2007年11月26日

ネオナチ17歳少女にカギ十字を彫る

 ドイツ東部のザクセン州で、17歳の女性がネオナチとみられる若い男4人に襲われ、ナチス・ドイツのシンボル「カギ十字」を腰に彫り込まれる事件があり、社会に衝撃を与えている。独メディアが23日伝えた。警察当局が犯人を追っているが、捜査は難航している。

 警察によると、同州ミトワイダで3日、スキンヘッドの4人の男に囲まれて泣いている移民家庭の6歳の少女をこの女性が助けようとしたところ、男たちに組み伏せられ、うち1人に小刀のようなもので約5センチ大のカギ十字の形に傷を付けられたという。(時事通信)


 どんだけ最低なんだよと思うようなこのニュース。アメリカのプアホワイトがレイシストになるのと同じ心理的プロセスでドイツではネオナチになるんでしょうが、ここまで酷いと二の句が継げません。ショッカーかよ。

 日本でもワーキングプアないしニートの青年がネット右翼になり2ちゃんねるなどに民族差別的書き込みをしていることが問題になっているものの、さすがにネオナチのような露骨な暴力というのはあまり聞きません。サッカーファンが象徴的ですが、ヨーロッパのフーリガンは暴動を起こしてスタジアムに放火、日本人は試合後みんなで掃除ですからね。

 キレる若者が一時期話題になりましたが、結局のところ日本の若者は外国と比較して異常に大人しいと思います。そうじゃなかったら派遣やバイトの若者が低賃金で奴隷のような待遇に甘んじているわけはありません。ヨーロッパなら歩くスピードまで規則で決まっているキヤノンの工場なんかとっくに燃やされてますよ。

 記事では犯人グループは未だ逃走している模様。ドイツ警察がボンクラならばモサドがさらって額にダビデの星の焼印でも入れてやればいいのに。とにかく被害者少女の勇気は立派。治療によって傷が消えることを祈ります。


ネオナチと極右運動―ドイツからの報告 (三一新書)ネオナチと極右運動―ドイツからの報告 (三一新書)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] ネオナチと極右運動―ドイツからの報告 (三一新書)
[著者] フランツィスカ フンツエーダー
[種類] 新書
[発売日] 199..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by リュウノスケ at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

第27回ジャパンカップ(GI)

三連単 I→A→@・B・D・E・F・G・K・L・N・O・P・Q=1万2000円
前回までのトータル:−68万9200円
回収率:16.0%
posted by リュウノスケ at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

第8回ジャパンカップダート(GI)

三連単 @→A・F・G・K→A・F・G・K=1万2000円
前回までのトータル:−67万7200円
回収率:16.2%
posted by リュウノスケ at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

星野奈津子ブログの不適切発言で芸能活動停止

 「時効警察」などに出演していたタレントの星野奈津子(20)の所属事務所は21日、星野が自身の公式ブログ「なっちゃん家」で不適切な発言をしたとして1年間の活動停止処分としたと発表した。事務所名で、星野のブログに処分内容を記した謝罪文を掲載した。

 星野は11月19日付のエントリーで、「今我が家で1番話題なのが、祖母と3才5才の姉妹が行方不明になった事件」として、香川県で発生した家族3人が不明となっている事件の犯人を特定するかのような表現をしていた。

 星野は事務所の謝罪文に続いて、自らブログに「今回の私のブログでの記事に関して、大変不適切な発言をしてしまいました事を深く反省しております」と書き込み。「この事を真摯に受け止め芸能活動を自粛致します」と本当にご迷惑をお掛けしまして申し訳ございませんでした」と謝罪した。(産経新聞)


 姉妹のお父さんが犯人なのではないかと家族で話題にしていると書いたようですが、さすがにこれは不謹慎ですね。ちょっとシャレになりません。

 あまり売れてる人ではないのも手伝って事務所も早々に厳しい処分を決定。これはこれで仕方ないものの、では他のメディアはきちんと報道しているのかといえばさにあらず。ワイドショーではお父さんを犯人扱いしているような演出が目立ちます。私が見た限りではお父さんがガソリンスタンドで給油しているところまで付きまとったり、報道陣に抗議している険しい顔を無音で流したりしていました。

 少し考えれば分かるようにこれは林真須美や畠山鈴香と扱いが同じ。被害者家族を報道する際にこういった演出は通常ありえません。犯人が誰なのか分かりませんが、星野さんを問題にするならばテレビ局の報道姿勢も批判されるべきでしょう。


<参照>
星野奈津子オフィシャルブログ「なっちゃん家」


時効警察 DVD-BOX時効警察 DVD-BOX
販売元 : Amazon.co.jp DVD
価格 :
[タイトル] 時効警察 DVD-BOX
[出演]
[レーベル] 角川エンタテインメント
[監督] 三木聡
[種類] DVD

■商品紹介■
2006年1..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by リュウノスケ at 15:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

「入試より難関?」大学進学に資格テストを教育再生会議が検討

 政府の教育再生会議(野依良治座長)は20日の合同分科会で、大学進学希望者に「高卒学力テスト」(仮称)を実施し、合格者に大学受験の資格を与える制度の検討に着手する。

 受験生の負担増につながるとして、一部委員からは慎重意見も根強く、年末の第3次報告に向けて大きな議論を呼びそうだ。

 「高卒学力テスト」は、高校生の学力低下の問題や昨年に全国各地で相次いだ高校の必修科目の未履修問題などを受け、生徒の学力水準や履修状況をチェックするのが狙いだ。

 制度設計の素案によれば〈1〉国公私立や選抜方法を問わず、大学進学を希望する人は必ず受験〈2〉受験科目は、必修科目から保健体育、芸術などを除いた国語、地理歴史、公民、数学、理科、外国語〈3〉全科目の合格者に大学進学資格を付与――などが主な柱。難易度は「高等学校卒業程度認定試験」(旧・大学入学資格検定)を想定しているという。(読売新聞)


 政府の教育再生会議が大学入試改革の目玉として、進学志願者への「高卒学力テスト」導入の検討に入る。背景には、大学全入時代の到来をにらみ、入学者の学力低下傾向に歯止めをかけなければ、最高学府にふさわしい教育を行えなくなる大学が拡大するとの危機感がある。

 改革素案が「大学入学時に必要な学力が備わっていない学生が増加」していると指摘するように、大学教員の間から「九九さえできない学生もいる。そんな学生に何を教えればいいのか」(国立大准教授)との声が聞かれる。

 再生会議関係者は「誰でも入れる大学にも助成金という名の税金が投入されている。大学淘汰を促して『質』を担保し、国際競争力の基盤となる人材を育成することが必要だ」と指摘する。

 ただ受験生の負担が増すことへの批判が広がる可能性もあり、第三次報告に盛り込まれても、直ちに実現に向かうかは見通せない。

 文部科学省の調査によると、高校で学ぶ内容を大学で教える「補修」は二〇〇五年度で二百十校と全体の約三割にも及ぶ。一方、少子化が進む中で大学側は学生の囲い込みに躍起。定員割れしている四年制私立大は全体の約四割に上っているとされる。大学進学のハードルを上げる高卒テストには、大学経営者から反対論が噴き出すことも想定される。(中国新聞)


 少子化の結果低偏差値の無名私立なら誰でも入れるようになってしまった日本の大学。当然のこととして授業が成立しなくなってしまい、その特効薬として教育再生会議は「高卒学力テスト」という妙案を考え出しました。

 補助金削減のための大学統廃合が主目的であり、学生のことなど全く考えてないという気もしますが、一応建前としては筋が通っています。懸念される受験生の負担が増すとの批判にはセンター試験を必須にして合格点を設定すればいいだけの話。どっちにしろこういった試験はあるべきだと思いますし、その結果潰れる大学が出てきたとしてもそんな名ばかりの大学は淘汰されてしかるべきだと思います。

 誰とは言いませんが二世議員のなかには裏口入学で有名私立大学を卒業したと噂される人がいます。全く無試験で学歴を得て国会議員になり、恥ずかしげもなく教育を語ったりするなど笑止千万。愚かな二世議員を国政から排除するという意味でも「高卒学力テスト」はやる価値があるでしょう。


大学入試の戦後史―受験地獄から全入時代へ大学入試の戦後史―受験地獄から全入時代へ
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 大学入試の戦後史―受験地獄から全入時代へ
[著者] 中井 浩一
[種類] 単行本
[発売日] 2007-04
[出版社] 中央公論新..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by リュウノスケ at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする