2007年04月16日

宅八郎渋谷区長選出馬

 15日告示の東京都渋谷区長選に、「オタク評論家」で知られる宅八郎氏(44)が14日、立候補を表明した。政治団体「オンブズマン渋谷行革110番」の公認。宅氏は現区政を「大きな箱物を立て続けに建設している」と批判し、「渋谷をもう一度、萌(も)える街にしたい」と訴える。職員給与の見直しや区長退職金の廃止などを公約に掲げる。宅氏はテレビCM制作会社を経て90年、タレントに。音楽、著述活動など幅広く活躍している。(毎日新聞)


 快楽亭ブラック師匠の代わりとして出馬することになった宅さん。「宿敵」田中康夫にはずいぶん遅れを取りましたがついに政治に挑戦です。

 宅さんといえば「復讐鬼」として90年代に大暴れ。編集者の間では「言うこと聞かないと宅の担当にするぞ」というギャグが流行ったほどで、怒らせたら手に負えない人物として有名でした。

 すでに大作家・大漫画家だった田中康夫・小林よしのりなどと対立し、立場の弱いフリーライターならば通常泣き寝入りするところを敢然と立ち向かったその度胸は天晴れだったんですが、オタクキャラに加えて報復の手法がストーカー紛いだったため、反骨とか反体制というより粘着質な異常人格者のような印象を与え一般的にはほとんど評価されませんでした。

 そもそもオタクかどうかさえ怪しい人物ではあります。週刊誌に「宅は普段普通の格好をしていて取材の際だけオタク風の衣装を着て演技している」と書かれて本人が抗議したこともありましたが、改めてウィキペディアを読んでもやはり怪しいですね。

 オタク的知識に明るいといっても元々頭がいい人なので仕事としてサブカル関係の資料を読み込んだと思えば納得。そう考えると人生の貴重な金・時間・労力を無駄に費やす「本物のオタク」とは違い、優秀なライターでありビジネスマンだったのかもしれません。

 まあオタクかどうかなんてどうでもいいんですが、同業者の本橋信宏に「強くなりすぎた」と評されるほど心の折れない人なので政治家には向いているんじゃないでしょうか。いきなり区長として当選するかといえば微妙ですが。


posted by リュウノスケ at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

第67回皐月賞(GI)

三連単 N→@・Q→A・B・E・G・K・O=1万2000円
前回までのトータル:−31万7200円
回収率:29.2%
posted by リュウノスケ at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

押尾学OLと浮気

 アーティスト・押尾学(28)が美人OLとの“プチ不倫”を13日発売の写真週刊誌「フライデー」に報じられている。06年11月に女優・矢田亜希子(28)と結婚したばかりの押尾だが、芸能界きってのモテ男の“女遊び”は収まっていないようだ。

 同誌によれば、押尾は4月上旬、友人の車に乗り、25歳の独身OLが住む都内のマンションを訪れたという。サングラスにニット帽姿で女性の部屋に入り、約2時間を過ごした。合コンで知り合ったとされ、女性は清そな印象の美女。部屋に入ってから、1時間ほどで部屋の電気が消えたという。その後、押尾は外に待機させていた車に乗り込み、神奈川・川崎市内にある矢田の実家マンションに向かったという。

 現在、ライブ活動などを続けながら、米ロサンゼルスと日本を行き来する生活を送っている押尾。矢田との電撃入籍から5カ月での“不倫騒動”に、所属事務所は「女性は押尾の友人の彼女です。不倫は一切、ありません。ほかに男性もいて彼女を含めて4人いた。その部屋に遊びに行っただけです」と関係を否定。押尾が入った部屋の明かりが消えたことには「そういう事実はありません」と否定している。(デイリースポーツ)


 結婚以来全く音沙汰のなかった押尾学。久しぶりに話題になったと思ったらOLと不倫だそうです。ウィキペディアには「活動の拠点を米国に移している」と書いてあるんですけど日本にいるんですね。

 それにしても矢田亜希子は悲惨。仕事より恋を選んだ結果として完全に干されている状態なのに当の押尾がこの始末。正直離婚した方がいいと思うんですが、ここまで来たら逆に踏ん切りがつかないかもしれません。芸能人として全てを擲った自分の判断が誤りだと簡単には認めたくないでしょうし。でもこれからどうすんだろ。

 非常にせつない話ですが、せつないついでにもう一つ。下記は2月17日に配信されたデイリースポーツの記事です。タワーレコード新宿店のみのデータとはいえCDセールスで2丁拳銃に敗北したそうな。浮気してる場合かよ。


<「2丁拳銃」が押尾学に勝った>
 お笑いコンビ・2丁拳銃が16日、東京・新宿のタワーレコード新宿店でアルバム「コムロきどり」発売記念イベントを開いた。同店では押尾学(28)率いるLIVの「me against myself」を抑えてインディーズチャート1位を獲得。川谷修士(32)は「1位になったことより、押尾さんがインディーズだったことに驚きました」と笑いを誘っていた。

 アルバムは2丁拳銃の2人がプロデューサーとなって山田花子(31)、タカアンドトシらに楽曲を提供したオムニバス。会場にはFUJIWARA、ハリセンボンが応援に駆けつけた。小堀裕之(33)は「ほかの人に歌ってもらった方が飾り気なくできます」と本音もチラリ。2曲を披露したが、歌のパートだけは一切笑いなしのガチンコ勝負だった。(デイリースポーツ)


De Mi Corazon−矢田亜希子写真集De Mi Corazon−矢田亜希子写真集
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] De Mi Corazon−矢田亜希子写真集
[著者] 野村 誠一
[種類] 単行本
[発売日] 2001-04-25
[出版社] ワニブックス

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by リュウノスケ at 02:38| Comment(0) | TrackBack(3) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

第67回桜花賞(GI)

三連単 N→M→@・B・C・D・E・F・G・H・I・K・L・P=1万2000円
前回までのトータル:−30万5200円
回収率:30.0%
posted by リュウノスケ at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

えなりかずき美人フルート奏者との交際発覚

 俳優、えなりかずき(22)の初ロマンスが発覚した。お相手は番組共演がきっかけで知り合った美人フルート奏者のyumi(23)。5日発売の女性セブンが、2人のコンサートデートを伝えている。

 TBS系ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」などでの子役として知られるえなりは現在、芸能活動のかたわら、成城大学文芸学部の4年生。これまで浮いたうわさはなかったが、人生初めての春を迎えたようだ。

 同誌によると、えなりは今年2月、静岡市で行われたyumiのコンサートをうっとりと鑑賞。終演後は楽屋を訪れたという。

 えなりが司会を務めたNHK「クイズ日本の顔」(昨年4月11日〜今年3月13日放送)には、yumiがレギュラー出演していた。キーボードが得意なえなりは、音楽談義を通じて関係を深めていったようだ。

 東京芸大卒のyumiは昨年1月に「メルヘンな風」でCDデビューを果たした売り出し中の演奏家。“フルートの妖精”とも呼ばれるキュートなルックスが評判となり、写真集も発売されている。

 えなりの所属事務所はサンケイスポーツの取材に「ジョイントコンサートをしようという企画もあるので、休みを利用してコンサートを見にいったりしています。音楽を介して親しくさせていただいている、という状況です」と交際を認めたが「結婚とか、そういう段階との報告は受けていません」と説明した。(サンケイスポーツ)


 「結婚とか、そういう段階との報告は受けていません」か。完全に付き合ってますね、えなり君。

 まあ、よく考えたらいままで彼女がいなかった方が不思議なんですが、不祥事を起こした渡鬼俳優たちを非情に解雇する橋田先生の秘蔵っ子だけにちゃらけたキャンパスライフを送り難かったんでしょう。橋田ファミリーも大変ですね。

 おっさん臭いイメージで語られることの多いえなり君ですが、実際は成城大に通う現役大学生であり、愛車もイタリアの名車アルファロメオという伊達男。芸大卒の美人フルート奏者の恋人も出来たし文字通り「勝ち組」と相成りました。

 数年前には伊集院光のラジオ番組で、「えなり君は童貞か否か」とクイズ問題にされて遊ばれてたのになあ。立派になったもんです。


Dolce―yumi1st.写真集Dolce―yumi1st.写真集
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] Dolce―yumi1st.写真集
[著者] 斉木 弘吉
[種類] 単行本
[発売日] 2006-02
[出版社] 彩文館出版

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by リュウノスケ at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする