2009年10月29日

プロ野球ドラフト会議2009

 プロ野球新人選択会議(ドラフト)が29日、東京都内のホテルで開催される。今年の目玉は何といっても甲子園を沸かせた大型左腕の菊池雄星(18)=岩手・花巻東=だ。大リーグ挑戦の夢を封印し、日本のプロ入りを決意した菊池は「12球団OK」の構え。指名球団が過去最多の8球団を上回るかどうかも注目される。球界関係者によれば、今年は菊池以外にも特に高校生の投手と野手に将来性豊かな逸材が多く、楽しみなドラフトとなりそうだ。

 これまでのところ、菊池は中日、ヤクルト、阪神、日本ハム、楽天、西武、ロッテ、オリックスの8球団が1位指名する見通しだ。

 「球の速さはもちろん、スムーズな腕の振りや体の柔らかさなど、投手に必要なものをすべて持っている。間違いなく10年に1人の逸材だ」と日本ハムの山田正雄ゼネラルマネジャー(GM)は見る。

 プロ1年目から“準即戦力”扱いになりそうで、「いきなり11勝した田中(楽天)ではなく、最初は5勝で、2年目から2ケタ勝利を続けるうちのダルビッシュのような伸びしろのあるタイプではないか」と山田GM。

 菊池以外のドラフト候補はどうなのか。首都圏のあるチームの編成責任者は「特に高校生の投手や野手に逸材が多い。ひょっとしたら後に“菊池世代”と呼ばれるようになるかも」と期待感を口にする。

 その筆頭が本格派右腕の今村猛(18)=長崎・清峰=だ。150キロ台の直球と多彩な変化球を持ち、今春の選抜大会決勝では菊池に投げ勝った。「素質では菊池といいい勝負」(編成責任者)。野手では昨夏の甲子園で3本塁打した筒香嘉智(17)=神奈川・横浜=の評価も高い。

 菊池の抽選で敗れた場合の“外れ1位候補”として人気が集まりそうなのが、今夏の甲子園で優勝した愛知・中京大中京のエース、堂林翔太(18)と今宮健太(18)=大分・明豊。ともに野手として指名されそうだ。

 「即戦力は限られ、数年後が期待される選手が多いだけに、スカウトの眼が問われるドラフトともいえる」と在阪球団の編成関係者は語る。

 このほか、大学生投手では二神一人(22)=法大=、戸村健次(22)=立大=の両右腕。社会人では都市対抗準優勝左腕、中沢雅人(24)=トヨタ自動車=らが外れ1位候補として注目を浴びる。

 身長172センチ、体重115キロとユーモラスな体格の強打者、中田亮二(21)=亜大=も指名を心待ちにする。「動きは俊敏で、コンパクトな打撃もできる。どこかが指名するはず」と前出の首都圏チームの編成責任者は見ている。(産経新聞)


 菊池がメジャー挑戦を断念してくれたので大いに盛り上がることが必至となった今年のドラフト会議。左投げ・最速154キロ・コントロールもいいという松坂以来の天才投手、しかも12球団OKということで野茂・小池の8球団重複を超えるかもしれません。

 具体的には巨人長野、広島今村、横浜筒香の1位が確実。残り9球団が菊池を指名するのではないかと推測されるわけですが、そうなると広島の今村1本釣りが一番おいしいですよね。センバツで菊池に投げ勝ったことでも分かるように今村は将来プロでもエースになるであろう逸材。潜在能力的には菊池と同レベルだと思います。菊池を回避する球団が出るとすると今村に乗り換えるんじゃないでしょうか。

 個人的に気になる選手は他に今宮、堂林、鬼屋敷(きやしき)くらいですかね。ハズレ1位でもこの3人が獲れたら大成功でしょう。鬼屋敷って肩が異常に強いという評判だけで映像見たことないですけど。

 最後に我が横浜ベイスターズが指名する筒香について。改めてYouTubeでその勇姿を拝見しましたが、体の大きさ・柔らかさ、スイングスピード、インコースをさばく技術などドラフト1位に相応しいスラッガー。

 松井秀喜とか小笠原がそうであるように筒香もプロではアウトコースばかり投げられると思います。その配球を読むのは簡単なので、それをレフト前・センター前に弾き返していれば必ずインコースにホームランボールが来ます。

 恐らくそこから始まる筒香伝説。きちんとしたプロセスを踏めば3割40本いや50本も夢ではありません。ワンサイドゲームとはいえインコースの難しい球を甲子園のライトスタンドに叩き込む下記映像を見ているとそのくらい打てるんじゃないかという気分になります。筒香1位で文句はありません。

 菊池祭りの勝者は一体どの球団になるのか。健闘を祈ります。


高校野球 怪物 横浜高校 筒香(3年・三塁手) 2年時☆
posted by リュウノスケ at 00:44| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする