2007年11月30日

「謝る気なし?」亀田流謝罪会見

 先月11日のWBC世界フライ級タイトル戦で王者の内藤大助(33)に反則行為を繰り返し、日本ボクシングコミッション(JBC)から1年間の資格停止処分を受けた亀田家の二男、亀田大毅(18)が30日午後、約6週間ぶり公の場に姿を見せた。大毅は頭こそ下げてみせたものの、反則行為や言動、内藤に対する謝罪や反省の言葉は一切なかった。謝罪会見は練習再開の条件だったはずだが、協栄ジムの金平桂一郎会長(42)は「百万遍の言葉より、これからの姿をみてほしい」と助け舟を出した。一体これは、なんのための会見だったのか。

 大毅は30日午後2時前、金平会長、長男の興毅(20)とともに東京・新宿の協栄ジムに姿を見せた。丸刈り姿で一言も発せず、わずか2分で退場した11月17日の謝罪会見とは違い、髪も伸び、顔色もよかった。

 冒頭、大毅は「皆さまお騒がせして大変申し訳ありませんでした。今日から、気持ちも体も落ち着いてきたんで、1からではなく、ゼロからスタートしたいと思うので、ファンの皆さま応援よろしくお願いします」と話し、頭を下げた。

 質問とフラッシュを浴びる大毅に興毅が「大毅も気持ちも入れ替えて今日からな、スタートすると思うと自分でも言うとるし、だからまたファンの皆さんな、亀田家をこれからもまた応援してください」と話した。

 おわびすべきは、「世間を騒がせたこと」ではない。繰り返された反則行為や、チャンピオンをゴキブリとののしるなどの言動についてこそ謝罪しなければならなかった。

 しかし、「謝罪会見」を練習再開の条件とした金平会長も「これからいろいろ話をしていきたいと思います。とにかく今は亀田興毅、大毅の成長する姿を温かく見守っていただきたいと思います」などと援護に終始した。

 そのまま着替えて練習に入ろうとする大毅に報道陣から質問が飛んだ。


 −−内藤選手との試合での反則は、誰の指示か

 「反則をして減点取られて、試合に負けた。それが事実」

 −−どうして反則をしたのか

 「試合のことはほとんど覚えてへん」

 −−リングに上がって勝ったら、また歌うか

 「歌うと思うよ。歌好きやから」
 −−内藤選手には言葉で謝罪したのか、頭を下げただけか

 「言葉で謝ったよ。聞いてみて」

 −−部屋でゲームをしてたのか

 「ほっといて」


 2人がいったん消えた後、金平会長は「これで見ている人は謝罪したと思うでしょうか」と聞かれ、「これを謝罪と受け止めるか、そうでないかは、ご覧になった方々の判断だと思います」と話した。

 「世間もこれでは納得できない」とただすと、金平会長は「ちゃんと練習にきて、毎日汗を流し、最後は頭を下げて帰っていくというのが、スポーツ選手の本来の姿。大毅は1年間の試合出場停止という厳罰を受け、それはずっと続く。真面目に練習する姿を見て頂き、納得していただかないことには、まったく前に進めない」と語った。

 わずか1時間のジム滞在。ジムを後にする際、「こんな形で応援されるようになりますか」と声を掛けると、大毅は「そんなこと言われても困りますよ」とだけ答えた。

 こうした「謝罪会見」の様子に、元世界王者の輪島功一氏は「頭を下げたことはいいこと」としながら、「反則をやったときの気持ちをきちんと説明しないと、本当に謝罪したことにはならない」と批判した。

 輪島氏は「自分のやったことを本当は認めたくない、認めても何となくうやむやにしようとしていると受け止められる。本当の謝罪とは意味が違う。きちんと謝ったうえで、記者らの質問を受け付け、当時、こういうことを、こういう気持ちでやってしまったと弁明をし、われわれに分からせないといけない」と述べ、「日本ではつべこべいい訳するなという風潮もあるが、当時の状況について、きちんといい訳を言えるのも自信がないとできないこと。言葉が足りないとの不満の声が出るんじゃないか」と続けた。

 また元世界王者のガッツ石松氏は「見ていないし、興味がない。済んだことだ。ゼロから出発するというなら、そういう心意気でやればいい」と突き放した。一方で会見の状況を説明すると、「それが亀田流の謝罪なのだろう。あとは受ける側の問題だ。謝罪というより療養会見という印象だ。どういう意図で会見したのか、意味が分からない」と語った。(夕刊フジ)


 朝青龍の会見に合わせて練習を再開した亀田大毅。練習前に少しだけ会見をしたようですが、その受け答え、不遜な表情や態度など謝罪とは到底呼べない内容でした。

 毎日新聞が配信した下記記事を読めば分かる通り、大毅本人は反則行為について試合中の減点やJBCの試合禁止処分などで既にペナルティを課されているのでいまさら謝罪する必要を感じていないんでしょう。

 謝罪会見で舌打ちしまくりの朝青龍にしろ亀田大毅にしろアナクロなツッパリというかダーティーヒーロー的なヒールキャラを押し通したわけでそこにある種の美学を感じた人もいるかもしれませんが、亀田家の場合は興毅が謝ってバッシングが納まってたんですけどね。まあ試合もできないし、このまま忘れられても困るので話題作りになっていいのかもしれません。

 前代未聞とも言われる悪質な反則をした選手なだけにまだまだワイドショーなどで批判されるでしょう。弱いしマナーは悪いし冷静に考えたらわざわざテレビで取り上げるようなレベルの選手ではないんですけどね。


次郎長青春篇 つっぱり清水港次郎長青春篇 つっぱり清水港
販売元 : Amazon.co.jp DVD
価格 :
[タイトル] 次郎長青春篇 つっぱり清水港
[出演]
[レーベル] 松竹ホームビデオ
[監督] 前田陽一
[種類] DVD

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by リュウノスケ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亀田大毅謝罪会見一問一答

 亀田大毅と兄の興毅、協栄ジムの金平桂一郎会長の記者会見での一問一答は次の通り。

 大毅 お騒がせして申し訳ありませんでした。きょうから気持ちも体も落ち着いてきたので一からではなく、ゼロからスタートしたいのでファンのみなさまよろしくお願いします。

 興毅 大毅も気持ち切り替え、ゼロからスタートすると言っている。ファンの皆さん、これからも亀田家をよろしくお願いします。

 金平 これからまだ大毅といろいろと話をしていきたい。今は亀田興毅、大毅の成長の姿を温かく見守ってほしい。きょう集まりの皆さんは、そこを踏んで温かく見守ってほしい。よろしくお願いします。さあ着替えて。

 −−質問いいですか。(丸刈りで謝罪会見をした)17日の姿と比べて日本中が今の姿に驚いていると思うけど、この間何を考えて、どう変わったのか教えてほしい。

 大毅 考えですか? だから、あのう、何て言ったらいいのだろう。世界戦から51日たった。おれの中ですべてが変わったと思う。ゼロからスタートしたいと思っている。

 −−具体的に何が変わったのか。

 金平 何が変わったのかは、これからの姿を見て上げて下さい。百万の言葉を使って言うよりも、これからの姿を見てほしい。よろしくお願いします。

 −−精神的にも立ち直ったと考えていいか。

 大毅 精神的にもすべてにおいてゼロからスタートしたいと思っています。

 −−ウェイトとかはどうですか。

 金平 ウエイトはこれから動いた後に話をしたいと思っています。

 −−反則行為は指示があったからやったのか、それとも自分の意思だったのか。

 大毅 おれが反則したということは、それが減点を受けて試合に負けた。それが事実です。

 −−それはお父さん(世界戦のときのトレーナーの史郎氏)と興毅選手の指示か

 大毅 違います。僕の指示です。

 −−改めてお父さんには何を伝えたい。
 金平 お父さんは協栄(ジム)を去った人間で、ボクシング界を去った人間。これは亀田家の中での話。とにかく今日は彼らが動く姿、動いた後の礼儀、スポーツマンとしてあるべき姿を見せたいと思う。

 −−きょうは朝青龍のとダブル謝罪会見と言われていますが。

 金平 朝青龍のことは関係ないと思いますよ。亀田家とは。

 興毅 大毅! はよう着替えろ(とロッカールームに呼ぶ)

 −−なぜ反則をしてしまったのか。

 大毅 今でも試合のことはあまり思い出せない。すぐに終わった感じなので。緊張していたと思っています。

 −−(王者の)内藤(大助)選手に対してどういう気持ちですか

(2人はロッカールームへ消える)

 金平 私が受けましょう。内藤選手のこと、朝青龍のこと、史郎さんのこと。史郎さんについては、すべて亀田家内のことと思います。それから今日、私が言ったのは出てきてあいさつをする。終わるときにあいさつする。それが前提で10月に1時間20分のロングラン会見をした。あそこで亀田家として一つのけじめをつけて、次に大毅がきちっと頭を下げている。1年間の厳罰を受けている最中ですので、そこをかんがみてほしい。

 −−これが謝罪会見ということでいいのか。

 金平 これを謝罪と取っていただくか、そうでないと取っていただくかか、みなさまが考えること。私としては実際にリングに上がって動く姿を見て「よろしくお願いします」とジムに来て、最後に「ありがとうございます」と去っていく。これがアスリートとしてのあるべき姿。行為は確かに悪い。ですから厳罰も受けて、この場にいたっている。私としては、これからの亀田家の姿を見守ってほしい。

 −−今の姿では国民も、よっぽど興毅選手の方が謝罪色が強いと思われるのではないか。

 金平 謝罪色が強いか、強くないか別として、彼は1年間資格停止の厳罰を受けている。これから実際に体を動かして、その中で現実を見て成長していくものと思っている。

 −−会長としては、これでよい、と。

 金平 私としてはこれを受け入れて、これから先、毎日汗をかき、練習する姿によって、真のボクサーとしての本来のあるべき姿にと思う。興毅はあれだけ長い会見をした。大毅は、あの会見をした。申し上げた通り、今の興毅と大毅を見てほしい。大毅はまだ幼い。幼いからこそ反則をした。これから成長する姿をみてほしい。

 −−今の姿も幼さの表れなのか。

 金平 それは、どうとらえていただいても結構ですが、私は頭を下げて練習に戻りなさいと言った。これから試合ができるわけではない。長い長い罰が待っている。それを受けながら一日一日、また汗をかいていく。これは一つの始まり。これからまだ長い道のりがある。

 −−興毅の会見は時間無制限だったが、この短さは会長から見て謝罪と言えるのか。

 金平 彼らは逃げるわけでも、隠れるわけでもなく練習する。その姿を見て、どう思われるかはみなさんの判断です。

 −−それは普通、どんな選手でもやっているのではないか。

 金平 どの選手もやることをやる前に、興毅は普通の選手ではやらない長い会見をやった。今回改めて長いロングラン会見をするのも、今の大毅にはどうかな、と。長い会見はあのときもそうだったけど、興毅の心情、立場を言えということでやった。今の大毅はこういうこと。これから成長していくと思う。

 −−今の会見を見た人がどう思うのか。

 金平 どう思うかは見たままの姿と思う。長いスパンで見届けて、そして結実するのはリングに上がる姿だと思う。物足りないという声は出ると思っていた。それでも、こういう形を取る。でなければ、いつまでも前に進まないのではないか。少なくても逃げも隠れもしないので、これからリングに上がって練習するということです。(毎日新聞)
posted by リュウノスケ at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

ネオナチ17歳少女にカギ十字を彫る

 ドイツ東部のザクセン州で、17歳の女性がネオナチとみられる若い男4人に襲われ、ナチス・ドイツのシンボル「カギ十字」を腰に彫り込まれる事件があり、社会に衝撃を与えている。独メディアが23日伝えた。警察当局が犯人を追っているが、捜査は難航している。

 警察によると、同州ミトワイダで3日、スキンヘッドの4人の男に囲まれて泣いている移民家庭の6歳の少女をこの女性が助けようとしたところ、男たちに組み伏せられ、うち1人に小刀のようなもので約5センチ大のカギ十字の形に傷を付けられたという。(時事通信)


 どんだけ最低なんだよと思うようなこのニュース。アメリカのプアホワイトがレイシストになるのと同じ心理的プロセスでドイツではネオナチになるんでしょうが、ここまで酷いと二の句が継げません。ショッカーかよ。

 日本でもワーキングプアないしニートの青年がネット右翼になり2ちゃんねるなどに民族差別的書き込みをしていることが問題になっているものの、さすがにネオナチのような露骨な暴力というのはあまり聞きません。サッカーファンが象徴的ですが、ヨーロッパのフーリガンは暴動を起こしてスタジアムに放火、日本人は試合後みんなで掃除ですからね。

 キレる若者が一時期話題になりましたが、結局のところ日本の若者は外国と比較して異常に大人しいと思います。そうじゃなかったら派遣やバイトの若者が低賃金で奴隷のような待遇に甘んじているわけはありません。ヨーロッパなら歩くスピードまで規則で決まっているキヤノンの工場なんかとっくに燃やされてますよ。

 記事では犯人グループは未だ逃走している模様。ドイツ警察がボンクラならばモサドがさらって額にダビデの星の焼印でも入れてやればいいのに。とにかく被害者少女の勇気は立派。治療によって傷が消えることを祈ります。


ネオナチと極右運動―ドイツからの報告 (三一新書)ネオナチと極右運動―ドイツからの報告 (三一新書)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] ネオナチと極右運動―ドイツからの報告 (三一新書)
[著者] フランツィスカ フンツエーダー
[種類] 新書
[発売日] 199..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by リュウノスケ at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

第27回ジャパンカップ(GI)

三連単 I→A→@・B・D・E・F・G・K・L・N・O・P・Q=1万2000円
前回までのトータル:−68万9200円
回収率:16.0%
posted by リュウノスケ at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

第8回ジャパンカップダート(GI)

三連単 @→A・F・G・K→A・F・G・K=1万2000円
前回までのトータル:−67万7200円
回収率:16.2%
posted by リュウノスケ at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする