2010年12月30日

「総額25万円を費やしたが、落札できたのはたった1回」ペニーオークションについて

 入札のたびに手数料が取られる「ペニーオークション」と呼ばれる新手のインターネットオークションに関して、「いくらやっても落札できない」といった苦情が11月ごろから、各地の消費者センターで急増していることが28日分かった。

 ほとんどの業者が格安で商品を落札できることを売りにしているが、落札できなくても手数料が返金されない点などを明確に表示していない場合、景品表示法に抵触する恐れがある。消費者庁は情報収集に着手し、年明けにも注意喚起したい考えだ。

 国民生活センターなどによると、ペニーオークションに関する相談は11月末までに150件あった。「業者がサクラを使って参加者に落札させないようにしているのではないか。不審だ」との声も寄せられた。

 関係者によると、ペニーオークションは05年ごろ、ドイツで考案。入札に小額の手数料がかかることから、小銭という意味もある英国の通貨単位「ペニー」を冠して呼ばれるようになった。国内では09年末から業者が増え始め、少なくとも100以上のサイトが運営されている。

 出品されるのは大型テレビやパソコンなど。サイト上では、入札があるたびに落札価格が1〜15円刻みで上がり、オークションも15〜20秒間で延長される。延長時間内にほかの入札者が現れなければ落札できる仕組みだ。

 落札価格は一般の販売価格の数%になることが多いが、参加者は入札のたびに70円前後の手数料が必要。自動的に入札を繰り返すようサイト上で設定することも可能で、人気商品は入札が1万回以上になることもある。業者は商品の仕入れ値をはるかに上回る手数料収入で利益を得ることができる。落札者以外の参加者は手数料を支払うだけとなるため「オークションというよりギャンブルに近い」との指摘もある。

 <ネット上のトラブルに詳しい落合洋司弁護士の話>
 このオークションの仕組みが詐欺や賭博に当たるのではないかという指摘もあるが、違法性についてはグレー(灰色)だ。しかし、業者側がサクラを使うなど、一般参加者に落札できないようにしていれば、詐欺そのもの。ほとんどの人が損をするという実態が知れ渡るまで、稼げるだけ稼ごうという悪質な業者もいるのだろう。(共同通信、2010.12.29)


 「なんでも最大99%OFF」「大型テレビが544円」。人気商品が破格で手に入ることを売りにするペニーオークション。サイトをのぞくと、出品された家電製品や食料品が並ぶ。

 それぞれの商品には、オークション終了時刻までのカウントダウンと現在の価格が表示される。参加するには、入札手数料をコインやポイントの形で先払いすることが必要だ。白熱するのは終了間際。残り10秒を切ると、矢継ぎ早の入札に価格は急上昇、オークション時間も延長される。

 「コインに使った分を取り戻そうとすると、やめられなくなる」と話すのは、神奈川県内に住むパートの30代女性。軽い気持ちでオークションに参加するようになったが、すぐに熱くなった。

 「数え切れないくらい入札した。丸2日ずっと画面を見続けたことも」。頭の中は「高額商品を落札して、リサイクルショップで換金したい」という思いだけ。総額25万円を費やしたが、落札できたのはたった1回。安い商品だったという。女性がはまったサイトを運営する会社の所在地は福岡市内のレンタルオフィス。問い合わせ先は電子メールアドレスだけで、電話はない。運営会社の社長が別の企業に勤めていることが分かったが、取材の電話やメールに返答はなかった。

 「ネットの向こうでは、何をされているのか分からない。だまされたといっても証拠はありませんから…。今考えると、ばかみたい」。女性は自己嫌悪に陥っている。(同上、2010.12.29)


 新聞で初めて知ったんですが、こんなイカサマ賭場みたいなのが流行ってるんですね。どう考えても業者が儲かるだけだと思うんですけど。

 とりあえず百聞は一見にしかず。ボットを使って絶対に落札できなくしてそうな中小詐欺業者は無視して、ペニーオークション比較サイト経由で知名度の高いDMMのサイトに行ってみました。『DMM.com ポイントオークション』は入札手数料1回60ポイント(円)。入札後15秒間新規入札がなかった場合落札です。

 仮に落札できなかった場合でも、DMM販売価格から入札手数料総額の50%を差し引いた価格で落札できなかった商品を値引き購入できる救済制度があります。ただ、人気商品やポイントなどの「落札限定商品」では値引き購入はできません。

 私が最初に見たオークションはカップ焼きそばの入札。1ダース12個で販売価格は1813円の1円オークション(入札額が1円ずつ加算)です。

 始値1円から別々の5人で順番に入札、内3人は1回だけで脱落し2人が競り合いになりました。結局、自動入札していた一方が23円で降りると別の人が参戦して4回入札しただけで見事に落としました。落札価格は31円。手数料を含めた総額でも271円。確かにこれなら大変お徳です。

【カップ焼きそば落札価格】
31円
【手数料】
4回(入札回数)×60円(1回の手数料)=240円
【落札価格+手数料】
31円+240円=271円

 気になるのはとんびに油揚げさらわれた形となった競り負けた人。この人は13回も入札していたのでこのままでは単に780円の損失。救済制度で商品を購入すると総額で2203円です。因みにアマゾンで同じ商品の最安値は2128円、楽天では1536円でした(入札当日の価格、以下同じ)。

【値引き購入価格】
1813円(販売価格)−780円(手数料)×0.5=1423円
【手数料】
13回(入札回数)×60円(1回の手数料)=780円
【値引き購入価格+手数料】
1423円+780円=2203円

 共同通信の記事にもあるように相当悔しいのかこの競り負けた人は引き続いてインスタントスパゲティの入札にも参加。1ダース12個で販売価格は2331円の5円オークションです。今度は始値からタイマンで競り合い40回入札して再び敗北。熱くなりすぎたのが災いして勝った人すらダメージが大きく全然得ではありません。

【インスタントスパゲティ落札価格】
405円。
【手数料】
41回(入札回数)×60円(1回の手数料)=2460円
【落札価格+手数料】
405円+2460円=2865円

 当然のことながら救済で商品購入してもかなり割高。アマゾンで同じ商品の最安値は2376円、楽天も同値です。

【値引き購入価格】
2331円(販売価格)−2400円(手数料)×0.5=1131円
【手数料】
40回(入札回数)×60円(1回の手数料)=2400円
【値引き購入価格+手数料】
1131円+2400円=3531円

 安い食品でこうなんだから高額商品は推して知るべし。携帯ゲーム機(15円オークション、色はイエロー)とデジカメ(5円オークション、オレンジ)の入札例を挙げると下記のような惨状です。

【携帯ゲーム機落札価格】
6675円。
【手数料】
202回(入札回数)×60円(1回の手数料)=12120円
【落札価格+手数料】
6675円+12120円=18795円

【値引き購入価格】
17099円(販売価格)−7800円(手数料)×0.5=13199円
【手数料】
130回(入札回数)×60円(1回の手数料)=7800円
【値引き購入価格+手数料】
13199円+7800円=20999円

 アマゾンの当日最安値は17017円(同色、新品、以下同じ)、楽天は16779円、価格コムは15900円。値引き購入価格は最後まで競り合いになって負けた人。

【デジカメ落札価格】
4070円。
【手数料】
398回(入札回数)×60円(1回の手数料)=23880円
【落札価格+手数料】
4070円+23880円=27950円

【競り負けた人の手数料】
398回(入札回数、偶然落札者と同じだった)×60円(1回の手数料)=23880円

 このデジカメは「落札限定商品」であり、最後まで競った相手は値引き購入すらできないので23880円の丸損。アマゾンで同じ商品(同色)の最安値は35000円、楽天は28800円ですが、価格コムは27882円なので落札した人も別に得したわけではありません。ハイリスクノーリターンです。

 ペニーオークションの一番の問題点は1、5、15円など小額でしかアップできないこと。これではほぼ確実に競り合いになって入札回数が増えるので手数料が膨らみます。業者の思う壺ですね。

 考えられる対策としては「こいつには絶対に勝てない」と思われるような有名コテハンになることですが、有名になるまでに膨大な金がかかるので現実的ではありません。正攻法としては始値から参加しては絶対にだめで、商品の価格と種類、入札状況からどの程度で落札されるか分析。数百、数千のデータを取って落札平均値に達したら参戦し、事前に損切りラインを決めてその入札回数に達したら潔く撤退するということを貫かなくては厳しいでしょう。

 ただ、ペニーオークションは恒常的に「仕手戦状態」であり、そういった相場的手法も通用しないと思われます。奇跡的に安く買えることはあってもトータルではほぼ確実に損をするでしょう。儲かるのは胴元だけ。正に業者の業者による業者のためのオークションです。

 それにしても弁護士が言うんだから不正がない限り一応合法なんでしょうが、こんな嫌らしい商売をDMMやGEOなどの有名企業がやったらだめですよ。例えば近所のスーパーマーケットや家電量販店でペニーオークションやってたらその店は信用なくすでしょう。絶対に損する客が出るわけだから。ポイントのオークションなんて値引き購入もできないし宝くじとほぼ同じ。どうしてこれが合法なのか。ちゃんと規制しろよ。


<参照>
ウィキペディア ペニーオークション
posted by リュウノスケ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

追手門学院大学人種差別事件

 追手門学院大学(大阪府茨木市)に通っていた在日インド人の男子学生=当時(20)=が大学でいじめを受け続けたとする遺書を残して自殺した問題で、男子学生が複数の学生から人前でズボンを脱がされたり、イスラム過激派テロリスト「ビンラディン」とのあだ名で呼ばれるなどの嫌がらせを受けていたことが26日、分かった。男子学生の親友が証言した。大学側はこれまでいじめの事実を強く否定してきたが、男子学生が、こうした嫌がらせをいじめと受け止め、自殺を図った疑いが強まった。

 いじめとみられる嫌がらせの具体的内容が判明するのは初めて。男子学生の友人らが結成した「自殺事件原因追及の会」に対し、男子学生と特に親しかった友人の1人が証言した。

 それによると、男子学生がたびたび嫌がらせを受けていたのは、遊び仲間だった複数の学生。人前でズボンを脱がされたり、花火を直接向けられたりしたほか、本名ではなく、「ビンラディン」と呼ばれるなどしていたという。

 また「お前をいじることが最近一番楽しい」「お前を見ているとなんかイライラする」などの暴言を吐かれることもあったという。

 男子学生は親友に対し、「最近、パシらされる(使い走りをさせられる)ことが多い」などと打ち明けることもあったという。

 親友は男子学生が自殺を図った後、「もっと彼を守ってあげることができればよかったと悩み苦しんだ」と話している。

 当時3年だった男子学生は平成19年6月、神戸市の自宅マンションから飛び降り自殺。遺書やメールには大学でのいじめを強く示唆する文面が記されており、遺族は調査を要望したが、大学側は3年以上放置。このため、遺族は今年8月、大阪弁護士会に人権救済を申し立てていた。

 大学側は産経新聞の報道を受けた8月の記者会見で、いじめの事実を強く否定したが、10月に弁護士らでつくる第三者委員会を設置し、自殺の原因などを調査しており、27日に記者会見を開き、調査結果を公表する予定。

 この問題をめぐっては、男子学生のゼミ担当教授が産経新聞の取材に対し、「大学はいじめ自殺の可能性が高いことを把握しながら調査せず隠蔽(いんぺい)した」と証言している。(産経新聞、2010.12.27)


 追手門学院大学(大阪府茨木市)に通っていた在日インド人の男子学生(当時20)が2007年、いじめを受けたなどとする遺書を残して自殺した問題で、大学が設けた第三者委員会(委員長・宮崎裕二弁護士)は27日、「自殺の原因としていじめの存在を否定できない」とする報告書を公表した。

 同委員会は今年10月以降、男子学生が所属していた経営学部マーケティング科の担当教員や学生ら約20人から事情を聴き、男子学生が他の学生にズボンを脱がされたり、花火を向けられたりしていたという間接的証言を得た。また、遺書に「学校で受け続けたイジメ」とあることを重く見て、「いじめの具体的事実を特定することはできないが、いじめが存在したことは推定される」と結論づけたという。

 同大学の落合正行学長は「前途ある学生の自死を未然に防げなかったこと、誠に申し訳ありませんでした」と陳謝。大学は再発防止策として、人権啓発講座の充実やいじめの相談窓口の一本化などに取り組み、理事長ら幹部8人を処分する方針という。

 学生の父親は08年、「息子に会いに行く」と言って、同じマンションから飛び降り、自殺した。母親は「大学はいじめを隠してきたと思う。いじめがなかったら息子が亡くなることはなかったし、大学が素早く調査してきちんと対応してくれたら、お父さんも後を追うことはなかった」とのコメントを出した。

 学生の遺族は、大学から見舞金を受け取り、相互に何らの債権債務がないことを確認したという合意書を交わしている。しかし、遺族は、合意書を交わしたために自殺の原因調査を大学に請求する権利を侵害されたとして、大阪弁護士会に人権救済を申し立てている。(朝日新聞、2010.12.27)


 日本人は学校・会社など共同体で起こる嫌がらせをどのような原因であっても「いじめ」と一括りにして矮小化してしまう傾向がありますが、今回は明確に人種差別事件。もっと大騒ぎになっていいし、加害者は社会的に批判されるべきです。これを黙殺するのは国家的な恥であり、だからこそ保守系の産経新聞が問題視したのでしょう。

 決定的な証言を取ったのが男子学生の友人らが結成した「自殺事件原因追及の会」というのも立派。2007年に「明治大学応援団リーダー部いじめ自殺事件」というのがありましたが、学生による学校自殺の原因追求など聞いたことがありません。追手門学院大学(大木令司理事長落合正行学長)は汚らしい自己保身を恥じると共に、この稀有な学生有志を誇りにすべきです。

 今年10月に縊死した小6少女も母親がフィリピン人であることで嫌がらせを受けていました。このような悲劇を繰り返させないため、文部科学省は反人種差別の啓蒙活動を強化しなければなりません。これは必須です。自殺した学生とその父親、そして上村明子さんのご冥福を心よりお祈りします。


 群馬県桐生市の小学6年生、上村明子さんが自殺し、遺族が学校でのいじめが原因と訴えている。学校側はいじめの有無はまだ分からないという。だが、明子さんが孤立の状態にあったことは知っていた。

 暗然とするのは、その状態から明子さんをいち早く救い出せなかったことだ。父親によると、08年に愛知県から転校した彼女は09年から一部の同級生に「臭い。あっちへ行け」と言われたり、無視されたりした。一時収まるが、6年生で再び始まり、9月に学級の児童が給食を仲良し同士でとるようになると孤立した。

 事件後、校長は「(一部児童との関係が)良くない状態にあったのは間違いないが、いじめという認識はなかった。明子さんに嫌なことはないか話を聞くこともあったが『特にない』と答えていた」と説明した。

 談笑の輪に独り入れない給食のつらさ。何か嫌なことはと教師に尋ねられた時の戸惑い。そうしたことへ思い至らなかったか。説明では、担任はクラスをまとめきれない状態で、決まった班ごとに食べるよう指導してもうまくいかなかった。

 また父親は、母親がフィリピン出身者であることもいじめの一因だと思うと語っている。母親が授業参観すると、悪口を言われ、以後いじめられるようになったという。

 86年、東京で中学2年の男子生徒が「このままじゃ『生きジゴク』になっちゃうよ」と遺書を残して自殺し、いじめが社会問題化した。07年には「いじめ自殺」が相次ぐ一方で実態がなかなか表に出ないため、文部科学省はいじめの定義を加害行為より被害者が苦痛を感じていることを重視するものに変えた。内心苦しむ子供を早く見つけ、救うためだ。

 その結果、学校現場のいじめ認知件数は一時飛躍的に増えたが、今は報告が激減し、文科省は「実態を反映していない」と手厚い調査をするよう通知したばかりだ。

 自殺の直前、明子さんはノートに漫画を描き残していた。小学生の転校生がクラスメートに「よろしくお願いします」とあいさつし、担任の先生もにこやかに「仲良くしてあげてください」と紹介する。題は「やっぱり『友達』っていいな!」。

 12歳の少女は、どれほどこれが現実世界であるよう心焦がれていたことだろう。胸がふさがる。

 子供の自殺件数も、警察庁統計より文科省が集計するデータはかなり少なく、実態把握のため方法を改める。だが、数字にとどまらず、こうした少女の苦悩も、きちんととらえるような調査でなければならない。

 子供は社会の鏡というが、子供のいじめや自殺は社会の病理を映す。そう心に強く銘じて取り組みたい。(毎日新聞、2010.10.29)
posted by リュウノスケ at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

「日本初の快挙」亀田興毅3階級制覇達成

 ◆プロボクシング WBA世界バンタム級王座決定戦 ○亀田興毅(判定 3―0)アレクサンデル・ムニョス●(26日・さいたまスーパーアリーナ) 「亀田3兄弟」の長男・亀田興毅(24)=亀田=が最大8ポイント差をつける大差の判定で、同級5位のムニョス(31)=ベネズエラ=を破り、WBA世界ライトフライ級、WBC世界フライ級に続き日本初の3階級制覇を達成した。

 三男・和毅、次男・大毅から勝利のバトンを受けた興毅は、鎧をイメージさせるシルバーのガウンで登場。興毅は序盤からガードをしっかりと固め、ムニョスの破壊力のあるパンチに対応。手数の多さにも、しっかりとカウンターを合わせ、3、4回に左右のフックを顔面に決め主導権を握る。中盤以降も手数では劣るものの、的確なカウンターでポイントを重ねた。

 回を重ねるごとに興毅はペースをつかみ、終盤にはパンチの打ち終わりにも狙いすましたカウンターを合わせ、着実にスタミナを削っていく。最終12回には、リング上で気合の入った表情で大声で吠えると、連打をたたき込んでついに難攻不落のムニョスからダウンを奪った。その後もムニョスをめった打ちにし、サンドバッグ状態にして完勝。対日本人選手の世界戦7戦全勝(3KO)を誇っていたムニョスの壁を打ち破り、悲願の3階級制覇を成し遂げた。

 興毅の戦績は25戦24勝1敗(15KO)。ムニョスは6回に後頭部への攻撃で減点1。

 亀田興毅「3階級制覇できたことは素直にうれしい。ムニョスはパンチが硬かったし、重かった。2階級も上げるのは初めは不安だったが、消すには練習しかなかった。来年は勝負の年や」

 ムニョス「亀田興は調整がうまくいっていて、いいボクサーだった。だが、ジャッジの採点には納得していない。もう一度、日本でリベンジする機会が欲しい」

 ◆亀田興毅(かめだ・こうき) 03年12月に大阪のジムからプロデビュー。協栄ジム移籍後の06年8月にWBAライトフライ級王座決定戦を制した。08年に新設の亀田ジム所属となり、昨年11月にWBCフライ級王座を奪取。今年3月にポンサクレック(タイ)に判定で敗れ、無冠になっていた。左ストレートが鋭い左ボクサーファイター。戦績は25戦24勝(15KO)1敗。24歳。大阪市出身。(スポーツ報知、2010.12.26)


 ファイトマネーを求め、負けを織り込み済みでリングに立つボクサーは、さげすまれる。名のある選手ほど、プライドの換金はもの悲しい。

 昔のムニョスは強かった。セレス小林に強打の雨を浴びせてスーパーフライ級の世界王座を奪ったのは2002年3月。以降、ことごとく日本選手を打ち負かした。その面影はなく、引退を撤回し10月に苦しい復帰戦を終えたばかりだった。

 スピードの差は歴然。亀田興は、相手の遅く大きなパンチを外し左カウンターを打ち込んだ。最終12回、大きな声を出して気合を入れ、左ボディーブローからのコンビネーションでダウンを奪う。「これからが楽しみ。次に向け大きなステップになった」と喜んだ。今後は4階級制覇も視野に入れる。

 ただ、この王座決定戦が組まれた経緯は説明がつかない。バンタム級王者がスーパー王者に格上げされ、フライ級王座を1度も防衛できなかった亀田興が1階級スキップしバンタム級の上位にランクされた。統括団体の不可解な仕組みがファンを遠ざける。

 この日本人初の3階級制覇は快挙なのか。ランク付けなどに関して本人に非はないが、つくられた偉業なら価値はない。競技とは懸け離れたところで話題になってきた一家の長男。正当に評価され、本当の栄誉を手にするには強い相手と好戦を重ねる以外にない。(時事通信、2010.12.26)


 亀田興の3階級制覇のうち2階級は正規王者からのタイトル奪取ではなく、王座決定戦によるものだ。その上、今回の対戦相手は一時引退していた31歳のベテラン。記録ありきの手法にボクシング業界内では冷ややかな声が多い。

 ある有力ジム会長は「最初に交渉していたのがムニョス以上に衰えがひどいロレンソ・パーラ(ベネズエラ)。こんなやり方ばかりで興毅は嫌にならないのか」と痛烈に批判した。若手のジム会長も「同じ1階級飛び越しての複数階級制覇でも、無敗の強豪と対戦した長谷川穂積(真正)と同列に評価できない。業界の9割が批判的に見ているはず」と首をひねる。

 5度目の挑戦で世界フライ級王者になった苦労人の花形進・花形ジム会長は「一つ取るのだって大変なのだから、3階級はすごい」と言いつつも「昔と今は違うなあ。どんな形であれ、残るのは結果だからね」と複雑な心境をのぞかせた。(産経新聞、2010.12.26)


 ボクシングの亀田3兄弟が初めてそろい踏みした「デイリー後援・亀田祭り」で王者・亀田大毅(亀田)が、2-1の判定で、挑戦者同級14位シルビオ・オルティアーヌ(ルーマニア)を下し、今年2月に獲得した王座の2度目の防衛に成功した。

 オルティアーヌの手数に苦しんだ大毅だったが、単発の左フックやボディーブローで応戦して両者ダウンのないまま試合は終了。1人のジャッジが110-118(ラミレス:プエルトリコ)の大差で挑戦者を支持したが、残る2人が116-112(マルティネス:アメリカ)、115-113(トーレス:プエルトリコ)で大毅優勢のスコア。2対1のスプリットデシジョンで辛くも王座を守った。大毅の戦績は21戦19勝(11KO)2敗。オルティアーヌは15戦11勝(5KO)4敗。(デイリースポーツ、ジャッジ名は管理人、2010.12.26)


 明日12月26日(日)さいたまスーパーアリーナで開催されるダブル世界戦の調印式と計量が25日(土)行われた。

 今回バンタム級に上げて戦う亀田興毅(亀田)は「前よりもパワーとスピード、パンチ力もあると思う。いいパンチを打ち込みたい」とコメント。亀田興と対戦するアレクサンデル・ムニョス(ベネズエラ)も「体調は最高。必ずKOで勝つ」と元KOキングらしい自信をのぞかせた。

 同じリングでWBAフライ級王座の防衛戦に臨む亀田大毅(亀田)は「これが最後のフライ級になると思う。一度くらいフライ級でKOを見せたい」と素直に語り、挑戦者シルビオ・オルティアーヌ(ルーマニア)は「17年間夢見てきたリング。素晴らしい」と話した。

 会見後に行われた計量は4選手が一発パス。亀田興とムニョスは53.5kg、亀田大とオルティアーヌが50.8kgといずれも階級の上限に合わせている。

 明日の試合オフィシャルの構成は次の通り。バンタム級……レフェリー=ロベルト・ラミレス(プエルトリコ)/ジャッジ=ピニット・プラヤドサブ(タイ)、レビ・マルティネス(米)、ホセ・ロベルト・トーレス(プエルトリコ)。フライ級……レフェリー=ピニット・プラヤドサブ(タイ)/ジャッジ=レビ・マルティネス(米)、ロベルト・ラミレス、ホセ・ロベルト・トーレス(プエルトリコ)。立会人は両試合ともアラン・キム(韓)。(格闘技ウェブマガジン、2010.12.25)


 3階級制覇ですか。時事・産経が指摘しているようにボクシングファンとしては合点がいかない感じですが、とりあえずおめでとうございます。

 毎回書いているように興毅はポンサクレック戦のように圧倒的に打たれない限り基本的には判定で勝てます。ガードを高くしてカウンター狙いの単発パンチを打っていればいいわけで、これなら3階級制覇しても不思議ではありません。今日の試合はバッティングっぽいとはいえ12Rにダウンも取ったし比較的マシな方でしょう。

 今後は興毅が尊敬するパッキャオのように大物を食って世界的ボクサーになればいいんじゃないでしょうか。2ちゃんねるで提言している人がいましたが、長谷川の顎の骨を折ったモンティエールとやれば評価されますよ。

 あと弟の大毅と和毅。まず大毅の判定。相手のオルティアーヌはアマキャリアが豊富なテクニシャン。手数も多く大毅は終始パンチを浴びていました。内藤戦同様手も足も出ないのでヤケクソになったのかガードを下げてよけようともせず無謀なカウンター狙い。確かに弁慶っぽいですが、お金を取って見せるような内容ではありません。8ポイント負けているジャッジが妥当なところ。判定勝ちというのは悪い冗談です。

 最後に3兄弟で最もセンスがあると言われている和毅。今日始めて試合を見たんですが、正直興毅ほどではないと思います。とりあえず距離が詰まったときの猫パンチとでもいうようなショートフックの連打はやめた方がいいんじゃないでしょうか。見た目はおもしろいですけど腰が入ってないので一つも効いていません。
posted by リュウノスケ at 01:36| Comment(0) | TrackBack(2) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

第55回有馬記念(GI)

三連単 F→@・M⇔A・B・C・D・G・H・J・L・N・O=1万2000円
前回までのトータル:−15万6810円
回収率:94.3%
posted by リュウノスケ at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

「活動資金や、住居の家賃を支援していた」麻木久仁子APF通信山路徹代表に貢いでいた

 タレントの麻木久仁子(48)が22日、都内でタレント大桃美代子(45)の前夫でAPF通信社の山路徹代表(49)との不倫騒動について会見を行った。

 山路氏との交際については「言われている通り、お付き合いしておりました」と認めたが、1カ月ほど前に破局したことも合わせて説明。「山路さんとは二人三脚で歩んできました」と話し、具体的には活動資金や、住居の家賃を支援していたことも明かした。

 山路氏との交際が始まったのは山路氏と大桃の離婚前の2006年。ただしその時点で山路氏側の夫婦生活は破綻しており「あとは離婚届をいつ提出するかという段階だと認識しておりました」として、自身の交際と、山路・大桃夫妻の離婚は無関係であると主張した。同席した弘中惇一郎弁護士(65)も「最高裁判所でも判決が出ているように、婚姻生活が破綻している場合は(離婚前に交際をしても)不貞とか不倫じゃないんですよ」と付け加えた。

 ツイッターで山路氏と麻木が不倫していたと書き込んだ大桃に対しては「離婚について私は関わっていないという思いがありますし、何で今だろうとも思いました」と釈然としないように話した。

 今後、山路氏とは金銭的な問題も含め、話し合いを続ける意向を示し、大桃には「正直わたしから何か申し上げることはせん越な気もしますので、逆に大桃さんから何か言いたいことがあれば伝えていただきたいと思います」とコメントした。(スポニチ、2010.12.22)


 タレント大桃美代子(45)からツイッターで「元夫と不倫していた」とつぶやかれたタレント麻木久仁子(48)が22日、記者会見した。

 −山路氏との付き合いはいつごろからか

 麻木 確定しづらいですが、もともと尊敬していましたし、良いお友達でした。2005、6年だったと思います。

 −出会いは

 麻木 10何年も前です。

 −それぞれの離婚理由は今回の件に関与しているのか

 麻木 私は一切かかわりがないです。相手はすでに離婚の合意はあると聞いてましたし、仕事の都合があるので離婚の時期は相手(大桃)に委ねたいと話していました。

 −大桃がツイッターでつぶやいたことについて

 麻木 驚いたのは驚きました。離婚にはかかわってないと思ったし、4、5年たった今、なぜなんだろうと。(離婚については)山路さんとの話し合いの中で納得していたので。大桃さんと山路さんとの間で話し合っていたことについては分かりません。

 −大桃と、離婚の原因について話し合ったことは

 麻木 一切ないです。そういった付き合いはありません。

 −山路氏と付き合っていた事実は大桃は知っていたのか

 麻木 聞いてないです。うすうす感じていたかもしれませんが。

 −(大桃の)離婚記者会見をどう聞いていたか

 麻木 今、発表したんだなと思っただけ。

 −「フォローしてくれない理由が分かった」という大桃のつぶやきに対して

 麻木 私の場合、必ず全員のフォローをすることができません。見逃してる部分もあったと思います。

 −今回の(大桃)ものは

 麻木 さかのぼって確認しました。

 −名指しで「不倫」とつぶやかれたことについて

 麻木 私の主観では、私と関係のないところで離婚の合意があったと聞いていました。大桃さんの気持ちの中ではそうではなかったのかもしれない。ですが、それは大桃さんと山路さんとが話し合う部分なので。

 −恋愛のスタートは彼の状態を理解した上でのことか

 麻木 離婚に対しての考え方や、仕事の進め方について賛同していたので、支援できることがあれば最後までそうしたいと思っていました。

 −金銭面の支援とは

 弘中弁護士 山路さんの住んでるマンションや車など麻木さんが支払っていましたし、必要な処理は山積みな実情であります。

 −解決しているのか

 麻木 解決していると思っているが、なあなあでは終わらせることはできませんし、現実問題が残っているので片付けないと。話し合いはせざるを得ません。

 −事実婚の関係にあったのか

 麻木 基本的に、娘が20歳になるまで誰とも同居したり結婚はしないと決意していました。でも、二人三脚で生きてきたなという気持ちでした。

 −プロポーズはあったのか

 麻木 私にも事情があると分かってくれていたので、うまく縁が続いていればいいねと話し合ったことはあります。

 −交際中に、大桃と仕事で会ったときの気持ちは

 麻木 婚姻関係が解決していると思っていたので、特に考えはなかった。殊更あいさつに出向くこともしてません。

 −今、大桃と話し合う気持ちはあるか

 麻木 私から話すのはやぶさかではないですが。それ以前に、2人の間で何を話し合っていたか理解しないと分からない。

 −大桃に誤解があると感じているか

 麻木 人の気持ちは揺れたり動いたりするので、あってもおかしくないと思います。今現在は私の立場で言うと誤解なさっていると思います。まずは2人で解決していただきたい。その上で、私の解釈が違うのであれば伺いたい。

 −不倫ではないと伝えたいか

 麻木 私の立場からすればそうです。

 −離婚が成立していない状況で付き合うのは不倫と言うか

 麻木 これはね〜…

 弘中弁護士 最高裁の判例もあって、お互いの夫婦生活が破綻(はたん)していれば不倫不定にはならない。

 −山路さんの離婚理由について聞いていたのか

 麻木 2人のプライベートなことなのでお話しできません。ただし、私なりに離婚状態にあるなと納得のいく話だった。

 −(相手方が)正式に離婚が成立した時期は

 麻木 06年6月だと。

 −この話がどこから出てきたと思うか

 麻木 分からないです。(日刊スポーツ、2010.12.22)


 「最高裁の判例もあって、お互いの夫婦生活が破綻していれば不倫不定にはならない」と弁護士にフォローさせつつ不倫ではないと言い張った麻木久仁子。かなり無理のある言い訳ではあるもののタレント生命の危機ですからね。必死なのも分かります。

 それにしても大桃さんをゲットしただけでは飽き足らず、結婚後2年あまりで不倫関係となった麻木さんに家賃など金銭的な援助をさせていた山路徹という人が興味深いですね。今後はこの人がいかにプレイボーイなのかという武勇伝を取り上げてほしいと思います。


posted by リュウノスケ at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする