2009年08月30日

横浜スタジアム観客転落死亡事故

 27日に横浜スタジアム(横浜市中区)で行われた横浜―阪神戦で試合中に右翼席から転落し、意識不明の重体だった静岡県沼津市大諏訪の会社員Gさん(36)が29日、搬送先の横浜市内の病院で死亡した。78年のスタジアム開設以来、観客席からの転落による死亡事故は初めて。遺族らが球場に献花に訪れ、球団関係者もショックを隠せない様子だった。

 神奈川県警加賀町署によると、Gさんは29日午前9時18分に横浜市内の病院で死亡。死因は脳挫傷、頭蓋(ずがい)内出血とみられるという。この日夜、沼津市内の自宅に戻った。

 Gさんは27日に家族、友人と右中間席で試合を観戦。途中で酒に酔って何度もフェンスを越えようとして警備員に止められたが、午後8時40分ごろ、8回の阪神の攻撃中に勢いあまってフェンス(高さ約1メートル)を乗り越えて約5メートル下のグラウンドに転落、担架で運び出された。頭を強打しており意識不明の状態が続いていた。試合は2分間中断した。

 ともに試合を観戦し、病院に搬送後は泊まり込みで容体を見守っていた遺族と関係者計5人がこの日午後1時すぎ、スタジアムを訪問。転落した場所で手を合わせて献花した。球場関係者によると、右中間席から5メートル下の転落地点を見つめて「高いね…」と言葉を詰まらせ「ご迷惑をお掛けしまして申し訳ございません」と何度も頭を下げたという。

 ナイター練習の前には横浜の選手、スタッフがGさんの転落場所を確認するなどチーム関係者も動揺を隠せなかった。横浜ファンで、静岡県出身で同郷の石川を熱心に応援していたというGさん。遺族にサイン入りの色紙とボールを渡した石川は「“応援してくれてありがとうございます”とメッセージを入れました。複雑な気分です…」と厳しい表情を見せた。村上チーム運営部門統括も「本当に残念だしショックを受けている。ご冥福をお祈りします」と沈痛の面持ちだった。(スポニチアネックス、元の記事は実名)


 私はちょうどこの試合の中継を見ていました。球審の狭いストライクゾーンと阪神投手陣の乱調で4連続押し出しという荒れたゲーム。先制された直後の8回表、阪神攻撃中に先頭打者桧山の放ったフェンス直撃の打球を捕ろうとしたライトスタンドの観客が転落。ウォーニングゾーンで仰向けになりピクリとも動かないので、「これはやばいのではないか」という心配が最悪の結果となりました。

 ライトスタンドにいたとはいえ桧山の打球を捕ろうとしたので阪神ファンなのかなと思ったんですが、結局横浜ファンだったGさん。「何度もフェンスを越えようとして警備員に止められた」そうでかなり酔っていたんでしょう。

 5月に成績不振で大矢監督解任。チームを引き継いだ田代監督も指揮官としての能力は全くなく、打率1割強の仁志を使い続ける意味不明。毎日が仁志の引退試合状態でチームは当然のごとく最下位を独走し、ファンとしては選手の個人記録くらいしか興味がなくなったところで村田は左太もも肉離れ、内川はウイルス性腸炎でチームを離脱。

 本当に酷いシーズンだったなかで下園・藤田・石川などがようやく1軍でも実力を発揮し始め、田代も使わざるを得なくなったのが唯一の光明だったのにその石川のファンがスタンドから落下して死亡という悲劇。球団は御祓いでもやってもらった方がいいんじゃないでしょうか。同じ横浜ファンとしてGさんのご冥福を心よりお祈りします。


<参照>
日刊スポーツ スコア速報 横浜対阪神 横浜6勝12敗0分け 2009年08月27日21時16分12秒更新
posted by リュウノスケ at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第45回農林水産省賞典 新潟記念(GIII)

馬単 I・J・K・O→A・B・C・D・F・G・H・M・N・P=1万2000円
前回までのトータル:−125万7420円
回収率:34.5%
posted by リュウノスケ at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「自民党は、今回の次の選挙で公明党の協力を得られなければ、再起不能に陥る」小沢一郎自民党殲滅作戦

 共同通信社が27日まとめた衆院選の情勢調査は、政権交代を掲げる民主党の優位が揺らいでいないことをうかがわせた。局面打開の妙案を見いだせない自民党。森喜朗元首相(石川2区)ら大物議員も、生き残りを懸けて地域を小まめに回る“どぶ板選挙”を強いられる。進撃を続ける民主党の鳩山由紀夫代表は、保守地盤の強力な富山、石川、福井の北陸3県に入り、自民党の「牙城」を攻め落とそうと躍起になった。

 「なぜ、総理までされた方が、これからも政界の中で影響力を行使しようとするのか。日本で最も注目されるこの選挙区での勝敗が、政権交代の意味合いを決める」。鳩山氏は27日、石川2区のJR小松駅前で、森氏の対抗馬である新人女性候補への支援を求めた。

 23日夜には、鳩山氏や岡田克也幹事長、小沢一郎代表代行ら執行部の面々が終盤対応を協議。決まったのは、森氏や福田康夫前首相、町村信孝前官房長官、古賀誠選対本部長代理、谷垣禎一元財務省ら自民大幹部に挑む公認候補へのてこ入れだった。選挙後に自民党が容易には立ち直れないよう「標的リストに挙がった大物議員たちを軒並み追い落としておく必要がある」(民主党幹部)というわけだ。

 攻勢の矛先は、公明党にも向く。菅直人代表代行は26日、大阪市内の街頭演説で「自民党が政権を続けられてきたのは、公明党と(支持母体の)創価学会の力だ。2度と自民党と組もうと思わないような結果を出してほしい」と訴えた。選対幹部は民主党の長期政権をにらみ「自民党は、今回の次の選挙で公明党の協力を得られなければ、再起不能に陥るはずだ」との分断戦略を明かす。

 選挙戦を取り仕切る小沢氏は、周辺に「選挙が終わったら、すぐに参院選対策をやるぞ。全国を回る」。視線の先には、既に“来夏”がある。

 「地べたをはって自分の力で勝ち上がるしかない。応援なんて期待しても無駄だ」。古賀氏は24日、都内で細田博之幹事長、菅義偉選対副委員長らと情勢を分析しながら、こうつぶやいた。

 会合では、当落線上と判断された約70人への重点支援の必要性が提起された。しかし知名度のある野田聖子消費者行政担当相らは自分の選挙で手いっぱい。応援以来が殺到する舛添要一厚生労働相だけでは、十分な支援はおぼつかない。

 14回連続当選を目指す森氏も、過去の選挙では全国を回っていたが、今回は地元に張り付き状態。「私もそう長い人生ではない。最後のご奉公がしたい」と支持離れを食い止めようと奮戦する。

 麻生太郎首相側近の菅氏は「自民党は、地域の中で頑張ってきた候補ばかりだ。最後の底力を発揮してほしい」と強調。ただ強気を堅持してきた麻生首相は、大阪市内で記者団に劣勢を認めざるを得なかった。「自公連立政権への批判が積もっている。これまでの負の遺産も総括しなければならない巡り合わせだ。言いたいことはあるが、それを引き継いでこの立場にあり、責任は極めて重い」

 公明党の太田昭宏代表もラジオ番組で、民主党への追い風について「選挙中にポピュリズムと言わないが、落ち着いて考える力を充実させる教育は重要だ」と語った。

 共産党は小選挙区での候補者数を絞り、比例代表に力を入れるが、民主党“旋風”への戸惑いは隠せない。志位和夫委員長は都内で「自公政権退場の流れは決定的だが、民主党も日米同盟、財界主導政治から抜け出す意思はない」と断じた。

 民主党との連立を想定する社民、国民新両党には、来夏の参院選で民主党が過半数を制し連立を解消する事態への懸念もよぎる。社民党の福島瑞穂党首は北九州市内で記者団に、民主党の「子ども手当て」政策について「厳しい財政事情の中で5兆円以上を使うなら、保育園の整備なども考えるべきだ」と独自カラーを強調。国民新党の亀井静香代表代行も鹿児島市内で、地域振興のための大胆な財政出動を求めながら言い放った。「衆院選後は民主党としっかりスクラムを組むが、郵政民営化(見直し)だけでお茶を濁すなら、さっさとお別れだ」(共同通信)


 衆院選で圧勝する勢いをみせている民主党で、比例代表ブロックの候補が足りなくなる可能性が出てきた。公示後の候補追加は認められていないため、ブロックによっては、他党が「棚ぼた」で議席を獲得することもありそうだ。予想を超える民主党の追い風が選挙区で落選の憂き目を見た自民党大物候補を救済するケースも出てきそうだ。

 産経新聞社・フジニュースネットワーク(FNN)合同世論調査(今月22、23両日)や情勢取材などによると、東海、近畿、中国、九州の各ブロックなどで、民主党候補が足りなくなる可能性が出ている。比例代表に重複立候補している候補が、選挙区で当選することで名簿から外れる結果、比例代表の獲得議席数は、名簿登載者の数を上回る可能性がある。その場合、次点の政党の候補が当選することになる。

 民主党は、各種世論調査で優勢が伝えられていたことから、18日の衆院選公示直前まで、都市圏を抱える東京、東海、近畿各ブロックに8人ずつの単独比例候補を登載するなど上積みを図った。その結果、比例単独候補は、平成17年の前回衆院選の10人を大幅に上回る59人になり、引退を決めていた藤井裕久元蔵相や元職も名簿に登載された。

 単独比例候補を増やすよう号令をかけたのは、党内で「選挙のプロ」と定評のある小沢一郎代表代行(選挙担当)だ。しかし、そんな努力を吹き飛ばすような好調ぶりに、党幹部の一人は「計算を間違えたのだから、小沢さんは責任を取らないといけない」と話す。

 衆院480議席のうち180議席を決める比例代表(全国11ブロック)は、得票数に応じて各党に議席を配分し、名簿に登載された上位候補から当選者を決める仕組みだ。比例代表には、選挙区との重複立候補が認められているが、選挙区で当選した重複候補は名簿から外れることになる。

 小泉純一郎元首相が郵政民営化の是非を問い、「小泉旋風」を巻き起こした前回衆院選(郵政選挙)で、強い追い風に乗った自民党は東京ブロックで8議席を獲得できるはずだった。しかし、重複候補が選挙区で次々と当選したため、比例名簿に7人しか残らない事態が生じ、自民党は最後の1議席を社民党に譲る結果となった。(産経新聞)


 いよいよやってきた衆議院選挙。新聞報道では民主党が300議席前後獲得する情勢のようで政権交代が現実のものとなりそうです。

 民主党は選挙後に自民党が復活することを恐れ、自民大物を落選させることと自公分断を重要課題としている様子。確かにいま自民が公明に逃げられると来年の参院選で今回を超える大敗北を喫するのは確実ですからね。そうなれば今後政権政党として復活するのは永遠に不可能でしょう。

 昨秋に大連立などと寝言を言っていた小沢一郎ですが、一旦臨戦態勢になるとさすがの戦闘力。自民の元首相・現職大臣・派閥領袖に加え太田・冬柴など公明幹部を片っ端から落選させるべく鳩山・菅・岡田らと全国を飛び回っています。

 さすが選挙のプロという大活躍の一方で上記産経の記事は解せません。勝ち過ぎて比例の名簿登載者が足りなくなるのは4年前の自民党が経験済み。私ですら知っている有名な話なのに同じミスを繰り返すとはどういうことなんでしょうか。民主が大勝することは選挙前からマスコミの世論調査などでもはっきりしており、絵に描いた餅だと笑われても必要以上に名簿搭載しておくことは絶対に必要でした。この凡ミスによってせっかく落とした自公の大物が復活してしまう可能性大です。

 常識的にはあり得ないミスなわけですが、もしかしたら公明党へ議席を譲るために小沢がわざと仕掛けたのではないか。「本気出したらお前らなんか全員落とせるぞ。今回は救ってやるけど自民党と別れないなら次は容赦しない」みたいな。小沢は角栄の弟子なのでこのくらいはやりかねません。

 どっちにしろ自民の大物が落ちまくるのは確実。共同通信によるといまの時点で優位な自民大物は麻生総理を筆頭に安倍、福田、細田、小渕さんの娘などそんなにいません。石原伸晃も大丈夫ですが弟の宏高はやばいそうです。慎太郎は山拓の応援なんかしてないで宏高の選挙区に張り付いてればよかったのに。

 ほとんどが劣勢か当落線上の自公候補者のなかで目に付いたのが後藤田正純。グレーゾーン金利問題のときは私もこの人を礼賛したんですが(こちら)、パチンコチェーンストア協会政治アドバイザー・統一教会系の昼食会に出席・北朝鮮への経済制裁に反対・韓国批判の勝谷誠彦に圧力などあまりにも親朝鮮なのが裏目に出たのかもしれません。ファンなので水野真紀の涙は見たくないんですけどね。

 「おごれる人も久しからず ただ春の世の夢のごとし」。戦後以来続いた自民党政権が本格的に崩壊する可能性の高い歴史的選挙です。言わずもがなですが、投票は民主主義の根幹なので必ず行きましょう。


posted by リュウノスケ at 01:19| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

「第91回全国高校野球選手権大会」中京大中京に栄冠

 第91回全国高校野球選手権大会最終日は24日、兵庫県西宮市の甲子園球場で決勝が行われ、中京大中京(愛知)が日本文理(新潟)を10−9で破り、43年ぶり7度目の優勝を遂げた。優勝7度は広島商(広島)の6度を抜いて、大会史上最多となった。

 中京大中京は一回、堂林の2点本塁打で先制。一度は同点に追い付かれたが、六回に5安打を集めて6点勝ち越し、七回にも2点を加え、リードを広げた。

 日本文理は6点差の九回2死から5点を奪う猛反撃を見せたが、あと一歩及ばず、春夏通じて新潟県勢初の全国制覇を逃した。(時事通信)


 「野球はツーアウトから」という慣用句を地で行くかのような日本文理の猛攻で大いに盛り上がった決勝。紙一重で勝利を手にした中京大中京は今大会最強打線で頂点に上り詰めました。これを期に再び中京時代が来るかもしれませんね。おめでとうございます。

 さて、大会を振り返ってプロ注目選手を総括。まず投手はもちろん菊池。長野の指名が決まっている巨人を除き11球団がドラフト1位指名するという無茶苦茶な記事(報知、スポニチ他)も出ています。プロ関係者が盛り上がっているのは間違いないんですが、菊池ってメジャー志望なんですよね。性格的にも相手に失礼ではないかというような派手なガッツポーズをする人なのでいきなりのメジャー挑戦もゼロではないと思います。

 次に菊池と同じ154キロを投げた明豊の右腕今宮。菊池同様ドラフトの目玉になると思ったんですが、身長171センチと少々小柄。本人は野手志望という話もあります。ただ、野球センスの塊ですからね。野手でも1位指名が重複するんじゃないでしょうか。

 投手としては他に岐阜商山田、都城商新西、立正大淞南崎田、東北佐藤、長崎日大大瀬良、長野日大加藤、そして帝京の148キロ1年伊藤他。作新の二番手田代が149キロ出したという「事件」もありました。投手はいい人がたくさんいたと思います。

 野手としては戦前私が推していた倉商の岡は1回戦負けでいいところを見せられず。東北打線に滅多打ちされたので本人も投手としての実力は思い知ったことでしょう。野手として一流になってほしいと思います。

 甲子園でヒットを打つことは大事なんですが、プロ野球ファン的には走力・守備力に加えて打撃のミート力とスイングスピードが問題。その点で目に付いたのは中京の3、4番。腕を畳み見事にインコースの難しい球をさばいた4番堂林の打撃センスは素晴らしいの一言。そして、その上をいくのが走攻守の三拍子揃った3番河合。私が今大会一番いいと思ったのはこの野手です。

 走塁ではなぜそのヒットで帰って来られるんだというような目を見張るベースランニングをしていましたし、サードの守備もファインプレーを連発する反応のよさ。打撃は外角高めのちょっと打てないようなボールを流してヒットにしていました。「超高校級」のバットコントロールです。大体構えがいいですね、この人。あと体つきがいい。努力すればプロで毎年3割打てると思います。法政大学に進学という噂を聞きましたが、どうなんでしょうか。もったいないんじゃないかなあ。
posted by リュウノスケ at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

第45回札幌記念(GII)

三連単 J→@・C・L・M⇔B・E・F・H・I=1万2000円
前回までのトータル:−124万5420円
回収率:34.7%
posted by リュウノスケ at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする