシップを発揮する貴重な仲間だった」とのコメントを発表した。ミストリー氏も12年末にグループ総帥に就いたばかり。スリム氏の死は、新体制に移行しつつあるタタ・グループ全体にとっても痛手となる。(日本経済新聞、2014.1.27)


 インドの自動車最大手タタ・モーターズ(TAMO.NS: 株価, 企業情報, レポート)のカール・スリム社長(51歳)がタイのホテルで転落死したことについて、地元警察は自殺との見方を強めている。

 スリム社長はタタのタイ法人の取締役会出席のため、バンコク市内のホテルに夫婦で宿泊、26日朝に22階の部屋から転落しているのが発見された。

 警察の捜査官はロイターに対し、妻から夫あての書簡がみつかったとし、妻と話したところ「妻は夫への秘密を打ち明けており、夫婦間でトラブルがあった」と述べた。また転落したとみられる窓は開いていた上に小さく、よじ登る必要があるため誤って転落したとは考えにくく、自殺との見方を強めているという。

 英国人のスリム氏は、タタの建て直しのために2012年にタタに入り、国内事業の再編に取り組んでいた。社長の死で再編に遅れがでるとの懸念から27日の市場でタタ株は一時6.7%下落、6%安で終了した。

 スリム氏は米ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N: 株価, 企業情報, レポート)のインド法人、GMの中国合弁幹部を経てタタの社長に抜擢されていた。(ロイター、2014.1.28)


 カール・スリムって経営者として世界的に有名な人ですよね。なんで死んだんでしょうか。


<参照>
ブルームバーグ 社長急死で印タタ「ナノ」の命運不透明に−後継者選び難航か
ウィキペディア タタ・モーターズ
posted by リュウノスケ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

「消費者不在で命を軽視している」アイリスオーヤマ加湿器2万6700台自主回収

 生活用品大手アイリスオーヤマ(仙台市)が、販売する加湿器の不具合で火災が起きたと10日に特定したのに、公表を見送っていたことが27日、神戸市消防局などへの取材で分かった。同社は2週間以上過ぎた27日、6機種の計2万6700台に発火の恐れがあると公表し自主回収を始めた。

 自宅の加湿器から出火した神戸市垂水区の男性が、原因が特定された直後の10日に公表を求めたが、同社は「今は公表しかねる」と拒否していたことも判明。

 アイリス社は「社内調査を優先した。なぜ製品から出火したのかを特定してから公表したかった」と説明している。

 男性によると、3日午後8時すぎ、自宅で回収対象になった2012年製「強力ハイブリッド加湿器」が出火し、寝室の壁や天井を焼いた。家族で消し止めたため、けが人はなかった。

 市消防局は10日、アイリス社と合同調査し基板からの出火が原因と特定。男性は同社の品質管理担当者に公表を求めたが、担当者は「基板が原因だが、可能性はいくつかあり、今は公表しかねる」と回答した。

 男性は「寝ていたら死ぬところだった。なぜ早く公表しなかったのか」と話している。

 昨年2月にはTDK製加湿器の不具合が原因とみられる火災が長崎市のグループホームで起き、5人が死亡している。

 製品事故に詳しい亀井克之関西大教授(リスクマネジメント論)は「消費者の安全第一という意識が欠如している。調査中でもすぐに公表すべきで、こっそり回収しようとしていると思われても仕方ない」と批判した。

 自主回収の対象製品は「KHH―800Z―S」「KHH―800―A」「PHA―750Z―S」「PHA―750―H」「PHA―1000Z―S」「PHA―1000―H」。

 ■消費者不在で「命軽視」 公表見送りに批判 

 アイリスオーヤマが2週間以上、販売する加湿器の火災原因を特定しながら公表を見送っていたことが27日、明らかになった。加湿器は室内の乾燥を防ぐインフルエンザ対策としてもメーカー各社が冬の主力商品と位置付けており、専門家はアイリス社の対応を「消費者不在で命を軽視している」と批判している。

 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会の 釘宮悦子 (くぎみや・えつこ) 理事は「留守でも就寝中でも使う数少ない家電で、気付かないうちに火災が起きたら命取りになる」と指摘。「二度と火災が起きないよう、回収を徹底してほしい」と話す。

 アイリス社は「原因が特定できないうちの公表は、消費者の不安をあおる」と説明するが、ベビー用品製造販売会社、コンビのベビーカーやアクリフーズの農薬混入事件でも公表の遅れが被害を拡大した。

 欠陥製品事故に詳しい 中村雅人 (なかむら・まさと) 弁護士は「論外な発想だ。発表がなければ消費者は手の打ちようがない。被害を把握して注意を呼び掛けないのは過失が重く、第二の被害が出れば刑事罰も問われかねない」と厳しく指摘している。(共同通信、2014.1.28)


 アイリスは2006年にもシュレッダー指切断事故(2歳の女の子がアイリス製のシュレッダーに両手を挟まれて指9本を切断、中日新聞)で似たような対応をしています。ワンマン社長の大山健太郎に意見できる人が社内に存在しないのでしょう。文字通り消費者不在の不幸な企業風土といえます。


<参照>
ウィキニュース シュレッダーによる指切断事故相次ぐ
ウィキペディア アイリスオーヤマ
posted by リュウノスケ at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする