2013年08月26日

2ちゃんねる個人情報流出事件

 インターネット掲示板「2ちゃんねる」の有料閲覧サービスの会員の個人情報が、ネット上に流出していたことが分かった。氏名や住所、クレジットカード番号などで、約3万件にのぼる可能性がある。

 情報が流出したのは、2ちゃんねるのサーバー管理会社(米国)が運営する有料閲覧サービス「2ちゃんねるビューア」。2ちゃんねるは無料で閲覧できるが、年3600円の有料会員は過去の書き込みの検索などができる。

 流出していたのは、会員登録の日時、ログインIDを兼ねたメールアドレスやパスワード、氏名、住所、電話番号、クレジットカード番号、カードの不正利用を防ぐためにカードに印刷された3、4桁の数字(セキュリティーコード)。個人情報とみられるのは3万2586件にのぼり、このうち、朝日新聞が有料会員に取材したところ、6人が自分の個人情報と確認した。

 約3年前から有料会員の男性会社員(31)は26日午前3時すぎ、流出した情報に自分の名前を見つけた。住所やカード番号などが一致。カード会社に何度か電話し、つながったところ「2ちゃんねるの件ですね」と言われたという。

 セキュリティーコードが流出したため、第三者によるカード不正利用の危険性がある。このほか、会員が掲示板に書き込んだ履歴とみられる情報も流出し、匿名掲示板にもかかわらず書き込んだ会員が特定される可能性がある。

 情報流出の原因はわかっていない。昨秋の取材に、2ちゃんねる関係者は有料会員数は15万人としていた。朝日新聞は、2ちゃんねるのサーバー管理会社に経緯に関する質問を送ったが、26日正午現在、返答はない。(朝日新聞、2013.8.26)


 インターネット掲示板サイト「2ちゃんねる」の有料会員のクレジットカード番号やメールアドレスとみられる情報が、ネット上に流出していることが二十六日、分かった。

 同日までに、約四万一千人分のメールアドレスや、約三万件のクレジットカード番号とみられる情報が2ちゃんねるとは別の掲示板に掲載されていた。

 掲載された情報を分析した情報セキュリティー会社「ネットエージェント」(東京、杉浦隆幸社長)は、アドレスや番号は、2ちゃんねるの有料会員のものの可能性が高いとみている。2ちゃんねる側は公式にコメントしておらず、詳細は分かっていない。

 複数の大手カード会社には二十五日夜から、2ちゃんねるの情報流出を理由にカードの使用停止を求める連絡が相次いでいる。

 2ちゃんねるには、通常は見ることができない過去の書き込みの閲覧が可能になる「2ちゃんねるビューア」という有料サービスがある。流出したのは、このサービスの会員情報とみられる。

 <2ちゃんねる> 1999年に開設されたインターネット掲示板サイト。趣味やニュース、スポーツなど幅広いテーマの掲示板があり、規模は国内最大級。誰でも匿名で書き込むことができる。(東京新聞、2013.8.26)


 国内最大規模のインターネットの掲示板、「2ちゃんねる」の有料サービスを利用している会員のクレジットカード番号や名前などの個人情報およそ3万件が、外部に流出した可能性があることが分かりました。

 情報セキュリティー会社の「ネットエージェント」によりますと、流出した可能性があるのは、「2ちゃんねる」の過去の書き込みなどを閲覧できる有料サービス「2ちゃんねるビューア」を利用している会員のクレジットカード番号や住所、名前、メールアドレスなどの個人情報およそ3万件です。

 今月に入って、「2ちゃんねる」とは別のインターネットの掲示板にこれらの情報が投稿され、現在も閲覧できる状態になっているということです。

 「2ちゃんねるビューア」の運営会社は、ホームページで顧客情報が流出したことを明らかにしたうえで、流出した情報の範囲や原因については調査中としていて、NHKの取材に対してはこれまでのところ回答がありません。

 クレジットカードの情報が流出していた場合、悪用される可能性があることから、情報セキュリティー会社の「ネットエージェント」は、心当たりのある利用者はカードの利用を停止するなど注意するよう呼びかけています。(NHK、2013.8.26)


 西村氏をめぐっては、警視庁が24年12月、実質的な管理人にも関わらず掲示板で覚醒剤の購入をあおる書き込みを放置したとして、麻薬特例法違反(あおり)幇助(ほうじょ)の疑いで西村氏を書類送検。東京地検は今年3月、西村氏を起訴猶予処分としていた。(産経新聞、2013.8.24、抜粋)


 麻薬特例法違反幇助事件や1億円申告漏れのニュースで分かったように2ちゃんねるのトップは未だにひろゆきです。譲渡したので最早2ちゃんねるとは関係がないなどと嘘をついたり、民事訴訟をボイコットする態度で分かるように、この人の責任感のなさはどうしようもないので個人情報流出という致命的失態に対してもそれほど悪いとは思ってないでしょう。

 今回の事件で一番問題だと思うのは、広域暴力団やカルト団体、ブラック企業などが流出情報と過去ログから批判的な人物を特定・報復することです。ネットの実名利用を推奨する脳天気な識者も多いですが、それは自分が毒にも薬にもならないことしか言っていないから。

 解雇や訴訟はもちろん命の危険まで伴う極めてリスクの高い内部告発を書き込むインサイダーを保護しなければ悪が栄えるだけです。2ちゃんねる管理人ひろゆきの責任は重いと思います。


<参照>
ウィキペディア 西村博之
posted by リュウノスケ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする