2012年09月19日

望月新一京都大教授ABC予想証明か

 現代の数学に未解明のまま残された問題のうち、「最も重要」ともいわれる整数の理論「ABC予想」を証明する論文を、望月新一京都大教授(43)が18日までにインターネット上で公開した。整数論の代表的難問であり、解決に約350年かかった「フェルマーの最終定理」も、この予想を使えば一気に証明できてしまう。欧米のメディアも「驚異的な偉業になるだろう」と伝えている。

 望月教授は取材に対し「論文はあくまでも専門家向けで、一般社会向けではない。一部の専門家の間で、また静かな環境の下で対応することが望ましいと考えている」と電子メールで回答した。

 ABC予想は1985年に欧州の数学者らによって提唱。AとBの二つの整数とこれらを足してできる新たな整数Cを考え、それぞれの素因数について成り立つ関係を分析した理論で、整数の方程式の解析では「最も重要な未解決の問題」ともいわれる。

 英科学誌ネイチャーによると、望月教授はまだほとんどの数学者が理解できていないような新たな数学的手法を開発し、それを駆使して証明を展開している。そのため「論文の正しさを判定する査読に時間がかかるだろう」という。一方で望月教授は過去に優れた実績を残しており、「証明は間違いないのでは」とする数学者のコメントも引用した。

 望月教授が開発した手法は将来、この予想以外の整数論の問題を解く強力な道具になるとも期待されている。

 望月教授は米プリンストン大数学科を19歳で卒業、京大助手などを経て現職。2005年3月に日本学士院の学術奨励賞を受賞した。(共同通信、2012.9.18)


 未解明の数学の難問「ABC予想」を京都大数理解析研究所の望月新一教授(43)が解決した可能性があると、英科学誌ネイチャーが19日までに報じた。同教授は8月末、インターネット上に約500ページの論文を発表した。

 ネイチャーによると、ABC予想は二つの異なる整数AとBを足してCになるとき、それぞれの素因数に成り立つ関係を示した理論で、1985年、欧州の2人の数学者が個別に提唱した。解明に約350年かかった「フェルマーの最終定理」も、この理論を使えば容易に解けるという。

 望月教授は19歳で米プリンストン大を卒業し、京都大助手などを経て2002年から現職。同教授は、同研究所などを通じ「取材には応じない」としている。(時事通信、2012.9.19)


 まだだれも証明していない「ABC予想」と呼ばれる数学の難問について京都大学数理解析研究所の望月新一教授(43)が書いた論文が、その証明に成功した可能性があるとして、世界の数学者が注目している。

 英科学誌ネイチャーが配信する電子ニュースなどによると、4章からなる計500ページの長大な論文で、今年8月末にインターネットで公開された。

 ABC予想は、350年間以上解けなかったことで知られる「フェルマーの定理」と同様、方程式の整数解の性質を調べる分野の問題。二つの整数A、Bと、それらを加えた整数Cとの間の素因数の関係について述べた予想で、1985年に欧州の2人の数学者が提唱した。

 予想が証明されると、フェルマーの定理も、より簡単に証明できるほか、これで解決できる他の難問もあるとみられ、極めて重要な問題とされている。

 同研究所の森重文所長は「膨大な論文なので、正誤の判定には何年もかかるだろう。大いに期待しながら見守りたい」と話している。

 望月教授は東京生まれ。19歳で米プリンストン大数学科を卒業、32歳の若さで京大数理解析研究所の教授に就任した。2005年には第1回日本学士院学術奨励賞を受賞している。(読売新聞、2012.9.19)


 「望月新一」でグーグル検索すると、「他のキーワード:望月新一天才」と出て笑ってしまいましたが、今回の偉業にしろ、プリンストン大に16歳で入学し19歳で卒業した経歴にしろ、確かに天才と言っても過言ではありません。

「英科学誌ネイチャーによると、望月教授はまだほとんどの数学者が理解できていないような新たな数学的手法を開発し、それを駆使して証明を展開している」(共同通信)

「望月教授が開発した手法は将来、この予想以外の整数論の問題を解く強力な道具になるとも期待されている」(同上)

 手法自体も革命的であり、正誤の判定には何年もかかるのでお祝いはまだ先の話。楽しみに待ちましょう。


<参照>
ウィキペディア 望月新一
posted by リュウノスケ at 21:46| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする