2012年12月28日

松井秀喜引退

 レイズを戦力外となっていた松井秀喜外野手(38)が、現役を引退することが27日、分かった。(日刊スポーツ、2012.12.28)


 最後にNPBでやってほしかったですけどね。ヤンキースでワールドシリーズMVPを獲得するなど奇跡的大打者でした。おつかれさまでした。


 <松井、引退表明=「結果出なくなった」−日米20年、プロ生活に終止符>
 【ニューヨーク時事】プロ野球の巨人や米大リーグのヤンキースで中心選手として活躍し、今季は大リーグのレイズでプレーした松井秀喜外野手(38)が27日、ニューヨーク市内で記者会見し、「本日をもってプロ野球人生に区切りを付けたいと思う」と述べ、現役引退を表明した。巨人で10年、米国で10年、合わせて20年のプロ生活に終止符を打った。

 松井選手は今季、開幕までに所属先が決まらず、4月30日にレイズとマイナー契約。5月末にメジャーに昇格したが、34試合で打率1割4分7厘、2本塁打、7打点と振るわず、7月に戦力外を通告され、8月に自由契約となった。引退決断の理由に関し「命懸けでプレーして力を発揮するという気持ちでやってきたが、結果が出なくなった。命懸けのプレーも終わりを迎えた」と語った。

 松井選手は石川・星稜高からドラフト1位で1993年に巨人入り。最優秀選手(MVP)、本塁打王、打点王に各3度輝くなど主砲としてチームを支え、「ゴジラ」の愛称で親しまれた。

 2003年にフリーエージェント(FA)でヤンキースに移籍。09年にはワールドシリーズで日本人初のMVPに選ばれ、優勝に貢献。10年はエンゼルス、11年はアスレチックスに在籍した。

 大リーグ通算成績は1236試合に出場して1253安打、175本塁打、760打点、打率2割8分2厘。日米通算では2643安打、507本塁打、1649打点。 

 ◇松井秀喜の略歴
 松井 秀喜(まつい・ひでき) 石川・星稜高時代に甲子園で活躍し、93年巨人入り。10年間で最優秀選手(MVP)、本塁打王、打点王各3度、首位打者1度。03年にヤンキース移籍。06年5月まで日米通算1768試合連続出場。09年ワールドシリーズで日本人初のMVP。10年はエンゼルス、11年はアスレチックス、12年はレイズでプレーした。大リーグ通算成績は1236試合で1253安打、175本塁打、760打点、打率2割8分2厘。オールスター戦選出2度。日米通算では2643安打、507本塁打、1649打点。188センチ、95キロ。右投げ左打ち。愛称は「ゴジラ」が代表的。38歳。石川県出身。(時事通信、2012.12.28)


 <「何一つ悔いはない」松井秀の会見一問一答>
 思い出が詰まったニューヨークを、松井秀喜は引退会見の場所に選んだ。甲子園で活躍し、巨人の4番となり、そしてヤンキースへ――。球界の王道を歩み続けた男は27日の引退会見で、ひと言ひと言かみしめるように、野球人生を振り返った。

 会見での一問一答は次の通り。

――いつ引退を決断したのか。
そういう気持ちは常にあったが、野球が好きだし、プレーしたい気持ちも心の中にあった。(引退に)傾いたのはつい最近です。

――日本球界に戻る選択肢もあったのでは。
10年前、巨人の4番打者として誇りと責任を持ってプレーしてきた。日本に戻ってプレーすれば、ファンは10年前の姿を見たいと期待されるでしょう。正直言って、その姿に戻れる自信を強く持てなかった。

――この20年間を振り返って。
一言では振り返れない。巨人で10年、ヤンキースで7年、長い時間を過ごした2チームには特別な思いがある。巨人はふるさとのようなチーム。憧れていたヤンキースは時間を過ごすなかで家族の一員になれた感じがする。

――20年間で一番思い浮かぶシーンは。
長嶋監督と2人で素振りをした時間ですね。一番印象に残っている。

――長嶋さんに報告は。
しました。少し残念そうな感じと、よくやった、ご苦労さん、という両方があったと思う。プロ野球選手の心構え、練習の取り組み方、すべて学んだ。それが、この20年間を支えてくれた。

――引退を最初に伝えた人は。
妻です。ケガをしてから結婚した。心配をかける時間が多かったと思う。あまり球場に来なかったが、(MVPに輝いた)2009年のワールドシリーズは全試合を見に来ていた。現役時代の唯一の恩返しになったのではないか。

――今後も野球に携わっていくのか。
日米で10年ずつプレーした経験を、いい形で伝えていければ。ただ、高校を卒業して20年間、プロの世界にしか身を置いていない。いい形で伝える土台をつくる期間が必要と感じている。

――悔いはないのか。
その時、その時で考えて決断したことに何一つ悔いはない。

――日米通算507本塁打についてどう思うか。
どうのこうのはない。チームが勝つこと、いい方向に向かうために、自分が努力することしか考えていなかった。

――今の心境は。
寂しい気持ちとホッとした気持ちと、複雑ですね。まあ、引退ということになるが、自分としては引退という言葉を使いたくはない。草野球の予定もあるし、まだまだプレーしたい(笑)

――米国で学んだことは。
たくさんあります。一番は、全てが実力次第ということ。

――自分に言葉をかけるとしたら。
よくやったとか、頑張ったという気持ちはない。努力をしてきた気持ちはあるが、もう少しいい選手になれたのかも。

――人生にとって野球とは何か。
そんな哲学的なものは持っていない。最も愛した、好きなものかな。
(朝日新聞、2012.12.28)


 <清原氏「並んで打つのが好きだった」…松井にねぎらい続々>
▼加藤良三コミッショナー 日本球界が生んだ最高の飛距離を誇るホームラン打者であるとともに非常に勝負強かった。ジャーナリズムを含めて厳しい環境のニューヨークで温かく受け入れられたのは彼の人徳、人柄があったからだと思う。

▼巨人・高橋由 どんなことがあっても変わらない強さを感じた。弱音は聞いたことがない。あんな強い選手は見たことがありません。

▼巨人・阿部 いつも冷静。何も言わずに成績を残して引っ張っていた。(引退されても)野球界にとって大きな存在。

▼DeNA・中畑清監督 彼の生きざまを見てきたので、日本ではプレーをしないだろうと思っていた。今度は指導者として早いうちに顔を見せてほしい。俺の後で待ってます。

▼楽天・星野仙一監督 DHならまだまだできるだろう。うちへ来て4番DHでやってほしかったな。

▼侍ジャパン・山本浩二監督 ヤンキースに行って動くボールに対応すべくバックスイングを小さくするなど難しい打撃改良も行った。その努力と、ファンの期待に応え続けた姿勢は本当に素晴らしい。

▼落合博満氏(元中日監督) 巨人で一緒だった20歳前後の頃の松井というと、技術的には粗削りだったが、それを補って余りあるパワーがあった。日本で10年間、そして米国で10年間、ある意味、やれるだけのことは全てやり切ったんだろうと思う。

▼篠塚和典氏(巨人OB) キャンプで同じ部屋になったのを思い出す。私も現役だったし、われわれの取り組む姿勢を見てくれればと、身を引き締めたのを覚えている。

▼清原和博氏(元オリックス) 現役時代、フリー打撃を並んで打つのが好きだった。松井と俺のフリー打撃を超えるコンビは見当たらない。松井以上のパワーヒッターはどこにもいなかったね。巨人の4番として活躍し、ヤンキースではワールドシリーズのMVPまで獲得。本当に最高の野球人生だと思うし、拍手を送りたい。

▼高津臣吾氏(元ヤクルト)同じ時代に対戦できたことをうれしく思います。第1号ホームランを打たれた時、18歳の松井君に驚かされたことをよく覚えてます。

▼金本知憲氏(元阪神) 同じ左打者として目標としていた選手。年齢は僕より6歳も下。まだ年齢も若いので現役復帰するんじゃないでしょうか。今は「復帰」に向けてゆっくり体を休めてほしいと思います。

▼小久保裕紀氏(元ソフトバンク) 個人的には向こうで培ったものを後輩に(日本で伝えてほしい)という気持ちはあった。

▼中日・山本昌 日本最高の左打者の一人。打席での雰囲気は今まで対戦した中でも別格。

▼横綱・白鵬(大相撲) もっと現役でやってもらいたいという気持ちはありましたが、ご本人はメジャーでやりきって、引き際を感じたのだと思います。相撲で言うと大横綱でした。(スポニチ、2012.12.29)


 <松井秀のプロ1号にノムさん「これは本物だ」>
 ★松井が1993年5月2日のヤクルト戦でプロ初本塁打を放った当時にヤクルト監督だった野村克也氏の話
 「高津と古田のバッテリーに“内角をさばけるか試してみろ”と内角直球での勝負を指示した。見事に打ち返されて“これは本物だ”と思った。96年のオールスター戦でイチローが登板してきた際、松井に代打を送ったのは、オールスターは最高峰の技術の戦いであるという信念からで、彼も納得してくれた。大リーグに行ってから豪快さが影を潜めたのは残念だったが、常にチーム優先の打撃スタイルで米国内で評価を高めた姿勢には感銘を受けた。今後は人を育てる、人を残すことを目指してほしいと願う」

 ★江本孟紀氏の話
 「淡々と引き際を演じたあたりは、さすがのスーパースターといったところかな。松井のイメージは“颯爽(さっそう)”としたところにあり、最後もまた“颯爽”と辞めていった感じだね。己を貫いてくれたことがうれしいね。今後についてはネット裏で勉強して、いずれはプロ野球の監督…などという型にはまった生き方はダメだね。松井は一段上のレベルにある男。いきなりWBCの監督を目指すとか、そういう形で日本球界の発展に尽くしてほしい」

 ★小早川毅彦氏の話
 「この1年は松井にとって大変苦しく、最後もまた寂しい結果になってしまったことが残念でなりません。まさに日本を代表するホームラン打者であり、日米で立派な成績を残したことは称賛に値します。日本で巨人、米国ではヤンキースと“王道”の野球人生。こうした経験を今後、日本球界の発展に結びつけてほしい。ワールドシリーズでMVPに輝いたような、ここぞというときに爆発的な力を発揮する松井のような選手を育ててくれたらうれしいですね」

 ★若松勉氏の話
 「ひとことでいえば“ごくろうさま”ということになるのかな。ただ、個人的にはまだまだできると思っていたし、引退と聞いて正直驚いた。メジャーで現役を終えるつもりで海を渡り、それを貫いたということだと思う。ヤクルトベンチからみていて、とにかく怖い打者だった。常に打たれていた印象しかないね。外野に打球が飛んだらホームランを覚悟したよ。そんな打者は松井だけだった。とりあえずひと休みして、今後についてゆっくり考えてほしい」

 ★横浜(現DeNA)投手として10シーズン対戦した野村弘樹氏の話
 「彼がプロで初めて猛打賞を記録したのが僕(1993年8月31日、東京ドーム)で、相性もよくなかったですね(通算対戦打率・382、6本塁打)。東京ドームで150メートル級の一発も打たれています。投げ損じたと思った瞬間、打球が外野スタンドで弾んでいる。松井は打席であまり動きがないから、いつの間にか彼のリズムで投げてしまっていた。投手を自分のペースに引き込む、恐ろしい打者でした」

 ■サンケイスポーツ記者からお疲れさま

 ★山口泰弘 ファンに優しい
 プロ入り前からファンを大切にする選手だった。星稜高時代の松井は、授業が終わった後に学ラン姿で近所の駄菓子屋へ寄るのが“日課”。ちびっ子にサインをせがまれると快く応じ、長蛇の列になった日は「即席サイン会」と言い放ち、うどんを食べる箸を止めてペンを走らせた。

 室内練習場でキャッチボールをする機会があったが、記者の悪送球に嫌な顔ひとつしなかった。多くのファンを魅了したのは超一流のプレーだけでなく、当時から持っていた気配りと優しさだった。 (1992年アマ野球担当)

 ★西村浩一 一緒に記念撮影
 自宅に記念写真がある。今年1月、共通の知人の結婚披露宴で撮影してもらった松井とのツーショットだ。入団1年目からの付き合いだが、メジャー移籍後は活躍を見守るしかなかった。久々の「生ゴジラ」はより風格を増し、握手を交わした右手の感触は人間の手ではなく「岩」だった。

 「ちょっとミーハーして、記念写真いい?」。「もちろんです。かろうじて現役ですから貴重ですよ」。自虐的な笑みを浮かべていたが、全盛時の本塁打を間近で拝ませてもらった記者にとっては、これも記念だ。 (1993年巨人担当キャップ)

 ★岩渕直一 “家の中”のぞけた
 2月の宮崎で、「松井がメディアに親切」という定評は、周囲の勘違いだと思った。玄関には入れても、中には招かない。つまり簡単に本音は明かさないが、大抵の選手が玄関先の立ち話で終わりだから、その対応が素晴らしく感じるだけだ、と。

 しかし、追いかけるうちに、“家の中”がのぞけるようになった。12月末、帰省する松井を他紙とは別に取材した。自分で撮影した1枚は写真部デスクから『こういう笑顔は、君に心を許していないと出ない』と評された。担当を離れてなお、交友が深まっていった。こんな経験は松井しかいない。 (1996年巨人担当)

 ★峯岸弘行 本塁打が印象的
 輝かしい実績を誇る松井には似合わない場所だと感じた。レイズのマイナーキャンプで今季がスタート。Tシャツにハーフパンツという姿で、周りを見渡せば10代の選手ばかり。まさにゼロからの出発だった。

 メジャーのときのようなチャーター機の移動ではない。ときにはバスでの長距離移動も強いられた。それでも「全然、苦にならないですよ」と現状を受け入れ、黙々と汗を流していた。

 ようやく迎えたレ軍でのデビュー戦で本塁打。背番号35は短い期間だったが、強烈に印象に残った。 (2012年MLB担当)
(サンスポ、2012.12.29)


 <落合氏「技術習得早ければもっと打った」>
 オレがFAで巨人に移籍した94年、松井は確か入団2年目、20歳になるかならないかの時期だったと思う。とにかく体がデカいなという印象で、確かにパワーという点ではすごいものがあった。でも、野球をやるために必要な体力や技術は持っていなかったな。それは、練習を見ればすぐに分かった。オレは1時間だろうと2時間だろうと同じようにバットを振れたけど、あいつは15分もしたら形が崩れてしまっていた。プロとして一人前になるには、まだまだ時間がかかるだろうなと思っていた。

 体力も技術もプロのレベルに達していないのにもかかわらず、入団当時から1軍で試合に出られたのは、あの恵まれた体と、欠点を補って余りあるほどのパワーがあったからだと思う。だから、巨人で一緒にプレーした3年間、あいつを褒めたことはなかったんじゃないかな。それは本人が一番よく分かっていたはずで、プロの世界はそんなに甘くない、ということを肌で感じた時期だったのではないだろうか。

 でも、その後は着実に成長していったよな。年を取るにつれて、技術が伴ってきて打撃がうまくなっていったのは確かだと思うよ。一緒にプレーしていた時は、直接アドバイスを求めてくるようなことはなかったけど、オレら先輩たちの打撃を目で見て少しずつ学んでいったのだと思う。最初からパワーに頼らず、ちゃんとした技術を身につければ、もっと打っていたと思うけどな(笑い)。

 日本で10年間プレーして、そして大リーグで力を試したいと自ら希望して海外に行って10年がたった。今38歳か。引き際は本人が決めるものだから、周りがとやかく言うことではないが、ある意味、選手としてやれるだけのことは、すべてやり切ったということなんだろう。(日刊スポーツ、2012.12.29)
posted by リュウノスケ at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする