2010年09月27日

「死刑もあり得るスパイ容疑ということになれば人命にかかわる。衝突事件と人命をてんびんにかければ、起訴という判断はできなかった」中国人船長釈放の真相

 沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)近くで中国漁船が日本の海上保安庁巡視船「みずき」に衝突した事件で、那覇地検は24日、公務執行妨害容疑で逮捕・送検された中国人船長、※其雄(せん・きゆう)容疑者(41)を処分保留で釈放すると発表した。鈴木亨次席検事は記者会見で「我が国国民への影響や今後の日中関係を考慮すると、これ以上身柄の拘束を継続して捜査を続けることは相当ではないと判断した」と述べ、日中関係悪化が判断材料となったことを認めた。仙谷由人官房長官は「捜査上の判断」と「政治的な配慮」を否定し、柳田稔法相は「指揮権を行使した事実はない」としているが、対抗措置を強めた中国側に譲歩したとの印象はぬぐえず、対中国外交で禍根を残す結果になった。

 那覇地検は手続きが終了次第、※船長を釈放し、25日未明に中国のチャーター機で帰国するとみられる。同船長は不起訴処分となる見通し。

 石垣海上保安部によると、※船長が中国人船員14人と乗り組んだ中国漁船は7日、尖閣諸島・久場(くば)島の北西約15キロの日本領海内で、追跡中の巡視船に衝突した。

 石垣海保が※船長を逮捕し、他の船員は13日に帰国した。※船長は衝突したことは認めているが、故意ではなかったと主張していた。

 鈴木次席検事は記者会見で「漁船を巡視船に故意に衝突させたことは明白で、危険な行為だった」とする一方、(1)巡視船の損傷は航行に支障が生じるものではない(2)巡視船乗組員が負傷する被害がない(3)衝突は巡視船の追跡を免れるためにとっさの行為で計画性が認められない−−などを釈放理由とした。

 また、釈放決定が拘置期限(29日)の5日前になった理由について、鈴木次席検事は「必要な捜査がほぼ終結した」と述べた。(毎日新聞、井本義親、2010.9.24)

 ※は「簷」の竹カンムリを取る


 起訴の方向から一転、船長釈放が決まった尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件。検察幹部は釈放決定の一要因として、日本人4人が中国当局に身柄を拘束された事件を挙げ、「起訴することで国民をこれ以上危険にさらすわけにはいかなかった」と打ち明けた。検察内では今も起訴すべきとの意見が多く、「苦渋の選択」だったことがうかがえる。

 中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突したのは7日。石垣海上保安部は8日に船長を逮捕、9日に那覇地検石垣支部に送検した。勾留満期の19日には10日間の勾留延長が決定。船長は否認を続けており、検察当局は起訴に向けて、粛々と捜査を続けていた。

 この間、中国政府は「即時釈放」を求め続けた。閣僚級の交流停止に加え、中国国内での反日感情の高まりから、1万人規模の来日団体旅行や航空路線増便交渉が中止されるなど各方面に影響が及んできた。

 19日の勾留延長後、中国側の要求はエスカレート。21日には温家宝首相が「船長を即時、無条件で釈放することを日本側に求める」と発言するに至った。

 検察当局はこうした中国側の状況を考慮し、勾留延長以降、船長釈放に傾いていった。23日には那覇地検が外務省の担当課長を参考人聴取し、起訴による対中関係悪化の影響などを尋ねていた。

 24日午前、最高検は福岡高検、那覇地検の幹部を集め、最終的に釈放する方針を決定。検察首脳は「(船長が)否認を続けると保釈もできない。そうなるとどうなるか。国益全体を考えた結果だ」と明かした。

 決定的だったのが邦人4人が軍事関連施設を撮影した疑いで中国当局に拘束された事件だ。4人は準大手ゼネコン「フジタ」の社員と判明。拘束は21日だったが、中国当局が日本側に伝えてきたのは23日夜だった。こうした事件は通常、数時間で釈放される例が大半だが、いまだに拘束は続いている。

 検察幹部の一人は「死刑もあり得るスパイ容疑ということになれば人命にかかわる。衝突事件と人命をてんびんにかければ、起訴という判断はできなかった」と苦渋の表情を浮かべた。

 法と証拠。検察の信頼はこの2つで支えられている。しかし、“証拠”では大阪地検特捜部の主任検事による改竄(かいざん)事件が発生。今回の釈放では、粛々と“法”を執行してきたはずの検察が法以外の判断で処分を変えたといえる。信頼の根拠を揺るがす判断が今後どう影響するか、懸念される。(産経新聞、大竹直樹、2010.9.25)


 「逮捕した中国人の船長は国内法に基づいて粛々と対応する」(前原外務大臣)としていたのにあっさり釈放してしまった日本政府。菅内閣は検察のせいにしていますが、これほどの超法規的措置が役人の独断でできるわけはありません。

 団体旅行キャンセル、レアアースの実質的対日禁輸、温家宝首相の反発に加えて今回一番圧力になったのはやはりフジタ社員の拘束。テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』では拘束された4人の社員を「人質」とニュース内で呼称していました(番組内で訂正)が、死刑もあり得るのであれば全く人質です。

 同様に、26日に放送された『たかじんのそこまで言って委員会』では三宅久之がダッカ日航機ハイジャック事件に触れていました。ダッカ事件の結末が犯人を釈放しただけでなく要求通り600万ドルまで与えたように、今回も船長の釈放によって尖閣諸島という日本固有の領土を奪い取れるのではないかと中国政府にあらぬ期待を抱かせてしまいました。

 漁船自体が実質工作船なのではないかという指摘もあります。これからどんどんやって来るであろう中国船をどうするのか。毅然とした態度を取らない限り日本の国土は守れないと思います。
posted by リュウノスケ at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

第58回神戸新聞杯(GII)

三連単 D→@・G→C・E・H・I・J・K=1万2000円
前回までのトータル:−157万9830円
回収率:38.8%
posted by リュウノスケ at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

第28回関西テレビ放送賞ローズステークス(GII)

三連単 D→F→@・C・E・G・H・K=1万2000円
前回までのトータル:−156万7830円
回収率:39.0%
posted by リュウノスケ at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

鬼束ちひろDV被害事件

 シンガー・ソングライターの鬼束ちひろさん(29)が男に殴られて重傷を負った事件で、警視庁渋谷署は17日、鬼束さんの知人の住所不定、無職古宮裕輔容疑者(39)を傷害容疑で逮捕した。

 古宮容疑者は事件の約2週間前に鬼束さんと知り合ったばかりだったといい、同庁で詳しい経緯を調べている。

 発表によると、古宮容疑者は8月18日午前6時頃、東京都渋谷区の鬼束さんの自宅マンションで、鬼束さんの顔を殴り、床にたたきつけるなどの暴行を加え、顔やあばらの骨を折る全治1か月の重傷を負わせた疑い。同庁は逮捕状を取って行方を追っていたが、17日朝に立川市内のホテルで古宮容疑者を発見、逮捕した。

 古宮容疑者は調べに対し、容疑を否認しているという。(読売新聞)


 シンガーソングライター、鬼束(おにつか)ちひろ(29)の顔を殴るなどしてけがを負わせたとして、警視庁渋谷署は17日、傷害の疑いで住所不定、無職、古宮裕輔容疑者(39)を、潜伏先の東京都立川市内のホテルで逮捕した。

 逮捕容疑は8月18日午前6時ごろ、東京都渋谷区の鬼束の自宅マンションで、鬼束の顔を殴ったり、床にたたきつけたりする暴行を加え、肋骨を折るなど約1カ月のけがを負わせた疑い。

 渋谷署によると、鬼束はマンション管理人を通じて「男性に殴られた」と110番。同署は被害届を受理し、男の逮捕状を取って行方を追っていた。その後の調べで、古宮容疑者が立川市内のホテルを予約していることが判明。捜査員が17日午前5時過ぎ、古宮容疑者を見つけ逮捕した。古宮容疑者は調べに対し、容疑を否認している。

 事件発覚時、鬼束と“DV男”との関係がいろいろ取りざたされていたが、その後の警察の調べによると、2人は事件の約2週間前に知り合ったばかりだったという。

 鬼束は女性の鋭い感性を情感たっぷりに歌う「月光」など数多くのヒット曲を送り出し、2001年にはアルバムがミリオンセラーを達成した。その一方で、ここ数年、ストーカー被害や体調不良、大量服薬騒動など不幸続き。昨年3月から本格的に活動を再開したばかりだった。

 けがについては「ほぼ治癒しており、鬼束ちひろは元気に音楽活動に励んでいる」と所属事務所ホームページ。逃走していたDV男も逮捕されて、まずは一安心だ。(夕刊フジ)


 個人的に芸能人は同業者と付き合うべきだと思っています。そういった相関関係は芸能界をより深いものにし、テレビを見る上で興味を増す要素になるからです。過去にこのブログで芸能人カップルをけなしてきましたが、興味があるから記事にしているわけです。女性芸能人に素人、特に実業家や電通マンなどという誰だか分からない輩と付き合われてもおもしろくもなんともありません。

 通常の恋愛・結婚・離婚だけではなく、何らかのトラブルであっても同様。仮に鬼束ちひろが芸能人と付き合って今回のようなDV被害に遭っていたとしたら、その相手は一生「鬼束を半殺しにした奴」として我々の記憶に残ります。アイドルファンがカールスモーキー石井を見るたびに「ナンノを殴りやがって」と思えるのは石井が芸能人だから。素人だったら憤りの持って行き場がありません。

 芸能人はおろかセレブ素人ですらない単なるチンピラと付き合ってDV被害に遭った鬼束ちひろ。しかも特にイケメンではないようです(こちら)。こういうのは本当にせつないのでやめてください。芸能人は芸能人と付き合うべきです。


posted by リュウノスケ at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

田代まさしコカイン所持容疑でまた逮捕

 16日未明、横浜市中区の赤レンガパーク第2駐車場で、コカイン所持容疑で現行犯逮捕された田代まさし容疑者(54)。駐車場の北側にある身障者用スペースにセダン型のBMWを止めていた田代容疑者は、九州管区機動隊隊員に職務質問されると、しどろもどろでふるえだし、車を発進させたいようなそぶりを見せたという。11月に同市で開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)国際会議の警備の応援のため、周辺には全国の警察から応援部隊が派遣されていた。

 身分証として提出した国民健康保険証には「田代政」の名があり、覚醒剤(かくせいざい)所持などの前科があったため、捜査員が持ち物検査を行ったところ、布製ティッシュケースの中からポリ袋入りの粉末が見つかった。捜査員の問いかけに、田代容疑者は「コカインだ」と答えたという。田代容疑者は黒いジーパンにジャケット姿でラフな服装。助手席に座っていた美容院経営、荒井千恵子容疑者(50)は田代容疑者と対照的に落ち着いた様子で任意同行に応じ、横浜水上署でスカートのウエスト部分に挟んでいた透明のポリ袋1袋に入った覚醒剤の結晶を差し出したという。(産経新聞)


 過去2度、覚醒剤で逮捕されたタレント、田代まさし(54)=東京都武蔵野市吉祥寺南町=が、コカインを所持していたとして16日、神奈川県警に麻薬取締法違反容疑で現行犯逮捕された。覚醒剤所持で実刑判決を受け、刑期満了で出所してから2年3カ月、再び違法薬物で逮捕されるという最悪の展開となった。

 神奈川県警によると、田代容疑者は16日午前2時11分ごろ、横浜市中区新港の赤レンガパーク第2駐車場で、巡回中の警察官に職務質問され、コカインをポリ袋に入れて所持していたため現行犯逮捕された。同時に、田代容疑者と一緒にいた美容院経営の荒井千恵子容疑者(50)=神奈川県厚木市=も、覚醒剤を所持していたため、覚せい剤取締法違反容疑で現行犯逮捕された。

 田代容疑者は15日、ツイッターで、東京都江東区のミニFMに出演することを告知。「テーマはいい男、いい女…語ります」と書き込んでいた。

 田代容疑者は過去2回、覚醒剤関係で逮捕されている。2000年9月、東急東横線都立大学駅構内で女性の下着を盗撮しようとして、東京都迷惑防止条例違反で書類送検され、罰金刑を受けた。翌01年12月、自宅から覚醒剤が発見され、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕。懲役2年、執行猶予3年の有罪判決を受け執行猶予中の04年9月、覚醒剤を所持していたとして覚せい剤取締法違反などの現行犯で逮捕された。

 このときは05年2月に東京地裁で懲役3年6月の実刑判決が言い渡され服役。08年6月に刑期満了で出所すると、トークショーやインターネットの動画サイトに登場。なし崩し的に芸能界復帰を果たしていた。(ZAKZAK)


 田代神また逮捕ですか。地上派は無理としてもニコニコ動画、CS、FMなどで結構活動していたのでこれからアンチヒーロー的な立場でやっていくのかと思ったんですけどね。残念です。

 「人は正しく堕ちる道を堕ちきることが必要なのだ。 堕ちる道を堕ちきることによって、自分自身を発見し、救わなければならない」(『堕落論』 坂口安吾著)

 重度のドラッグ依存なので救われる気は全然しないわけですが、堕落もここまでくれば立派。鳥肌実もシミケンを褒めていました。のりピーまでやっているくらいだから芸能人で違法薬物を使用している人は多いと思います。上手に揉み消すなんてせこいことはやめて田代さんみたいに捕まれよ。


<参照>
posted by リュウノスケ at 01:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする