2008年11月30日

ブログで文科省幹部殺害予告をした男は東大卒だった

 文部科学省の局長らの殺害予告をインターネットのブログに書き込んだとして、警視庁捜査1課は29日、脅迫の疑いで、東京都文京区本駒込、無職、M容疑者(25)を逮捕した。

 東大を卒業したが就職していないといい、「理想を持って勉強してきたが、教科書の内容と違う現実があることを知り、文科省にだまされたと感じた」などと供述。ほかに東大教授の殺害予告も書き込んでいたが、元厚生次官ら連続殺傷事件と関連はないという。

 調べでは、20日午前8時ごろから午後0時50分ごろまでの間、自宅パソコンで自身のブログに「文科省官僚への殺人予告をしているのは私です。1週間以内に次の者を順次、自宅で刺殺する」などと書き込み、文科省初等中等教育局長ら幹部10人の実名を挙げて、脅した疑い。(産経新聞)


 文部科学省局長らの殺害予告をインターネットのブログに書き込んだとして、警視庁は29日、東京都文京区本駒込、無職M容疑者(25)を脅迫の疑いで逮捕した。

 同庁幹部によると、同容疑者は東大を卒業後、定職には就いておらず、「理想を持って勉強してきたが、教科書で勉強したことと社会の現実が違っていたことを思い知り、文科省にだまされたという感情が高まった」などと供述しているという。

 発表によると、M容疑者は今月20日、自分が開設したブログに「1週間以内に次の者を、その自宅において刺殺する」などと書き込み、同省局長や課長クラスの実在する幹部職員10人の名前を列挙して脅迫した疑い。

 同庁幹部によると、M容疑者は「目的は詐欺教育に対する天誅(てんちゅう)。国民主権を回復し、抵抗権を行使して悪を殺害する」などとブログに書き込んでいた。

 今月2日ごろ、インターネット上のウェブサイトに、現職の東大教授を名指し、「殺害する」などと書き込んでおり、同庁が通信記録などを照会した結果、文科省幹部の脅迫も判明した。(読売新聞)


 時節柄ブログとか掲示板に犯罪予告をするとあっという間に通報・逮捕されてしまう昨今。先日深夜にNHKを見ていたら「予告.in」の矢野氏が紹介されていました。winnyの47氏と比較すると立派なことをしたのかもしれませんが、矢野氏にしろ犯罪予告を通報する人にしろ、なんだか全体主義国の秘密警察協力者みたいであまりよい印象は受けません。犯人のほとんどは実行する気なんてさらさらない子供か失業者なんだからシカトすればいいだけの話。アホなレスをスルーするのはネットの基本です。

 さて、今回の事件で興味深いのは犯人が東京大学を卒業していたということ。元事務次官を刺殺した小泉は佐賀大中退。秋葉通り魔の加藤は青森高校卒。下関通り魔の上部は九州大学工学部卒で池袋通り魔の造田は天城高校という岡山の進学校中退でした。

 心理学者の岸田秀は自殺とは自己イメージと社会的地位の乖離が許容量を超えた場合に起こると言っていましたが、通り魔も同じような気がします。自分は頭がよくて価値があると思っている人間が実生活で落ちぶれてしまうと知的プライドのない人間に比べてストレスは比較にならないほど大きいでしょう。そんな人が不遇の原因を自分に求めれば鬱病になって自殺するし、社会に求めれば過剰に攻撃的になり、究極的には通り魔になるのではないでしょうか。

 問題は落ちぶれたエリートのストレスをどうするのかということ。酒や博打やセックスで気を紛らわせられない場合、やはり自己分析して状況を言語化するしかないのではないでしょうか。以前一流私大を卒業したものの父親との不和が原因で就職に失敗し、自殺を繰り返していたという男性のブログを読んだことがあります。その人はブログや小説を書くという行為によって苦難を乗り越えているようでした。

 秋葉原通り魔の加藤も携帯サイトにレスしまくっており書けばなんとかなると安易には言えませんが、自殺したり人を殺したりするよりは明らかに建設的。事件を起こしてしまった人間でも全く無反省のまま死んだ宅間守ときちんと総括した永山則夫との違いは、永山が獄中での読書によって自分の人生を言葉にできたからでした。

 書くことは確実に人を癒す効果があります。あまりM君を責めないで、誰か小説でも書くように勧めてあげたらどうでしょうか。とりあえずまだ若いんだし、頭もいいんだから社会的に抹殺するのはもったいないと思います。(内容との整合性があるので今回は引用した記事も含めて犯人の名前をイニシャルとしました)
posted by リュウノスケ at 03:04| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第28回ジャパンカップ(GI)

三連単 @・A・M・O→C・H・J・L・N→B・E・G・I・P・Q=1万2000円
前回までのトータル:−123万9050円
回収率:14.8%
posted by リュウノスケ at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

第25回マイルチャンピオンシップ(GI)

三連単 D・I・L・P→A・C・H・K・N・Q→@・B・F・J・O=1万2000円
前回までのトータル:−122万7050円
回収率:14.9%
posted by リュウノスケ at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

元厚生事務次官連続殺傷事件

 18日午前10時15分ごろ、さいたま市南区別所の元厚生事務次官山口剛彦さん(66)宅玄関で、60歳代ぐらいの男女が胸などから血を流して倒れているのが見つかった。死亡したのは山口さん夫妻とみられ、埼玉県警は殺人の可能性もあるとみて捜査している。

 調べによると、死亡した男女は胸や腹から血を流し、あおむけに倒れていた。男性が玄関から奥、女性は手前側にいた。刃物などは見つかっておらず、物色した形跡も不明という。2人は普段着姿だった。(時事通信)


 18日午前10時15分頃、さいたま市南区別所2、元厚生事務次官山口剛彦さん(66)方で、山口さんと妻の美知子さん(61)が血を流して死亡しているのを、近所の住民が見つけた。

 埼玉県警捜査1課と浦和署は、2人がいずれも刃物で刺されていることなどから、殺人事件として捜査を始めた。

 複数の捜査幹部によると、山口さん夫妻は玄関で並ぶように倒れ、ドア寄りの美知子さんには、深い刺し傷が複数あった。凶器は見つかっておらず、2人とも殺害された可能性が高いという。2人の出血は胸と腹から大量にあり、血が戸外まで流れており、近所の人から110番があった。

 玄関にカギはかかっていなかった。山口さんはワイシャツにズボン、美知子さんはシャツにスカート姿のいずれも普段着姿だった。

 山口さんは東京都出身で、1965年に厚生省(現・厚生労働省)に入省。官房長や保険局長を歴任し、96年11月に厚生事務次官に就任した。99年8月に退官している。

 山口さん宅は2人暮らし。現場は、JR武蔵浦和駅から北西約500メートルの閑静な住宅地。(読売新聞)


 18日午後6時30分ごろ、東京都中野区上鷺宮2の元厚生事務次官で社会保険庁長官も務めた吉原健二さん(76)方で、吉原さんの妻靖子さん(72)が、宅配便業者を装った男にいきなり腹など数か所を刺された。

 靖子さんは通行人に助けを求め、病院に搬送されたが、重傷。男は逃走した。同日朝には同じく元厚生事務次官の山口剛彦さん(66)のさいたま市内の自宅で2人が刃物で殺害されているのが見つかっており、警察庁は、厚生労働省の次官経験者を狙った連続テロの可能性があるとみて、二つの事件の関連性の捜査するよう警視庁と埼玉県警に指示した。

 警視庁野方署幹部によると、靖子さんを刺した男は身長約1メートル60、年齢30歳くらいの中肉。野球帽をかぶっていた。当時、靖子さんは自宅に1人でいたところ宅配業者を装った男に呼びだされ、玄関先に出た際、腹や胸など数か所を刃物で刺されたため、路上に出て助けを求め、通行人に保護されたという。(読売新聞)


 「まさか」「テロじゃないのか」−。夜になって、元厚生事務次官吉原健二さん(76)の妻が刺されたとの一報が入った厚生労働省。午前中には、元厚生事務次官山口剛彦さん(66)夫妻が殺害されたばかり。同省では、驚きの声が上がるとともに、職員は息つく暇もなく対応に追われた。

 元厚労事務次官を狙った新たな事件が起きたとの一報が入ったのは午後9時前。同省9階の広報室には、報道陣が多数詰め掛けたが、担当者は「分からない」と繰り返すばかり。テレビのニュース速報で、吉原さんの妻が刺されたことが確認されたと報道されると、「テロじゃないのか」と驚きの声が上がった。

 大臣室がある庁舎10階の人事課では、職員が歴代幹部らのリストの作成に追われるなど、慌ただしい様子だった。(時事通信)


 どうやら元厚労事務次官を狙った連続テロ事件であることがほぼ確実になってきたようですね。犯人は宅配便業者を装って刃物で刺す手口。警察は歴代厚労省幹部の自宅警備を強化したそうで厚労省関係者の被害はこれ以上出ないんじゃないでしょうか。

 景気も悪いし格差も広がるし社会が戦前のテロ事件が多発した頃に似ていると指摘した識者もいましたが、正にその言葉通りになってきました。秋葉原通り魔事件と違いこれはピンポイントでターゲットを狙っており、意図は明確。元事務次官が殺されたという事実は衝撃的です。

 単独なのか複数なのかまだ分かりませんが、犯人にどのような思想信条があるのか。組織に属しているのか。次の犯罪が起こる前に生きたまま逮捕して犯行の動機や背景を詳細に調べ、その対策をすることがテロ社会を回避するための国家的課題だと思います。


昭和・平成 日本テロ事件史(仮) (宝島社文庫)昭和・平成 日本テロ事件史(仮) (宝島社文庫)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 昭和・平成 日本テロ事件史(仮) (宝島社文庫)
[著者]
[種類] 文庫
[発売日] 2005-07-25
[出版社] 宝島社

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by リュウノスケ at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

「平成の水原勇気?」現役女子高生プロ野球選手誕生

 「平成の水原勇気」がついに誕生した。来年4月に開幕するプロ野球の関西独立リーグのドラフト会議(協賛・わかさ生活)が16日、大阪市のミズノ本社で行われ、合同トライアウトを突破した女子高生の吉田えり投手(16)が神戸9クルーズの7位で指名された。男子選手に交じってプレーする初の女子プロ野球選手の誕生。「小さいころからの夢がかなった」と吉田さんも笑顔でプロの世界に思いをはせた。

 まぶしいほどのカメラのフラッシュにも負けないほど、吉田さんの笑顔が輝いた。テレビカメラ6台、報道陣100人以上が詰めかけたドラフト指名会見。「こういうチャンスはないと思っていたので、ビックリしたという方が大きい。自分もプロで輝きたいという気持ちはあった」と目を輝かせた。

 “一芸”で自らプロ野球界の扉を開けてみせた。神奈川・中川西中3年の冬、ナックルボールで打者を翻弄(ほんろう)する米大リーグ、レッドソックスのティム・ウェイクフィールド投手(42)の存在を知った。「これならそんなに体力もいらないし、長く野球をできるんじゃないかな」軽い気持ちで投げてみると、不思議な軌道で落ちた。

 それを見て力強い確信を得たのは父・勇さん(45)=自営業=だった。友人とのお酒の席では、「絶対に娘をプロ野球選手にする」とたびたび宣言。女子プロ野球選手の水原勇気が活躍する水島新司作の漫画「野球狂の詩」や、梶原一騎原作の漫画「巨人の星」で星飛雄馬が投げる、バットのスイングをよける魔球「大リーグボール3号」など、参考になりそうなものはすべて勧めた。横浜市内の自宅の地下室を練習場に、握りや投げ方を試行錯誤した結果、現在の揺れて落ちる魔球にたどり着いた。

 今月4日に行われた合同トライアウトでは、男子選手相手のシート打撃に登板し、1回を無安打無失点の快投見せた。「話題が先行するが、ちゃんと結果を出したから指名した。おもしろい戦力になる」と、元阪神の中田良弘監督(49)は公式戦での起用を明言した。来年2月1日からの9か月契約で、年俸180万円。「あきらめないでやることって大事だな、と改めて思いました」月給20万円から始まる「平成の水原勇気」の夢が、今、始まった。(スポーツ報知)


 来春開幕予定の「関西独立リーグ」の合同トライアウト最終日が4日、神戸市内の神戸総合運動公園サブ球場で行われ、女子高生ナックルボーラー・吉田えりさん(16)=川崎北高2年=の同リーグ入りが確実な状況になった。神戸9クルーズ・中田良弘監督(デイリースポーツ評論家)が、16日開催のドラフト会議での指名に前向きな意向を表明。実現すれば、男子プロ野球選手とともにプレーする日本初の「女子プロ野球選手」が誕生する。
  ◇  ◇
 16歳の女子高生が、「夢」をグッと引き寄せた。関西独立リーグのトライアウト最終日。ナックルボールを操るサイドスローの女性投手・吉田えりさんが、男子選手を次々に手玉に取った。「プロ野球選手になりたい。毎日野球だけができる人生があこがれなんです」。その大きな瞳にはまばゆい輝きが満ちていた。

 カウント1-1の設定で行われた紅白戦で力を存分に示した。打者4人を空振り三振、四球、二ゴロ、遊飛。速球のMAXは101キロも、全7球のうち5球を占めたナックルの切れ味には「後ろから見ていてもかなり揺れていた」と、神戸9クルーズ・中田監督も舌を巻いた。

 根っからの野球少女だ。小2で野球を始め、中学では男子に交じって軟式野球部に所属。中3秋に硬式に転向し、クラブチームで投手の経験を積んだ。父・勇さん(45)に「投げられればプロになれる」と勧められたナックルに挑戦したのは2年前。メジャーの使い手・ウェークフィールド(レッドソックス)のビデオを見て、精度を磨いた。

 力試しでトライアウトを受験したが、注がれる視線は熱い。「非常に面白い。学校の問題などがクリアされれば獲りたい」と、中田監督は獲得の意向を表明した。大阪も獲得を検討中で、紀州、明石を含めた4球団が希望選手を指名する16日のドラフト会議では、争奪戦になる可能性もある。

 男子に交じってプレーする女子プロ野球選手が誕生すれば、日本では史上初だ。目標は漫画「野球狂の詩」で、揺れながら落ちるドリームボールを武器に活躍した女性投手・水原勇気。「私もああなりたいです」。吉田さんが駆使するナックルという“魔球”にも、無限の「夢」が詰まっている。(デイリースポーツ)


 男子と同じリーグでプレーする史上初の女子プロ野球選手が誕生することとなった関西独立リーグ。単なる客寄せパンダなのか本当に実力があるのかは微妙なところです。

 下の動画を見るとフォームに力感が全くないわけですが、これはナックルボーラーによくあること。2007年に広島で3勝したフェルナンデスもこんな感じでした。大阪球団の村上隆之監督は「配球次第で、十分放れるよ」と実力を評価(毎日新聞)しているそうで、その言葉を信じれば普通に通用するかもしれません。

 それにしても中田良弘や村上隆之など元NPB関係者を集め、この吉田選手にも年俸180万円を提示したりとリーグ運営は大変だと思います。安いと思う人もいるかもしれませんが、今年巨人で大活躍した山口鉄也がアメリカのルーキーリーグ(ミズーラ・オスプレイ)にいた頃の年俸は120万円。これと比較すると吉田の年俸180万は破格の高待遇です。

 欽ちゃん球団の片岡安祐美と同じようにマスコミから異常ともいえる注目を浴びた吉田。これでリーグの知名度も飛躍的に向上して関係者はしてやったりでしょう。吉田が活躍し、興行的にも上手くいくといいですね。


<参照>
関西独立リーグ公式ページ


吉田えり 動画 女子高生16歳 女子 プロ野球


〈ANIMEX 1200シリーズ〉(12) オリジナル・サウンドトラック 野球狂の詩〈ANIMEX 1200シリーズ〉(12) オリジナル・サウンドトラック 野球狂の詩
販売元 : Amazon.co.jp 音楽
価格 :
[タイトル] 〈ANIMEX 1200シリーズ〉(12) オリジナル・サウンドトラック 野球狂の詩
[アーティスト] TVサントラ堀江美都子コロム..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by リュウノスケ at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする