2013年01月31日

「亡くなる直前1カ月の時間外労働は251時間」JTB法人東京過労自殺事件

 旅行会社大手JTBのグループ会社の課長だった男性(当時40)が2011年3月に自殺したのは長時間労働が原因だったとして、新宿労働基準監督署(東京)が労災認定していたことが31日、分かった。遺族側の弁護士が明らかにした。認定は12年10月12日付。

 男性は11年2月にニュージーランド南島クライストチャーチ市で発生した地震の影響で、担当していた高校のホームステイ旅行の予定変更など緊急対応に従事。亡くなる直前1カ月の時間外労働は251時間に上った。弁護士は「これほど長時間の時間外労働は極めてまれ」としている。

 弁護士によると、男性は主に学校の団体旅行の営業を担当。11年2月22日の地震発生後は連日深夜まで働きづめで、徹夜勤務もあったという。同年3月6日に行方が分からなくなり、埼玉県秩父市で練炭自殺した。(日本経済新聞、2013.1.31)


 旅行代理店大手JTBのグループ会社「JTB法人東京(現JTBコーポレートセールス)」に勤務していた東京都の男性=当時(40)=が自殺したのは長時間労働が原因として、新宿労働基準監督署が労災認定したことが30日、分かった。決定は昨年10月12日付。

 労基署は、自殺前1カ月の時間外労働を251時間と認定。遺族側の弁護士は「これほど長時間の認定は極めてまれ」と話している。

 弁護士によると、男性は団体旅行の営業を主に担当。課長に昇進した2011年2月、ニュージーランドで大地震が起き、ホームステイを予定していた高校の日程調整など負担が集中したという。男性は同年3月に失踪し、練炭自殺した。

 記者会見した妻によると、会社に泊まったり、自宅で朝まで仕事をし、1時間仮眠して出勤したりする日々だったという。妻は「過労自殺の防止策の必要性を社会に知ってほしい」としている。

 JTBコーポレートセールスの話 既にご遺族に真摯(しんし)に対応してきた。(時事通信、2013.1.30)


 JTBのグループ会社の課長だった男性=当時(40)=が2011年3月に自殺したのは、同年2月のニュージーランド地震による緊急業務に追われたのが原因として、新宿労働基準監督署(東京)が労災認定していたことが30日、分かった。遺族側の弁護士が明らかにした。認定は昨年10月12日付。

 亡くなる直前1カ月の時間外労働時間は約251時間に上り、記者会見した川人博弁護士は「これほどの時間が時間外労働として認定されるのは極めてまれなケース」と話した。

 ニュージーランド地震は11年2月22日に発生。川人弁護士によると、男性の担当する高校が現地にホームステイ旅行をすることになっていたため、日程や行き先などの大幅な変更を迫られた。

 遺族などによると、男性はほとんど家に帰れず、会社に泊まることも多かった。男性は翌月6日に失踪し、埼玉県秩父市内で練炭自殺した。(産経新聞、2013.1.30)
posted by リュウノスケ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(労働問題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

X21について

 大手芸能プロ、オスカープロモーション所属の美少女21人からなる平均年齢14歳の新ガールズユニット、X21(エックスニジュウイチ)が28日、都内でお披露目会見を行った。

 昨年8月にオスカー主催で開催された「第13回全日本国民的美少女コンテスト」のファイナリストで結成され、「次世代ユニット」と位置付けられた。年内のCDデビューも決まっておりドラマ、映画、歌、モデルとさまざまな舞台で活動していく。Xには「次世代」「未来」「未知数」の意味が込められている。

 同コンテストでグランプリを受賞したリーダー吉本実憂(16)は「2013年は私たちの年にしたい。新しい風を吹かせ、インパクトを残せるようなグループにしていきたい。みんなの個性をいずれ世界に届けられるよう、たくさんの人が元気になれるよう頑張っていきます」と笑顔で宣言した。

 メンバーはおそろいの制服姿で登場。昨年9月からダンス、演技、歌、英語、中国語、韓国語などの厳しいレッスンを続けてきただけあって、みな姿勢がよく「よろしくお願いします!」と、はきはきした元気な大声であいさつした。オーストラリア在住のメンバーも2人おり、毎週末日本に飛行機で通い、レッスンに励んできた。

 オスカーによると、今後は3人や5人のユニットでもデビューしていくほか、個々のメンバーが、ドラマや映画出演やイメージキャラクターの仕事に次々内定しているという。吉本はすでに今後、雑誌30誌以上の表紙やグラビアを飾ることが決まっている。

 21人のほか、同コンテストの応募者約10万人などの中から、約300人が「2期生」「3期生」としてのデビューを目指して待機。新鮮さを失わないシステムになっている。

 現在、AKB48を筆頭に「アイドル戦国時代」と言われているが、吉本は「私たちは今日デビューしたばっかりなので、(ほかのグループを)先輩として見習っていきたい」と謙虚に答えた。同コンテストで吉本とともにグランプリを受賞した副リーダー小沢奈々花(13)は「努力と笑顔を忘れずに頑張っていきます」。中には個性派メンバーもおり、取材陣からものまねをリクエストされた籠谷(こもりや)さくら(13)は、米国の元プロレスラー、スタン・ハンセン(63)のまねを披露し、会場をわかせた。

 会見には、オスカーの先輩女優武井咲(19)と忽那汐里(20)も激励に駆けつけた。武井は「いつか共演できるのを楽しみにしています」と呼び掛けた。(日刊スポーツ、2013.1.28)


 「X21」で検索するとウィキペディアに同名の航空機が出てきます。アイドルファンにAKB48のエピゴーネンと思われたら終わりなのでアルファベットと数字の組み合わせは避けた方がよかったかもしれません。派生ユニットはもうちょっとかわいい名前にしてください。

 センターは当然のことながら国民的美少女コンテストWグランプリである小澤と吉本。アイドルビジネスに慣れていない事務所の人は頼りにならないので自分たちで引っ張っていくしかないでしょう。どんなに空回りしても意欲を見せ続ければももクロのようにブレイクすることもあるので頑張ってほしいと思います。握手会でヘン顔はしないように。


<参照>
ウィキペディア X-21 (航空機)
ウィキペディア 美少女クラブ31
グーグル画像検索「武井咲 握手会」
posted by リュウノスケ at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

峯岸みなみ白濱亜嵐と熱愛

 恋愛禁止のAKBですが、人気のあるメンバーは大したお咎めもなく許される傾向があります。総選挙下位の人は一発で追放されるのに理不尽ではないかと憤っても秋元が処分を決めているのでむべなるかな。「法の下の平等」の存在しない芸能界で直近14位の峯岸はどうなるでしょうか。


 <峯岸みなみ丸刈り謝罪  研究生に降格>
 AKB48の峯岸みなみ(20)が31日、この日発売された「週刊文春」に掲載された男性スキャンダルについて、丸刈り姿で謝罪した。動画サイト「YouTube」に、謝罪動画が投稿された。また、研究生に降格する処分を受けたことも分かった。

 動画では、丸刈りになった峯岸が「メンバーやファンのみなさん、スタッフさん、家族、たくさんのみなさまにご心配をおかけして申し訳ありません」と頭を下げて謝罪。「記事を見てはじめに思ったのは、AKB48を辞めたくないということでした。甘い考えなのは分かっていますが、AKB48の峯岸みなみでいたいです。本当にごめんなさい」と涙を流している。

 またこの日、秋葉原・AKB48劇場の戸賀崎智信支配人は、交流サイト「グーグルプラス」で、「今回の報道により、ファンの皆さまに多大なるご迷惑をかけた峯岸みなみを、2013年2月1日付でAKB48の研究生に降格処分とする」と発表した。

 「週刊文春」では、峯岸が今月17日深夜、モデルラブリ(23)の弟で、ダンスボーカルユニットGENERATIONSの白浜亜嵐(19)の自宅マンションに宿泊した「お泊まり愛」が報じられていた。(日刊スポーツ、2013.1.31)





<参照>
週刊文春 AKB48 峯岸みなみ 若手ダンサー宅お泊まりをスクープ撮!
The Daily Mirro Japanese pop starlet sparks outcry after shaving head and issuing tearful YouTube apology for sleeping with boyfriend
The Daily Mail Japanese pop star shaves off her hair and makes a tearful public apology for staying night with boyfriend she's forbidden to have
The Sun Japanese pop star shaves her head over sex scandal
ウィキペディア 日本国憲法第14条
J-CASTニュース 謝罪からわずか6時間で「笑顔Wピース」 AKB研究生「峯岸の反省」に茶番批判
グーグル画像検索「峯岸みなみ ピース」
テレビ大菩薩峠 増田有華AKB48脱退
posted by リュウノスケ at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

第18回シルクロードステークス(GIII)

馬単 @・E・F・I・L・M→@・E・F・I・L・M=1万2000円
前回までのトータル:−123万1710円
回収率:68.7%
posted by リュウノスケ at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月24日

「今年度の定年退職者は3月末まで勤務すると、平均約150万円の減額となる」埼玉県職員年度途中大量退職

 埼玉県職員の退職手当が2月から引き下げられるのを前に、3月末の定年退職を待たず今月末で「自己都合」により退職する公立学校教員が、県採用分で89人に上ることが21日、わかった。

 県費で退職手当が支払われるさいたま市採用の教員も、21人が同様の予定という。県教育局の担当者は「例年、定年退職者が年度途中で辞めることはほとんどない。異例の事態だ」としている。該当教員がいる学校では後任の確保の対応に追われている。

 県によると、今年度の県の定年退職者は約1300人(県警を除く)。このうち1月末での退職希望者は教員が89人、一般職員が約30人の計約120人となっている。

 改正国家公務員退職手当法が昨年11月に成立し、総務省が自治体職員の退職手当引き下げを自治体に要請。埼玉県では県議会が昨年末に改正条例を可決し、2014年8月までに平均約400万円が段階的に引き下げられる。改正条例は2月1日から施行され、今年度の定年退職者は3月末まで勤務すると、平均約150万円の減額となるという。2月1日の施行について、県人事課は「速やかな実施が必要」と説明している。(読売新聞、2013.1.22)


 今年度で定年退職する埼玉県の公立学校教員110人が、退職手当削減が始まる2月より前の退職を希望している問題で、希望者のうち学級担任は30人いることが22日、県教委などへの取材で分かった。

 上田清司知事は、県費削減効果と周知期間を勘案して2月1日施行にしたと説明、「2か月も残して辞めるのは無責任のそしりを受けてもやむを得ない」と批判した。

 110人のうち県採用教員は89人。教頭4人と教諭85人で、教諭の中には担任27人が含まれている。教頭の欠員は、他の学校や教育委員会から補充する方針。担任は、教頭や学年主任、副担任らが務めるよう各学校が調整中だ。早期退職を希望するさいたま市採用21人のうち、担任は3人。教頭はいない。県、同市とも校長は含まれていない。(読売新聞、2013.1.23)


 埼玉県内の公立学校で今年度に定年を迎える100人以上の教員が、1月末での退職を希望していることが分かった。2月から退職手当の引き下げが予定されているため、駆け込みで前倒しの退職を希望しているとみられる。

 これだけ大きな規模で年度途中での退職希望者が出るのは異例で、県教育委員会などは教員を臨時採用するなどして学校運営や授業に支障が出ないよう対応に追われている。

 昨年11月に官民格差を是正して退職手当を引き下げる国家公務員退職手当法の改正があったのに合わせ、埼玉県も関連条例を改正し、今年2月1日から施行を予定。退職手当を14年8月までに段階的に引き下げ、平均約400万円減額される。今年度の定年退職者は3月末まで勤める場合、月給約40万円とすれば退職金が約150万円の減額となる。1月末で退職すれば、2〜3月分の月給約80万円を除いても約70万円多くもらえる。

 県教委によると、1月末での退職希望者の内訳は、小学校約30人▽中学校約20人▽県立高校27人▽県立特別支援学校9人。中には教頭も含まれ、人事異動で対応する。

 さいたま市教委によると、同市採用分では、小学校8人と中学校11人の計19人となっている。(毎日新聞、2013.1.22)


 公務員の退職金減額はしょうがないとして、どうしてこのタイミングなのか。4月1日施行にしない限りこうなることは予測できたはず。長年教育に尽力された先生たちに何の敬意もなく、拙速に県費削減した結果このような醜いこととなり生徒が人間不信になるかもしれません。最悪の結末といえます。


 <埼玉153人愛知142人…460人超が退職>
 【共同】3月末で定年退職を迎える地方公務員の一般職員と警察官、教員のうち、条例改正による退職手当の引き下げを前に退職したか、退職を希望する人は8県で460人を上回ることが26日、共同通信の集計で分かった。国家公務員の退職手当引き下げに合わせて自治体が減額を始める前の“駆け込み退職”とみられ、総務、文部科学両省や警察庁は業務に影響が出ていないか実態調査している。

 共同通信は47都道府県と20政令指定都市の人事課や道府県警、教育委員会を24日時点で調査した。7都県が国家公務員と同じ1月1日に手当を引き下げ、3県は2月1日から減額。9府県は3月末までに減らす予定と回答し、これら19都府県のうち8県で駆け込み退職が判明した。

 職種別でみると、一般行政職員が54人、警察官・警察職員が約232人、教員・学校職員が177人だった。都道府県別の集計で、退職者や希望者が最も多かったのは埼玉の153人で、愛知142人、兵庫約90人、佐賀52人、徳島17人、高知5人、宮崎3人、熊本1人と続いた。高知はさらに一般職員20〜30人が退職を申し出る可能性もあるとしている。

 兵庫県では3月の減額を前に県警の警察官ら約90人が退職を希望している。県警警務課は「隣接の署同士や本部でカバー関係をつくる。そのために2月に注意喚起の指示を出す」と説明している。142人が辞表を提出した愛知県警は、例年3月の定期異動を2月と3月の2段階に分けることなどを検討中だ。

 一方、減額時期が1〜2月の栃木、群馬、東京、山梨、滋賀、大分は「駆け込み退職はない」と回答した。1月から減額した東京都は、3月末以前に退職する場合は支給額を下げる仕組みがあることを理由に挙げた。

 文科省は25日、退職手当の引き下げ開始を1月1日か2月1日とした10都県を対象に、教職員の駆け込み退職状況を発表。埼玉など4県で172人に上っている。(日刊スポーツ、2013.1.26)


<参照>
ウィキペディア 上田清司
posted by リュウノスケ at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする