2009年09月17日

『クレヨンしんちゃん』臼井儀人失踪

 人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の作者・臼井儀人(よしと)(本名・臼井義人)さん(51)が、埼玉県春日部市の自宅を出たまま行方不明になり、家族が春日部署に捜索願を出していたことが16日、わかった。

 同署幹部らによると、臼井さんは11日朝、「群馬県に日帰りで山登りに行く」と家族に言い残して1人で出かけたが、夜になっても戻らず、心配した家族が12日朝、捜索願を出した。

 携帯電話は呼び出し音はするものの、応答がない状態といい、同署は事故や事件に巻き込まれた可能性もあるとみて群馬、長野両県警に協力を求め、県境の山などを捜している。臼井さんは普段から1人で時折、山登りに出かけていたという。

 臼井さんは1987年に「だらくやストア物語」で漫画家デビュー。90年から、地元・春日部市を舞台に幼稚園児とその家族の生活を描いた「クレヨンしんちゃん」の連載を始め、アニメにもなり、幅広い世代の人気を集めた。現在も雑誌「まんがタウン」(双葉社刊)で連載している。

 双葉社は「本人と連絡が取れず、心配している。今後の連載については当面、推移を見守りたい」とコメントした。(読売新聞)


人気漫画「クレヨンしんちゃん」の作者、臼井儀人さん(51)が失踪(しっそう)し、家族が捜索願を出したことについて、作品の関係者は戸惑いを隠せない。

 「クレヨンしんちゃん」は、平成2年に双葉社の「Weekly漫画アクション」で連載を開始した。12年からは同社の月刊誌「まんがタウン」で連載されている。今年10月号の表紙もクレヨンしんちゃんが飾った。

 双葉社の担当者は16日、「連載の原稿は11月号までもらっています。捜索願を出しているので警察に任せるしかありません。今は社内で対応を協議していますが、一日も早く連絡がつけば…」と心配する。

 一方、「クレヨンしんちゃん」のアニメはテレビ朝日系で毎週放送されている。テレビ朝日の広報担当者は同日、「家族が捜索願を出したという連絡を受けて心配しています。毎週放送しているアニメ番組の取りやめや変更は、今のところ予定していません」と話している。(産経新聞)


 人気漫画「クレヨンしんちゃん」の作者、臼井儀人(うすい・よしと)さん(51)=本名・臼井義人=が行方不明となり、家族が埼玉県警春日部署に捜索願を出していることが16日、明らかになった。

 同署によると、臼井さんは11日朝、家族に「群馬県に登山に行ってくる。夕方には戻る」と話して家を出た後、戻らないという。携帯電話の呼び出し音はするものの応答がないため、家族が12日、捜索願を出した。埼玉県警は群馬、長野両県警と連絡を取りながら、臼井さんの行方を捜している。臼井さんは登山が趣味で普段から1人で出かけていたという。

 臼井さんは静岡県静岡市生まれで春日部市育ち。春日部工業高校を卒業後、広告関係の会社に入社。87年、「だらくやストア物語」が双葉社のWeekly漫画アクション新人賞で佳作入賞し漫画家デビューした。

 代表作のクレヨンしんちゃんは、臼井さんが育った春日部市の幼稚園児、野原しんのすけが主人公の漫画。90年8月からWeekly漫画アクションで連載が始まり、現在も同社の雑誌「まんがタウン」で連載されている。

 92年からテレビ朝日系でアニメの放送が始まり、劇場用アニメも17本公開された。中でも10作目の「嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」は一般の映画ファンからも評価が高く、文化庁メディア芸術祭・アニメーション部門大賞など各賞を受賞。同作を原作とした実写映画「BALLAD 名もなき恋のうた」(山崎貴監督)が現在上映されヒットしている。

 「野原しんのすけ」は2003年10月、春日部市の「イメージキャラクター」となり、04年4月には市制50周年記念事業の一環として、「野原家」が住民登録された。しんちゃんは今年4月からは同市の子育て応援キャラクターとしても活躍している。

 臼井さんの行方不明になったことを受け、双葉社は「連絡が取れず、とても心配している」とコメント。ファンらもネット上で臼井さんの身を案じるコメントを投稿している。

 現役漫画家の行方不明としては、「ふたりと5人」「ななこSOS」などで知られる吾妻ひでおさんが90年前後に2回にわたって失踪し、ホームレス生活などを送っていたことが知られている。(夕刊フジ)


 鳩山政権が誕生したりのりピーが保釈されそうになったりと大騒ぎのなか失踪が明らかになった臼井先生。一体どこへ行ってしまったんでしょうか。

 『クレヨンしんちゃん』という楽しいマンガを描いている作家だけに意外という声もありますが、漫画家が職業的にしんどいのは有名な話。手塚御大は胃癌で60までしか生きられず、赤塚不二夫はアルコール依存症のまま逝去。鴨川つばめは一時期廃人状態だったし、人気がなくなれば去るのみでその実態は水木しげるの言うように楽しくもなんともなく「死屍累々」です。

 漫画家の失踪に関しては夕刊フジの記事にもあるように吾妻ひでおが有名。あと『浮浪雲』のジョージ秋山が失踪した際に週刊文春時代の立花隆が記事にしたこともありました。失踪とまではいわなくても締め切りに追い込まれて編集者から逃げた作家は多いと思います。

 臼井先生が「失踪」なのか「遭難」なのかまだはっきりしないので言い切ることは出来ないんですが、仮に日常生活が嫌になって雲隠れしたのならば悪びれずひょっこり出てきてもらいたいものです。それが「しんちゃんの先生」として相応しいと思います。


posted by リュウノスケ at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする