2013年09月30日

「2時間3分23秒」ウィルソン・キプサング男子マラソン世界記録更新

 <陸上:ベルリン・マラソン>◇29日◇ベルリン

 また、高速コースで世界新記録が飛び出した。昨年のロンドン五輪銅メダリストのウィルソン・キプサング(31=ケニア)が2時間3分23秒で優勝。2年前に同マラソンでパトリック・マカウ(28=ケニア)がマークした世界記録2時間3分38秒を15秒更新した。2時間4分5秒の好記録でエリウド・キプチョゲ(29)が2位に入るなど、5位までをケニア勢が独占。女子優勝もケニアのフローレンス・キプラガト(26)だった。

 2位に大差をつけてゴールのブランデンブルク門をくぐり抜けたキプサングは「最高だよ。勝てて、記録も破れたからね」と胸を張った。次々とゴールするケニア勢。その頂点に立ったベテランは「10年前、ここでケニアの英雄テルガトが世界記録を出した。それを見て、自分もと思った。同じコースで記録を出せて、人生最大の夢がかなった」と、興奮気味に話した。

 過去15年で男子6回、女子も01年の高橋尚子ら2回世界新が記録されている高速コース。高低差のない市街地を走るレースは、序盤から世界記録を期待させるハイペースだった。最初の5キロが14分33秒。ペースメーカーのスピードに、早くも第1集団がケニア勢7人、エチオピア勢2人の9人だけに絞られた。

 中間点を1時間1分34秒で抜けたが、30キロでペースメーカーが離れると、スピードが鈍った。35キロの通過タイム1時間42秒36は、2年前に世界記録を樹立したマカウに20秒遅れた。「ペースが遅すぎて、強い気持ちで攻めないと記録更新は無理だと思った」とキプサング。一気のスパートで、2位キプチョゲを突き放すと、ゴールまで突っ走った。

 2年前ベルリンでマカウが世界新を出した1カ月後、フランクフルトで快走したが4秒届かなかった。昨年のロンドン五輪では中間点で大きくリードしながら後半失速して銅メダルに終わった。これまで、あと1歩で逃してきた栄光。キプサングは世界新ボーナス5万ユーロなど合計12万ユーロ(約1560万円)の賞金も獲得して、富と栄誉を一気に手に入れた。(日刊スポーツ、2013.9.30)


<参照>
ウィキペディア ウィルソン・キプサング・キプロティチ
ウィキペディア マラソン 世界歴代10傑
posted by リュウノスケ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

許永中仮釈放

 韓国の関係筋によると、大阪の中堅商社から巨額の資金が流出した「イトマン事件」などで実刑判決が確定し、日本で服役中に韓国に移送された韓国籍の元不動産管理会社代表、許永中受刑者(66)が30日、仮釈放された。

 許受刑者はイトマン事件の中心人物として1991年7月、商法(当時)の特別背任容疑などで大阪地検特捜部に逮捕された。保釈中の97年に「妻の実家の法事」を理由に裁判所の許可を得て訪韓中、逃亡。99年11月に東京都内のホテルで見つかり、収監された。

 2005年に懲役7年6月、罰金5億円の判決が確定した。また、石油卸売商社「石橋産業」側から約179億円の約束手形をだまし取ったとして00年3月、元特捜検事で弁護士だった田中森一氏らとともに詐欺容疑で東京地検特捜部に逮捕され、08年に懲役6年の判決が確定した。(共同、産経新聞、2013.9.30)


 【ソウル時事】韓国の消息筋によると、イトマン事件などで実刑判決を受け、本人の希望で韓国で服役していた韓国籍の許永中受刑者(66)が30日、仮釈放された。

 許受刑者は、中堅商社イトマンから巨額の資金を流出させたイトマン事件で、1991年に商法の特別背任などで逮捕。逃亡したものの再び捕まり、2005年に7年6月の懲役刑が確定していた。東京の石油卸商社「石橋産業」から約束手形をだまし取った詐欺罪でも実刑判決を受けた。

 日本で服役していたが、12年に韓国に移送され、ソウルの刑務所で服役していた。本人が韓国での服役を望んだとされる。(時事通信、2013.9.30)





<参照>
ウィキペディア 許永中
posted by リュウノスケ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

堺市長選維新候補敗北

 任期満了に伴う堺市長選は29日投開票され、無所属現職の竹山修身氏(63)=自民支持、民主推薦=が、地域政党「大阪維新の会」公認の新人で元堺市議の西林克敏氏(43)を破り、再選を果たした。最大の争点だった「大阪都」構想への堺市の参加の是非については「ノー」が突き付けられた形だ。維新の公認候補が知事選、政令市長選で敗れるのは初めて。投票率は50.69%と、前回(43.93%)を上回った。

 維新にとっては、党設立のきっかけとなった政策を地元大阪で否定されたことになり、日本維新の会の国政での影響力や、同党共同代表の橋下徹大阪市長の求心力低下につながるのは必至だ。また、来秋に予定される大阪市での住民投票にも影響が出るとみられる。

 橋下氏は同日夜、松井一郎大阪府知事(日本維新幹事長)と共に、堺市内で記者会見し、「都構想で堺がなくなるわけではないと伝えることが、正直不足していた」と述べた。また、敗北の責任を取って、自身と松井氏が、日本維新、大阪維新の役職を辞する考えはないことを明らかにした。

 都構想による堺市の特別区への分割に反対する竹山氏は「堺は一つ。堺はなくさない」と主張。今年2月に早々に出馬を表明して以来、駅前での演説や市民向けのミニ集会などを重ね、支持拡大を図った。選挙戦では自民、民主両党に加え、共産党、社民党の自主的な支援も受けて、幅広い層に浸透した。

 一方、西林氏は「今こそ堺で大改革をしなければならない。(府と政令市を統合し)ワン大阪で堺を元気にしていく」と強調。橋下氏が連日堺入りして支持を呼び掛けたほか、所属の国会議員や府内選出の地方議員を総動員して臨んだが、及ばなかった。(時事通信、2013.9.29)


 29日に投開票が行われた堺市長選で大阪維新の会公認の新人、西林克敏氏(43)が無所属現職の竹山修身氏(63)=民主推薦、自民支持=に敗れたことを受けて、幹事長の松井一郎大阪府知事は一夜明けた30日、「激烈な選挙だった。負けは負けです」と選挙戦を振り返った。府庁で記者団の質問に答えた。

 松井氏は「相手の組織力がすごいなと思った。(大阪都構想について)われわれの説明不足だった」と敗因を分析。

 西林氏が約14万票を獲得したことについては「改革・変化を望んでいる人がそれだけいる。その思いを受けて捨て身でやっていきたい」と、今後も都構想を推進していく考えを示した。

 堺市長選は、都構想に反対する竹山氏が19万8431票を獲得、推進派の西林氏は14万569票を得たものの及ばなかった。(産経新聞、2013.9.30)
posted by リュウノスケ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テレビ東京『日曜ビッグバラエティ「元祖!大食い王決定戦」』

 昨年秋の最強戦、番組新記録となる小龍包248個、12.4kgをその胃袋に収め、大食い20年の歴史を塗り替えた史上最強の王者・木下智弘。この怪物を倒すべく、2013年秋・新たな戦いが火ぶたを切る!

 木下に挑むのは今春の女王・アンジェラ佐藤。変わらぬ美貌と底なしの胃袋で怪物打倒を目論む!女王戦のタイトルを保持しながら最強戦を制すれば、史上初の男女統一王座に輝くこととなる。美しきクイーンは大食いに新たな歴史を刻めるのか!?

 そしてもうひとり、王座を狙わんと挑戦してきたのはキング山本こと山本卓弥。ジャイアント白田・ドクター西川とともに一時代を築きながら、彼らとほぼ時を同じくして引退した元王者が“史上最強”と謳われる木下の出現により5年ぶりの復活!予選から勝ち上がり王者に挑む。はたしてかつての王者は怪物木下を倒せるのか!?

 更に今夏の新人王・マラソン藤原ら、各地の予選を勝ち上がった男女合計9人で争われる大食い王決定戦!

【M C】中村ゆうじ
【ゲスト】ジャイアント白田、ギャル曽根

 1回戦は史上初のシステムで実施された。本選出場の9人を、くじ引きでAチーム5人、Bチーム4人に分け、それぞれのチームが別の食材で戦い各チームの最下位がご帰宅というもの。くじ引きの結果によっては片方のチームに強豪が揃ってしまい猛者同志の潰し合いが1回戦から展開してしまう可能性もある。波乱の予感…。

 2回戦はアツアツの鉄板肉料理で争われる。1回戦でチームが分かれた強豪選手がここで初めて手合わせするのもみどころだ。会場は高級ホテルの一角とあって、選手全員ドレスアップして登場!だが、ここを勝ち抜けば海外行きが決まるとあって、その優雅な装いとは裏腹に熱い激戦が繰り広げられる!はたして日本を脱出する5人は誰か?

 準々決勝からは舞台を海外に移して行われる。準々決勝は南国ならではの激辛料理で対決。ところが優勝候補と目されるある強豪が、辛いものが苦手という…。ほかの選手はそこに付け込むことが出来るか?灼熱の南国で食べる激辛料理は時間とともに選手たちを苦しめる。

 準決勝は現地でいま大ブームだという骨付き肉料理で対決。柔らかく煮込まれているが、何十本も食べるにはアゴの力が重要となってくる。準決勝に残っている猛者だけに各選手強靭なアゴ力を発揮するが…ここで優勝候補が思わぬ苦戦を強いられる!誰もが驚く事態が発生!いったい何が起こっているのか?そして決勝に進む3人とは…?

 そしてついに2013年最強の大食い王を決定する決勝戦。もちろん決戦の食材はアレ!しかし…番組史上もっとも「具が多い!」これが決戦の行方にどのような影響を与えるのか、誰も想像がつかない。真の実力が試される決勝戦、下馬評通りか?誰も予想できないあっと驚く結末が待っているのか?

 最後まで目が離せない死闘を制し2013年の王者に輝くのははたして誰か!?(テレビ東京公式HP)


【1回戦 チームA 制限時間45分 回鍋肉1皿150g 山梨県鳴沢村】
1位 山本 28皿(4.2キロ)
1位 ロシアン 28皿
3位 檜山 25皿
4位 手代木 24皿
5位 藤原 17皿

【1回戦 チームB 制限時間45分 アジフライ1皿70g 静岡県熱海市網代】
1位 木下 79皿(5.53キロ)
2位 アンジェラ 56皿
2位 小金 56皿
4位 三宅 53皿

【2回戦 制限時間45分 ハンバーグ1皿200g 千葉県千葉市】
1位 木下 38皿(7.6キロ)
2位 山本 34皿
3位 アンジェラ 32皿
4位 ロシアン 28皿
5位 手代木 27皿
6位 小金 25皿
7位 檜山 24皿

【準々決勝 制限時間45分 バターチキンカレー1皿400g シンガポール リトル・インディア】
1位 木下 19皿(7.6キロ)
2位 山本 17皿
3位 アンジェラ 16皿
4位 ロシアン 15皿
5位 手代木 12皿

【準決勝 制限時間45分 バクテー(ポークスペアリブ)1皿(2本)200g シンガポール ナショナルウォーター エージェンシー】
1位 木下 27皿(54本、5.4キロ)
2位 山本 26皿
3位 アンジェラ 25皿
4位 ロシアン 21皿

【決勝 制限時間60分 味噌チャーシューメン シンガポール セントーサ島】
1位 山本 21杯(残り372g、スープを除く全ての丼の残量を計量して木下より少なかった山本の優勝)
2位 木下 21杯(残り686g)
3位 アンジェラ 15杯
(テレビ東京『日曜ビッグバラエティ「元祖!大食い王決定戦」』、2013.9.29)


 ストーリーとしてよくできていた今回の大食い選手権。1回戦から準決勝までトップ通過していた木下が最後の最後で山本に僅差で敗れるという劇的な幕切れでした。

 伏線として、木下が準々決勝のバターチキンカレーを食べていると、番組スタッフから「もっとキレイに」「コメコメコメコメ」と少量の食べ残しを注意され、準決勝のポークスペアリブでもライバルの山本から「きれいに食べや」と競技中に指摘。

 そして決勝の味噌チャーシューメンを木下と山本が21杯の同数で食べ終わり残量を計量すると、終始一貫して綺麗に食べていた山本の丼には食べ残しが木下の半分ほどしかなく見事優勝。「正直者は得をする」という昔話のような結末で視聴者の溜飲を下げました。

 木下サイドからすると苦手だと公言している辛い食べ物を出されたり、しつこく食べ残しを指摘されて集中力を妨げられたりと番組全体で潰しにきているように感じたかもしれません。前にも書いたように個人的には木下のキャラはいいと思います。次頑張ってください。


<参照>
テレビ大菩薩峠 『元祖!大食い王決定戦』について
posted by リュウノスケ at 01:39| Comment(1) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

マララ・ユスフザイピーター・ゴムス人道賞受賞

 米東部の名門ハーバード大学は27日、イスラム武装勢力「パキスタンのタリバン運動(TTP)」による女子教育抑圧を告発し銃撃されたマララ・ユスフザイさん(16)に「2013年ピーター・ゴムス人道賞」を授与した。AP通信が報じた。

 数百人の学生や教職員が見守る中、ファウスト同大総長から賞を受けたマララさんは「タリバンは女性の力、教育の力を恐れていた」と話した。

 式典ではノーベル平和賞選考委員長が、勇気あるマララさんに寄せた「女性に『自分の権利を守るため立ち上がる』という強いメッセージを送っている」との言葉が読み上げられた。(共同通信、2013.9.28)


 女性が教育を受ける権利を訴え、イスラム過激派に銃撃されたマララ・ユスフザイさんに、世界有数の大学、アメリカのハーバード大学から人道活動をたたえる賞が贈られ、マララさんは記念のスピーチで、「すべての子どもたちが教育を受けられるように声を上げ続けます」と訴えました。

 パキスタンで女性が教育を受ける権利を訴えていたマララ・ユスフザイさんは、去年イスラム過激派に銃撃されましたが、治療を受けて回復し、現在はイギリスの学校に通いながら活動を続けています。

 世界有数の大学、アメリカのハーバード大学は、人道活動に貢献した人をたたえる賞をマララさんに授与することになり、27日アメリカ東部・マサチューセッツ州の大学のキャンパスで授賞式が行われました。

 マララさんは記念のスピーチで、「力を与えてくれるのは銃ではなく、教育であり、知識です。すべての子どもたちが教育を受けられるように、声を上げ続けます」と力強く訴えました。

 授賞式には、ノーベル平和賞の選考委員会のヤーグラン委員長から、「あなたの勇気は多くの女性を力づけている」というメッセージが寄せられ、マララさんに記念の品が手渡されると、会場から大きな拍手が起きていました。(NHK、2013.9.28)


 ムハンマドを冒涜してホメイニ師から死刑宣告されたサルマン・ラシュディとは背景が全く異なりますが、一生暗殺者の影に怯えなければらないという意味でラシュディとマララさんは立場が似ています。

 欧米のキリスト教徒は自分たちが評価すればするほど彼女がTTPから恨まれるという現実を認識した上で賞を授与しなければいけません。賞だけあげてあとは知らないというのは無責任です。現在在住しているイギリスはもちろん世界中の警備当局は手を緩めることなくマララさんの命を守ってあげてほしいと思います。


 <ノーベル平和賞有力候補 16歳「若すぎる」の声も 本命視の少女マララさん>
 11日に発表される今年のノーベル平和賞の候補として、パキスタン出身の16歳の少女マララ・ユスフザイさんが本命視されている。女子教育の権利を求めてイスラム過激派に頭を撃たれ、一命を取り留めたマララさんは数々の国際的賞を受賞、「不屈のヒロイン」への称賛は高まる一方だ。半面、「まだ子ども。受賞には若すぎる」との声も。平和賞をめぐってはこれまでも妥当性についての論争が絶えないだけに、今年も大きな注目が集まりそうだ。

 ▽最年少

 女性への教育を否定する「パキスタンのタリバン運動」のテロ行為や女子校の破壊をブログで批判していたマララさんは15歳だった昨年10月、パキスタン北西部で下校中に覆面の男に襲撃され重傷を負った。意識不明のまま英国バーミンガムの病院に搬送され、奇跡的に回復した。

 事件直後から犯行への非難とマララさんへの支援の声が世界的に高まり、インターネット上で「ノーベル平和賞を」と署名活動が始まった。授与されれば32歳だった2011年のタワックル・カルマンさんを抜き最年少の平和賞受賞者となる。

 元気になったマララさんは今年3月からバーミンガムで女子校に通学。16歳の誕生日の7月12日には国連で演説、テロや貧困の「唯一の解決策が教育です」としっかりした口調で訴え満場の拍手を浴びた。その後もオランダ人権団体の「国際子ども平和賞」や米ハーバード大学の「ピーター・ゴムス人道賞」など数々の栄誉に輝いている。

 しかし国際社会がマララさんを“英雄視”するにつれ、故郷パキスタンで市民の反応が変わり始めた。英字紙ドーンは7月、欧米が襲撃事件を仕組んだのではないかとの批判もあると報じた。

 ▽葛藤

 近年の平和賞では、「核兵器なき世界」の実現を訴えながらも、まだ具体的実績がなかった09年のオバマ米大統領、債務危機で揺れていた昨年の欧州連合(EU)には「ふさわしくない」と批判もあり、賛否が分かれた。

 オバマ氏自身、シリアでの化学兵器使用に対して軍事介入の決断を表明した直後の9月4日、ストックホルムでの記者会見で、平和賞受賞とシリア攻撃準備を進めるジレンマについて聞かれ「私は歴代受賞者に比べ確実に賞にふさわしくないと受賞演説で話した」と苦しい弁明。その後、化学兵器を国際管理するロシア提案に乗って攻撃を思いとどまるなど、葛藤をのぞかせた。

 その際、「ノーベル平和賞受賞者(としてのオバマ氏)に訴えたい」と呼び掛け、軍事介入回避に成功したロシアのプーチン大統領についてロシア紙が「ノーベル平和賞候補に」と書き、ペスコフ大統領報道官が否定的見方を示す一幕も。

 ▽品格

 「平和賞ウオッチャー」として知られる国際平和研究所(オスロ)のハルプビケン所長は、今年の予想でマララさんをトップに挙げながらも「(受賞すれば)群を抜いて若い。彼女の行く末や、受賞による身の安全への影響に懸念があることは確かだ」と言う。

 オバマ氏への授与は「期待先行型だった」と指摘する所長は「受賞者が後に重大な過ちを犯せば、そのまま賞の信頼性にはね返ってくる。マララさんについてもこの先、賞に堪える品格を持ち合わせているかが、ノーベル賞委員会の重要な検討事項になっているだろう」と話した。(ロンドン、ワシントン、イスラマバード、モスクワ共同、共同通信、2013.10.6)


 <マララさんを「再び襲撃」 イスラム武装勢力が警告>
 パキスタンのイスラム武装勢力「パキスタンのタリバン運動(TTP)」傘下グループの報道官は、昨年10月に下校途中を襲って重傷を負わせた同国の少女マララ・ユスフザイさん(16)を「機会があれば再び襲撃する」と警告した。パキスタン地元紙が8日、フランスのメディアを引用して伝えた。

 報道官は、昨年の襲撃について「タリバンやイスラム教を批判していたことが理由で、学校へ通っていたからではない」と主張。事件後も教育の権利を訴え続けるマララさんを「勇敢な少女ではない」と非難した。(共同、産経新聞、2013.10.8)


<参照>
ウィキペディア マララ・ユサフザイ
ウィキペディア パキスタン・ターリバーン運動
ウィキペディア 悪魔の詩
テレビ大菩薩峠 パキスタンのタリバン運動14歳少女銃撃
posted by リュウノスケ at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする