2008年02月29日

「お金パウエル」ソフトバンク入り

 プロ野球の根来泰周コミッショナー代行は27日、東京都内で記者会見し、前巨人のジェレミー・パウエル投手(31)の契約問題で、ソフトバンク、オリックスの選手契約申請をいったん不承認とし、本人の真意を確認した上、その署名のある書面を添付して再度申請した球団の契約を認めるとの判断を示した。

 パ・リーグの小池唯夫会長もこれに同意。同投手はソフトバンクとのみ正式契約したとの認識を示しており、今回の措置によりソフトバンク入りが事実上決まった。その場合、出場停止などの処分を受けずに開幕から出場できる。ソフトバンクは同投手から入団の意思を再確認する文書を28日にも取り寄せる方針。オリックスの機谷俊夫球団代表は「不本意だが、受け入れざるを得ないのかなと思う」と語った。

 パ・リーグは当初、両球団の統一契約書とも有効との見解を示し、事実上3カ月の出場停止に相当する期間を経て、6月23日以降にソフトバンクの支配下選手登録を認めるとの勧告を出した。しかし、両球団とも受け入れを拒否し、コミッショナー代行に裁定を求めていた。

 根来代行はパ会長の勧告を無効とし、オリックスの提訴も却下。一方、外国人選手との契約については、今後同様の問題の再発を防ぐための対策を、実行委員会で検討するよう提案する意向を示した。(時事通信)


 根来コミッショナー代行が示した解決策はソフトバンクの全面勝利となった。今回の騒動を生んだ原因は外国人選手の契約に明確なルールがなく、慣例慣行に頼っていたことにある。

 オリックスと契約交渉をした経験を持つ米国の代理人は「交渉していて不信を感じたことはない」というように、今回も通常の手順を踏んでいたと思われる。だが、ソフトバンクは球団職員ではないブローカーとも称される人物を通じてパウエル側と交渉を続け、電撃的に契約合意にこぎつけた。

 パ・リーグの対応も混乱に拍車をかけた。両球団の統一契約書を形式的な審査で両方有効と判断してしまった。本人の事情聴取はしたが電話で20分ほどの簡単なもの。その結論として出た勧告は、当事者の情に訴える身内意識の強い解決策だった。

 コミッショナー事務局の関係者は「もしパウエルに米国で裁判を起こされたら負ける」と危機感を抱いていた。オリックスの提訴を受けた根来代行は両球団だけでなくブローカーと称される人物からも事情を聴くなど独自の調査をした。

 根来代行は「裏のことは言わない。裁判所ではないので調べることもできない」と表に出ている部分だけで判断せざるを得なかったという。

 国際化が進み、代理人など外部の人間が入り込むようになった今、身内の論理は通用しなくなった。球界全体で外国人選手の契約を考えなくてはいけない。(共同通信)


 なんだかよく分からないまま決着が付いてしまったパウエルの契約問題。オリックスの方が先に契約したんだから金銭トレードで手打ちになると思ってたんですけどね。ソフトバンクの完全勝利ですか。

 謎のブローカーの存在や「もしパウエルに米国で裁判を起こされたら負ける」という関係者の指摘、さらには根来代行の「裏のことは言わない」という意味深な台詞など謎の多い今回の事件。肝心のオリックスの契約書が有効だったのかどうかすらよく分からないまま終わってしまいました。

 5000万でオリックスと契約したらその後1億でソフトバンクからオファーが来たのでオリックスの契約を破棄したのがこの件の概要。本来ならソフトバンクに勝ち目はないはずで、普通に考えればオリックスに権利があるはず。小池や根来がやたらとソフトバンクを贔屓するということは相当な「裏」があるんでしょう。

 それにしてもパリーグの決定した出場停止3ヶ月すらなくなるとは。こんなことならオリックスは提訴しなかったらよかったのに。全く酷い裁定でオリックスファンは本当に気の毒なパウエル契約問題でした。


オリックス・バファローズパーフェクトガイド 2007―Year Book (2007)オリックス・バファローズパーフェクトガイド 2007―Year Book (2007)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] オリックス・バファローズパーフェクトガイド 2007―Year Book (2007)
[著者]
[種類] 単行本
[発売日] 2007-03
[出..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by リュウノスケ at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする