2007年04月30日

モスバーガーはまずくなったか

 モスフードサービス(本社:東京都新宿区)は2007年4月13日からバーガー製品を全面刷新する。バーガーパテに10年ぶりに合いびき肉を復活させるなど日本人好みの味を目指す。価格は従来と同じ。また、割引クーポンを導入して販促を図る。

 同社のハンバーガーパテの肉は1997年から100%豪州産牛肉を使用しており、それまで25年間使用していた合いびき肉の日本の家庭的な味わいが出せなかったという。

 最近になって、成長ホルモン剤を使わず、トレース可能な豚肉の調達に成功。安全基準を満たす豚肉をパテに使用できるようになったことから、新しい合いびき肉パテを開発して新メニューに採用した。また、パンズを改良して、発酵時間や焼き方やなどの見直しでソフト感や保水力を高めた。

 同社の2006年度の既存店売上高はマイナス約5%の減少傾向で、レギュラーメニューの「モスバーガー」「モスチーズバーガー」「テリヤキバーガー」の売上構成比が1割を切るなど低迷している。全面刷新では、割引クーポンなどもあわせて売上高3%増を目指す。(日経BP)


 上記記事にもある通りモスバーガーはリニューアルで味が変わりました。私も割引券をもらったので早速モスバーガーとテリヤキバーガー・ポテト・オレンジジュースのセットを買って食べました。モスで買い物したのは去年のクリスマスにモスチキンを買って以来、他のメニューを食べるのは数年ぶりです。

 で、味の方はというと、以前のモスバーガーはもっと辛かったと思うし、テリヤキはもっと味が濃かった。そしてポテトはもっと美味かった。他のブログにも同意見の方がいらっしゃいましたからたぶん間違っていないと思います。久しぶりに食べたので今回味が変わったのか前からそうなのかは分かりませんが、最低でも創業者である櫻田慧さんがご存命の頃のモスはいまより確実に美味かったと思います。

 そもそも、モスといえば「遅い・高い・美味い」の三拍子で有名であり、ファストフードという看板に偽りはあっても感動的に美味いからこそ遅くても高くても許せた極めて日本的な店。「ユダヤ商法に影響を受けた悪役の藤田田」対「正義の味方櫻田慧」という構図も含めて応援してきた人は多いでしょう。

 BSE、石油高に加えてバイオエタノール問題(アメリカの農作物生産者がバイオエタノールの原料であるトウモロコシの耕作面積を増やした結果、小麦・食用油などの原材料が高騰している)で利益を出すのは大変でしょうが、はっきりいってあの味ではモスのレーゾンデートルはないと思います。創業者が死んでモス魂は失われるのか。創業者の甥である櫻田厚社長の手腕が問われます。
posted by リュウノスケ at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

第135回天皇賞(春)(GI)

三連単 G→E・M・N→A・B・D・F=1万2000円
前回までのトータル:−34万1200円
回収率:27.7%
posted by リュウノスケ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

「全国学力テスト、参加しません。」愛知県犬山市教育委員会の英断

 「学校は競争の場ではない。特定の教科の一部の学力を対象にした全国学力テストでは、大切にしている『自ら学ぶ力』は測定もできないし、高めることもできない」

 全国学力テストに、公立で唯一参加を拒否した愛知県犬山市教育委員会の訴えだ。

 人口七万人余りの小さな市。その教委が「全国学力テスト、参加しません。」(明石書店)とそのものずばりの本を出版、現場主義の教育改革とは何かを問い掛けている。少人数学級、教員による副教材の開発…。独自財源をつぎ込んで積み上げてきた犬山の教育が大切にしてきたのは「学ぶ喜び」「教える喜び」だ。

 「自ら学ぶ力を身につけるためには子どもが主体的に学ぶ経験が欠かせない」「現場に責任と権限を与え、教師が自分の心ゆくまでの授業をつくりあげることが原点」習熟度別指導より子どもの教え合いを、教員評価でなく授業改善の積み重ねを重視する。国が進める改革と一線を画し全国の注目を集めてきた。

 瀬見井久教育長は「必要なのは現場の実態を踏まえた草の根改革。机上の改革議論では問題の核心が見えない」「学力テストのように競争で学力向上をというのは、豊かな人間関係の中で人格形成と学力保証を図る犬山の教育と相いれない」。

 「犬山の子は犬山で育てる」。国と対峙してでも地域の教育を守ろうという犬山市教委の姿勢は、学びとは何かという問いの上にある。

 一方でこんな数字もある。今回、採点業務などを請け負った民間業者のベネッセコーポレーションが三月に公表した、公立小中学校の校長と教育長の調査結果だ。全国学力テストの実施について「やや反対」「とても反対」としているのは校長の30.2%、教育長の13.8%にのぼっている。なのに公立の不参加は犬山市教委だけ。国がやるのだからと安易に追随した教委が相当あるのでは、との疑念がぬぐえない。

 もともと全国学力テストは副作用が強い劇薬だ。だからこそ文部科学省は、結果公表に当たり、序列化や過度な競争につながらないように配慮を求めている。だが一方で、説明責任の観点からの結果公表については市町村や学校の判断にゆだね、教育再生会議も一時報告では「学校は、保護者に対し、自校の学力の状況や学習状況を開示」としている。これでは、序列化や過度な競争を避けるというのは単なる建前にしか聞こえない。

 気になるのはテストの目的として、教委、学校が「全国的な状況との関係」で「自らの教育の結果を把握し改善を図る」とされたことだ。つまりは全国的な序列を知り、順位を高めるよう努力しろ、ということになる。数字が独り歩きして学校選択や学校評価の道具になれば、指導要領の掲げるどんな理想も脇に追いやられ、画一的なテスト勉強が全国を席巻する。

 学校ごとの成績を公表するのかなど「競争」とどう向き合うか。最後は参加した各教委にすべての責任がかかる。「地方の自主・自立」が口先だけでないかどうか。学力テスト参加は、地方主体の改革の行方を左右しかねない大きな賭けでもある。(共同通信編集委員・山田博)


 ついこの間まで「ゆとり教育」とか言ってたのに全国の小6と中3の児童233万2000人に「全国学力・学習状況調査」という名の全国模試を受けさせた文部科学省。教育は大切なので子どもにしっかり勉強させるのは大賛成なんですが、いきなり全国模試というのはちょっと極端すぎるんじゃないですかね。

 もちろん学力のためにはテストを受けた方がいいに決まっています。私も今年使われる小学一年生用の教科書を最近見たんですが、確かに情報量が少なくまさに「ゆとり教科書」。絵が多くて字が少なく、製本も内容も副読書みたいでした。昔の面白くない教科書に比べて読ませる工夫は感じましたが、一年生が読むにしてももうちょっと難しくしていいんじゃないかと思いました。

 安倍政権もその辺を憂慮して「全国学力テスト」に至ったんでしょうが、中学生はいいとしてなぜ小学生まで受けさせるのか。中学に入ったら嫌でも順位が付けられるんだからわざわざ税金使ってまでこんなことしなくていいのに。ゆとり教育を推進した文科省も官僚のプライドあるんだったら全力で阻止しろよ。

 そんな朝令暮改の腰抜け文科省と違い、反旗を翻した犬山市教育委員会の主張は一本筋が通っています。「全国学力テスト」に批判的にも関わらず日本中の教委・学校が唯々諾々と中央に従ったなか、全国でここだけ参加しないというのもちょっとかっこいいですね。犬山の子どもたちは自分たちの成長を真剣に考えてくれている地元の大人たちを誇りに思い、よく遊び、よく学ばなければいけません。

 友達と元気に遊ぶことで自尊心が上がるという科学的データもあります。子どもは多様な価値観を学び、人生を生き抜く自尊心を得るのが仕事。全国模試で学校と個人をランク付けするというのは子どもの健全な成長を願うという教育の本質からいっても筋違いでしょう。


posted by リュウノスケ at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

プリティ長嶋トップ当選、宅八郎・外山恒一善戦

 長嶋茂雄さんの物まねで知られるタレントのプリティ長嶋氏(52、写真)が千葉県市川市議選で初当選した。プロ野球のキャンプインに合わせて2月1日に事務所を開設。背番号「3」のユニホーム姿で選挙区を回った。

 長嶋氏は芸能界に入る前の約9年間、同県水道局に勤務。「もう一度公僕として地元に貢献したい」と年明けから本格的に活動を始めていた。(朝日新聞)


 戦前の予想でも当選は堅いと言われていたプリティさんが余裕の勝利を果たしました。しかもぶっちぎりのトップ当選。凄いですね。

 知名度に加えちゃんと社会人経験もあり、芸人とはいえそれなりに常識もありそうなところが市川市民の評価を得たんでしょう。長嶋さんの病気以来仕事が減ったので自己都合の政治家転向だという批判は当然あるでしょうが、ここまで圧倒的支持を得た以上しっかりと職務を全うすることが支持者への恩返しじゃないでしょうか。当選おめでとうございます。

 さて、問題はここからなんですが、注目の宅八郎氏と外山恒一氏の結果。渋谷区長選に出馬した宅さんが獲得したのは5605票で最下位(立候補4)。熊本市議選の外山さんは540票で下から二番目です(立候補62、定数48)。因みに渋谷区選で当選した桑原敏武氏の得票総数は2万7044票、熊本市議選の当選ラインは3000票強なので二人とも意外に頑張りました。

 最下位とブービー賞に頑張ったというのもおかしいですが、なんと外山さんは供託金没収を免れたんですね(供託金没収点502.48)。宅さんも得票率8.5%(10%未満で没収)でもうちょっとだったのに残念でした。快楽亭ブラック師匠のブログを読むと宅さんは自腹を切らなくていいようですが、どっちにしろ善戦したことは確かです。お二人ともお疲れ様でした。


<参照>
NHK 2007 統一地方選 統一補選 市川市議選結果
NHK 2007 統一地方選 統一補選 渋谷区長選結果
NHK 2007 統一地方選 統一補選 熊本市議選結果


posted by リュウノスケ at 03:56| Comment(2) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

第42回サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)

三連単 G→E→A・B・C・D・F・H・I・J・M・N・O・P=1万2000円
前回までのトータル:−32万9200円
回収率:28.4%
posted by リュウノスケ at 00:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする