2007年07月31日

惨敗自民の獲得議席は37

 29日投票が行われた第21回参院選は、30日午前にすべての開票作業を終了し、改選121議席が確定した。

 自民党は37議席しか獲得できず、過去最低だった1989年の36議席に次ぐ惨敗となった。非改選と合わせても83議席にとどまり、55年の結党以来、初めて参院第1党の座から滑り落ちた。

 自民党が厚い支持層を誇ってきた地方の1人区で6勝23敗と大きく負け越したほか、都市部でも票が伸び悩んだ。

 公明党も過去最低と同数の9議席にとどまった。公認候補を擁立した5選挙区では、2勝3敗と負け越した。選挙区選で公認候補が落選したのは、89年の参院選以来となった。(読売新聞)


 自民党えらい負けましたね。他の野党も議席を減らして民主の一人勝ち。日本もいよいよアメリカのような二大政党制になるんでしょうか。

 小泉前首相が「自民党をぶっこわす」と土建屋さんを冷遇した結果、党を支えてきた集票マシーンが完全に崩壊。無駄な公共事業をストップして財政を再建する「小泉改革」は圧倒的支持を得たものの、ポスト土建政治が新自由主義という東京・大企業・資産家優遇政治であるとこがはっきりしたいま、小泉政権を支えた無党派層が一斉に逃げてしまったようです。

 まあ、よく考えれば大企業とか資産家ばかり優遇するいまの自民党が選挙に勝てるわけないんですよね。国民のほとんどは大企業なんかに勤めてないし、資産家でもないんですから。「投票してくれる限りちゃんと食わせてやる」という古き良き伝統を捨ててしまった自民党を一般庶民が支持する理由は何もなく、この惨敗は最初から決まっていたのかもしれません。

 さて、個人的に注目の丸川さんは見事に勝利。競っている3人のなかでは共産党が組織票で優位とサンケイスポーツを真に受けて書きましたが、勝ったのは丸川さんと川田さんでした。おめでとうございます。川田さんは日本の中央省庁で最も反国民的な厚労省を行政被害者の立場から建設的に批判してくれるでしょう。頑張ってください。

 丸川当選の結果として苦汁を嘗めたのはなんと保坂三蔵。自民党は丸川さんを余り応援しなかったという報道もありましたが、たぶんこうなることに危機感を抱いたのでしょう。予想通り最悪の事態となってしまいました。保坂を蹴落として自分が当選してしまったことにショックを受けたのかフジテレビのインタビューでは泣いてしまった丸川さん。あれを見る限り政治家には向いてないと思うんですけどね。

 競争社会を志向する安倍さんも今回の選挙は完全に負け組。人の上に立つ総理大臣こそ負けたら責任を取るべきなんですが、本人は全く辞める気ないようです。小学生にまで競争を強いておいて自分は競争社会に生きていないとは笑止千万。もう競争なんて言わなきゃいいのに。


安倍晋三対論集―日本を語る安倍晋三対論集―日本を語る
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 安倍晋三対論集―日本を語る
[著者]
[種類] 単行本
[発売日] 2006-04
[出版社] PHP研究所

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by リュウノスケ at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

第43回農林水産省賞典 小倉記念(GIII)

三連単 D→G・I・K→@・A・F・H=1万2000円
前回までのトータル:−49万7200円
回収率:20.8%
posted by リュウノスケ at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

第21回参院選明日投開票

 第21回参院選は29日、投開票される。安倍首相が憲法改正など戦後レジームの脱却を掲げる一方、ずさんな年金記録問題での対応の遅れや、不明朗な事務所費問題や失言で閣僚が相次いで辞任したことなどを受け、安倍首相の路線や資質について国民が審判を下す初めての国政選挙となる。非改選(121)を含め、与野党どちらが過半数を取るかが焦点だ。30日未明には大勢が判明する。(朝日新聞)


 ついに投票日がやって来た参院選。どの報道機関も民主圧勝予想ですが、あれだけ安倍内閣が自爆すれば相対的に支持率が上がるのも当然でしょう。

 自民党の支持率低下を受けて個人的に興味がある丸川珠代候補も崖っぷち。テレ朝なんだから民主から比例で出てれば余裕で当選してたのになあ。自民から出た方が当選確率は高いと東大卒の賢い頭で考えたんでしょうが、こうなると完全に裏目。そもそもなんで自民党執行部は選挙区から出馬させたんですかね。著名人の集票力に頼りたいんなら比例じゃないと意味ないだろうに。

 「注目の東京選挙区(改選数5)は民主の鈴木寛氏が抜け出し、民主・大河原雅子氏、公明・山口那津男氏、自民・保坂三蔵氏も当選圏内に入りつつある。残る1議席を激しく争うのが自民・丸川珠代氏、無所属・川田龍平氏、共産・田村智子氏の3氏だ」(サンケイスポーツ)

 敵は川田さんと共産党の田村さんのようですが、組織票があるので田村さんが若干有利の模様。自民は選挙区でほとんど負けるそうなので丸川さんはちょっと厳しいかもしれません。まあ勝負は下駄を履くまで分かりませんけどね。

 選挙は主権者である国民の権利であり民主主義の根幹。面倒だとか入れる奴がいないとか言わずに必ず投票に行きましょう。


ダマされるな!―目からウロコの政治経済学 (Keiブックス)ダマされるな!―目からウロコの政治経済学 (Keiブックス)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] ダマされるな!―目からウロコの政治経済学 (Keiブックス)
[著者] 金子 勝丸川 珠代
[種類] 単行本
[発売日] 2003-05
..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by リュウノスケ at 23:20| Comment(0) | TrackBack(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

旭鷲山引退の真相は金鉱山開発をめぐる暴力団とのトラブルだった

 モンゴルの金鉱山開発をめぐるトラブルで、同国出身の大相撲元小結、旭鷲山関(34)=本名、ダバー・バトバヤル=に因縁を付け、現金を脅し取ろうとしたとして、警視庁は25日、恐喝未遂容疑で元指定暴力団住吉会系組長、宮本直彦容疑者(62)ら3人を逮捕した。旭鷲山は昨年11月の九州場所2日目に「心疾患で相撲どころでない」と突然、引退表明し波紋を呼んだが、調べに「脅迫も引退の一因。この件がなければ、まだ現役でやれると思っていた」と話している。

 組織犯罪対策4課の調べでは、宮本容疑者らは昨年10〜11月、都内の飲食店などで旭鷲山を「今回の件は何か形を作ってくれ。できなければ相撲を引退するしかない」と3度脅し、現金を要求した疑い。引退表明はこの直後に行われた。

 また、引退表明の4〜2日前には、所属していた大島部屋で窓ガラスが割られたり、トラックが突入した。同課は宮本容疑者らの犯行とみて追及している。

 旭鷲山は約2年前、モンゴルの知人から金鉱山開発の採掘権を取得できる事業家を紹介するよう依頼され、暴力団幹部を介して宮本容疑者と知り合った。宮本容疑者は旭鷲山に数百万円を援助する関係になった。

 宮本容疑者側は旭鷲山の委任状を偽造し、昨年8月、韓国の資源開発会社から「旭鷲山とモンゴルの知人に裏金を立て替え払いした」と、約2000万円を詐取。同社が旭鷲山に返金を求め、宮本容疑者との間でトラブルになっていたという。(産経新聞)


 維新政党新風の政見放送凄かったですね。創価学会の池田大作氏が国政に影響を与えていることはすでに亀井静香先生が国会で批判していましたが、北朝鮮国籍のパチンコ屋さんが朝鮮総連経由で核開発の資金を提供していることをここまではっきり言った人は初めて見ました。いいか悪いか、本当かどうかは別にして凄い人だな瀬戸弘幸氏。

 しかし、朝鮮学校の女子学生がチマチョゴリを切られた事件の報道にケチを付けるのは日本男児として名が廃ると思います。加害者は日本人ですしね。

 さて、まだまだやれるのに心疾患で突然引退した旭鷲山。同時期に所属部屋の窓ガラスが割られたりトラックが突っ込んだりといかにもな嫌がらせ。なんだかおかしいなと思ったらやはり裏があったようです。

 嫌がらせの手口から暴力団絡みというのはすぐに察しがつきますが、それにしても旭鷲山が住吉会系の組長だった宮本容疑者を紹介してもらったという仲介者自身も暴力団幹部なんですよね。そういえば以前貴乃花の断髪式チケットトラブルに暴力団が介入したという疑惑もありました。角界関係者の闇人脈は底知れません。

 白鵬、琴光喜の昇進でおめでたムードの大相撲ですが、八百長に加えてこういった暴力団関係者との交際も批判されてしかるべき。週刊現代以外のマスコミも馴れ合いをやめてきちんと報道しないと瀬戸さんに怒られるぞ。


ハイライト新風・NHKに著作権無し確認済み


<参照>
角界の混迷を反映か 非難噴出の貴乃花断髪式


自伝 旭鷲山―大草原から土俵へ自伝 旭鷲山―大草原から土俵へ
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 自伝 旭鷲山―大草原から土俵へ
[著者] 旭鷲山 昇
[種類] 単行本(ソフトカバー)
[発売日] 1997-03
[出版社] ベース..
>>Seesaa ショッピングで買う
  


ネットが変える日本の政治ネットが変える日本の政治
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] ネットが変える日本の政治
[著者] 瀬戸 弘幸
[種類] 単行本
[発売日] 2007-05
[出版社] 岩崎企画

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by リュウノスケ at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

「24時間戦えますか。」リゲインCMについて

 リメイクしたリゲインのCMをしょっちゅう見るんですが、これ人気あるんですかね。気持ち悪いんですが。

 芥川賞作家の辺見庸が地下鉄サリン事件に遭遇した際、ホームに横たわる被害者を跨いで会社に向かうサラリーマンを見て慄然としたという話があります。リゲインCMの「どんな困難に遭っても絶対に定刻通り出勤する」というモチーフはサラリーマンとして当然の義務。それは分かるんですが、高速道路を走り、川を泳いで渡り、ビルをよじ登り、おまけに窓ガラスまで割って会議室に辿り着くという過剰さを見せ付けられると、辺見が目撃したのはこういう類の人たちなのではないかと危惧してしまいます。

 公式HPのメイキングを見ると徒や疎かにけなすことは憚られますし、「リゲイン的出社風景」というCMタイトルからしてパロディなのは明白。目くじら立てて非難するようなことではないのかもしれません。

 しかし、バブルの頃ならまだしも労働環境が悪化している2007年の今日にこのようなアナクロCMをリメイクする神経が寒々しい限り。社員本人にも知らせず勝手に生命保険をかけて過酷なサービス残業を強要し、過労死したら秘密裏に保険金を手にしていた企業も多いわけですからね。電通も社員が過労自殺してるのによくこんなの作るよ。


<参照>
電通自殺過労死事件
posted by リュウノスケ at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする