2013年01月31日

「亡くなる直前1カ月の時間外労働は251時間」JTB法人東京過労自殺事件

 旅行会社大手JTBのグループ会社の課長だった男性(当時40)が2011年3月に自殺したのは長時間労働が原因だったとして、新宿労働基準監督署(東京)が労災認定していたことが31日、分かった。遺族側の弁護士が明らかにした。認定は12年10月12日付。

 男性は11年2月にニュージーランド南島クライストチャーチ市で発生した地震の影響で、担当していた高校のホームステイ旅行の予定変更など緊急対応に従事。亡くなる直前1カ月の時間外労働は251時間に上った。弁護士は「これほど長時間の時間外労働は極めてまれ」としている。

 弁護士によると、男性は主に学校の団体旅行の営業を担当。11年2月22日の地震発生後は連日深夜まで働きづめで、徹夜勤務もあったという。同年3月6日に行方が分からなくなり、埼玉県秩父市で練炭自殺した。(日本経済新聞、2013.1.31)


 旅行代理店大手JTBのグループ会社「JTB法人東京(現JTBコーポレートセールス)」に勤務していた東京都の男性=当時(40)=が自殺したのは長時間労働が原因として、新宿労働基準監督署が労災認定したことが30日、分かった。決定は昨年10月12日付。

 労基署は、自殺前1カ月の時間外労働を251時間と認定。遺族側の弁護士は「これほど長時間の認定は極めてまれ」と話している。

 弁護士によると、男性は団体旅行の営業を主に担当。課長に昇進した2011年2月、ニュージーランドで大地震が起き、ホームステイを予定していた高校の日程調整など負担が集中したという。男性は同年3月に失踪し、練炭自殺した。

 記者会見した妻によると、会社に泊まったり、自宅で朝まで仕事をし、1時間仮眠して出勤したりする日々だったという。妻は「過労自殺の防止策の必要性を社会に知ってほしい」としている。

 JTBコーポレートセールスの話 既にご遺族に真摯(しんし)に対応してきた。(時事通信、2013.1.30)


 JTBのグループ会社の課長だった男性=当時(40)=が2011年3月に自殺したのは、同年2月のニュージーランド地震による緊急業務に追われたのが原因として、新宿労働基準監督署(東京)が労災認定していたことが30日、分かった。遺族側の弁護士が明らかにした。認定は昨年10月12日付。

 亡くなる直前1カ月の時間外労働時間は約251時間に上り、記者会見した川人博弁護士は「これほどの時間が時間外労働として認定されるのは極めてまれなケース」と話した。

 ニュージーランド地震は11年2月22日に発生。川人弁護士によると、男性の担当する高校が現地にホームステイ旅行をすることになっていたため、日程や行き先などの大幅な変更を迫られた。

 遺族などによると、男性はほとんど家に帰れず、会社に泊まることも多かった。男性は翌月6日に失踪し、埼玉県秩父市内で練炭自殺した。(産経新聞、2013.1.30)
posted by リュウノスケ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(労働問題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

X21について

 大手芸能プロ、オスカープロモーション所属の美少女21人からなる平均年齢14歳の新ガールズユニット、X21(エックスニジュウイチ)が28日、都内でお披露目会見を行った。

 昨年8月にオスカー主催で開催された「第13回全日本国民的美少女コンテスト」のファイナリストで結成され、「次世代ユニット」と位置付けられた。年内のCDデビューも決まっておりドラマ、映画、歌、モデルとさまざまな舞台で活動していく。Xには「次世代」「未来」「未知数」の意味が込められている。

 同コンテストでグランプリを受賞したリーダー吉本実憂(16)は「2013年は私たちの年にしたい。新しい風を吹かせ、インパクトを残せるようなグループにしていきたい。みんなの個性をいずれ世界に届けられるよう、たくさんの人が元気になれるよう頑張っていきます」と笑顔で宣言した。

 メンバーはおそろいの制服姿で登場。昨年9月からダンス、演技、歌、英語、中国語、韓国語などの厳しいレッスンを続けてきただけあって、みな姿勢がよく「よろしくお願いします!」と、はきはきした元気な大声であいさつした。オーストラリア在住のメンバーも2人おり、毎週末日本に飛行機で通い、レッスンに励んできた。

 オスカーによると、今後は3人や5人のユニットでもデビューしていくほか、個々のメンバーが、ドラマや映画出演やイメージキャラクターの仕事に次々内定しているという。吉本はすでに今後、雑誌30誌以上の表紙やグラビアを飾ることが決まっている。

 21人のほか、同コンテストの応募者約10万人などの中から、約300人が「2期生」「3期生」としてのデビューを目指して待機。新鮮さを失わないシステムになっている。

 現在、AKB48を筆頭に「アイドル戦国時代」と言われているが、吉本は「私たちは今日デビューしたばっかりなので、(ほかのグループを)先輩として見習っていきたい」と謙虚に答えた。同コンテストで吉本とともにグランプリを受賞した副リーダー小沢奈々花(13)は「努力と笑顔を忘れずに頑張っていきます」。中には個性派メンバーもおり、取材陣からものまねをリクエストされた籠谷(こもりや)さくら(13)は、米国の元プロレスラー、スタン・ハンセン(63)のまねを披露し、会場をわかせた。

 会見には、オスカーの先輩女優武井咲(19)と忽那汐里(20)も激励に駆けつけた。武井は「いつか共演できるのを楽しみにしています」と呼び掛けた。(日刊スポーツ、2013.1.28)


 「X21」で検索するとウィキペディアに同名の航空機が出てきます。アイドルファンにAKB48のエピゴーネンと思われたら終わりなのでアルファベットと数字の組み合わせは避けた方がよかったかもしれません。派生ユニットはもうちょっとかわいい名前にしてください。

 センターは当然のことながら国民的美少女コンテストWグランプリである小澤と吉本。アイドルビジネスに慣れていない事務所の人は頼りにならないので自分たちで引っ張っていくしかないでしょう。どんなに空回りしても意欲を見せ続ければももクロのようにブレイクすることもあるので頑張ってほしいと思います。握手会でヘン顔はしないように。


<参照>
ウィキペディア X-21 (航空機)
ウィキペディア 美少女クラブ31
グーグル画像検索「武井咲 握手会」
posted by リュウノスケ at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

峯岸みなみ白濱亜嵐と熱愛

 恋愛禁止のAKBですが、人気のあるメンバーは大したお咎めもなく許される傾向があります。総選挙下位の人は一発で追放されるのに理不尽ではないかと憤っても秋元が処分を決めているのでむべなるかな。「法の下の平等」の存在しない芸能界で直近14位の峯岸はどうなるでしょうか。


 <峯岸みなみ丸刈り謝罪  研究生に降格>
 AKB48の峯岸みなみ(20)が31日、この日発売された「週刊文春」に掲載された男性スキャンダルについて、丸刈り姿で謝罪した。動画サイト「YouTube」に、謝罪動画が投稿された。また、研究生に降格する処分を受けたことも分かった。

 動画では、丸刈りになった峯岸が「メンバーやファンのみなさん、スタッフさん、家族、たくさんのみなさまにご心配をおかけして申し訳ありません」と頭を下げて謝罪。「記事を見てはじめに思ったのは、AKB48を辞めたくないということでした。甘い考えなのは分かっていますが、AKB48の峯岸みなみでいたいです。本当にごめんなさい」と涙を流している。

 またこの日、秋葉原・AKB48劇場の戸賀崎智信支配人は、交流サイト「グーグルプラス」で、「今回の報道により、ファンの皆さまに多大なるご迷惑をかけた峯岸みなみを、2013年2月1日付でAKB48の研究生に降格処分とする」と発表した。

 「週刊文春」では、峯岸が今月17日深夜、モデルラブリ(23)の弟で、ダンスボーカルユニットGENERATIONSの白浜亜嵐(19)の自宅マンションに宿泊した「お泊まり愛」が報じられていた。(日刊スポーツ、2013.1.31)





<参照>
週刊文春 AKB48 峯岸みなみ 若手ダンサー宅お泊まりをスクープ撮!
The Daily Mirro Japanese pop starlet sparks outcry after shaving head and issuing tearful YouTube apology for sleeping with boyfriend
The Daily Mail Japanese pop star shaves off her hair and makes a tearful public apology for staying night with boyfriend she's forbidden to have
The Sun Japanese pop star shaves her head over sex scandal
ウィキペディア 日本国憲法第14条
J-CASTニュース 謝罪からわずか6時間で「笑顔Wピース」 AKB研究生「峯岸の反省」に茶番批判
グーグル画像検索「峯岸みなみ ピース」
テレビ大菩薩峠 増田有華AKB48脱退
posted by リュウノスケ at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

高見盛引退

 大相撲の元小結で、気合を入れる独特のしぐさで「角界のロボコップ」として人気を集めた東十両12枚目の高見盛(36)=本名加藤精彦、青森県板柳町出身、東関部屋=が初場所千秋楽の27日、東京都内で記者会見し、引退を表明した。今後は年寄「振分」を襲名し、部屋付き親方として後進の指導に当たる。

 以前から幕下へ転落した場合は引退することを示唆。今場所は右肩負傷の影響で5勝10敗と振るわず、十両陥落が確実になっていた。千秋楽の取組終了後、師匠らと相談し、引退を決意。右膝などに古傷を抱えており、「自分の体が結構ぼろぼろになっている」と理由を説明した。

 取組前に顔や胸を激しくたたいて気合を入れるユニークな動作で、十両転落後も幕内力士以上の歓声を浴び続けた。本人は「見せ物ではなく、恐怖心を振り払っていただけ」という。横綱や大関に劣らぬ人気を集めたことについては、「うれしいような恥ずかしいような気持ちがある」と苦笑いした。

 常に目の前の一番に全力を注いだ。本人の思い出に残るのは平成15年名古屋場所の横綱朝青龍との一番。張り手を食らってもこらえて寄り切り、「自分の相撲が出た」と胸を張る。親方として新たな相撲道を歩む今後に向けては「相撲界をもっともっと盛り上げて、若い力士をがんがん増やしていきたい」と誓った。(産経新聞、2013.1.27)


 現役を引退した高見盛は、両国国技館近くのホテルで記者会見し「決めたばかりでうまく伝えられないけど、少しほっとした気持ちと少し先行き不安なのが半々」と話した。吹っ切れた様子で涙はなく、終始笑顔で土俵人生を振り返った。

 足かけ15年。「どんな相手でも正面からぶつかる」という信念を貫いた36歳は自ら「ポンコツ」と言うほど満身創痍(そうい)。今場所は右肩のテーピングが痛々しかった。「他に古傷の両足に腰、首も。これ以上やってもさらに傷口を増やすんじゃないかと考えて決断した」と述べた。「自分の中で力士でいられるボーダーラインがあり、それを切った以上、力士としての力を出せないと、ここ数年分かっていた」と話した。

 人気を集めた取組前の所作については「顔や体をたたいて恐怖心を払いたかっただけ。見せ物じゃない」と苦笑いしたが、動きに合わせたファンの掛け声を「うれしかった」と言う。

 現役最後となった一番は若荒雄の突き押しを最後の力を振り絞ってしのぎ、得意の右差しから肩すかしを決めた。割れんばかりの歓声や「来場所も頑張って」という声援は「ほとんど頭に入らなかった」と言うが、会見でファンに向け、ひときわ力を込めて「ありがとうございました」。

 親方となる今後については「相撲界をもっともっと盛り上げて若い力を増やしていきたい」。期待する若手力士を問われると「体つきががっちりし、相撲もしっかりしている」と、13歳下の日大の後輩、大喜鵬を挙げた。

 会見には、入門時の師匠だった先代東関親方(元関脇・高見山)の渡辺大五郎さんも同席。「無口でなかなかしゃべらず、最初は苦労したが、素晴らしい相撲を取った」と入門当時を懐かしんだ。

白鵬 よくあの年齢まで盛り上げてくれました。よくここまで頑張ってくれました。

日馬富士 安馬時代からよく取った。当たるのは楽しみだった。懸賞も多かったですし。勝ったり負けたりしたけど、強かったです。

安美錦 (同じ青森県出身)新十両も新入幕も一緒だった。田舎の先輩だけど、入門したのは自分が先。負けたくない気持ちは強かった。面白いと思われているけれど、純粋なヤツだから。相撲界を盛り上げるため、一生懸命頑張った一人。

若の里 (同じ青森県出身で同い年)小学生の時から一緒にやってきた。みんな、一生懸命相撲を取ってきて、その結果だと思う。(毎日新聞、2013.1.27)


 グラビアタレント、壇蜜(32)が23日、都内で行われたSEGAのスマートフォン向けバトルゲーム「デーモントライブ」のPRイベントに出席し、胸の谷間にゲーム名をペイントするセクシースタイルを披露。壇蜜の大ファンであることを公言し、この日の大相撲初場所で負け越しが決まった大相撲十両の高見盛(36)について、「も〜がんばって。早く私を初場所に呼んで」と吐息まじりにエールを送った。(サンスポ、2013.1.24)


 愛嬌のある力士として人気がある高見盛ですが、この人の真に評価されるべきは角界入りしてから一度も八百長をしなかったという点です。これは週刊ポスト・週刊現代など八百長疑惑をスクープしてきたマスコミも認定している事実であり、真剣勝負の結果として力士生命を縮めたことは間違いありません。

 ガチンコ力士というのは猛々しいイメージがあるかもしれませんが、実際にはそういう奴こそ八百長をしています。高見盛や稀勢の里などいかにも真面目そうな好人物こそが本物。重要なのは相撲に対する真摯さです。

 そういうわけで一般に思われている以上に高見盛は偉大な力士です。いい親方になると思いますが、その前に女将さん探しですかね。おつかれさまでした。


<参照>
ウィキペディア 高見盛精彦
テレビ大菩薩峠 「優勝が懸かった白星には230万円の値が付いた」大相撲八百長の実態
posted by リュウノスケ at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

第18回シルクロードステークス(GIII)

馬単 @・E・F・I・L・M→@・E・F・I・L・M=1万2000円
前回までのトータル:−123万1710円
回収率:68.7%
posted by リュウノスケ at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする