2013年05月22日

アメリカ兵メソポタミアの文化遺産を略奪

 バビロン遺跡の管理人で47歳のマキイ・モハメドは「米兵は聖地バビロンに敬意を払おうとしなかった」と憤る。「大型トラックを走らせるため、調査中の遺跡周辺に勝手に砂利を敷き、鉄条網を張り巡らせた。撤退の際は、ろくに片付けもしなかった」

 バビロンでの遺跡調査は長く中断したままだ。1980年代のイラン・イラク戦争、91年の湾岸戦争、2003年からのイラク戦争と戦乱が続き、遺跡の発掘どころではなかったのだ。

 文化財を盗む外国軍兵士は多かったという。モハメドは03年9月、遺跡からくさび形文字が刻まれた粘土板を持ち去ろうとした米軍の女性士官に詰め寄った。「元の所に戻してほしい」。だが、士官は不愉快そうに「シャラップ(黙れ)。私に近づくな」と言い放った。モハメドがひるまず立ちふさがると、士官は「この男を拘束して」と部下に命じた。

 その場で手錠をかけられ、近くの工場内に造られていた収容所の独房に入れられた。約2メートル四方の独房には窓もなく真っ暗。「テロリストの仲間」との嫌疑をかけられ、連日、尋問を受けた。1リットルの水を1時間ごとに飲まされるという拷問もあった。「なぜ、あなたがこんな目に…」。面会に来た妻ハナは泣き崩れた。モハメドは結局、22日間、拘束された。

 ユーフラテス川のほとりで生まれたモハメドは「川で泳ぐのが子供のころのなによりの楽しみだった」。発掘調査をしていたドイツ人考古学者の助手だった父から、いにしえのバビロンの栄華を聞かされて育った。考古学の基礎も父に学び、すすんで遺跡管理の仕事に就いた。

 前6世紀、新バビロニアの王ネブカドネザル2世はユダ王国に攻め入り、多くのユダヤ人を捕らえてバビロンに連れ帰った。旧約聖書に書かれている「バビロン捕囚」と称される故事だ。サダム・フセインがバビロンに宮殿を建てたのも、自身をネブカドネザル2世になぞらえ、反イスラエルの英雄を気取ろうとしたためといわれる。

 モハメドは言う。「バビロンに駐留した米兵にはユダヤ系が多かった。彼らはネブカドネザル時代の文化財ばかりを片っ端から奪った」。数千年の時を経ての報復なのか。にわかには信じ難かったが、バビロンでもバグダッドでも同じことを人々はささやいていた。

 イラク観光・遺跡省顧問のバハ・アルマヤによると、イラク戦争後、バグダッドの国立博物館から略奪された展示品は約1万5000点。「オランダ、ドイツ、英国などの協力を得て、うち8500点は取り戻したが、残りは行方不明」。その中には紀元前8世紀の「ニムルドのモナリザ」と呼ばれる著名な彫像もある。(共同/SANKEI EXPRESS、2013.5.20、抜粋)


 アフガニスタンの旧タリバン政権時代、独自の解釈に基づくイスラム原理主義を適用し、女性を抑圧するなどの恐怖支配を敷いた宗教警察(後の勧善懲悪省)のカラムディン元長官が16日までに、カブール市内で共同通信と単独会見し、2001年3月のバーミヤン遺跡の大仏破壊などについて「過ちだった」と述べた。

 カラムディン氏は現在も親タリバンだが、タリバンとの和平交渉を主導するカルザイ政権の「高等和平評議会」メンバーも務める。過去の失敗を認める同氏の発言は、タリバンのイメージの軌道修正を図り、和平交渉に向かうための雰囲気を醸成させたいとの思惑があるようだ。

 大仏破壊は勧善懲悪省が推進したとされているが、カラムディン氏は、「(大仏破壊は)正しい決断ではなかったと今だから言える」と明言。

 さらに「当時の政権幹部は望んでいなかったが、外国から来た兵士たちが政権より力を持っており、彼らが決めた」と述べ、アフガンに集結していた国際テロ組織アルカイダのメンバーが破壊を主導したと弁明した。

 ただアルカイダの指導者だったウサマ・ビンラディン容疑者の影響は否定した。(カブール共同)
(共同通信、2012.5.16)


 バーミヤン遺跡の大仏を爆破したタリバンと米軍女性士官に違いはあるのか。略奪を咎めた遺跡管理人を「テロリストの仲間」として拷問する悪質さはアメリカが喧伝する対テロ戦争の偽善性を象徴していると思います。


<参照>
SANKEI EXPRESS 【世界川物語】イラク ユーフラテス川 外国兵の「略奪」に立ち向かった番人
琉球新報 遺跡の大仏破壊「過ちだった」 タリバン最強硬派元幹部
posted by リュウノスケ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

矢口真里モデルと不倫

 俳優・中村昌也(27)の妻でタレントの矢口真里(30)が不倫していたと、21日発売の「週刊女性」が報じている。

 同誌によると、矢口は今年2月22日に複数人で飲みにいき、ファッション誌の専属モデルU(25)を自宅に“お持ち帰り”。翌23日朝、ドラマの地方ロケを予定より早く終えて帰宅した中村が、寝室でUと鉢合わせし修羅場に。その後、中村は自宅を出て一人暮らしを始め、矢口も実家近くに新しいマンションを借りたという。

 夫妻は16日発売の「女性セブン」で「別居」が明らかになったばかり。子作りなどを巡って今年に入って夫婦関係がぎくしゃくしていた、と報じられていた。

 以前の2人はブログにラブラブな写真を掲載していたが、2月17日の矢口のブログを最後にお互いの画像は登場していない。Uのツイッターも2月23日から1か月以上、ストップした。

 中村はこの日午前、日テレ系「PON!」に生出演したが、何も語らなかった。矢口の所属事務所は「コメントすることはありません」とした。

 身長192センチの中村に対して、矢口は144・5センチという芸能界一の身長差47・5センチで話題になった2人。2011年5月22日に婚姻届を提出し、1年後に結婚披露宴を行った。矢口が「トイレ以外はいつも一緒」とノロけるなど、おしどり夫婦だったが、一転、将来は不透明だ。(スポーツ報知、2013.5.21)


矢口真里のテレビ番組出演スケジュール
5月31日(金) 前11:55〜後1:55 日テレ/読売 「ヒルナンデス!」
(TEPPEN TV×TVstation)


 矢口が男好きなのはモー娘ファンの間で周知の事実でしたが、まさか結婚後に間男を連れ込むとは。小栗旬は山田優にしといてよかったですね。


 <矢口真里、不倫騒動相手は5歳下のモデル>
 女性週刊誌で不倫スキャンダルを報じられたタレント矢口真里(30)の相手男性が、モデルの梅田賢三(25)であることが21日、分かった。梅田は2月下旬、都内にある矢口の自宅寝室で、矢口の夫で俳優の中村昌也(27)と鉢合わせしたと報じられた。中村と矢口は既に別居している。梅田はツイッターを削除し、ブログも閉鎖している。矢口はこの日、レギュラー番組の生放送で一連の騒動について謝罪した。

 矢口は、20日発売の「週刊女性」によると今年2月22日、男性モデルら複数人と酒を飲んだ後、都内の自宅マンションに、25歳の男性モデルを連れ帰ったという。翌23日朝、ドラマの地方ロケを予定より早く終えた中村が帰宅。寝室でこのモデルと中村が鉢合わせたとしている。中村はマンションを出て現在は1人暮らしをしているという。同誌では、矢口も実家近くに新しいマンションを借りているとしている。

 矢口に“お持ち帰り”されたのは、ファッション誌「Fine」などでモデルとして活動している梅田賢三。今年4月には舞台出演するなど俳優としても活動しているイケメンだ。ツイッターは2月22日以降更新がなく、この日までにアカウントを削除。ブログ「ちゃらんぽらん日記」も閉鎖している。梅田の契約事務所は「今回の件で本人と話をしたいが、連絡が取れない状況」。ただ同誌で報じられたモデルは梅田であることは認めた。

 スキャンダルの渦中にいる矢口はこの日、名古屋市内で行われたCBCテレビ「ゴゴスマ −GO GO!Smile!−」(月〜金曜午後1時55分)の生放送に出演した。冒頭で「すみません。世間をにぎわせているようで。本当に申し訳ないですが、大丈夫です。頑張ります」と言って、ガッツポーズをしてみせた。番組共演者から「何かあったんですか?」と突っ込まれると「分からないですが、何かあったんだと思います」とかわして苦笑いしていた。

 関係者によると、矢口と中村は現在、今後について話し合いを続けているという。矢口は、決定的とも言える“浮気現場”を夫に見られてしまった形となったようだが、所属事務所は「この件に関してコメントすることはありません」としている。(日刊スポーツ、2013.5.22)


 <矢口と不倫報道/モデル梅田賢三の略歴>
 ◆梅田賢三(うめだ・けんぞう)1988年(昭63)1月17日、兵庫県生まれ。雑誌「Fine」専属モデル。11年にTBS系ドラマ「華和家の四姉妹」で観月ありさが演じたヒロインの元カレ役で出演していた。昨年10月までインターネット番組「ハンラ男子TV」にも出演していた。ブログでは自分を「梅ちゃん」と呼んでいた。血液型A。(日刊スポーツ、2013.5.22)


 <矢口真里、生放送欠席!有吉「え〜、そうなんだ」>
 ファッション誌の専属モデル・梅田賢三(25)との不倫が報じられたタレントの矢口真里(30)が24日、金曜レギュラーを務める日本テレビの情報番組「ヒルナンデス!」(月〜金曜・前11時55分)の生放送を欠席した。

 冒頭で水卜(みうら)麻美アナウンサー(26)が「矢口さんは体調不良のため、お休みでVTR出演のみとなります」。すると、有吉弘行(38)が「え〜、そうなんだ」と不満そうな声。南原清隆(48)から「何だ、その『え〜』は」と突っ込まれると「いやいや、体調不良なんだなと思って」と笑顔で話した。

 所属事務所は「昨晩(23日)、体調不良を訴え、本日病院に行ったところ、急性胃腸炎と診断されました。入院の必要はないようです」と説明。しばらく療養に努め、28日の名古屋ローカル番組には復帰する見込みという。(スポーツ報知、2013.5.25)


矢口真里、テレビ生出演!不倫騒動認めた!ゴゴスマ



<参照>
インフォシーク 肉食不倫の矢口真里、行方知れずの間男は「腰のビートがすごい」
日刊サイゾー 「また食っちゃったか……」不倫報道の矢口真里の“イケメン食い”はいつものクセ!?
TEPPEN TV×TVstation 矢口真里のテレビ番組出演スケジュール
posted by リュウノスケ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

反町隆史松嶋菜々子夫妻ドーベルマン訴訟

 俳優の反町隆史さん・松嶋菜々子さん夫妻と同じマンションに住む女性が、夫妻の飼っている大型犬にかみつかれたためにマンションを退去したとして、女性の部屋の管理会社が夫妻に損害賠償を求めた訴訟の判決が14日、東京地裁であった。宮坂昌利裁判長は、夫妻に385万円の賠償を命じた。

 判決によると、被害にあった女性は、渋谷区内の同じマンションに住んでいたアートディレクター・佐藤可士和さんの妻。2011年5月、反町さん夫妻がマンションで飼っていたドーベルマンに右足をかまれ、けがをした。佐藤さんの家族は「(マンション内の)現場を通るたびに事故を思い出して気分が悪くなる」として約1カ月後、マンションを退去した。

 管理会社は、佐藤さんの部屋の家賃(月額175万円)の契約期間の満了までの合計など計約5200万円の支払いを反町さん側に求めた。判決は、このうち、急な退去の際に本来は佐藤さん側が支払うべきだったが、管理会社が免除した違約金について、反町さん夫妻に賠償責任があると判断した。(朝日新聞、2013.5.14)


 俳優の反町隆史さん、松嶋菜々子さん夫妻の飼い犬が同じマンションの住人にかみつき、負傷した住人が転居したため賃料収入を失ったとして、東京都目黒区のマンション管理会社が反町さん夫妻側に約5220万円の支払いを求めた訴訟の判決で、東京地裁(宮坂昌利裁判長)は14日、夫妻に385万円の支払いを命じた。

 判決によると、夫妻は渋谷区内のマンションに居住。飼っていたドーベルマンが2011年5月、3階フロアで同じマンションに住んでいたアートディレクター、佐藤可士和(かしわ)さんの妻の太ももにかみつき、11日間のけがをさせた。佐藤さん側は10年10月から3年間の定期賃貸借契約を結んでいたが、佐藤さんの妻が現場を通る度に気分が悪くなるなどしたため、11年6月に転居した。

 契約上は佐藤さん側が賃料2カ月分(350万円)を解約違約金として管理会社に支払うよう規定されていたが、転居の経緯を踏まえて管理会社は請求しなかった。判決は「350万円を収受できなくなった損害を会社側が肩代わりしたといえる」と判断。弁護士費用を含め、反町さん夫妻側に賠償を命じた。

 反町さんと佐藤さんの妻との間では、慰謝料と治療費を支払うことで11年7月に示談が成立している。

 反町隆史さんの所属事務所「研音」の話 判決が確定しているわけではないようなので、コメントは差し控えさせていただきます。(毎日新聞、2013.5.14)


 俳優の反町隆史さん(39)と妻で女優の松嶋菜々子さん(39)夫妻が自宅マンションで飼っていた犬が隣人にかみ付く事故があり、隣人の退去で賃料収入を失った管理会社が夫妻に損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は14日、385万円の賠償を命じる判決を言い渡した。

 宮坂昌利裁判長は「一歩間違えれば、重大な危害が及ぶ事故。夫妻には管理会社に生じた間接的な損害の一部を賠償する義務がある」と指摘した。

 判決によると、2011年5月、反町さん夫妻の隣人の女性が、夫妻の飼うドーベルマンにマンション内でケガをさせられ、翌月、退去。予定外に退去する場合に管理会社に払う違約金は払わなかった。

 部屋の管理会社は、退去から1年以上も空室が続いたため賃料分など約5200万円を反町さん夫妻に請求。判決は「犬を適切に管理しなかった夫妻の過失が、管理会社の営業利益を損なったとまでは言えない」と指摘し、女性側が払うはずだった違約金の範囲に限って賠償を認めた。

 反町さんは女性との間で約30万円を支払うことで示談している。

 反町さんの所属事務所は「判決が確定しておらず、コメントは差し控えたい」としている。(読売新聞、2013.5.15)


 俳優・反町隆史(39)と女優・松嶋菜々子(39)夫妻の飼い犬にかまれて負傷した同じマンションの住人が退去したため賃料収入を失ったとして、不動産管理会社が、夫妻に約5220万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は14日、385万円の支払いを命じた。

 判決によると、2011年5月、反町夫妻が入居していた東京都渋谷区のマンションの通路で、反町の娘が連れていたペットのドーベルマンが住人の女性の脚にかみついた。女性側は「住み続けられない」と退去を希望。管理会社は賃貸契約を解約した。

 宮坂昌利裁判長は、管理会社が退去した女性側に月175万円の賃料の2カ月分に当たる違約金を請求しなかった点について、「本来、女性側に生じたはずの損害を管理会社が肩代わりしたといえる」と指摘、反町夫妻に違約金と弁護士費用を支払う義務があると認めた。(デイリースポーツ、2013.5.15)


「反町さん夫妻は、結局、このマンションを出て行きましたし、愛犬のドーベルマンも手放しているんです。被害者のかたと示談も成立していますから、正直、判決に納得はいっていないみたいで、控訴も考えているようです」(NEWSポストセブン、2013.5.17)


 ドーベルマンで空巣・強盗・性犯罪者から家族と財産を守りたかったんでしょうか。高級マンションなんだからセキュリティも万全だと思いますけどね。裁判は噛まれた本人(示談)ではなく管理会社の損害賠償。上記記事によると反町夫妻は判決に納得していないそうで長引くかもしれません。


 <反町夫妻に1700万円賠償命令=飼い犬かみつきで増額−東京高裁>
 俳優の反町隆史さんと松嶋菜々子さん夫妻の飼い犬がかみついたため、同じマンションの住人が転居したとして、マンション管理会社が夫妻などに損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が10日、東京高裁であった。高世三郎裁判長は夫妻に385万円の支払いを命じた一審東京地裁判決を変更し、賠償額を1725万円に増額した。

 判決で高世裁判長は、「夫妻が飼っていたドーベルマンは、建物使用細則で例外的に飼育が認められる小動物には当たらず、違反していた」と認定した。

 その上で、一般的に新たな契約締結が見込まれるまでの期間を9カ月とし、空き家になってから9カ月分の家賃を事故と因果関係のある損害と判断した。(時事通信、2013.10.11)


<参照>
J-CASTニュース 松嶋菜々子と反町隆史のドーベルマン危なかった!「犬による殺人」年間11人
NEWSポストセブン 反町隆史・松嶋菜々子夫妻「飼い犬裁判」支払い命令に控訴も
ウィキペディア 佐藤悦子
ウィキペディア 佐藤可士和
ウィキペディア ドーベルマン 性格
posted by リュウノスケ at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

宅間守精神鑑定書出版

 児童八人が犠牲になった大阪教育大付属池田小の殺傷事件で、死刑となった宅間守元死刑囚=死刑執行時(40)=の精神鑑定書のほぼ全文が掲載された本が二十四日、出版される。鑑定書の一般向け出版は異例で、波紋を広げそうだ。事件発生から来月八日で十二年を迎える。

 著者は、元京都府立洛南病院長で鑑定を担当した精神科医の岡江晃さん(66)。「宅間守精神鑑定書・精神医療と刑事司法のはざまで」(亜紀書房)のタイトルで、関係者を匿名にし、大阪地裁に提出した鑑定書のほぼすべてを収めた。

 幼少期のエピソードや四人の元妻との関わり、犯罪歴、精神科の受診記録が掲載されているほか、高校時代の反省文や少年刑務所から両親に送った手紙など、初めて公になるものも含む。

 鑑定書は思いやりや道徳心に欠ける「人格障害」に加え、統合失調症や心理的発達障害に通じる症状や前頭葉機能に障害がある可能性も指摘している。

 元死刑囚は鑑定で、自らのことを「生まれてきてしんどいだけの繰り返しやった」と吐露。事件前は、自殺を試みたものの「なんでおれだけ死ななあかんねん」「道連れでめちゃくちゃやったろう」と考えたと明かす。

 殺人事件を想像するうち「モリモリーと食欲が出て」きたといい、事件前日に小学校での無差別殺傷を思い付いた。犯行直前は「異様に冷めている状態」で、警察に逮捕され「社会とさらばやなあ」と感じたことが、本に記されている。

 岡江さんは出版に際し、個人情報の問題や遺族反応を考え悩んだというが、元死刑囚が事件前にも十五人以上の精神科医から治療を受けながら、性的暴行や傷害事件を繰り返し、池田小事件に至った事実を重くみた。

 岡江さんは「どんな経緯や医療の末に事件が起きたのか。関心を持つ精神医学や司法の関係者に読んでほしい。特異な犯罪者の精神鑑定の事例を重ねることで、事件を防ぐ手だても見えてくるかもしれない」と話す。

 <池田小児童殺傷事件> 2001年6月8日午前10時すぎ、大阪府池田市の大阪教育大付属池田小に、宅間守・元死刑囚が侵入、1、2年生の男女8人を殺害、教師を含む15人に重軽傷を負わせた。03年8月、大阪地裁は死刑を言い渡した。04年9月、死刑確定から約1年で刑が執行された。(東京新聞、2013.5.18)


 ◇法的には問題ない−−元裁判官の西野喜一・新潟大法科大学院教授の話

 鑑定書が公判で証拠採用され、確定記録に残っていた場合、正規の手続きを経れば閲覧することができる。出版そのものに法的な問題はないと思う。しかし、被害者やその遺族、被告の家族の感情を考えると、議論を呼ぶのではないか。遺族らへのフォローなどは必要だ。

 ◇丁寧な手続き必要−−元東京高裁判事の木谷明弁護士の話

 ある元死刑囚の精神鑑定書を閲覧したことがある。元死刑囚の並大抵ではない成育歴を具体的に知り、ただ死刑にすればよいという問題ではないとよく分かった。公益的な役割があるのであれば、鑑定書の公開を一概に否定はできない。ただし、プライバシーの問題はある。最低限関係者の名前を匿名にする配慮は必要で、元死刑囚の遺族や被害者の遺族に了解を取るなど、丁寧な手続きを取った方がいいと思う。

 ◇症例問う価値ある−−甲南大法科大学院の渡辺修教授(刑事訴訟法)の話

 事件の全容を把握するためにも、学術目的での出版は許される。特異な人格者が起こす事件は後を絶たず、症例を世に問うことは価値がある。鑑定書は供述調書など捜査資料そのものではなく、資料流出には当たらない。秘密漏示などの罪に該当するかは、出版することの意味など社会的相当性も考慮されるべきだ。(毎日新聞、2013.5.18)


 精神科医で筑波大名誉教授の小田晋(おだ・すすむ)さんが11日午前6時45分、心不全のためさいたま市の病院で死去した。79歳だった。大阪府出身。

 岡山大医学部卒。東京医科歯科大大学院を修了後、筑波大や帝塚山学院大などの教授を歴任。犯罪精神医学の第一人者として知られ、1982年の日航機羽田沖墜落事故の機長の精神鑑定やオウム真理教元幹部の岡崎(現姓宮前)一明死刑囚らの心理鑑定を行った。また、日本犯罪学会理事長などを務めた。(時事通信、2013.5.12)


 宅間守の精神鑑定書が出版されるというニュース。池田小事件関連のまとめサイトを見ても宅間という男は徹頭徹尾邪悪な人格であって情状酌量できる点は何一つありません。日航機123便墜落時に遺族の振りをして遺体を見物に行ったくだりなど文字通り反吐が出ます。読もうと思う人は相当覚悟しないと気分が悪くなるんじゃないでしょうか。

 我が国で最も著名な精神鑑定医である小田晋教授が先日お亡くなりになりました。心よりご冥福をお祈りします。
posted by リュウノスケ at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第74回優駿牝馬(GI)

三連単 B・I・M・N・P・Q→@⇔C・O=1万2000円
前回までのトータル:−141万2510円
回収率:65.7%
posted by リュウノスケ at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする