2007年05月28日

ZARD坂井泉水転落死・松岡利勝農林水産大臣縊死

 「負けないで」などのヒット曲で知られる人気歌手、ZARD(ザード)の坂井泉水(さかい・いずみ、本名・蒲池幸子=かまち・さちこ)=さん(40)が27日、入院していた東京都新宿区の慶応大病院で脳挫傷のため死去した。病院のスロープから転落したとされ、警視庁四谷署は詳しい状況などを調べている。

 同署によると、26日午前5時40分ごろ、同病院の外に取り付けられたらせん状スロープ下のコンクリート地面に、坂井さんが倒れているのを通行人が見つけた。靴ははいており、ジーンズにTシャツ姿で、27日に死亡が確認された。所属事務所「リレーションズ」によると、日課にしている散歩から病室に戻る途中で、前日の雨でぬれていたため足を滑らせ約3メートル転落し、後頭部を強打したという。

 事務所によると、坂井さんは昨年6月に子宮けいがんのため摘出手術を受け、入退院を繰り返したが、肺への転移が見つかったため、今年4月に同病院に入院。抗がん治療はうまくいっていたという。秋にアルバムの発売を予定し、3年ぶりのライブツアーも計画中で、病室でスタッフと打ち合わせをしたり、詞を書きためるなど再起を目指していた。

 坂井さんは神奈川県出身で、東京都町田市在住。レースクイーンを経て、91年にZARDのボーカルとして「Good―byeMyLoneliness」でデビュー。93年の「負けないで」が大ヒットし、94年のセンバツ入場行進曲にも選ばれた。97年のベストアルバム「ZARD BLEND」は累計250万枚を記録。00年の「Get U’re Dream」はNHKシドニー五輪テーマ曲になった。

 99年には高額納税者の長者番付の「歌手」部門で5位にランクイン。「揺れる想い」「君がいない」「Don’t you see」などミリオンセラーを連発し、テレビやラジオなどにほとんど出演しないことでも知られていた。

 事務所は「坂井泉水が数々のヒット曲とともに、いつまでも皆様の心の中に生き続けることを願ってやまない」とコメント。葬儀は密葬で行い、ファン向けの「お別れの会」を予定している。(毎日新聞)


 28日正午ごろ、東京都港区赤坂2丁目の衆議院赤坂議員宿舎1102号室で、松岡利勝・農林水産相(62)が首をつっているのを秘書らが発見、119番通報した。警視庁によると、松岡氏は自殺を図ったとみられる。松岡氏は新宿区の慶応義塾大学病院で治療を受けていたが、午後2時、死亡が確認された。

 赤坂署によると、松岡氏はこの日午前10時ごろまで、宿舎の室内で秘書と話をしていた。その後、出かける予定だったが、正午ごろになっても本人が室内から出てこないため、秘書が、警護に当たっていた警察官と一緒に室内に入ったところ、松岡氏が居間のドアの金具に、布製のひもで首をつっていたという。

 松岡氏をめぐっては資金管理団体の光熱水費や事務所費の不透明な支出や、入札談合事件で理事らが逮捕された農水省所管の独立行政法人「緑資源機構」に関連する団体からの献金問題など「政治とカネ」をめぐる問題が野党から次々と追及されていた。(朝日新聞)


 ZARDの坂井泉水が転落死したと聞いてびっくりしていたら続いて松岡大臣縊死のニュース。日本中が騒然とした一日でした。

 ZARDといえば「励ましソング」で有名であり、私も大ヒットアルバム『揺れる想い』を当時買いました。バブル崩壊後の憂鬱な90年代に坂井さんのイノセンス溢れる歌声で癒された人は多いんじゃないでしょうか。

 それだけに自殺とも解釈できる今回の転落死は非常に残念。元々テレビに出ない人なので近況が全く分からないままこういった形で死んでしまうのはファンの方も悔しいでしょう。癌の治療をしていたのならきちんと公表し、名曲『負けないで』の歌詞に励まされたお返しとして千羽鶴の一つでも送ってもらえばファンのためにも坂井さん本人のためにもよかったと思います。

 松岡さんはきちんと悪事を公表し、坂井さんは病と戦って欲しかった。本人の辛さなど他者には分かるわけないんですが、敢えて勝手なことを言うとそんな気持ちです。お二人のご冥福をお祈りします。


ハートに火をつけて(初回限定盤)ハートに火をつけて(初回限定盤)
販売元 : Amazon.co.jp 音楽
価格 :
[タイトル] ハートに火をつけて(初回限定盤)
[アーティスト] ZARD
[レーベル] ビーグラムレコーズ
[種類] CD

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by リュウノスケ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

第74回東京優駿(GI)

三連単 @・C・K・L・M→N→A・B・D・E・F・G・H・I・J・O・P・Q=1万2000円
前回までのトータル:−38万9200円
回収率:25.2%
posted by リュウノスケ at 01:09| Comment(0) | TrackBack(2) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

藤本美貴庄司宅に3連泊

 「モーニング娘。」のミキティこと藤本美貴(22)とお笑いコンビ「品川庄司」の庄司智春(31)が熱愛交際していると、25日発売の写真週刊誌「FRIDAY」が報じた。

 それによると、今月上旬の夜、庄司は藤本の自宅を訪れ、藤本を車でピックアップして都内の和風ダイニングバーで約2時間食事。この後、2人はそろって岩盤浴サロンに行ったという。同誌は2人が同サロンから出てくる場面や庄司の自宅に入る藤本の姿などとして写真を掲載。また、4月にも3夜連続で、藤本が庄司の自宅に通っていると報じている。藤本の所属事務所は「特にコメントすることはない」としている。(時事通信)


 またハロプロか。次々起こるスキャンダルで完全にファン不在の状態なんですが、アップフロントはなにをやってるんでしょうか。本当に管理能力がないですね。

 藤本美貴の職業は「アイドル歌手」。彼女がアイドルではなく純粋にポップス歌手としてデビューした場合を考えると、いまの地位のほとんどはファンのおかげでありプライベートに制約があるのは当然のこと。それは自分を支えてくれるファンとの契約のようなものです。当然それを破ると報復され、CD・DVD・写真集と色んなものが売れなくなります。

 『きらりん☆レボリューション』じゃないんだから彼氏とラブラブでファンからもワーキャー言われるなんて都合のいいことは現実にはあり得ません。特に辻、加護の件があったのでいまはちゃんとしないといけない時期でした。

 それにしても知り合ったきっかけがロンブー淳主催の合コン(日刊スポーツ)というのも印象が悪く最悪。ハロプロはもうだめかもしれません。


藤本美貴写真集「リアル226」藤本美貴写真集「リアル226」
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 藤本美貴写真集「リアル226」
[著者]
[種類] 大型本
[発売日] 2005-02-25
[出版社] ワニブックス

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by リュウノスケ at 02:07| Comment(0) | TrackBack(3) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月25日

「大相撲の八百長確定?」宮城野親方提訴せず

 日本相撲協会顧問の伊佐次啓二弁護士が22日、白鵬の師匠にあたる宮城野親方(37=元十両金親)が愛人を名乗る女性に大相撲の八百長を告白したとする週刊現代の報道について、同親方を事情聴取。同弁護士は「北の湖理事長の同席の上で話を聞いたが、内容は発表できない」と話した。

 同誌は、昨年名古屋場所千秋楽で白鵬を横綱に昇進させるために宮城野親方が300万円で朝青龍に負けてくれるように仲介したことを女性に告白したと報道。女性は会話をテープに収録したとしている。

 同協会は、週刊現代による一連の八百長報道を名誉棄損にあたるとし、同誌や講談社などを民事提訴、係争中だが、今回の報道については提訴はしない方針を示した。また同弁護士は「この女性が証人として出廷し、昨年名古屋場所で八百長があったと立証された場合、裁判全体に影響が出てくる。対応策を検討したい」との見解を示した。(日刊スポーツ)


 これでほぼ決着してしまった観のある大相撲八百長問題。裁判でこれから日本相撲協会の嘘に付き合わないといけない弁護士も大変ですね。

 コラムニストの勝谷誠彦は今回の大スクープを「一発逆転サヨナラ満塁ホームラン」と評していましたが、長年続いた八百長論議に終止符を打ったという意味でも偉業としかいいようがありません。日本ジャーナリズムの面目躍如であり、国民の誇りと言っても過言ではないと思います。

 八百長が行われているということはこれではっきりしたので、真剣勝負をした場合に多発するであろう怪我の問題や場所数が多すぎることなど日本相撲協会と横綱審議委員会は建設的に協議しなければいけなのですが、恐らくそうはならずバカみたいな裁判をまだ続けるんでしょう。告訴を取り下げ、相撲ファンと週刊現代にさっさと謝って将来に向けた改革を行った方が角界のためにもいいんですけどね。

 それにしても物凄いスクープなのにテレビでは全く報道されていません。ハニカミ王子もいいですが、どう考えてもこっちの方が大問題だろうに。高い給料もらってるんだから真実を伝えろよ。


<参照>
TBS ストリーム 5/23(水)コラムの花道×勝谷誠彦(番組が聴けます)
posted by リュウノスケ at 01:03| Comment(0) | TrackBack(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

「カンヌで酷評?」松本人志に映画の才能はあるか

 第60回カンヌ国際映画祭の新人監督賞にあたるカメラ・ドール候補に上がっている松本人志監督(43)の映画「大日本人」に、現地の一部から厳しい声も聞こえてきた。

 作品は、松本が代々伝わる教祖の6代目に扮し、巨大な日本人「大佐藤」に変身して、街中の「獣」を退治していく。そのヒーローぶりを、テレビカメラがドキュメンタリーとして追いかける。松本のほか出演者は、竹内力(43)、UA(35)、板尾創路(43)、神木隆之介(14)といった、個性的なラインアップだ。

 初日は、拍手喝采の中幕を閉じたが、全員が絶賛したわけではなかった。フランス人雑誌編集者は、「アイデアは良いが、編集がうまく行っていないような気がする。監督としての才能がないのではないか」と辛辣。別の地元ジャーナリストからは、「公式上映から1日以上が経過したが、まだ、強力に松本作品をプッシュする評論家がいない」と語る。

 また、21日午後6時半(日本時間)に現地で会見を開いた北野武監督(60)は、松本から「(上映中にもかかわらず)自分の周りにいた人が出て行ったのが見えてショックだった」と聞いたことを明かし、「相当ショックを受けていたようだった。お笑い同士だし、これからも彼を応援していきたい」とエールを送った。

 一方、10年前にカメラ・ドールを得た河瀬直美監督(37)の「殯(もがり)の森」は、現地でも前評判が高まっていて、最高賞パルム・ドールも夢ではない。

 「オープニングで、コンペの対象となる21作品のさわりを流したが、カワセは映像の美しさが際だっていた。ロシアの作品でもそうしたものがあったが、絵がくすんでいる感じでビンボーくさい感じだった」(先の仏人ジャーナリスト)

 作品は、認知症の老人を大切にするソーシャルワーカーの女性が登場する。「審査員は年寄りが多い。それだけに期待、できるかも」という冗談も、飛びかっている。(ZAKZAK)


 宣伝用の映像をちょっとだけ見た限りではなかなかおもしろそうだった『大日本人』。北野武が映画挑戦する際、暴力描写を多用して客に笑われないようにしたのとは対照的に松ちゃんは自身の職業に殉じてコメディー映画を作りました。その志は立派だったんですが、蓋を開けてみると上記の酷評。日本のお笑いファンと違ってヨーロッパの評論家は見る目が厳しいですからね。

 そもそも松ちゃんの笑いは町で見た「ヘンな人」を放送コードに触れないよう違うキャラに加工したベルグソン的パロディー。日本のテレビ界ではそのラジカルな作風で天下を獲ったんですが、『電波少年』の企画でアメリカ人にほとんどうけなかったように、彼の笑いは日本の文化が分からないと理解しにくいものです。

 「俺の笑いが分からない奴はセンスがない」と国内で豪語するのはいいとして、あのとき自分の笑いが外国人にはうけないことを学習したはず。北野武ですら失敗続きのパロディー映画に敢えて挑戦したところを見ると、もっと高いステージであのときのリベンジがしたかったものと思われます。

 『松本人志のシネマ坊主』を読むと芸術性の高い作品を含めてかなりの数の映画を観ている松ちゃん。その教養を素直に用いればよかったんですが、斬新な映像表現を求め過ぎた結果映画文法の無視に近い形になったんでしょう。ゴダールを目指すんならやはり北野武のようにシリアスなものを作った方がよかったんですが。

 映画会社から万人受けを期待される職業監督と違って自由に作れるので悪い意味で無茶苦茶になったような気もします。それはそれでカルト映画として成立していればいいんですけどね。


<参照>
松本人志 第1回監督作品 大日本人 公式サイト
posted by リュウノスケ at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする