2012年12月13日

北朝鮮の「人工衛星」軌道に到達

 北朝鮮は12日午前、北西部の「西海衛星発射場」から、「人工衛星」と称する長距離弾道ミサイルを発射した。同ミサイルの発射は、失敗に終わった4月に続いて今年2回目。日米韓政府は「国連安全保障理事会決議違反に当たる」として強く中止を要求していたが、北朝鮮側は発射を強行した。安保理は直ちに4月の発射時を上回る強力な制裁の検討に入る見通しだ。北朝鮮側の激しい反発も予想され、朝鮮半島をめぐる情勢は一気に緊迫度を増すことになる。

 16日の日本の総選挙や19日の韓国大統領選の行方にも影響を与えそうだ。

 ミサイルは4月の発射の際に既に準備されていた予備機とみられる3段式で、日本政府の官邸危機管理センターによると、午前9時49分、平安北道鉄山郡東倉里(トンチャンリ)の発射場から南方の黄海上空へ打ち上げられた。ミサイルと「衛星」が予定の高度や軌道に達したかは不明だ。

 北朝鮮は今回、国際海事機関(IMO)などへの事前通報を通じ、1段目は韓国西方沖の黄海、2段目はフィリピン東方沖の太平洋に落下すると予告。米国や日本、韓国は周辺海域などにイージス艦を派遣しミサイル探知や追尾を進めた。

 北朝鮮は今年を「強盛国家」建設の年と位置づけるが、経済難克服のメドは立たず、政権を世襲した金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の正当性や求心力を高めることが最重要課題だった。年2度の発射に踏み切ったのも年内に失敗を取り返し、威信の回復を図る狙いからとみられる。

 北朝鮮は今月1日、「光明星3号」2号機を10〜22日までの間に運搬ロケット「銀河3号」で打ち上げると予告。10日には、1段目のエンジン制御システムに技術的欠陥が見つかったとして、発射予告期間を29日まで1週間延長すると発表していた。(産経新聞、2012.12.12)


 北朝鮮が発射した「人工衛星」と称する事実上の長距離弾道ミサイルについて、米韓両政府は12日、3段目の搭載物が地球の周回軌道に到達したとみられると発表した。国連安全保障理事会はニューヨークでの12日午前(日本時間13日未明)の緊急会合で対北朝鮮制裁強化を協議。4月に発射した際の議長声明で再発射に対して「しかるべき行動をとる」と警告しており、日米韓は大幅な制裁強化を主張する。また、日米韓では北朝鮮による3度目の核実験実施への警戒も強まっている。

 ◇国連安保理、制裁強化を協議

 ミサイルは「テポドン2号」(推定射程約6000キロ)の改良型で3段式とみられる。北朝鮮国営の朝鮮中央通信は12日午後、「人工衛星」の打ち上げに成功し、地球の両極上空を通る「極軌道を周回している」と報じた。

 米加両軍の北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)は11日夜(同12日午後)、声明を発表し、2段目を分離した後、3段目のミサイルが「(搭載された)何らかの物体を軌道に到達させたとみられる」と明らかにした。

 韓国国防省報道官も12日午後、「1〜3段目は正常に作動した。ミサイルの搭載物はひとまず軌道に進入したように見える。ただ、軌道上で正常に作動し続けるかはもう少し監視しなければならない」と述べた。

 森本敏防衛相は12日午後の記者会見で軌道上を周回しているかの確認は「専門的な分析が必要で、少し時間がかかる」とし、「人工衛星であれば発射される電波の有無について総務省が検討、確認している」と語った。

 韓国の聯合ニュースによると、韓国軍はミサイルの射程を米全土に到達可能な1万3000キロ以上と推定。同軍関係者は「1段目の燃焼時間は156秒で、4月に発射された時の130秒より長かった」と指摘した。

 韓国の金寛鎮(キム・グァンジン)国防相は12日、国会国防委員会で「北朝鮮の意図は大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発で、発射されたのは長距離ミサイルに間違いない」と言明した。

 ただ、「衛星」については「重量が約100キロで、実質的な衛星の役割をできない非常に初歩的な水準」と指摘した。また、「核実験の準備が相当進んでいる。核とミサイルを連動させており、核実験に踏み切ると十分予想できる」と警戒感を示した。(毎日新聞、2012.12.12)


 【ソウル時事】北朝鮮が発射した事実上の長距離弾道ミサイルについて、韓国政府は12日、射程1万キロ程度で、米本土の西海岸に到達する能力があるとの見方を明らかにした。飛行コースも事前に通報したルートをほぼ正確にたどっており、北朝鮮がミサイル開発技術を向上させたことをうかがわせた。「核保有国」としての地位の主張を強める北朝鮮は3回目となる核実験の準備も進めているもようで、日米韓は北朝鮮の動きにさらに警戒を強めている。

 韓国の金寛鎮国防相は12日の国会で、今回発射された北朝鮮の事実上の長距離弾道ミサイルについて「射程1万キロ程度であることは間違いない」と指摘した。

 これに関連して、聯合ニュースは1段ロケットの燃焼時間が156秒で、4月の発射時より26秒長いとして、「射程も(4月の)1万キロ以上から1万3000キロ以上に延びたと専門家らが推定している」との軍消息筋の話を伝えた。1万3000キロ以上とすれば、米本土全域が射程に入る。北朝鮮は研究機関で追加のミサイルを製造・開発しているとの情報もある。

 北朝鮮が「衛星の軌道投入に成功した」と発表したことについて、金国防相は「予定された軌道に入ったというのが米韓共同の評価だ」と語り、成功を認めた。ただ、「(衛星とされる物体は)重量100キロ程度で、非常に初歩的なものだ。実質的に衛星の役割は果たせないのではないか」と指摘した。さらに、「核搭載の大陸間弾道ミサイル(ICBM)を製造したとは考えていない」と述べ、核兵器の小型化には成功していないとの見方を示した。(時事通信、2012.12.12)


 あんまりアメリカを煽ると先制攻撃されるんじゃないでしょうか。石器時代にされますよ。


<参照>
ウィキペディア カーチス・ルメイ ベトナム戦争
posted by リュウノスケ at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする