2009年10月29日

プロ野球ドラフト会議2009

 プロ野球新人選択会議(ドラフト)が29日、東京都内のホテルで開催される。今年の目玉は何といっても甲子園を沸かせた大型左腕の菊池雄星(18)=岩手・花巻東=だ。大リーグ挑戦の夢を封印し、日本のプロ入りを決意した菊池は「12球団OK」の構え。指名球団が過去最多の8球団を上回るかどうかも注目される。球界関係者によれば、今年は菊池以外にも特に高校生の投手と野手に将来性豊かな逸材が多く、楽しみなドラフトとなりそうだ。

 これまでのところ、菊池は中日、ヤクルト、阪神、日本ハム、楽天、西武、ロッテ、オリックスの8球団が1位指名する見通しだ。

 「球の速さはもちろん、スムーズな腕の振りや体の柔らかさなど、投手に必要なものをすべて持っている。間違いなく10年に1人の逸材だ」と日本ハムの山田正雄ゼネラルマネジャー(GM)は見る。

 プロ1年目から“準即戦力”扱いになりそうで、「いきなり11勝した田中(楽天)ではなく、最初は5勝で、2年目から2ケタ勝利を続けるうちのダルビッシュのような伸びしろのあるタイプではないか」と山田GM。

 菊池以外のドラフト候補はどうなのか。首都圏のあるチームの編成責任者は「特に高校生の投手や野手に逸材が多い。ひょっとしたら後に“菊池世代”と呼ばれるようになるかも」と期待感を口にする。

 その筆頭が本格派右腕の今村猛(18)=長崎・清峰=だ。150キロ台の直球と多彩な変化球を持ち、今春の選抜大会決勝では菊池に投げ勝った。「素質では菊池といいい勝負」(編成責任者)。野手では昨夏の甲子園で3本塁打した筒香嘉智(17)=神奈川・横浜=の評価も高い。

 菊池の抽選で敗れた場合の“外れ1位候補”として人気が集まりそうなのが、今夏の甲子園で優勝した愛知・中京大中京のエース、堂林翔太(18)と今宮健太(18)=大分・明豊。ともに野手として指名されそうだ。

 「即戦力は限られ、数年後が期待される選手が多いだけに、スカウトの眼が問われるドラフトともいえる」と在阪球団の編成関係者は語る。

 このほか、大学生投手では二神一人(22)=法大=、戸村健次(22)=立大=の両右腕。社会人では都市対抗準優勝左腕、中沢雅人(24)=トヨタ自動車=らが外れ1位候補として注目を浴びる。

 身長172センチ、体重115キロとユーモラスな体格の強打者、中田亮二(21)=亜大=も指名を心待ちにする。「動きは俊敏で、コンパクトな打撃もできる。どこかが指名するはず」と前出の首都圏チームの編成責任者は見ている。(産経新聞)


 菊池がメジャー挑戦を断念してくれたので大いに盛り上がることが必至となった今年のドラフト会議。左投げ・最速154キロ・コントロールもいいという松坂以来の天才投手、しかも12球団OKということで野茂・小池の8球団重複を超えるかもしれません。

 具体的には巨人長野、広島今村、横浜筒香の1位が確実。残り9球団が菊池を指名するのではないかと推測されるわけですが、そうなると広島の今村1本釣りが一番おいしいですよね。センバツで菊池に投げ勝ったことでも分かるように今村は将来プロでもエースになるであろう逸材。潜在能力的には菊池と同レベルだと思います。菊池を回避する球団が出るとすると今村に乗り換えるんじゃないでしょうか。

 個人的に気になる選手は他に今宮、堂林、鬼屋敷(きやしき)くらいですかね。ハズレ1位でもこの3人が獲れたら大成功でしょう。鬼屋敷って肩が異常に強いという評判だけで映像見たことないですけど。

 最後に我が横浜ベイスターズが指名する筒香について。改めてYouTubeでその勇姿を拝見しましたが、体の大きさ・柔らかさ、スイングスピード、インコースをさばく技術などドラフト1位に相応しいスラッガー。

 松井秀喜とか小笠原がそうであるように筒香もプロではアウトコースばかり投げられると思います。その配球を読むのは簡単なので、それをレフト前・センター前に弾き返していれば必ずインコースにホームランボールが来ます。

 恐らくそこから始まる筒香伝説。きちんとしたプロセスを踏めば3割40本いや50本も夢ではありません。ワンサイドゲームとはいえインコースの難しい球を甲子園のライトスタンドに叩き込む下記映像を見ているとそのくらい打てるんじゃないかという気分になります。筒香1位で文句はありません。

 菊池祭りの勝者は一体どの球団になるのか。健闘を祈ります。


高校野球 怪物 横浜高校 筒香(3年・三塁手) 2年時☆
posted by リュウノスケ at 00:44| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

野村克也楽天名誉監督就任へ

 今季限りで退任する楽天・野村克也監督(74)は25日、球団から要請されている3年契約での名誉監督就任を受諾する意向を示した。近日中に楽天本社で行われるオーナー報告の席で三木谷球団会長、島田オーナー兼社長に正式回答する。

 感動的な胴上げでの幕引きから一夜明け、老将はさわやかな表情で新千歳空港に姿を見せた。23日未明、三木谷会長から直接オファーされた名誉監督就任に「断る理由はない。評論家をやっても解説やってもいいと言われた」と明言した。

 島田オーナーからは背番号「19」を永久欠番とする提案を受けたが「そんなたいした番号じゃない」とサラリ。花巻東・菊池が入団する際に“禅譲”することにも「もう運はないよ」と笑った。「年は食っているけど、体は元気。オレから野球をとったら、何もないから」。年内はテレビ出演や講演活動で大忙しの模様だ。(スポーツ報知)


 チームを初のクライマックスシリーズに導いても、「退任」というシナリオは変わらなかった。24日の日本ハム戦が最後の指揮となった楽天の野村克也監督(74)。圧倒的なファンの支持を得ながら、第一線を退くことを余儀なくされた。島田亨オーナー兼球団社長の記者会見では「シーズン初めから既定路線だった」という説明があっただけ。だが舞台裏には、語るに語れない事情も見え隠れする。

 知将のイメージが強いが、近年は“野村コンピューター”の衰えが否めなかった。ミーティングでは、同じ内容の発言の繰り返しが目立つようになったという。2軍や敵チームの選手に関しても、細かい情報の把握はおぼつかない面があった。

 実戦での指揮の多くは、監督主導ではなかったという。自身が主体的に戦況を動かすことは少なく、周囲の支えで成り立っていた。ある場面でヒットエンドランを仕掛けるとき、コーチが「カウントや投手の制球力を考えるとストライクがくる確率が高く、空振りする球種はない」と根拠を明示して進言し、それを受けて野村監督が決断を下した。

 この現状に、現場のスタッフから「来年も監督の仕事ができるかといえば、難しいのではないか」という声も聞かれた。

 家族との関係も、問題を複雑にした。息子の克則氏が現役引退すると、1軍バッテリーコーチに。主に継投策で克則コーチの意見は強く反映された。ブルペンとの意思疎通を欠いたまま、投手起用が決まることもあったという。辛口な「ぼやき」と相まって、選手らの間には不満が募った。

 野村監督の契約は、夫人の沙知代さんが経営する会社を通じて結ばれていた。必然的に、球団は夫人と接触する機会が多くなり、その強烈な個性に手を焼いたようだ。ある関係者は「野村さんの功績には感謝しているが、うちでチャンスを得られたから活躍できたという面があるのも事実。奥さんに言わせると、『すべて主人のおかげ』となってしまう」とこぼす。

 球団の対応も的確さを欠き、個性的な監督を御しきれなかった。三木谷浩史会長や島田オーナーが現場を訪れることは少なく、コミュニケーションが十分に取れていたとは言い難い。皮肉にもチームは快進撃を続け、進退問題は難しさを増した。「楽天イーグルスは好きだが、楽天球団は嫌い」といった批判も飛び出す。結果的に双方が傷ついた。

 マスコミへの露出の多さは球界一だ。広告宣伝効果はスポンサー収入に直結する。球団への貢献度が極めて高かったという事実は揺るがない。ただ、去就に関する話題が加熱する中で、ある球団幹部はこう語った。「メリットとデメリットを比較して判断しなければならない」。結論は既定路線通り、今期限りでの退任だった。(共同通信)


 残留を望む楽天ファンの声も空しく退任となった野村監督。過去の実績は間違いなく、今年もCSに進出したとはいえ、上記記事のように若干耄碌しているようです。年食ったら新外人の名前が覚えられなくなると西本さんか関根さんが言ってましたね。

 高齢による衰え・サッチー・カツノリ・1億5000万の高額年俸などが契約延長しない理由。特に今年躍進したので実質的代理人のサッチーが更なる年俸アップを要求するのは必至。4億5000万のバレンタイン、2億2000万の原に次いですでに落合と同額の球界3位。「拾ってやった」意識のある楽天フロントが増長する野村夫婦に嫌気がさしたのも分かります。

 「年俸などいくらでもいい」と公言する野村監督ですが、交渉はサッチーがするんだから「いくらでもいい」ってことになるわけがありません。5000万で受けてくれるからブラウンにしたという話もあって楽天フロントがチームを強くする気がないのも確かですが、全面的に野村が正義みたいな雰囲気には違和感を感じた今回の騒動した。
posted by リュウノスケ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

第70回菊花賞(GI)

馬連 Q⇔D・H・M・O=1万2000円
前回までのトータル:−131万4570円
回収率:34.8%
posted by リュウノスケ at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

「27年前の少女殺人事件」実父が被告の義父を誘拐

 【10月22日 AFP】(一部訂正)ドイツ国境に近い仏ミュルーズ(Mulhouse)の裁判所前に18日、猿ぐつわをかまされ、両手を縛られたうえ、頭から血を流した男性が転がされているのが見つかった。

 警察の調べで、男性は27年前、14歳の養女を誤って死なせたとして、フランスの裁判所で禁固15年の有罪判決を受けたディーター・クロムバッハ(Dieter Krombach)というドイツ人元医師(74)とわかった。

 同元医師は1982年、独リンダウ(Lindau)の自宅で、養女のカリンカ・バンベルスキー(Kalinka Bamberski)さんに薬物を注射し死なせたとして、95年に仏裁判所から被告欠席のまま、過失致死罪で禁固15年の実刑判決を受けていた。

 仏司法当局はドイツ政府に対し、クロムバッハ元医師の身柄引き渡しを要請したが、ドイツ側は元医師がすでにドイツ警察の調べで嫌疑不十分となっていることを理由に拒否していた。

 これに対し、カリンカさんの実父、アンドレ・バンベルスキー(Andre Bamberski)さん(74)は注射は暴行目的だったと主張し、「カリンカに正義を」という運動団体を作って20年間にわたりクロムバッハ元医師の収監を求めてきた。

 裁判所の前にクロムバッハ医師が転がされていると警察に通報してきたのがバンベルスキーさんとわかり、仏当局は同日、バンベルスキーさんの身柄を拘束。20日、バンベルスキーさんを誘拐などの容疑で立件した。バンベルスキーさんには、クロムバッハ元医師を自分の手で裁判所に突き出す目的で、ドイツから拉致してきた疑いが持たれている。

 バンベルスキーさんは釈放後、記者団に対し、同医師の誘拐とフランスへの移送をある人物に依頼したが、体を痛めつけることは頼んでいないと語った。

 仏司法当局はまた、クロムバッハ元医師についても、95年の判決に基づき収監の手続きを進めている。同元医師は頭の傷の手当てのため、パリ(Paris)の病院に入院している。

 同元医師は97年、16歳の女性患者の手術中に麻酔を打って性的虐待をした罪で、執行猶予付き2年の判決を受けるとともに、医師免許を剥奪されている。また、07年には違法に営業を続けていたとして、詐欺罪で有罪になっている。


 「敵討ち」というのは日本でも古来から道徳的行為だったのに明治以降否定的に捉えられるようになりました。法の名の下に暴力を国家が独占する近代国家では「敵討ち」は復讐=リンチとして貶められる運命。この事件にしてもニュースの解説者やワイドショーのコメンテーターで諸手を挙げて賞賛する人はいないでしょう。「法を犯している」という点であまり同調すると視聴者から抗議されますから。

 具体例を出してしまうと私も抗議されるので避けますが、いじめられっ子や詐欺商法の被害者や悪い男に騙された女などが非合法に「復讐」したニュースは、彼らが泣き寝入りするよりは痛快であり、溜飲が下がります。映画やテレビドラマで法を逃れる悪人がラストで倒されるのと同じです。

 バンベルスキー氏はすでに75歳であり、死ぬ前に決着を付けたかったので勝負に出ました。法は犯しましたもののチャールズ・ブロンソンみたいにぶっ殺したわけではないのでその部分は理性的なんじゃないでしょうか。普通に立派な人だと私は思います。カリンカ・バンベルスキーさんのご冥福を心よりお祈りします。


<参照>
ウィキペディア 敵討


posted by リュウノスケ at 01:33| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

「通帳から総額約3000万円がパチンコや風俗に消えていた」加藤夏希元交際相手提訴

 タレントの加藤夏希(24)が、所属事務所の元マネジャーで元交際相手の年上男性に対し、約3000万円の損害賠償を求めて、東京地裁に提訴していることが21日、分かった。

 所属事務所関係者によると、2006年5月から今年2月までの約3年間、男性は加藤のマネジャーを担当。2人は当時交際もしており、男性が加藤に定期預金口座を開設すると偽って、加藤の預金から総額約3000万円を私的に横領したとして8月に訴えた。現在、係争中で、男性側は訴状内容を否認しているといい、同事務所関係者は「刑事告訴も考えている」と話している。(スポーツ報知)


 女優の加藤夏希(24)が、所属事務所の元マネジャーで元交際相手だった年上の男性に対し、約3000万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴していることが分かった。男性は2006年5月から今年2月までの約3年間、加藤のマネジャーを担当。2人は個人的な交際もあり、いわば元カレを訴えた格好だ。

 加藤側は、男性が定期預金口座を開設すると偽って加藤の預金から総額約3000万円を私的に横領したとして8月に訴えた。

 男性が「月10万円ずつ定期預金したほうがいい」と加藤に勧め、通帳やキャッシュカードの管理をするようになったことがきっかけ。しかし、実際には定期口座を開くことはなく、預かった通帳から総額約3000万円がパチンコや風俗に消えていたという。

 不信感を募らせた加藤は交際から1年ほどで別れを切り出したが、「交際をばらす」などと言われ、関係は続いた。

 今年2月、加藤が事務所の社長に相談。男性を問いつめると横領を認めたが、その後、態度が一変、金の返還に応じないばかりか、「加藤の写真や直筆の手紙を公表する」と言い、争いに男性の両親も加わったため、男性と両親の3人を相手取り、訴訟に踏み切った。9日の口頭弁論で男性側は訴状内容を否認しており、事務所関係者は「刑事告訴も考えている」という。(ZAKZAK)


 アニメやマンガの話をしたり、彼氏がいないことを公言してオタク青年の心を一生懸命つなぎとめていた「清純派」なっきーに恋愛絡みの訴訟沙汰。ドロドロっすね。

 素直でいい子なのは間違いなく、それ故に大事な通帳や印鑑を彼氏に預けてしまったんでしょうが、さすがにこれはイメージダウン。宮地真緒のパチスロ彼氏を超えたといっても過言ではないでしょう。

 男の趣味の悪さというのは直らないのでこの人は一生酷い目に遭い続けるような気もします。とにかく、堕ちたイメージはもう元には戻りません。『ロンハー』とか『さんま御殿』でネタにして開き直るしかないんじゃないでしょうか。


 <加藤夏希が結婚 年上ウェブデザイナーと>
 女優加藤夏希(28)が6日、公式ブログで年上のウェブデザイナーとの結婚を発表した。この日、婚姻届を提出したことを報告し、結婚指輪をした2人の手の写真も掲載している。相手男性について「以前よりお付き合いしている一般の方です。年上でいつもニコニコしている優しい性格で、時には私を叱ってくれ、サポートをしてくれる大切な存在です」と紹介している。また「楽しい時はもちろん、苦難の時にも支え合い、温かく明るい家庭を築いていきたいと思い、結婚に至りました」とつづっている。結婚後も仕事は続けるという。

 99年テレビ朝日系「燃えろ!!ロボコン」のヒロインでデビュー。その後もTBS系「花より男子2」「ハンチョウ〜警視庁安積班〜」などのドラマに出演している。(日刊スポーツ、2014.6.7)


posted by リュウノスケ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする