2007年09月30日

第41回スプリンターズステークス(GI)

三連単 N→A・B・J・M→D・K・L=1万2000円
前回までのトータル:−59万3200円
回収率:18.1%
posted by リュウノスケ at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

佐藤藍子乗馬インストラクターと結婚

 女優・佐藤藍子(30)が、千葉県の乗馬倶楽部に勤める乗馬インストラクター、沼田拓馬さん(29)と結婚したことを26日、発表した。佐藤は、所属事務所を通じて直筆FAXでマスコミ各社に結婚を報告。2人は1年前に乗馬を通じて意気投合し、佐藤の30歳の誕生日であるこの日、婚姻届を提出した。佐藤は妊娠はしておらず仕事を続けていく。また、挙式、披露宴などは未定という。

 佐藤のハートを射止めたのは、白馬に乗った王子様だった。昨年6月に乗馬を始めた佐藤は、千葉県内の乗馬倶楽部に通い、そこで華麗な乗馬フォームで馬を操る沼田さと知り合った。その後、2人は馬の魅力などを語り合ううちに意気投合。毎週のように乗馬デートを重ね、知り合ってわずか1年余りでゴールインすることになった。

 関係者によると沼田さんは、身長170センチほどで中肉中背。出身地など詳細は一般人ということで発表を控えているが、人柄は物静かで人を包み込むような雰囲気の持ち主だという。

 佐藤は「お互いの仕事が“うま”くいく様に皆様、温かく見守って頂ければ幸いです。人馬一体となって、笑顔あふれる楽しい家庭を築いていきたいと思います」とウマい喜びコメント。

 結婚後も芸能活動は続け、「結婚しても仕事は『佐藤藍子』として一生懸命取り組んでいきたいと思います」と抱負。現在、都内か千葉県内に愛の巣となる新居を探しており、挙式、披露宴の予定は未定という。(デイリースポーツ)


posted by リュウノスケ at 01:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

日清焼きそばUFOはまずくなったか

 相次ぐ燃料高、気候変動による原料の不作のあおりを受け、小麦を扱う業界で値上げの動きが広がっている。大きな要因となったのは、小麦粉の原産国のオーストラリアやヨーロッパ各国の天候不順による著しい値上がり。政府の輸入小麦売り渡し価格は、4月に1.3%だったが、10月にはさらに10%上がる。

 日清食品は5日、即席袋めんとカップめん製品の希望小売価格を来年1月出荷分から7〜11%値上げすると発表した。1990年以降17年間値上げせず一定価格で販売してきたが、小麦粉、油、包装などの原料費が数十億円単位で増加し、値上げに踏み切らざるを得なくなった。

 「チキンラーメン」、「日清のラーメン屋さん」、「日清の出前一丁」、「日清焼きそば」などが10円値上げし100円に、「カップヌードル」シリーズや「日清のどん兵衛」、「日清焼きそばU.F.O.」などが155円から170円にする。

 製粉各社はこれを受け業務用小麦粉の出荷価格を引き上げる。即席めん業界だけでなく、小麦粉を大量に使用するパン業界でも値上げを視野に入れ検討しているという。(アメーバニュース)


 小麦価格の上昇が理由で値上げに踏み切った日清焼きそばUFO。昔から好きなカップ焼きそばだったんですが、最近味が変わったような気がします。

 ソースが辛くなったのは結構前。それに加えていつの間にか麺も変わっていました。先日久しぶりに食べてまずかったので茹で過ぎてのびたのかと思い、茹で時間を30秒ずつくらい変えて3つ食べましたが、程度は違えど同じ食感。いまの麺は悪い意味で軽いというかぱさついた感じで「どん兵衛」の麺に近く、これは焼きそばに向いていません。

 いままでの味を維持すると今回以上の値上げになってしまうんでしょうが、UFOはペヤングと並ぶカップ焼きそばの老舗ブランド。今回改悪した担当者たちは故安藤百福氏に謝罪すべきでしょう。しかし、伝説的創業者が亡くなってすぐにまずくなるなんてモスバーガーみたいですね。とりあえず私はもう買わないと思います。





<参照>
ウィキペディア 日清焼そばU.F.O. オタフクソースとの関係
posted by リュウノスケ at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

第55回神戸新聞杯(GII)

三連単 M→H→@・A・B・C・D・E・F・G・I・J・L・N=1万2000円
前回までのトータル:−58万1200円
回収率:18.4%
posted by リュウノスケ at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

「うなぎだけに掴みどころがない?」東国原ブランド偽装発覚

 九州のウナギ業者が輸入したウナギを国産と偽っていた問題で、宮崎県の東国原知事「お墨付き」ブランドのかば焼きにも輸入ウナギが混じっていた疑いが強まり、農林水産省が調査を始めました。

 問題となっているのは、東国原知事のイラストのシールをつけて、「宮崎県産」と書かれた一部の業者のかば焼きです。このかば焼きは、北九州市の工場で加工され、首都圏や関西のスーパーで売られていました。ところが、仕入れ先の宮崎市の卸売業者が、台湾からウナギを輸入して国産として出荷していたことが明らかになり、卸売業者もかば焼き工場も農水省などの立ち入り検査を受けました。かば焼き工場は「偽装には関与していない。仕入れ先を信用して取引していた」としています。農水省は、宮崎県のイメージに便乗した産地偽装とみて、全国の担当職員2000人を動員して店頭での調査も始めています。(ANNニュース)


 せっかく人気になっていた宮崎ブランドに水を差すこのニュース。テレビ朝日は卸売業者が偽装工作する現場映像まで抑えておりスクープとして完璧です。

 もうこうなると謝るしかないわけですが、経営者としての資質がないのでしょう。知事シールを取り扱う会社の社長を任されている大森うたえもんは「シール添付の許可を与えた企業は300社に渡り品質をチェックすることは事実上不可能」とブランド否定ともいえる暴言を吐き、さらに「うなぎだけに掴みどころがない」とギャグまで飛ばす始末。

 そもそも知事シール本来の趣旨は「安心で品質のよい」宮崎の特産品を紹介することにあるはず。儲かるから大量に許可を与えたんでしょうが、取引業者が多すぎて県内産かどうかチェックできないというのでは本末転倒。大森社長は知らなかったですまそうとしているようですが、一般企業でこういった偽装が行われるとその時点で商品を店頭で取り扱ってくれなくなり倒産に至る場合もあるわけで、「悪意のないミス」が通用しないからこそ食品メーカーは原料まで徹底して管理しているわけです。

 普通の食品メーカーなら致命的なんですが、問題は東国原知事に媚び続ける民放各局。ここで掌を返して一斉にバッシングするのか、いままで通り手加減するのか。東国原知事の取り上げ方はなんだか小泉ブームのときと似てますからね。もしかしたらほとんど報道されないかもしれません。


<参照>
読売新聞 産地偽装うなぎに東国原知事シール、県議会で問題に


posted by リュウノスケ at 20:37| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする