2013年08月22日

体操女子暴力指導事件

 日本体操協会は22日、指導者から暴力を受けたとする選手から日本オリンピック委員会(JOC)に相談が寄せられていたと発表した。選手や指導者の名前は明らかにしていない。

 体操協会は7月8日にJOCから報告を受け、同11日にJOC立ち会いの下で指導者に聞き取り調査をしたが、暴力行為を否定したという。通報者の希望により、JOCは同協会と指導者に選手名を伝えていない。

 日本協会は近日中に、顧問弁護士が選手に聞き取り調査を行う予定。暴力行為の事実が確認された場合、指導者や所属クラブを処分する方針。

 関係者によると、被害を訴えたのは大阪のクラブに所属していた女子選手3人。指導者2人から暴力を受けたとして4月にJOCに連絡した。3人は大阪府警にも相談しているという。 

 JOCの相談窓口は、柔道女子の暴力問題を受けて3月に設置。今回が本格的に調査に取り組んだ初のケースとなる。(時事通信、2013.8.22)


 体操の女子選手に対する暴力的な指導の疑惑が表面化したことを受け、調査に着手した日本オリンピック委員会(JOC)と日本体操協会は22日、東京都内で記者会見し、通報した選手と訴えられたコーチがともに複数いることを明らかにした。氏名やクラブについては相談者の特定を避けるために公表しなかったが、大阪府で調査していることについては言及した。JOCの判断で選手が警察に相談したという。

 JOCは4月17日にこの件で最初の通報を受け、3月の相談窓口開設後に本格調査する第1号の案件として事実確認に努めた。7月8日に日本体操協会に報告し、11日には体操協会による指導者の聞き取り調査に立ち会ったが、2人のコーチが全面的に否認した。近日中に同協会の顧問弁護士が相談者に聞き取りを行う。

 日本体操協会の渡辺守成専務理事は(1)法廷での事実認定(2)協会が仲介役として調停―の対応策を提示し「初のケースでJOCはちゅうちょしている部分もあると思うが、競技団体が主体的にやったほうが解決する」との考えを示した。

 ▼青木剛・日本オリンピック委員会(JOC)専務理事の話 今回は本格調査にあたる1件目。スポーツの現場から暴力を追放する取り組みを強化する必要がある。今回の場合は、相談者が特定される危惧があるからとJOCに来たのだろう。

 ▼渡辺守成・日本体操協会専務理事の話 事実関係をうまく見極めることが協会の役目だ。JOCで問題を抱えられても困る。競技の特殊性があり、協会に預けてもらった方が解決は素早いと思う。情報を開示してくれたらすぐに動き出せた。(スポニチ、2013.8.22)
posted by リュウノスケ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

藤圭子飛び降り自殺

 22日午前7時頃、東京都新宿区西新宿の28階建てマンション前の路上で、歌手の藤圭子さん(62)が倒れているのを通行人が発見、110番した。

 藤さんは頭を強く打っており、搬送先の病院で死亡が確認された。警視庁新宿署はマンション13階の30歳代の知人男性宅から飛び降り自殺したとみている。

 同署幹部によると、藤さんはTシャツに短パン姿で、履いていたスリッパの片方が男性宅のベランダに残っていた。男性は在室していたが、飛び降りたことには気付かなかったという。遺書は見つかっていない。現場は、JR新宿駅の北西約1キロの都庁やオフィスビルなどが立ち並ぶ一角。

 藤圭子さんは1969年に「新宿の女」で演歌歌手としてデビュー。低音で情念をこめた歌い方で、70年の「圭子の夢は夜ひらく」が大ヒット。79年、芸能界を引退し、その後、米国でも長く生活していた。歌手の宇多田ヒカルさんの母親としても知られる。(読売新聞、2013.8.22)


 藤圭子さんのご冥福を心よりお祈りします。


 <元夫・前川清絶句!ショック隠せず>
 歌手・藤圭子さん(62)が22日、東京都新宿区内のマンションから転落死した。

 藤さんの最初の夫である、歌手の前川清(65)は、テレビニュースで訃報が流れた直後に、関係者から事実を伝えられ、絶句したという。

 この日は都内のスタジオでボイストレーニングを兼ねたリハーサルを行っていたが、「突然のことで、何も言葉が出ません」とのコメントを発表した。関係者に「言葉が出ない」と吐露するなど、ショックを隠せなかったという。

 前川は、藤さんと71年に結婚したが、翌年に離婚していた。その後は交流もなく、最近は消息もわからなかったようで、死去の報によって、日本で暮らしていたことを知ったという。(デイリースポーツ、2013.8.23)


 <藤圭子さん、宇多田ヒカルの到着を待って荼毘に 葬儀行わず祭壇作らず>
 22日に東京・西新宿で転落死した歌手の藤圭子(本名・阿部純子)さん(享年62歳)の遺体が23日、安置されていた新宿警察署から目黒区内の葬儀場に移された。関係者によれば、葬儀は行わず、長女で歌手の宇多田ヒカル(30)の到着を待って、荼毘(だび)に付されるとみられる。また、この日、藤さんのヒット曲「新宿の女」「圭子の夢は夜ひらく」を手掛け、今年3月に亡くなった作詞家・石坂まさを(本名・沢ノ井龍二)さん(享年71歳)をしのぶ会が営まれ、初代・林家三平の妻・海老名香葉子さん(79)が思い出を語った。

 都内にある知人宅の高層マンションから転落死するという衝撃的なニュースから一夜明けた23日。藤さんの遺体は正午過ぎに、黒のワゴン車に乗せられ、安置されていた新宿署を後にした。新宿署によれば、事件性はないことから司法解剖されなかったという。

 遺体の傍ら、後部座席には、22日に本人確認のため新宿署を訪れた元夫で音楽プロデューサーの宇多田照實氏(65)の姿があった。白いシャツにジーンズ、スニーカーという軽装。腕には、喪章代わりなのか、黒ネクタイを巻きつけていた。少し疲れた表情を見せながらも、白い布で包まれた遺体に、いたわるように右手を添えていた。

 午後1時過ぎ、ワゴン車が葬儀場に到着すると、照實氏は左手にタオルに包まれたものを大事そうに持って出てきたが、報道陣には何も語らなかった。

 その後、関係者を通して、「故人の遺志により面会はご遠慮いただきたい」「葬儀はせずに荼毘に付す」「出棺の日程は未定だが、本日でないのは間違いない」と明かされた。また、葬儀場に祭壇は設けられていないという。

 約3時間滞在した照實氏は、4時過ぎに関係者の車で葬儀場を後に。70人近い報道陣が注目する中、右手を口に当て、真っすぐに遠くを見つめる険しい表情を変えることはなかった。

 一方、宇多田ヒカルは藤さんの死去以来、新宿署にも姿を現しておらず、葬儀場関係者も「(来るかどうかは)分かりません」と困惑気味に答えていた。ヒカルは米ニューヨーク滞在中との情報もあるが、到着を待って荼毘に付すとみられる。(スポーツ報知、2013.8.24)


 <寂しすぎる別れ…藤圭子さん葬儀なし、火葬のみ>
 22日に東京・西新宿の高層マンションから飛び降り自殺した歌手、藤圭子(ふじ・けいこ、本名・阿部純子=あべ・じゅんこ)さん(享年62)の遺体が23日、目黒区の斎場、碑文谷会館に搬送された。長女でシンガー・ソングライターの宇多田ヒカル(30)はこの日も姿は見せず、前夫の音楽プロデューサー、宇多田照實氏(65)が身元引受人に。照實氏は関係者を通じ、葬儀はせずに火葬のみとすると説明。天才歌手として一世を風靡した藤さんは寂しく、旅立つのか…。

 藤さんの遺体は23日午後1時過ぎ、黒い大型ミニバンで碑文谷会館に運び込まれた。

 ストレッチャーにのせられた遺体には白い布がかぶせられていたが、最近はやせ細っていたのか、布の上の膨らみからは遺体が運ばれているのが分からないほど。神妙な面持ちで付き添った照實氏は関係者を通じ、〔1〕故人の遺志により、面会は家族のみとする〔2〕故人の遺志により、葬儀はしない。火葬のみとする〔3〕出棺日は未定−と説明した。

 その後、手続きなどを済ませた照實氏は同4時10分ごろ、白いワンボックスカーで外へ。斎場の電気は消され、鍵もかけられて周囲は静まりかえった。近年はほとんど表舞台に出ていなかったとはいえ、1970年代に「圭子の夢は夜ひらく」などで一世を風靡した故人にしては、意外なほどひっそりとした別れだ。

 2007年に照實氏と正式離婚し、10年には最愛の母が死去した藤さん。6年前から30代の知人男性とマンションで同居していたというが、関係者によると、友人は少なかったようで、この日の身元引受人は前日の身元確認に続き照實氏が務めた。

 22日にマンションの13階から飛び降りた藤さんに対し、警視庁新宿署は、遺書はなかったが、事件性はないとみて自殺と判断。同署を訪れた照實氏は午後0時15分ごろ、遺体とともに車に同乗し、白い布の上に手を添えて、新宿署から碑文谷会館へと向かった。

 娘のヒカルは前日に続き、この日も姿を見せなかった。関係者は「今はニューヨークへ行っているので、きょうは帰ってきません」と説明。一部では出棺日が未定なのは、娘が帰国するまで出棺を待っているという見方もある。2010年8月から「人間活動」を理由に歌手活動を休止し、この数年、公の場に姿を現していないヒカル。今後の動向が注目される。

 藤圭子(ふじ・けいこ)

 本名・阿部純子(あべ・じゅんこ)。1951年7月5日、岩手県出身。父は浪曲師、母は三味線担当の曲師で、巡業の途中で生まれた。7歳ごろから演歌の流しを始め、67年に上京。69年9月に「新宿の女」でデビュー。翌年発売の「圭子の夢は夜ひらく」で第1回日本歌謡大賞を受賞した。71年8月に歌手の前川清(65)と結婚するが、性格の不一致で翌年8月に離婚。79年、引退を表明し渡米。82年に音楽プロデューサーの宇多田照實氏(65)と結婚し、83年、長女で歌手の宇多田ヒカル(30)を出産。照實氏とは離縁と復縁を繰り返した。(サンスポ、2013.8.24)


 <宇多田ヒカルさん「後悔の念が募る」母死去で>
 歌手の宇多田ヒカルさん(30)が26日、母親の藤圭子さん(62)が22日に亡くなったことについて、「あまりに悲しく、後悔の念が募るばかりです」などとするコメントを自身のホームページで公表した。

 ◇

 宇多田さんのコメント(全文)は次の通り。

 8月22日の朝、私の母は自ら命を絶ちました。

 様々な憶測が飛び交っているようなので、少しここでお話をさせてください。

 彼女はとても長い間、精神の病に苦しめられていました。その性質上、本人の意志で治療を受けることは非常に難しく、家族としてどうしたらいいのか、何が彼女のために一番良いのか、ずっと悩んでいました。

 幼い頃から、母の病気が進行していくのを見ていました。症状の悪化とともに、家族も含め人間に対する不信感は増す一方で、現実と妄想の区別が曖昧になり、彼女は自身の感情や行動のコントロールを失っていきました。私はただ翻弄されるばかりで、何も出来ませんでした。

 母が長年の苦しみから解放されたことを願う反面、彼女の最後の行為は、あまりに悲しく、後悔の念が募るばかりです。

 誤解されることの多い彼女でしたが… とても怖がりのくせに鼻っ柱が強く、正義感にあふれ、笑うことが大好きで、頭の回転が早くて、子供のように衝動的で危うく、おっちょこちょいで放っておけない、誰よりもかわいらしい人でした。悲しい記憶が多いのに、母を思う時心に浮かぶのは、笑っている彼女です。

 母の娘であることを誇りに思います。彼女に出会えたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

 沢山の暖かいお言葉を頂き、多くの人に支えられていることを実感しています。ありがとうございました。

 25年8月26日

 宇多田ヒカル
(読売新聞、2013.8.26)


<参照>
ウィキペディア 藤圭子
posted by リュウノスケ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

振り込め詐欺電話自動着信拒否サービス開始

 振り込め詐欺をシャットアウト−。名古屋市中区のシステム開発会社「トビラシステムズ」が、相手側の電話番号が振り込め詐欺などで使用された番号かどうかを識別、自動的に着信を拒否できる専用機器を通信会社ウィルコムと共同で開発、サービスを開始した。

 名称は「迷惑電話チェッカー」。東京都杉並区や西東京市では実証実験の一環として高齢者に無料で貸し出しており、担当者は「現状で最も優れたシステム」と話している。

 専用機器を電話回線と電話機との間に接続。迷惑電話の番号を登録したトビラ社のデータベースの情報がPHSの電波で専用機器にも伝えられ、該当する番号からかかってきた場合は自動的に着信を拒否する仕組み。家電量販店などで契約でき、月額700円。

 トビラ社は警視庁から、振り込め詐欺などに使用された番号の提供を受け既に2万件以上の番号を登録。未登録の番号からの着信も拒否ボタンを押せばかからなくなり、同時にデータベースに通報する。(産経新聞、2013.8.19)


 これは確かに画期的システムですが、大金を奪った事件に使われた電話はすぐに廃棄されると思います。よって、警察を通した確定情報ではなく怪しい電話を片っ端から拒否することが緊要。

 P2P的に振り込め詐欺未遂電話の番号をお年寄りたちがボタン一つで登録、タイムラグなしに共有されるようにすべきです(キーワードで自動的に切断・登録・共有されるのが理想。間違えて身内の番号を登録してしまった場合はあとで解除してもらえばいい)。

 振り込め詐欺師が一番嫌なことは電話が繋がらないこと。『七人の侍』の農民のように力を合わせて悪と戦う攻撃的姿勢が大事だと思います。


<参照>
ウィルコム(WILLCOM) 製品情報 迷惑電話チェッカー
トビラシステムズ株式会社 トビラシステムズとウィルコムが共同で迷惑電話フィルタサービスの提供を開始
posted by リュウノスケ at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする