2007年07月18日

「殴られた?」赤城農水相の顔に謎のガーゼ

 多額の事務所費問題が取りざたされている赤城徳彦農水相(48)は17日午前、顔に複数の絆創膏を張った姿で閣議や会議に出席した。閣議後の会見ではけがの理由について「大したことはありません」と説明を拒んだが、会見直後に一転、「公務(中のこと)ではありません。私は肌が弱いので、かぶれたのかもしれません」とのコメントを発表したが、報道陣の疑心暗鬼を完全に払拭(ふっしょく)することはできなかった。

 赤城農水相は事務所費問題について先週、「ルールにのっとってやっている」と釈明、10〜13日の日程で欧州に出張していた。17日は安倍晋三首相らとともに午前8時前から「第1回食料の未来を描く戦略会議」に出席。絆創膏姿で公の席に初めて登場、大臣としてあいさつも行った。

 会見では「けがをしたのはいつか」「公務中のけがなのか」などの質問が相次いだが、赤城農水相は硬い表情で「ご心配なく。大したことありません」「何でもありません」と繰り返し、足早に大臣室に戻った。

 ところがその直後、政策報道官が大臣コメントを持って報道各社に説明に回り、絆創膏問題の火消しに躍起となった。報道陣の間からは「なぜ会見で説明しないのだろう…」と不思議がる声が相次いだ。(産経新聞)


 台風が去ったかと思ったら今度は新潟で地震。被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 さて、事務所費問題で杉村太蔵にまで叩かれている赤城農水相が額と頬にガーゼを貼った痛々しい姿で官邸に登場。どう見ても殴られたとしか思えませんが、本人は「大したことない」の一点張り。怪しいことこの上ありません。

 問題は犯人。一瞬安倍総理が失態に激昂して殴ったのかと思ったんですが、安倍さんは会見する赤城大臣の顔を不思議そうに覗き込んでいたので違うようです。夫婦喧嘩とも思えませんし、やはり有力支持者ですかね。中川幹事長も殴りそうですが、そこまでバカじゃないでしょう。選挙前ですし。


<『政治とカネについて』 杉村太蔵>
政治とカネについて。
はっきり申し上げて、いい加減にしていただきたいですね。
うんざりでございます。

なぜ領収書を公開しませんかね?
領収書の公開を拒否するその姿勢から、何か不信感を抱かれるのも当然であります。

せめて保管期限が定められている領収書くらいはさっさと公開した方がよっぽど国民の皆様も理解していただけると思いますがね。
(『杉村太蔵ブログ - 自由民主党』2007年07月12日 19:52)


自民党の底力自民党の底力
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 自民党の底力
[著者] 小泉 純一郎/中川 秀直/武部 勤/舛添 要一/石破 茂/谷垣 禎一
[種類] 単行本
[発売日] 2007-06-..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by リュウノスケ at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする