2007年08月26日

第43回農林水産省賞典 新潟記念(GIII)

三連単 A→E・F・L・N→E・F・L・N=1万2000円
前回までのトータル:−53万3200円
回収率:19.7%
posted by リュウノスケ at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

「被害者は自殺未遂も」真珠商法の社長逮捕

 愛媛県愛南町の真珠養殖販売会社「キュート」が「真珠と多額の配当金が手に入る」と約束して不特定多数の人から約50億円以上の出資金を集めた事件で、愛媛、宮城など6県警の合同捜査本部は19日、同社社長、浦川満夫容疑者(64)=茨城県笠間市=を出資法違反(預かり金の禁止)容疑で逮捕、同社元幹部数人の逮捕状を取った。捜査本部は詐欺罪での立件も視野に入れ、真珠アクセサリーを使った商法の実態解明を進める。

 愛媛県警などによると、同社は02年ごろから「100万円を投資すれば高級真珠が手に入り、1年半後には120万円になる」などと宣伝し、元本保証と配当金の支払いを約束して顧客から金を集めた疑い。

 販売代理店を通じて東北、北関東、四国地方など少なくとも39都道府県の2500人以上から50億円を超える額を集めたとみられている。

 顧客集めには、主に信販会社の分割払いを利用。「信販会社への毎月の支払いは『キュート』が行う」と説明し、一括して多額の現金を準備できない主婦らからも投資を募っていた。05年7月以降に信販会社への振り込みが止まり、配当金の未払いが続発。同社は今年4月に出資法違反容疑で愛媛県警などの家宅捜索を受けている。

 地域にネットワークを持つ小売店を販売代理店にし、「知人を契約させればお小遣いがもらえる」などと宣伝。報奨金を払ったため、親しい者同士の間で被害が広がった。

 浦川容疑者は今回の「真珠商法」以前にも、マダイ養殖で同様の投資を持ちかけていたことが表面化している。

 浦川容疑者は逮捕前、毎日新聞の取材に、「海の荒廃で真珠の生産量が下がり、利益の還元ができなくなった。品物を渡しているので出資法違反や詐欺にはあたらない」と話した。(毎日新聞)


 「どうやって償えばいいのか」−。20日、愛媛県警などが社長らを逮捕した「キュート」による「真珠商法」は、出資者の口コミで会員を拡大していった。被害者であると同時に、友人らを巻き込んでしまった罪の意識にさいなまれる日々を送る人もいる。

 キュートの商法は、新規会員一人を紹介すれば紹介料がもらえるシステム。主に主婦の口コミで会員を拡大した。東北地方の50代の女性は5月、宮城県警などから事情聴取を受ける中、思い詰めて自殺を図った。幸い夫がすぐに見つけ助かった。

 女性は2005年4月、知人から投資を持ち掛けられ、家族で計4500万円を出資。幼なじみや大学時代の友人ら約10人も誘い、紹介料だけで約100万円を手にした。しかし、事情聴取を受けて「容疑者」の立場になっていることに気付いた。

 老後の蓄えもなくなり、精神的に不安定に。「消えてしまいたくて」自殺を図った。今は「なるようにしかならない」と吹っ切れたが、近所の人に合わせる顔がなく、家にこもりがちになった。

 山形県酒田市の40代の主婦は、結婚を世話してくれた親類の女性に投資を持ち掛けられた。怪しいと思ったが、女性を信頼して出資した。「姉もすでに契約していると聞き、断ったら『信頼していないの?』と言われそうだった」

 配当が滞ったことを伝えると、信頼していた女性に開き直られた。「親類にも裏切られ、誰を信じてよいのか分からない」。人間不信に陥った。(共同通信)


 投資詐欺とマルチ商法を合体させた真珠養殖販売会社「キュート」。大事な財産がなくなっただけでなく人間関係も悪くなってしまった被害者は上記記事の通り悲惨な状況のようです。

 アムウェイで有名になったマルチ商法の被害者は未だに後を絶ちませんが、同様の業者は際限なく生まれ続けるので消費者センターや『悪徳商法マニアックス』がどんなに注意喚起しても切りがありません。

 紹介料欲しさに家族や親戚、学校・会社の友人に勧めても所詮無価値な商品。得するのは業者だけで売った側も買った側も後で酷い目に遭うに決まっています。

 今回のような金融商品ならば和牛やエビ、鯛や真珠など分かりやすい商品に投資すると言った方がお年寄りはお金を出しやすいんでしょうが、詐欺師に多額の金を預けるくらいなら国債でも買った方がマシ。とにかく被害者のためにも浦川社長が隠しているであろう資産を可能な限り回収した上で長い懲役を科すべきでしょう。


<参照>
悪徳商法マニアックス
ウィキペディア アムウェイ


地獄のマルチ商法地獄のマルチ商法
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 地獄のマルチ商法
[著者] 大下 英治
[種類] 文庫
[発売日] 2007-05
[出版社] 桃園書房

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by リュウノスケ at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース(投資詐欺) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

「七人のメタボ侍」伊勢市課長減量作戦で急死

 三重県伊勢市で「七人のメタボ侍 内臓脂肪を斬(き)る!」と題して市幹部らが減量に挑戦する企画に、市長らとともに参加していた同市健康福祉部の男性課長(47)が、運動中に倒れ死亡していたことが17日、分かった。

 伊勢署などによると、課長は休暇中の14日午前、Tシャツと短パン姿で自宅近くの路上に倒れているのを通行人に発見されたが、既に死亡していた。死因は虚血性心不全で、ジョギング中だったとみられる。

 この企画は生活習慣病予防をPRするため森下隆生市長(57)が発案。メタボリック症候群の疑いのある幹部7人が、保健師から食生活や運動のアドバイスを受け、減量に挑んでいた。課長は腹囲が100センチあり、「10センチ減」を目標としていたが、保健師に急激な減量をいさめられていたという。

 同市の中北幸男健康福祉部長は「死亡と減量の因果関係はなく、減量のために運動すること自体は健康に良い行為」と述べた。(産経新聞)


 自分の健康に加えて市民に範を示すため頑張ったらあえなく急死してしまったというこのニュース。間抜けといえば間抜けですが、業務命令なので正直いってかなり気の毒です。

 「減量のために運動すること自体は健康に良い行為」という伊勢市の当たり障りのないコメントは責任を回避したいだけですし、この企画を考えた森下市長も『報道ステーション』でなぜか薄ら笑いを浮かべていました。両者とも死者を悼む気持ちは微塵も感じられず他人の健康を語る資格はありません。こんな奴らの命令で死んだかと思うと胸糞悪いのでしょう。亡くなられた職員のお母さんも不愉快そうでした。

 伊勢市はこの企画をこれからも続けるそうですが、無理はするなという配慮と同時に結果を出せと要求される職員も大変ですね。因みに映画『七人の侍』で生き残る侍は3人だけです。


<参照>
伊勢市公式HP 「7人のメタボ侍 内臓脂肪を斬る!」


映画ポスター『七人の侍』映画ポスター『七人の侍』
販売元 : Amazon.co.jp おもちゃ
価格 :
[タイトル] 映画ポスター『七人の侍』
[ブランド] シネマコレクション

■商品紹介■
【邦画】黒澤明監督の世界映画史に残る名作..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by リュウノスケ at 02:31| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

明治大学応援団リーダー部いじめ自殺事件

 明治大学(本部・東京都千代田区)の応援団リーダー部に所属していた男子学生が自殺していたことが14日、分かった。休学中の自殺で、部内でのいじめを示唆した遺書が残され、親族が「部内での人間関係を苦にしていたのではないか」などと大学側に届け出たという。大学では、学内に調査委員会を設置し、リーダー部の活動を当面休止。応援団の活動と自殺との因果関係などについて調査に乗り出した。

 明大の複数の関係者によると、自殺したのは理工学部2年の男子学生。男子学生は今年初め、リーダー部を退団し、大学も休学。実家に戻っていた7月下旬に自宅で首をつり、病院に運ばれたが死亡したという。

 部内でいじめがあったことをほのめかした遺書が残されていたことから、親族が大学に連絡。大学は自殺の背景などを調べるため、調査委員会を設けた。

 リーダー部では、ほかにも体調を崩すなどして退団や休団する学生がいたという。上下関係も厳しいとされることから、調査委は、リーダー部の活動に問題はなかったかについても調査するとみられる。今月中にも結論を出す方針という。

 ホームページなどによると、明大応援団には男子学生からなるリーダー部、バトン・チアリーディング部、吹奏楽部の3つがあり、六大学野球など体育会活動の応援指導を行っている。リーダー部は大正11年の創部で伝統がある。

 産経新聞の取材に、納谷廣美学長は「自殺したという報告は受けている。現在、調査委員会を設置して調べている。自殺があったのは事実だから、きちんと調査するよう指示した」と話している。(産経新聞)


 また明治か。この大学は前にも運動部員が合宿所の近隣住民とトラブルになって民事訴訟を起こされていました。そのときの対応も最悪だったので今回もたぶん揉み消しに近い形で闇に葬られるでしょう。

 それにしても明治の理工学部といえばビートたけしの後輩。文系と違って理系は教授が就職の世話をしてくれるので応援団なんかに入らなくても余裕のはず。特に理系学生不足で引く手あまたのいまならば卒業後には間違いなく一流企業に入れたでしょう。入学式で無理やり勧誘されたのかもしれませんが、後輩をいじめ殺すようなつまらない部など入らなければよかったのに。

 自殺させた先輩がどういったいじめをしたのか気になりますが、手紙に書いてない行為に関しては民事訴訟で応援団員の証言でも出ない限り分からないでしょう。

 相撲部屋のリンチ殺人疑惑のように上下関係のある閉じた組織は暴力を伴ったいじめが起こりがち。あまり人付き合いが上手でない学生はどうしても入る必要がない限り旧態依然とした部活動など相手にしない方が無難ではないでしょうか。亡くなられた明大生のご冥福を心よりお祈りします。


<参照>
明治大学応援団
ライブドア・ニュース 明治大騒音訴訟で賠償命令
ZAKZAK 親方誠意なし…17歳力士急死、耳は裂け根性焼き痕
posted by リュウノスケ at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

トンボ鉛筆会長覚醒剤で逮捕 

 覚醒(かくせい)剤と大麻を所持していたとして、覚せい剤取締法違反(所持)などの現行犯で老舗文具メーカー「トンボ鉛筆」(東京都北区)会長、小川洋平容疑者(59)=新宿区市谷砂土原町=が警視庁浅草署に逮捕されていたことが14日、分かった。「好奇心から吸い始めた」と供述しており、数カ月以上前から常用していたとみて入手先を追及する。

 調べでは、小川容疑者は13日午後6時ごろ、豊島区北大塚のホテルの客室内で、覚醒剤5・7グラムと大麻樹脂2グラムを所持した。「小川容疑者がホテルで薬物を使っている」との情報が複数あり、同署が内偵捜査のうえ客室に踏み込んだところ、1人でいた小川容疑者のズボンのポケットやベッドの上から覚醒剤などが見つかった。

 同署は自宅も家宅捜索し、吸引に使うパイプや覚醒剤の空袋数十袋を押収した。

 小川容疑者は創業者一族で平成2年に社長に就任。15年に代表権のない会長に退いた。

 トンボ鉛筆は大正2年に創業。青・白・黒を基調にした「MONO(モノ)」シリーズで、鉛筆をはじめボールペンやスティック型のりなどを販売している。

 大手企業の経営トップが薬物事件で逮捕されたケースとしては、平成5年の角川書店社長(当時)=麻薬取締法違反容疑=や17年のダイナシティ社長(同)=覚せい剤取締法違反容疑=らがいる。(産経新聞)


 上記記事にもあるように麻薬で逮捕された企業家で最も有名なのは角川春樹。今回捕まったトンボも角川と同じ同属経営なんですが、企業業績が社内の地位と直結していないので甘えが出てバカ殿化しまうのもしれません。そういえば昔金鳥の社長が女子大生と乱交してたスキャンダルもありましたね。

 ダイナシティの社長は叩き上げなのかもしれませんが、この人はこの人で怪しいこと山の如し。ヒューザーの小嶋進も完全に詐欺師でしたが、マンション売ってる人はインチキ臭いのが多いのかもしれません。

 村上龍が司会しているくだらない提灯番組などで企業役員が国家・国民を語ることも多い昨今ですが、基本的には金儲けしか興味のない奴らですからね。土光敏夫さんレベルの立派な財界人ならまだしも、リストラやって業績上げたようなボンクラ共に偉そうなことを言う資格はないでしょう。


<参照>
ウィキペディア 角川春樹
Mr.Showbiz - シャブ漬け逮捕のダイナシティ社長がタニマチの大名行列


闇の系譜 - ヤクザ資本主義の主役たち (講談社+α文庫)闇の系譜 - ヤクザ資本主義の主役たち (講談社+α文庫)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 闇の系譜 - ヤクザ資本主義の主役たち (講談社+α文庫)
[著者] 有森 隆+グループK
[種類] 文庫
[発売日] 2006-08-19
..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by リュウノスケ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする