2012年09月10日

松下忠洋金融・郵政民営化担当相縊死

 松下忠洋金融・郵政民営化担当相(73)=衆院鹿児島3区、国民新党=が10日午後、東京都江東区東雲1丁目の自宅マンション内で首をつった状態で見つかり、病院に運ばれたが、死亡が確認された。

 室内から遺書とみられる書き置きが見つかった。警視庁は、事件性はなく自殺を図ったとみて調べている。

 警視庁東京湾岸署によると、松下金融相は午後5時から6時の間に入っていた公務が迫っても姿を見せず、秘書や警視庁の警護担当者が呼び鈴を押したり携帯電話を鳴らしたりしても応答がなかった。上京中の妻が鍵を開け、一緒に中に入って発見、午後4時45分ごろ119番した。(共同通信、2012.9.10)


 10日午後4時45分頃、松下忠洋郵政改革・金融相(73)が東京都江東区東雲(しののめ)の自宅マンションで首をつっているのを、外出先から帰宅した妻が発見した。

 松下金融相は港区の病院に搬送されたが、死亡が確認された。関係者によると、自宅からは野田首相、閣僚、妻宛ての遺書が見つかったという。警視庁東京湾岸署は、松下金融相が自殺を図ったとみて、詳しい状況を調べている。

 松下金融相が金融庁での会議に出かける時間になっても家から出て来なかったため、警視庁の警護官(SP)と秘書官が自宅を訪れたところ、妻が外出先から帰宅。先に入った妻が、室内で首をつっている松下金融相を発見した。松下金融相はふだん一人暮らしだったが、この日は妻が訪れていたという。

 松下金融相は旧建設省(現・国土交通省)出身。国民新党に所属し、衆院鹿児島3区選出で当選5回。今年6月の野田再改造内閣で郵政改革・金融相として初入閣し、同党の看板政策である郵政改革などに取り組んだ。

 現職閣僚が死亡したのは、2007年5月に自民党の松岡利勝農相(当時62歳)が自殺して以来。(読売新聞、2012.9.10)


<参照>
ウィキペディア 松下忠洋
posted by リュウノスケ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする