2010年05月30日

第77回東京優駿(GI)

三連単 F・H→B・K⇔@・A・E・G・M・P=1万2000円
前回までのトータル:−148万0350円
回収率:37.7%
posted by リュウノスケ at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

宮崎県口蹄疫問題まとめ

 「最後の1軒になるまで守っていこうと思っていたのに。自分の牛を救ってやれず無念です」。宮崎県川南町で肉牛を育ててきたAさん(51)は涙で声を震わせた。22日に始まったワクチン接種が心をずたずたに引き裂いた。口蹄疫の最初の陽性が確認されてから1カ月余り。殺処分対象の牛や豚は約30万頭に達し過去最悪の被害に。宮崎畜産の宝である「エース種牛」も守れなかった。遺伝子検査の遅れから11日間を無駄にし、殺処分を前提とするワクチン使用の決断にも時間がかかった。鳩山由紀夫首相が掲げた「政治主導」は口蹄疫の危機管理に機能せず、行政もマニュアルに縛られ積極的に動かなかった。

 宮崎県都農町の畜産農家で、口の中に軽い潰瘍がある牛1頭が見つかったのは4月9日。県家畜保健衛生所の獣医師が立ち入り検査したが潰瘍は「けがか口内炎かはっきりしないレベル」。ひづめに出る口蹄疫特有の症状がなかったことから、経過観察にとどめた。

 この農家からの連絡で、県は17日にほかの2頭の牛で同じ症状を確認した。19日午前、似たような症状が出るほかの疾患の可能性が否定されたため、東京の動物衛生研究所に検体を送付、翌20日に1例目の陽性がようやく確認された。農林水産省はこの11日間に「ウイルスが拡散した可能性が高い」(幹部)とみている。

 宮崎県の岩崎充祐家畜防疫対策監は「1例目は口蹄疫の特徴である伝染力を感じさせなかった。判断ミスとは思わない」と主張。明石博臣東大教授(獣医微生物学)も「宮崎県の手順は間違っていなかった」と擁護する。

 だが4月9日は、畜産関係者にとって特別な日だった。年明けに口蹄疫が発生した後、終息宣言を出していた隣の韓国から、再び発生を確認したとの連絡があり、農水省が各都道府県に「防疫対策の徹底」を通知していたからだ。

 農水省幹部は「宮崎県は緊張感を欠いていた」と批判する。しかし農水省の対応も鈍かった。赤松広隆農相が大型連休中に予定通り中南米を外遊し、他省庁などとの連絡も遅れた。「自分たちだけで粛々とやりたかった。大騒ぎしたくなかった」というのが本音だった。

 口蹄疫が広がった地元からは赤松農相の外遊を非難する声が上がったが、東国原英夫知事も連休中に県外に講演に行っていたことも分かり、責任を押し付けあった。

 平野博文官房長官が伊藤哲朗内閣危機管理監に指示し、関係府省の局長級会議を開いたのは4月30日。平野氏が各官僚に連携した対応を指示したのは5月7日になってからだった。

 与党からは「こんなに深刻になるとは誰も予想しなかった」(輿石東民主党参院議員会長)と、かばう声も出るが、政府内では「いろいろ動きたかったが、平野氏からの指示がなく動けなかった」(官邸筋)との不満もくすぶっている。

 米普天間飛行場移設問題や韓国海軍哨戒艦沈没などの危機管理案件が平野氏に集中していた時期でもあり、与党関係者は「九州の畜産まで目を配る余裕がなかったのではないか」との見方を示す。

 「自民党だったら地元議員や族議員がすぐに動き、役人をしかり飛ばしただろう」。ある政府関係者は、自民党政権時代をこう振り返り、「民主党は地方の手足が決定的に不足している」と指摘した。自民党は「内閣は支離滅裂。準パニック状態だ」(町村信孝元官房長官)と、鳩山内閣の責任追及に手ぐすね引いている。

 「ワクチンを使えば感染が収まるという科学的データがあるわけではない。いまの対策を徹底すべきだ」「火事(感染)の勢いが止まらない以上、もう使用をためらうべきではない」

 政府がワクチン接種を決定する前提となった5月18日の牛豚等疾病小委員会は激論が続いた。農水省の依頼で集った専門家らは、予定された2時間を大幅に超えて議論し、「ワクチンの使用を検討すべき時期にある」と結論付けた。

 同委員会が開かれたのは約2週間ぶりだった。「処分対象が数万頭に達した連休明けにワクチンを使用し、封じ込めるべきだったかもしれない」(農水省幹部)。畜産王国に大きな打撃を与える判断だけに、政治も行政もぎりぎりまでためらい続けた。(共同通信)


 宮崎県の東国原英夫知事が8日、宇城市松橋町のウイングまつばせで講演した。芸能人時代のエピソードなども披露され、800人がその軽妙な語り口を楽しんだ。

 会場には、相次ぐ口蹄疫(こうていえき)への対応で開催を心配する問い合わせが多く寄せられていたが、東国原知事は「隣県で日帰りも出来るし、口蹄疫によるご迷惑のあいさつもしたいので議会の了解も得てきた」と説明した。

 演題は「これからの日本、私たちの故郷“どぎゃんかせんといかん”」。東国原知事は、就任直後に裏金の調査を指示したところ、日を追うごとに判明額がふくらんだことを例に「職員も知事の本気度を見ている。無駄は削らなくてはいけないが、トップの理念、思想を分かってもらい、公務員の能力を120%引き出すことが無駄を防ぐことになる」と述べ、職員間や行政、住民間の協力姿勢の重要性を説いた。(毎日新聞、2010.5.11)


 口蹄疫発生からの流れです。「自民党だったら地元議員や族議員がすぐに動き、役人をしかり飛ばしただろう」という台詞が興味深いですね。族議員というのは利権政治の象徴として全く評価されていませんが、こういう有事の際は専門家として優れた仕事をするのかもしれません。

 故松岡利勝氏なんかは農水事業に日本一詳しい政治家だったと聞きます。仮にいま自民党政権で松岡先生が生きていたらここまで酷いことにはならなかったのではないか。参院選に向けて谷垣さんは危機管理に強い自民党をアピールすべきでしょう。
posted by リュウノスケ at 01:36| Comment(5) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

第71回優駿牝馬(GI)

三連単 A・F⇔B・C・E・P・Q→@・H・I・J・M・N=1万2000円
前回までのトータル:−146万8350円
回収率:37.9%
posted by リュウノスケ at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

「脳トレ系ゲームでは脳の能力はアップしない」BBCが報道

 英BBCは「脳トレ系ゲームでは脳の能力はアップしない」といいます。

 BBCの科学番組「Bang Goes The Theory」とケンブリッジ大学のAdrian Owen博士は1万1000人以上を対象に「脳トレ」系ゲームに効果があるかどうかの実験を行いました。

 被験者たちは「論理的思考力を鍛える脳トレ系ゲームをするグループ」「短期記憶を鍛える脳トレ系ゲームをするグループ」「脳トレ系ゲームはやらず、ネットサーフィンするグループ」に分けられました。

 6週間後にテストを行ったところ、3つのグループの成績には目立った差が見られなかったとのことです。

 Owen博士は、脳トレ系ゲームには脳の能力をアップさせる効果はないと結論しますが、イギリスのアルツハイマー病教会のClive Ballard氏は「年を取った人の脳の能力を脳トレで維持できるかどうかが次の問題となるだろう」とまだまだ脳トレ系ゲームに対する検証が必要であるとする見解を明らかにしました。

 なお、任天堂のスポークスマンは「任天堂は、『脳を鍛える大人のDSトレーニング』が認識能力を改善することが科学的に立証されたという主張はいかなる形においても行っていません」とコメントしています。(インサイド)


 なんだ能力アップ効果はないのかとガッカリしたこのニュース。世界的にバカ売れした『脳を鍛える大人のDSトレーニング』の発売元である任天堂ですら上記のような逃げ腰のコメントです。ヘタなことを言ってアメリカ辺りで訴訟に負けたら莫大な額の損害賠償を支払うことになりますからね。

 元々川島論文は批判もあったわけで最初から怪しいといえば怪しかった「脳トレブーム」。川島隆太教授自身はゲーム売り上げのロイヤリティ12億円の受け取りを辞退し、全額を大学に寄付した立派な先生ですけどね。

 能力アップは無理として脳の衰えを遅らせることができるのかというのが今後の課題。痴呆を恐れる高齢の方が必死でやっているという話も聞きます。その努力が無駄にならないことを祈ります。





<参照>
ウィキペディア 川島隆太
posted by リュウノスケ at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

石井慧女子大生と結婚

 3月にプロ格闘家として初勝利を挙げた北京五輪柔道100キロ超級金メダリストの石井慧(23=アイダッシュ)が結婚していたことが15日、分かった。お相手は都内私立大の2年生、志賀美香さん(19)で、すでに4月8日に婚姻届を提出済みだ。2人は1月下旬に米ハワイで知り合い、石井が美香さんに一目ボレして約3カ月でのスピード婚となった。美香さんは同日、ニュージーランド・オークランドのASBスタジアムで行われた「XPLOSION」を初観戦。愛妻の前で石井は鮮やかな1ラウンド勝利を飾った。

 まさに運命の出会いだった。昨年大みそかの吉田戦で敗戦を喫した石井は今年1月、拠点をハワイに移して練習を再開。1月下旬になって、休暇を利用して観光に訪れた柔道の先輩でプロレスラーの沢田敦士とオアフ島のハナウマベイにシュノーケリングに出掛けると、そこにいたのが友人と旅行に来ていた都内有名私大の1年生だった美香さんだった。

 石井は「可愛かった」と沢田とともに迷わず声をかけた。そして、美香さんのハワイ滞在中に食事に出掛け、意気投合。柔道の金メダリストとして知られる石井だが、美香さんは北京五輪当時は大学受験の勉強が忙しく、石井の活躍は全く知らなかった。初めて会った時も「体が大きい人」が第一印象だった。

 美香さんはいったん帰国したものの「驚かせようとした」(美香さん)と1週間後、石井には連絡せずに再びハワイに足を運んだ。だが、前日の電話のやり取りで“不穏な動き”を察知した石井は「自分は勘が鋭いというか、なぜか意思が通じた」と、半信半疑ながらホノルル空港に向かうと、予想通り?美香さんが到着したという。この出来事を機に本格的な交際がスタート。「可愛かったし最初は家事ができなかった。でも努力する姿勢はハンパじゃなかった」と石井は美香さんの一生懸命な姿にひかれ、結婚を決意。美香さんも「しっかりしているし引っ張っていってくれそう」とすんなりプロポーズを受け取った。

 3月に日本に帰国した際、石井は美香さんの実家を訪れ結婚のあいさつ。「大学を卒業するまでは」と美香さんの母・幸江さんに反対されたものの、石井ファンの父・裕介さんの後押しもあり、4月8日には都内で婚姻届を提出した。家族だけで顔合わせも済ませ、特製ケーキでお祝いもした。挙式は美香さんの大学卒業を待って行う予定だ。

 現在、石井はハワイを練習拠点としているため、大学生の美香さんとは当分は別居婚になるが「そろそろ日本に戻ろうかと思う」と結婚を機に拠点を日本に戻すことも視野に入れている。

 この日、初めて夫の勇姿をリングサイドで観戦した美香さんは「凄かったです。私がさげまんにならないよう頑張ってほしい」と早くも夫の尻を叩いていた。“60億分の1”を目指す石井は、美香夫人という良き伴侶を得て、さらなる飛躍を目指すことになる。(スポニチ)


 練習拠点のハワイで女子大生をナンパ、出合って3ヶ月で入籍した石井慧。石井は23歳、お相手の美香夫人はまだ大学2年生の19歳です。

 ご存知の通り石井は去年の大晦日に吉田秀彦と対戦して判定負け。攻守共に打撃対応が全く出来ていないのがはっきりして多くの格闘技ファンを失望させました。どう見ても打撃のセンスがあるようには見えないので今後打ち合いでヒョードルに勝つとかUFCのチャンピオンになるとかそういうレベルになれるのかといえば甚だ疑問です。

 そんな先行きの暗い総合格闘家である石井。この結婚も美香夫人が大学を卒業するまでは別居するそうで食事など身の回りのサポートは期待できません。惚れた女を誰にも取られたくなかったんでしょうが、美香夫人のお母さんが言う通り卒業するまで普通に付き合っていればよかったんじゃないでしょうかね。余計なお世話ですけど。

 おめでたい話題なのに苦言を呈したのはまだ石井に期待しているから。カウンターを恐れて逃げ腰のパンチしか打てないのならそんな打撃は捨ててタックルで倒して得意の寝技で決める練習を積めばもしかしたらノゲイラとかヒース・ヒーリングみたいになれるかもしれません。なんといっても柔道世界一なんですから。

 とりあえず真面目な人なので結婚は心の支えになるでしょう。ご結婚おめでとうございます。


<参照>
スポニチアネックス 石井 19歳女子大生と交際3カ月スピード婚(美香夫人の画像)
posted by リュウノスケ at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする