2012年05月31日

杉内俊哉ノーヒットノーラン達成

 ◆交流戦 巨人2─0楽天(30日・東京ドーム) 巨人は杉内が無安打1四球でノーヒットノーランを達成。4月6日DeNA戦(横浜)の広島・前田健太以来となるプロ野球史上75人目、通算86度目の快挙となった。

 杉内は初回から変化球と伸びのある直球で楽天打線を9回2死まで完全に抑えたが、代打・中島にフルカウントから際どい外角の直球をボール判定され四球となり完全試合は無くなった。しかし、続く聖沢をこの日、14個目の三振に打ち取り見事ノーヒットノーランを達成した。

 巨人は1回、先頭の長野が左越え三塁打で出塁。しかし、後続が凡退し無死三塁の好機活かせず、無得点に終わった。完全ペースの杉内を援護したい打線は7回、2死から阿部が左安打で出塁、続く高橋由が左中席へ3号2ランを放ち2点を先制し試合を決めた。

 杉内俊哉投手「嬉しいし、信じられない。(9回2死から四球)カウント3―2になって、打たれる位なら四球でもいいから、際どいところに投げようと思ったら、やっぱり外れた。直球とスライダーが良く、阿部さんのリードにも助けられた」

 巨人・原監督「見事な制球、切れ、スピード。全てにおいて良かった。全てがそろわないとノーヒットノーランはできない。あらためてすごさを感じた」

 ◆杉内 俊哉(すぎうち・としや)鹿児島実高から三菱重工長崎を経て02年にダイエー(現ソフトバンク)に入団。10年間で103勝を挙げ、昨年オフにFAで巨人へ移籍した。05年に18勝でパ・リーグMVP、沢村賞、最多勝などに輝き、最多奪三振も2度獲得。アマ時代を含め、五輪とWBCに2度ずつ出場した。(スポーツ報知、2012.5.30)


 あと1人で完全試合だったんですが、カウント3−2から真ん中に投げず四球覚悟でコースを狙うところが勝てる投手だなと思います。東京ドームのお客さんは完全試合を見たかったでしょうけど。


<参照>
日刊スポーツ 巨人 対 楽天 【試合終了】 巨人1勝0敗0分け 2012年05月30日20時13分33秒更新
posted by リュウノスケ at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

楽天釜田佳直初勝利

 交流戦 楽天10−6阪神 (5月20日 甲子園)

 甲子園に詰めかけた4万6801人の大観衆のド肝を抜いた。スコアボードの球速表示は「153km」。まだあどけなさが残る18歳の楽天・釜田が、昨年は高校球児として沸かせた聖地でプロとして鮮烈デビューを飾った。

 「凄くいい経験ができたし、楽しかった。思ったよりも緊張はなかった。アンラッキーな安打もあったが、そこで踏ん張れる投手になりたい」

 球団では07年の田中以来の高卒ルーキー1年目の先発デビュー。初回に1点を失い、なお1死二、三塁で新井を迎えると「ピンチだったので力が入った」。1ボール2ストライクから投じた4球目は金沢時代の昨夏甲子園で記録した自己最速タイの153キロを叩き出した。打球はバックネット方向へのファウル。身長1メートル77と小柄ながら、3歳から12歳まで水泳で鍛えた上体のバネが剛球を生む。最後は外角スライダーを振らせて空振り三振を奪った。

 脳裏に焼き付いている夏がある。中学1年だった06年8月21日。友人らと地元の石川から甲子園に駆け付け、駒大苫小牧と早実の引き分け再試合の決勝をスタンドで観戦した。現在のチームメートでもある田中と斎藤(現日本ハム)の意地とプライドを懸けた投げ合いを見届けた。当時は地元の「九思(くし)少年野球クラブ」で捕手を務めていたが「いつか自分も夢を与える投手になる」と2人に憧れて投手に転向した。あれから6年。プロという新たなステージに進んでも、高校時代から好んで使った言葉「闘球」の精神は変わらなかった。

 味方の守備が乱れて3回3失点。4回に代打を送られて降板したが自責は1と実力の片りんは見せた。星野監督は「釜田はいい経験をしたね。初回は(遊撃手の枡田の失策などがなければ)3者凡退や。次も先発?もちろん投げさせる」と先発ローテーション入りを明言した。闘将だから「闘球」にホレる。釜田が投じた73球は、楽天の未来を明るく照らした。

▼楽天・佐藤投手コーチ(釜田について)堂々としていた。でもかわいそうだったね。守備でもり立ててほしかった。

【楽天・釜田佳直(かまた・よしなお)】

☆生年月日 1993年(平5)10月26日、石川県小松市生まれの18歳。

☆サイズ 身長1メートル77、体重78キロ。

☆球歴 小学校で野球を始め、地元の地域で発行している新聞に将来の夢は「プロ野球選手」と記した。

☆甲子園 「北陸の超特急」との異名を取り、金沢3年だった昨夏の石川大会準決勝では同じくドラフト候補の星稜・西川健太郎(現中日)と対決。日米12球団30人のスカウトが集結する中で投げ勝ち、春夏連続出場。

☆趣味 読書。昨秋ドラフトで楽天入りが決まってからは、星野監督や、マリナーズ移籍に伴って背番号21を受け継いだ岩隈の著書など、野球関係の本が多い。(スポニチ、2012.5.21)


 高卒1年目でもう初勝利を上げてしまった釜田。最速153キロで制球もいいので私も高校ナンバーワン投手として取り上げてきましたが、我が横浜は去年のドラフトで釜田を完全にスルーし、ハズレ1位でも2位でも獲りませんでした。

 2位指名の捕手高城はいいとして、1位北方と比較した場合球威は同等なので制球を取るか身長(北方は公称180センチ)を取るかという問題。北方を獲得した場合そのノーコンを横浜のコーチが直せるのか、釜田の方がいいのではないかとドラフト時に危惧したわけです。

 もちろん北方は素晴らしい潜在能力を持つ原石であり大成する可能性は十分あります。ただ、そのためには制球力を磨くしかありません。ライバルの初勝利に奮起して鋭意努力し、将来の大エースになってほしいと思います。


 <飛雄馬 喫煙で強制送還…中畑監督「何でここにいるんだ!」>
 DeNAのルーキー飛雄馬が喫煙による懲罰でフェニックス・リーグが行われている宮崎から横浜に強制送還されていた。18日、横須賀市のベイスターズ球場で秋季練習がスタート。

 練習前のあいさつで、本来ならいないはずの飛雄馬を見つけた中畑監督が「おい飛雄馬!何でここにいるんだ!!」と声を張り上げ「ルールさえ守れない状態では力はつかない」とカツを入れた。

 DeNAは17日に「禁煙セミナー」を開催。今ドラフトから新人は全員禁煙、若手にも禁煙を勧めることが決まった。フェニックス・リーグ出場メンバーも、7日の宮崎入り前に同セミナーを受講。21歳の飛雄馬は対象選手で、球場内で喫煙したことが問題となったようだ。池田純球団社長は「球団のルールに違反したものは厳しく処分した」と説明。飛雄馬は、同じくルール違反などがあった北方、渡辺雄、西森の新人3選手とともに12日に横浜に戻っていた。

 また、中畑監督は「うちの選手は後ろ髪が長い選手が多い。邪魔なものは嫌い」と長髪禁止を発令。球団ではプレーについて全選手、コーチにリポート提出を義務づけ、面談を予定するなど、来季の最下位脱出へ、秋から意識改革に乗り出す。(スポニチ、2012.10.19)


<参照>
日刊スポーツ ヤクルト 対 楽天【試合終了】 ヤクルト0勝1敗0分け 2012年05月27日21時20分50秒更新
テレビ大菩薩峠 第93回全国高校野球選手権大会開幕
テレビ大菩薩峠 第93回全国高校野球選手権大会閉幕
posted by リュウノスケ at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

第79回東京優駿(GI)

三連単 G→@・A・B・D・F・H・I・J・L・M・P・Q→E=1万2000円
前回までのトータル:−97万5210円
回収率:72.6%
posted by リュウノスケ at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

第73回優駿牝馬(GI)

三連単 H・M→B・C・D・F・I・P→@・G=1万2000円
前回までのトータル:−96万3210円
回収率:72.9%
posted by リュウノスケ at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

フジテレビ『家族のうた』打ち切りについて

 俳優・オダギリジョー(36)が主演するフジテレビ系ドラマ「家族のうた」(日曜、後9・00)が、6月3日放送の第8話で終了することが12日、同局から発表された。低視聴率を受けての事実上の打ち切りとなった。

 4月15日に放送された第1回の平均視聴率が6・1%にとどまると、以降も低迷。第2話3・6%、第3話3・4%、第4話3・1%と下がり続けた。通常、民放の連続ドラマは全10〜11話の構成となっているが、前倒しされることになった。フジテレビは、第8話での終了について「数字の影響はありました」と説明した。

 7月からは同枠で、俳優・豊川悦司(50)と人気子役・芦田愛菜(7)がダブル主演するドラマ「ビューティフルレイン」がスタートするが、6月10日以降の“代替番組”は未定という。

 「家族のうた」は、オダギリ演じる元人気ミュージシャンが、家族を通じて成長していく物語。放送前には、87年放送のTBS系ドラマ「パパはニュースキャスター」の設定と似ていると話題になり、指摘を受け、一部を変更していた。(数字はビデオリサーチ関東地区)(デイリースポーツ、2012.5.13)


 打ち切りと聞いてどれだけ酷いのか確認のために見てみた『家族のうた』。『パパはニュースキャスター』盗作疑惑を知らなかったので、一見して『マルモのおきて』をシリアスにしたような話なのかなと思いました。

 ふてくされた主人公がこれから心を開いていくはずだったのに打ち切りとなってしまい関係者はさぞかし悔しいでしょう。ただ、オダギリジョーの態度はあまりに悪かった。後半を盛り上げる振りとして際限なく周囲と衝突させていたわけですが、視聴者はその不快さに付いていけなかったのではないか。

 斉藤和義を主題歌に起用したことで分かるようにこのドラマが『家政婦のミタ』を意識しているのは間違いなく、相当程度シリアスにしても大丈夫だと踏んだ上でのこの演出。この打ち切り。ドコモCMでは愛嬌があるんだからオダギリだって田村正和や阿部サダヲのような演技はできたはず。やはり脚本と演出が視聴者の好みを読み違えたと言わざるを得ません。初回視聴率を見てすぐに「元ネタ」のようなコメディ路線に変更すべきでした。

「トータス松本は2002年1月期の連続ドラマ『ギンザの恋』(よみうりテレビ・日本テレビ)に主演したが、初回の8.0%を最高視聴率として、回を追うごとに4.6%、4.3%と低迷、結果的に全10話の予定が7話で打ち切られたことを受けて「もうドラマには出ない」と非常にショックを受けた(ただ、この作品以後も俳優としてドラマには出演している)。なお、この『ギンザの恋』には『家族のうた』でも共演しているユースケ・サンタマリアもレギュラー出演していた。」(ウィキペディア)

 伝説的失敗ドラマ『ギンザの恋』のトータス、ユースケコンビを起用したのもいま考えると完全に「フラグ」でした。脚本、演出、キャスト全ての面で勝ち目のない戦だったのかもしれません。ウィキペディアによると第4話の平均視聴率3.1%は日本テレビ『ライオン先生』最終話と共に2000年以降のプライムタイムで放送された民放ドラマ最低視聴率記録だそうです。


 <打ち切りの「家族のうた」微増3・3% >
 6月3日の放送をもって打ち切りが決まったフジテレビのオダギリジョー主演ドラマ「家族のうた」(日曜午後9・00)の13日放送分(第5話)の視聴率が、前週比0・2%増の3・3%(関東地区)だったことが14日、ビデオリサーチの調べで分かった。

 同ドラマは4月15日の初回放送を視聴率6・1%でスタートし、第2話3・6%、第3話3・4%、第4話3・1%と下がり続け、12日には6月3日の放送(第8話)で終了することが発表された。今後も、2%台の“カベ”をめぐる攻防が続きそうだ。

 一方、同時間帯は視聴率激戦区となっており、13日は、TBSの中居正広主演ドラマ「ATARU」が14・5%、日本テレビ「行列のできる法律相談所」が同14・3%、テレビ朝日は「日曜洋画劇場」で映画「アルマゲドン」を放送し同11・9%だった。(デイリースポーツ、2012.5.14)


 <打ち切りの「家族のうた」 最終回は3・4% 最後まで数字上がらず>
 オダギリジョー(36)主演のフジテレビ系連続ドラマ「家族のうた」(日曜後9・00)の最終回が3日に放送され、平均視聴率が3・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが4日、分かった。

 低視聴率のため、3話分を短縮し、3日放送の第8話で最終回となったが、最後まで数字は上がらなかった。

 初回こそ、6・1%を記録したものの、それ以降は7話で4%を超えただけで、すべて3%台を推移。全話の平均は3・9%となり、テレビ東京を除く、00年以降にプライム帯(午後7〜11時)で放送された民放の連続ドラマの中では最低だった03年1月期の日本テレビ「メッセージ」(真中瞳主演)の4・4%を下回り、最低を更新した。

 最も低かったのは5月6日放送の第4話で3・1%だった。

 かつて爆発的な人気を誇ったものの、今や落ちぶれたロックミュージシャン・早川正義(オダギリ)が突然現れた子どもたちとの同居をきっかけに、人として父親として成長していく姿を描く熱血ファミリードラマ。撮影前には「パパはニュースキャスター」(TBS、87年放送)の脚本家から類似点を指摘され、フジが一部内容を変更する事態になっていた。(スポニチ、2012.6.4)





<参照>
ウィキペディア 家族のうた
posted by リュウノスケ at 01:29| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする