2013年08月07日

第95回全国高校野球選手権大会開幕

 第95回全国高校野球選手権大会は、49代表校が参加して8日に甲子園球場で開幕し、15日間(休養日1日を含む)の熱戦がスタートする。大会を盛り上げてくれそうな注目選手を紹介する。

 【投手】選抜大会で準優勝した済美(愛媛)の2年生安楽が大会ナンバーワン右腕。愛媛大会で自己最速の157キロをマークし「158キロを出したい」とスピードへのこだわりを口にするが、緩急を生かした投球術と準々決勝以降無四球の制球力に成長がうかがえる。選抜では5試合で772球を投げたが、球数を減らした省エネ投球で初の頂点を狙う。

 左腕では同じく2年生で、選抜を制した浦和学院(埼玉)の小島(おじま)の安定感が光る。準々決勝の完全試合を含め埼玉大会6試合、50回を投げてわずか3失点。得意の内角攻めに「スライダーがコントロールできるようになった」と自信を深めて春夏連覇に挑む。

 140キロ台後半の球威で押せる右腕は粒ぞろい。佐賀大会で47回を投げて47三振を奪った有田工の古川は最速146キロの直球と鋭いスライダーが武器。身長172センチと体は大きくないが最速147キロを誇る瀬戸内(広島)の山岡は、引き分け再試合となった決勝計24回を完封するなどスタミナは抜群。群馬大会決勝で自己最速148キロをマークした前橋育英の高橋光は2年生で身長188センチ、山梨大会で146キロをマークした日川の山田は194センチの長身でともに屈指の大型右腕だ。

 【打者】大阪桐蔭の森友が実績、注目度で群を抜く。非凡なミート力とパンチ力を兼ね合わせ、過去3度の甲子園で通算打率4割6分5厘、3本塁打。「チャンスで確実に打ちたい」と夏連覇へ意気込む。

 宮城大会で準決勝から2試合連発、打率4割3分5厘の好成績を残した仙台育英の上林は広角に打て、足も魅力。

 初優勝した選抜で大会タイの3試合連続本塁打を放った浦和学院の高田、昨夏と今春の甲子園でバックスクリーンにたたき込んだ聖光学院(福島)の園部は大会屈指の長距離砲。茨城大会で4本塁打を放った常総学院の内田は、甲子園初のサク越え弾を狙う。

 神奈川大会準々決勝で桐光学園の松井から本塁打を放った横浜の高浜は2年生の大型遊撃手。宮崎大会で打率5割2分6厘と打ちまくった延岡学園の岩重は、初の聖地で大暴れできるか。(産経新聞、2013.8.7)
posted by リュウノスケ at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アレックス・ロドリゲス211試合出場停止処分

 アレックス・ロドリゲス内野手に今季残りと来季全試合の出場停止という厳しい処分が下された。38歳のベテランは異議申し立ての手続きを取って出場を続ける意向だが、米大リーグ機構が薬物を提供したクリニックの元代表者から得た証拠は膨大と言われる。

 大リーグの薬物規定は1度目の違反者に対して50試合、2度目で100試合の出場停止、3度目で永久追放と処分を定めている。だが機構は今回に関しては規定を適用しない方針を示し、選手会の了解も取り付けた。

 7月にブルワーズのブラウンに65試合の出場停止処分を科し、ブラウンが違反を認め、処分を受け入れたことで証拠の信頼性が裏付けられた。

 発表されたロドリゲスの処分理由には「テストステロンとヒト成長ホルモン(HGH)を含む数種類の禁止薬物を数年にわたって使い続けた」と具体的な記述がある。加えて調査を妨害し、証拠の隠滅を謀ったことも挙げられている。

 計211試合の出場停止処分は初違反のロドリゲスには異例の厳罰だが、米メディアによると当初は永久追放処分も検討されたという。(日刊スポーツ、2013.8.6)


 大リーグ機構は薬物規定に違反したヤンキースの主砲アレックス・ロドリゲス内野手(38)ら13選手に出場停止処分を科した。

 <ロドリゲス薬物問題経緯>

 ◆疑惑浮上 今年1月29日、マイアミの地元紙が複数のメジャー選手が地元クリニックから禁止薬物を入手したと報じた。資料には、クリニック代表者とロドリゲスらとの薬物や金銭のやりとりが記されていた。

 ◆飛び火 2月、昨季ナ・リーグ本塁打王のブラウン外野手(ブルワーズ)も同クリニックから薬物を入手していたと報じられる。その後、認めた同外野手は出場停止処分を受け入れた。

 ◆新疑惑 4月、ロドリゲスが同クリニックの元従業員を買収、書類の回収に動いたと報じられる。大リーグ機構が調査に乗り出す気配を察知、金銭を払い証拠隠滅を図ったという。

 ◆実戦復帰 1月に股関節を手術した影響で開幕から故障者リスト入りしていたが、7月1日にマイナーの公式戦で復帰。

 ◆事情聴取 7月12日、ロドリゲスが大リーグ機構から薬物問題で事情聴取を受けた。(日刊スポーツ、2013.8.7)


 米大リーグ機構(MLB)が、薬物問題への厳しい姿勢を鮮明にした。5日、薬物規定違反による13選手への出場停止処分を発表。647本塁打の現役最多記録を持つヤンキースのアレックス・ロドリゲス内野手(38)には、8日以降の今季残りと来季全試合の計211試合の出場停止処分という、同規定違反では異例の厳罰となった。

 この問題は1月にマイアミの地元紙の報道で発覚。フロリダのクリニックが2009年から昨年まで有力選手に薬物を提供したとされ、顧客リストにはロドリゲスや11年のナ・リーグ最優秀選手のライアン・ブラウン外野手(ブルワーズ)ら約20人の名前が挙がった。

 薬物規定違反は、現在1回目で50試合、2回目で100試合、3回目で永久追放処分となっているが、悪質な違反者に対しては罰則がこれより重くなり、11年の薬物検査で陽性反応が出ていたブラウンには、この日に先立つ7月22日に今季の残り65試合の出場停止処分が科された。

 ロドリゲスへの計211試合の出場停止は、クリニックと関わった選手で最も重い処分。01〜03年に禁止薬物を使用していたことを認めている同内野手は、数年にわたって数種類の禁止薬物を使い続けたことと、MLBの調査を妨害し、証拠隠滅を謀ったことが厳罰につながった。

 ただ、ロドリゲス以外の12選手が50試合の処分を受け入れることを表明する中で、この日オフの左股関節手術から復帰したロドリゲスは「自分の人生のために闘う」と異議申し立てする意向を示した。ヤンキース合流初日のホワイトソックス戦には「4番・三塁」で出場。初打席で左前打を放ち「長く、厳しい一日だったが、気分は悪くない。野球に集中したい」と話した。

 異議申し立てをすれば、処分が確定するまでは試合に出ることができる。38歳のスラッガーは徹底抗戦の構えを見せながら、薬物使用には「話すべき時が来たら話す」とだけ口にした。薬物規定違反の調停で選手の主張が通るケースは少なく、リーグ屈指の強打者の先行きは厳しい。

 <米大リーグの薬物規定違反の罰則> 米大リーグは03年からドーピング検査を導入。04年から1回目の陽性反応は警告、2回目は15日間の出場停止となる罰則を初めて適用。05年、禁止薬物のリストを拡大し、1回目で10日間の出場停止など厳しくした。06年からは1回目で50試合、2回目で100試合の出場停止、3回目で永久追放になった。これまでで最も重い処分は昨年5月にジャイアンツの投手モタが受けた100試合で永久追放はない。(共同、東京新聞、2013.8.7)


 大リーグのスター選手で過去3回アメリカンリーグの最優秀選手に輝いたヤンキースのアレックス・ロドリゲス選手について大リーグ機構は禁止薬物を使用していたとして来シーズンいっぱいまでの出場停止の処分にすると発表しました。

 また、このほか12人の選手を同様に50試合の出場停止処分にすると発表しました。

 大リーグ機構はことし1月、フロリダ州マイアミの新聞が、地元のクリニックがロドリゲス選手を含む複数の大リーグの選手に禁止薬物を提供したという疑惑を報道したことをきっかけに独自に調査を進めてきました。

 その結果、大リーグ機構は先月、ブルワーズの強打者、ライアン・ブラウン選手を今シーズンの残り全試合の出場停止にしたのに続いて今回、ヤンキースのロドリゲス選手など13人の選手の処分を決めました。

 このうち、過去3回アメリカンリーグの最優秀選手に輝いているロドリゲス選手については今月8日から来シーズンいっぱいのすべての試合、合わせて211試合の出場停止処分としました。

 ロドリゲス選手がこの処分を受け入れるかどうかは明らかにしておらず、ロドリゲス選手の今後の動向が注目されます。

 一方、大リーグ機構はレンジャーズのネルソン・クルーズ選手など12人の選手を禁止薬物の使用で50試合の出場停止処分とし全員が、この処分を受け入れたと発表しました。

 数々のタイトルを獲得

 ヤンキースのアレックス・ロドリゲス選手は右打ちのスラッガーで大リーグで通算647本のホームランを打っていて、これは大リーグ歴代5位、現役最多の記録です。

 マリナーズに在籍していた大リーグ3年目の1996年に打率3割5分8厘で首位打者のタイトルを取ったのをはじめ、これまでにホームラン王を5回、打点王を2回など、数々のタイトルを獲得しアメリカンリーグのMVP=最優秀選手に過去3回輝いています。

 ヤンキースに所属する今シーズンは左股関節のけがなどの影響でメジャーの試合には出場していません。 

 過去には、レンジャーズに在籍していた2001年から2003年の間に禁止薬物を使用していたことをみずから告白したことがあります。

 それ以降は、禁止薬物を使用しているのではないかという疑惑が持ち上がることがありましたが、ロドリゲス選手は一貫して認めてきませんでした。

 50試合出場停止の12人

 大リーグ機構が50試合の出場停止処分を受け入れたと発表したのは以下の12人の選手です。

 現在、メジャーリーグに登録されている選手が5人。

 レンジャーズのネルソン・クルーズ選手、タイガースのジョニー・ペラルタ選手、フィリーズのアントニオ・バスタード投手、パドレスのエバース・カブレーラ選手、ヤンキースのフランシスコ・セルベーリ選手です。

 マイナーリーグでプレーする選手が6人。

 メッツのジョーダニー・バルデスピン選手、同じくメッツのセザール・プエロ選手、パドレスのファウティーノ・デロスサントス投手、マリナーズのヘスース・モンテーロ選手、ヤンキースのフェルナンド・マルティネス選手、アストロズのセルジオ・エスカローナ投手です。

 さらに現在、フリーエージェントのジョーダン・ノルベルト投手です。

 コミッショナー「公正なルールの下で処分」

 大リーグ機構のセリグ・コミッショナーは、「処分は、証拠を積み上げ徹底的な調査を行い、公正なルールの下に行われた。シーズン中にもかかわらず調査を行う必要性もあった。今後、違反をした選手たちへの処分を一層厳重に行い、抑止に努めたい。私たちは選手と共に、薬物は許されないということを改めて認識しなければならない」というコメントを発表しました。(NHK、2013.8.6)


 米紙ニューヨーク・デーリー・ニューズ(New York Daily News)は31日、ドーピングへの関与が疑われているニューヨーク・ヤンキース(New York Yankees)のアレックス・ロドリゲス(Alex Rodriguez)を含めた9選手に対し、米大リーグ機構(MLB)が今週中にも出場停止処分を言い渡すと報じた。

 同紙は関係者の話として、ニューヨークのマンハッタン(Manhattan)で行われた話し合いで、機構側が選手の処分案を選手会側に提示したとしている。

 ロドリゲスは半年前に発覚した問題で、フロリダ(Florida)州マイアミ(Miami)のクリニック「バイオジェネシス(Biogenesis)」から禁止薬物の提供を受けたとされる選手の一人だった。

 ほとんどの選手が50試合の出場停止処分になるとみられているが、数名の選手はうその証言で捜査を妨害したとして、より厳しい処分が下される可能性がある。

 報道ではまた、捜査で不正を行ったとする十分な証拠が得られなかったため、バイオジェネシスとの関係が取りざたされた選手全員が出場停止になるわけではないと伝えている。

 ミルウォーキー・ブルワーズ(Milwaukee Brewers)のライアン・ブラウン(Ryan Braun)をはじめ、オークランド・アスレチックス(Oakland Athletics)のバートロ・コロン(Bartolo Colon)、トロント・ブルージェイズ(Toronto Blue Jays)のメルキー・カブレラ(Melky Cabrera)といった一部の選手は、この問題による出場停止処分をすでに受けている。

 ■A・ロッド側は上訴の方針、コミッショナーは永久追放を視野に

 ロドリゲスの弁護士を務めるデビッド・コーンウェル(David Cornwell)氏は、同選手はどんな処分に対しても不服申し立てを行う方針であると明らかにしている。

 ロドリゲスは1月に左股関節の手術を受けて戦列を離れたが、現在は8月上旬の復帰を目指している。

 報道によると、捜査官はロドリゲスが2010年と2011年、2012年に禁止薬物を使用したことを裏付ける電子メールや通話記録、テキストメッセージなどの決定的な証拠を手に入れたと伝えている。

 2009年にロドリゲスは、テキサス・レンジャーズ(Texas Rangers)に在籍していた2001年から2003年までステロイドを使用していたことを認めている。

 報道ではまた、捜査官が手にした証拠には禁止薬物を使用したことに加え、ロドリゲスがクリニックと関係していることや、目撃者を脅迫して証拠文書を購入し、証拠隠滅を図ったことが確認されたとしている。

 ロドリゲスが処分を不服として上訴すれば、MLB機構のコミッショナーを務めるバド・セリグ(Bud Selig)氏は、スポーツの健全性を守るためとして、めったに使用されない強権を行使し、同選手を永久追放する可能性がある。

 マイアミ・ニュー・タイムズ(Miami New Times)紙にバイオジェネシスとの関係が報じられたそのほかの選手には、ヤンキースのフランシスコ・セルベーリ(Francisco Cervelli)、レンジャーズのネルソン・クルーズ(Nelson Cruz)、デトロイト・タイガース(Detroit Tigers)のジョニー・ペラルタ(Jhonny Peralta)、サンディエゴ・パドレス(San Diego Padres)のエバース・カブレラ(Everth Cabrera)の名前が挙がっている。

 ペラルタの出場停止を見越したタイガースは、トレード期限が迫った30日に三角トレードでボストン・レッドソックス(Boston Red Sox)からホセ・イグレシアス(Jose Iglesias)を獲得している。(AFPBB News、2013.8.1)
posted by リュウノスケ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飲食店従業員同時多発不祥事について

 飲食店従業員が、衛生管理に反した行為を写真撮影してツイッターに投稿する不祥事が相次いだ。3日、持ち帰り弁当チェーン「ほっともっと」のアルバイト従業員が冷蔵庫に入った写真を投稿していたことが発覚。2日にはハンバーガーチェーン「バーガーキング」の調理場内でアルバイト従業員がパンの上で寝そべっている写真を投稿していたことが発覚した。両社はホームページ上で謝罪した。若者がインターネット上であきれた行動を誇示するケースが続いている。

 ほっともっとの男性アルバイト従業員がツイッターに投稿したのは6月28日。愛知県の豊川八幡店の業務用冷蔵庫中に、「今日暑くね?」というつぶやきとともに、制服にエプロンを着けた状態で横たわった写真を投稿している。投稿者はアカウントを削除し、現在は閲覧ができなくなっている。

 同店の運営会社プレナスによると、3日午後1時に、お客さまセンターに連絡があり発覚。おわびの文書とともに、対象店舗も衛生上の確認のために同日午後4時より臨時休業。併せて事実確認を行っているという。同社では「従業員に対する指導徹底を図り、再発防止に努めてまいります」とし、アルバイト従業員については、「規則に準じて厳しく処分したい」としている。

 一方、バーガーキングの男性アルバイト従業員がツイッターに投稿したのは6月25日。「いやー平日なのにさ。なんで混むのさ。ワッパーJr何個作ったと思ってんの? ちょっとさ空気読もうよ」と投稿した。公開した写真では、制服姿で床に大量に置かれたバンズ(ハンバーガーに使われるパン)の上に大の字に横たわっている。

 店舗名までは明らかにしていないが、バーガーキングジャパンではホームページで、おわびの文書を公開。謝罪とともに、発注ミスによって廃棄することになったバンズで撮影後に廃棄、商品としては提供していないと説明している。その上で、アルバイト従業員と店舗については、厳重な処分を下したとしている。

 どちらも、ツイッターの利用者で写真付きで投稿後、それを見たインターネットユーザーの間で話題となり発覚している。

 相次ぐ飲食店従業員の衛生を無視した行為をネットで誇示するような行動に、ネットでは「炎上するのを分かっていてわざとやっているのか」「ツイッターはバカ発見器」など、あきれた声が多数を占めていた。(日刊スポーツ、2013.8.4)


 私はテラ豚丼事件のときに「同種事件はこれからも起こり続けるでしょう」と書きましたが、最近のブームに関して個人的に気になることがあります。フラッシュモブです。

 NHKでフラッシュモブが肯定的に取り上げられていたのを見て私は胸騒ぎがしました。現代美術の「ハプニング」を大衆化したものがフラッシュモブだと私は解釈します。欧米でパフォーマンスしている先鋭的な人とNHKはその意図で捉えている。それはいいんですが、その他のフォロワーは広義の意味でイタズラです。芸術ではない。

 それでも参加者のほとんどは善意ですが、末端の方にいくと当然目立てばいいだけの輩が増えて、ついには食べ物の上で寝そべる奴が出てきます。フラッシュモブと一連の愉快犯はネットを使っているだけで全く違うと言われればその通りかもしれません。ただ、NHKに対して私は「ほらみろ、イタズラなんか褒めるからだよ」という気分になりました。


<参照>
ウィキペディア フラッシュモブ
ウィキペディア ハプニング
ウィキペディア 主体思想
テレビ大菩薩峠 テラ豚丼事件
posted by リュウノスケ at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山本太郎離婚していた

 7月の参院選に東京選挙区から出馬、当選した無所属の山本太郎議員(38)が6日、参院議員会館で記者会見し、昨年5月に結婚した元プロサーファーの女性(20)と昨年8月に離婚していたことを明かした。約3カ月のスピード離婚で、山本氏は「理由は僕にある。(有権者には)黙っていて申し訳ない」などと話した。

 離婚を伝える一部スポーツ紙の報道を受けて記者会見した。山本氏によると、元妻との離婚は昨年8月24日に成立。「家に帰れるのが1カ月に1〜3回ぐらい」(山本氏)という生活が続き、結婚1カ月目に元妻から「しんどい」と切り出されたという。慰謝料は200万円。

 参院選出馬時にはすでに離婚が成立していたが、街頭演説などで「母と妻はフィリピンに旅行中」などと説明していたことについては「彼女は家庭が複雑で小さいころ虐待を受けていた。守らなければいけないと思い、(離婚の事実を)隠していた」などと釈明。有権者に対しては「頭を下げるしかない」などと述べた。

 山本氏は18歳年下の元妻と昨年5月25日に入籍し、判明当時「交際1カ月での電撃結婚」と騒がれた。山本氏によると、元妻は離婚後も実家には戻らず、山本姓を名乗っているという。

 一方、山本氏が22歳のころ、17歳の少女に婦女暴行をしたとする一部週刊誌の報道については「暴力を使って無理やり関係をせまることは人生一度もしたことがない」と否定した。(産経新聞、2013.8.6)


 ASKAとか山本太郎とか東スポ好調ですね。「日付以外は全て誤報」などと揶揄する人もいますが、宇宙人とは違い実在する著名人で飛ばし記事を書くと訴訟になるのでその辺はきちっとしています。本多勝一じゃないですが、真に嘲笑されるべきは高給の割りにスクープを取らないサラリーマン記者。鼠を捕らない猫に存在価値はありません。


<参照>
東京スポーツ 山本太郎氏わずか92日でスピード離婚していた
NEWSポストセブン 山本太郎の20才妻の実家「ウチで山本太郎という名前は禁句」
ウィキペディア 山本太郎
posted by リュウノスケ at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする