2009年08月30日

横浜スタジアム観客転落死亡事故

 27日に横浜スタジアム(横浜市中区)で行われた横浜―阪神戦で試合中に右翼席から転落し、意識不明の重体だった静岡県沼津市大諏訪の会社員Gさん(36)が29日、搬送先の横浜市内の病院で死亡した。78年のスタジアム開設以来、観客席からの転落による死亡事故は初めて。遺族らが球場に献花に訪れ、球団関係者もショックを隠せない様子だった。

 神奈川県警加賀町署によると、Gさんは29日午前9時18分に横浜市内の病院で死亡。死因は脳挫傷、頭蓋(ずがい)内出血とみられるという。この日夜、沼津市内の自宅に戻った。

 Gさんは27日に家族、友人と右中間席で試合を観戦。途中で酒に酔って何度もフェンスを越えようとして警備員に止められたが、午後8時40分ごろ、8回の阪神の攻撃中に勢いあまってフェンス(高さ約1メートル)を乗り越えて約5メートル下のグラウンドに転落、担架で運び出された。頭を強打しており意識不明の状態が続いていた。試合は2分間中断した。

 ともに試合を観戦し、病院に搬送後は泊まり込みで容体を見守っていた遺族と関係者計5人がこの日午後1時すぎ、スタジアムを訪問。転落した場所で手を合わせて献花した。球場関係者によると、右中間席から5メートル下の転落地点を見つめて「高いね…」と言葉を詰まらせ「ご迷惑をお掛けしまして申し訳ございません」と何度も頭を下げたという。

 ナイター練習の前には横浜の選手、スタッフがGさんの転落場所を確認するなどチーム関係者も動揺を隠せなかった。横浜ファンで、静岡県出身で同郷の石川を熱心に応援していたというGさん。遺族にサイン入りの色紙とボールを渡した石川は「“応援してくれてありがとうございます”とメッセージを入れました。複雑な気分です…」と厳しい表情を見せた。村上チーム運営部門統括も「本当に残念だしショックを受けている。ご冥福をお祈りします」と沈痛の面持ちだった。(スポニチアネックス、元の記事は実名)


 私はちょうどこの試合の中継を見ていました。球審の狭いストライクゾーンと阪神投手陣の乱調で4連続押し出しという荒れたゲーム。先制された直後の8回表、阪神攻撃中に先頭打者桧山の放ったフェンス直撃の打球を捕ろうとしたライトスタンドの観客が転落。ウォーニングゾーンで仰向けになりピクリとも動かないので、「これはやばいのではないか」という心配が最悪の結果となりました。

 ライトスタンドにいたとはいえ桧山の打球を捕ろうとしたので阪神ファンなのかなと思ったんですが、結局横浜ファンだったGさん。「何度もフェンスを越えようとして警備員に止められた」そうでかなり酔っていたんでしょう。

 5月に成績不振で大矢監督解任。チームを引き継いだ田代監督も指揮官としての能力は全くなく、打率1割強の仁志を使い続ける意味不明。毎日が仁志の引退試合状態でチームは当然のごとく最下位を独走し、ファンとしては選手の個人記録くらいしか興味がなくなったところで村田は左太もも肉離れ、内川はウイルス性腸炎でチームを離脱。

 本当に酷いシーズンだったなかで下園・藤田・石川などがようやく1軍でも実力を発揮し始め、田代も使わざるを得なくなったのが唯一の光明だったのにその石川のファンがスタンドから落下して死亡という悲劇。球団は御祓いでもやってもらった方がいいんじゃないでしょうか。同じ横浜ファンとしてGさんのご冥福を心よりお祈りします。


<参照>
日刊スポーツ スコア速報 横浜対阪神 横浜6勝12敗0分け 2009年08月27日21時16分12秒更新
posted by リュウノスケ at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第45回農林水産省賞典 新潟記念(GIII)

馬単 I・J・K・O→A・B・C・D・F・G・H・M・N・P=1万2000円
前回までのトータル:−125万7420円
回収率:34.5%
posted by リュウノスケ at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

「第91回全国高校野球選手権大会」中京大中京に栄冠

 第91回全国高校野球選手権大会最終日は24日、兵庫県西宮市の甲子園球場で決勝が行われ、中京大中京(愛知)が日本文理(新潟)を10−9で破り、43年ぶり7度目の優勝を遂げた。優勝7度は広島商(広島)の6度を抜いて、大会史上最多となった。

 中京大中京は一回、堂林の2点本塁打で先制。一度は同点に追い付かれたが、六回に5安打を集めて6点勝ち越し、七回にも2点を加え、リードを広げた。

 日本文理は6点差の九回2死から5点を奪う猛反撃を見せたが、あと一歩及ばず、春夏通じて新潟県勢初の全国制覇を逃した。(時事通信)


 「野球はツーアウトから」という慣用句を地で行くかのような日本文理の猛攻で大いに盛り上がった決勝。紙一重で勝利を手にした中京大中京は今大会最強打線で頂点に上り詰めました。これを期に再び中京時代が来るかもしれませんね。おめでとうございます。

 さて、大会を振り返ってプロ注目選手を総括。まず投手はもちろん菊池。長野の指名が決まっている巨人を除き11球団がドラフト1位指名するという無茶苦茶な記事(報知、スポニチ他)も出ています。プロ関係者が盛り上がっているのは間違いないんですが、菊池ってメジャー志望なんですよね。性格的にも相手に失礼ではないかというような派手なガッツポーズをする人なのでいきなりのメジャー挑戦もゼロではないと思います。

 次に菊池と同じ154キロを投げた明豊の右腕今宮。菊池同様ドラフトの目玉になると思ったんですが、身長171センチと少々小柄。本人は野手志望という話もあります。ただ、野球センスの塊ですからね。野手でも1位指名が重複するんじゃないでしょうか。

 投手としては他に岐阜商山田、都城商新西、立正大淞南崎田、東北佐藤、長崎日大大瀬良、長野日大加藤、そして帝京の148キロ1年伊藤他。作新の二番手田代が149キロ出したという「事件」もありました。投手はいい人がたくさんいたと思います。

 野手としては戦前私が推していた倉商の岡は1回戦負けでいいところを見せられず。東北打線に滅多打ちされたので本人も投手としての実力は思い知ったことでしょう。野手として一流になってほしいと思います。

 甲子園でヒットを打つことは大事なんですが、プロ野球ファン的には走力・守備力に加えて打撃のミート力とスイングスピードが問題。その点で目に付いたのは中京の3、4番。腕を畳み見事にインコースの難しい球をさばいた4番堂林の打撃センスは素晴らしいの一言。そして、その上をいくのが走攻守の三拍子揃った3番河合。私が今大会一番いいと思ったのはこの野手です。

 走塁ではなぜそのヒットで帰って来られるんだというような目を見張るベースランニングをしていましたし、サードの守備もファインプレーを連発する反応のよさ。打撃は外角高めのちょっと打てないようなボールを流してヒットにしていました。「超高校級」のバットコントロールです。大体構えがいいですね、この人。あと体つきがいい。努力すればプロで毎年3割打てると思います。法政大学に進学という噂を聞きましたが、どうなんでしょうか。もったいないんじゃないかなあ。
posted by リュウノスケ at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

第45回札幌記念(GII)

三連単 J→@・C・L・M⇔B・E・F・H・I=1万2000円
前回までのトータル:−124万5420円
回収率:34.7%
posted by リュウノスケ at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

第44回テレビ西日本賞北九州記念(GIII)

馬単 C→@・A・B・D・F・G・H・I・K・M・N・O=1万2000円
前回までのトータル:−123万3420円
回収率:35.0%
posted by リュウノスケ at 14:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする