2007年03月14日

西武裏金事件で完全ウエーバー制は採用されるか

 プロ野球西武によるアマ2選手への裏金供与問題が「球春」に暗い影を落としている。2004年、明大・一場靖弘投手(現楽天)への裏金発覚により、日本プロ野球組織(NPB)は05年に利益供与を一切禁ずる「倫理行動宣言」を定めた。だが、ドラフト制度下の不明朗な金の流れは止まっていなかった。スター選手の大リーグ流出でファン離れを懸念するプロ野球界は、さらにイメージを悪化させる不祥事に危機感を募らせた。

 「太田、やめろー」。10日、西武の本拠地、グッドウィルドームに罵声が飛んだ。ロッテとのオープン戦前、太田秀和オーナー代行は厳しい非難の声をファンから直接、浴びた。

 親会社の不祥事に続き、エース松坂大輔(レッドソックス)が海外移籍。立て直しを目指すシーズン開幕前にまたファンへの背信が発覚した。伊東勤監督は「これから球団を良くしていこうという矢先だったのに…」と沈痛だった。

 アマ選手へ金銭供与などを公式に禁止した後も、裏金横行のうわさはくすぶっていた。

 昨年、ロッテのバレンタイン監督が「球界では約30億円の裏金が使われている」と発言、反響の大きさに後に発言を撤回させられた。それでも別の球団の編成担当者は「うちはお金が出せないから、いい選手が来てくれない」と、以前と同様に「裏金による選手争奪戦」のすさまじさを指摘し続けていた。

 「裏金の元凶」として、現行のドラフト制度にある「希望枠」を挙げる声が多い。各球団は大学・社会人選手に限り、同枠を使って有力選手を一人だけ自由競争で獲得できる。球団と選手が“事前談合”して相思相愛を確認するシステムである。あるスカウトは「希望枠があるから、裏金が出る。選手が球団を選ぶ際に何で選ぶかというと、やはり(金銭面の)条件とかになってくる」と証言している。

 新人選手の契約時の最高額は契約金1億円プラス出来高5000万円と定められている。しかし球界には「ことしの新人には数億円もらった選手もいると聞いている」という関係者がいる。「表に出ないから裏金」というわけか。発覚しなければ「何をやってもいい」式のルール違反がまかり通っている。

 ルール違反は「プロ側だけの問題じゃない。金銭を要求するアマ側にも問題がある」と話す球団関係者がいる。

 04年、選手のプロ入団契約に絡んで金銭を受け取ったとして東北地方の高校の監督が日本学生野球協会から無期謹慎処分を受けた。この監督が指導していたのは、今回、西武から約1000万円を受け取った早大選手の母校でもある。

 スカウトの間では、有力選手獲得には「選手よりも指導者を含めた周囲を押さえることが近道」が定評になっている。あるスカウトは、裏金が一掃されなかった理由に「資金力のある球団がルールを守らないことと、それ(裏金)を商売にしているアマ指導者の問題」の二つを挙げた。

 スターのメジャー流出、「盟主」と言われた巨人の人気低下。今季、日本テレビは巨人戦の中継数を昨年の63試合から42試合に大幅削減した。広告関係者によれば、巨人戦の放送権料も大きく値崩れしているという。「このままではプロ野球が成り立たなくなる」と心配する球界幹部もいる。

 日本プロ野球選手会の松原徹事務局長は、裏金を生んだドラフト希望枠は「野球界発展の妨げ」として、撤廃を強く求めていく意向を示した。(共同通信)


 二年間の暫定措置が継続しそうな雰囲気だったんですが、今回のスキャンダルで一気に混沌としてきたドラフト制度問題。これでようやく待望の完全ウエーバーが日本の球界にもたらされるのかと思ったらさにあらず。相変わらずナベツネも元気そうで簡単には実現しなさそうです。

 下記に球界関係者の見解をまとめてみましたが、やはり経営者側と選手会が対立している感じですね。二年前暫定ドラフト制度を決める会議ではオリックス、横浜、ヤクルト、楽天は完全ウエーバーを主張(デイリースポーツ)して揉めたそうでその点は期待が持てますが、巨人、ソフトバンク、日ハムなど上位球団はもとよりなぜか広島までが反対しています。

 確かにいまのアマチュア選手は金にしか興味のない奴が多いので裏金がなくなったら直接メジャー挑戦する可能性が多分にあり、金の卵の海外流出を憂慮する経営者側が危機感を持つのも当然の話。選手会が完全ウエーバーを主張するのも同時に採用される可能性の高いFA取得年限短縮が主目的であると考えて間違いないでしょう。

 完全ウエーバー賛成側もそれぞれ思惑があるわけで、誰が本当に日本の球界のことを考えているのかといえば疑問の残るところ。ついでにいうと賛成四球団も単に人件費のコストカットがしたいだけであり、球界の公正とかそういう崇高な目的で言っているわけではないでしょう。そもそも旗振り役が野球を愛しているとは到底いえないオリックスですしね。

 しかし、そういった反対意見を勘案しても完全ウエーバーは絶対に採用するべきです。いまの制度はあまりにもダーティー過ぎますし、入る前より入ってから大金をもらう方が選手にとっても建設的なのは間違いないはず。

 問題は選手に余計なことを吹き込む悪質な保護者や指導者ですが、これは煮ても焼いても食えません。周りに踊らされて結果的に海外挑戦してしまってもそれは選手の自由であり仕方ないこと。アメリカでもどこでも勝手に行ってマック鈴木や多田野みたいに中途半端な選手になればいいんです。

 とりあえずいまNPBに必要なのは東証と同じく厳格で公正なルールであり、それを端的に実現する方法は完全ウエーバーしかありません。


<完全ウエーバー制に対する球界関係者の見解>

滝鼻卓雄(読売ジャイアンツオーナー)「西武の事件をきっかけに完全ウエーバーをやったら、ますます若い選手がメジャーにいく。それが一番心配」(スポニチ)

清武英利(読売ジャイアンツ球団代表)「高校生は(ペナントレースの)上位球団から、大学生・社会人選手は下位球団から指名する」(西日本新聞)

角田雅司(福岡ソフトバンクホークス球団代表)「うちは希望枠推奨と言うより自由競争の考え方だが、希望枠イコール不正となるのか。メジャーへの人材流出、日本球界のことを考えて対応しなければ」(日刊スポーツ)

高田繁(北海道日本ハムファイターズゼネラルマネージャー)「完全ウエーバー制にしても抜け道は出てくる」(日本経済新聞)

松田元(広島東洋カープオーナー)「才能ある選手が海外に流出していくのではないか。これまでの制度の中で行ってきた独自のドラフト戦略が制約されることになると、うちのような球団はつらい」(日本経済新聞)

落合博満(中日ドラゴンズ監督)「完全ウエーバーしかないでしょ。指名して即確定ってのが、一番透明性がある。もちろん、1巡目も抽選はなしだよ」(デイリースポーツ)

古田敦也(東京ヤクルトスワローズ監督、日本プロ野球選手会前会長)「野球のうまい12人だけに職業選択の自由があって、ほかの選手にないのは理屈が通らない。ウエーバー制にした方がいい」(日本経済新聞)

星野仙一(阪神タイガースオーナー付シニアディレクター、北京五輪日本代表監督)「完全ウエーバー制にしろと言っているんだよ。それなら(プロ、アマ)お互いに悪さはできないだろ」(スポーツ報知)

ボビー・バレンタイン(千葉ロッテマリーンズ監督)「本当の制度(完全ウエーバー)にし、(契約金額も)1巡目、2巡目と巡ごとに12球団すべてが同じ額に統一するのが望ましい」(時事通信)

新井貴浩(広島東洋カープ選手会長)「抽選は戦力がかたよる可能性がある。広島の選手全員に聞いたわけではないですが、戦力均衡のためには完全ウエーバーがいい。総会は何度か出ていますが(広島の)みんなを代表する立場でここに来ているのだからキッパリ言わせてもらった」(日刊スポーツ)


プロスポーツ選手の法的地位―FA・ドラフト・選手契約・労働者性を巡る米・英・EUの動向と示唆プロスポーツ選手の法的地位―FA・ドラフト・選手契約・労働者性を巡る米・英・EUの動向と示唆
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] プロスポーツ選手の法的地位―FA・ドラフト・選手契約・労働者性を巡る米・英・EUの動向と示唆
[著者] 川井 圭司
[種..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by リュウノスケ at 03:11| Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

夏川純サバ読み疑惑を否定

 先週、一部夕刊紙で年齢詐称を報じられたグラドル・夏川純が11日(日)午後、準レギュラーを務めるTBS系『アッコにおまかせ!』に生出演した。

 この疑惑は、彼女がプロフィールで紹介されている23歳ではなく、5つ“サバ読み”の28歳だという内容。この日、司会者の和田アキ子から報道について聞かれた夏川は「本当に23歳です。(28歳なのは)私のお姉ちゃんなのになぁ」と困惑気味。実際、母親と実姉と夏川は「3姉妹のように似ている」とコメントした。

 また、記事のなかでサバ読みを親族が証言したことには「誰が証言したのか分からない。お姉ちゃんと間違えたのかなぁ…」とポツリ。今年9月に24歳を迎える“年女”は、最後に「これからもよろしくお願いします〜!」と元気よく視聴者にアピールしていた。(オリコン)


 東スポがスクープした夏川純年齢詐称疑惑。サラ金のCMで有名になったB級アイドルだけにどうでもいいといえばどうでもいいんですが、芸能人のサバ読み事件というのはその後の人生も含めて興味深いところではあります。

 安西ひろこが成人式に3回出席した疑惑は笑い話で済みましたが、岡本夏生や三井ゆりは本人も認めたシリアスなケース。その後仕事の激減した岡本は完全に過去の人となり、野口五郎と結婚した三井ゆりも長い間干されていました。そう考えると年齢詐称というのは女性芸能人にとって死活問題であり、夏川が必死になるのも分かります。

 で、実際のところ年齢詐称しているのかといえば他のブログでも明快に指摘されている通りこれは身分証を公開すればいいだけの話。『アッコにおまかせ!』で何の証拠も出さなかった時点で詐称確定といってもいいんじゃないでしょうか。

 それにしてもわざわざTBSが懺悔する場を与えてくれたのにそれを台無しにした夏川サイドの戦略は完全に失敗でした。あそこで泣いて謝れば和田アキ子も味方になってくれたのに。安西のとき何とかなった(安西と夏川は同じ事務所)ように今回も大丈夫と思ったんでしょう。疑問の残る判断でした。


JUN BRIGHT/夏川純―PERFECT VISUAL MAGAZINEJUN BRIGHT/夏川純―PERFECT VISUAL MAGAZINE
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] JUN BRIGHT/夏川純―PERFECT VISUAL MAGAZINE
[著者]
[種類] ムック
[発売日] 2006-11
[出版社] 学習研究社

>>Seesaa ショッピングで買う



RESOLUTIONRESOLUTION
販売元 : Amazon.co.jp DVD
価格 :
[タイトル] RESOLUTION
[出演] 安西ひろこ
[レーベル] エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
[監督]
[種類] DVD..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by リュウノスケ at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

安倍首相の選挙区支部に補助金受けた企業が献金

 安倍晋三首相が代表を務める自民党支部が02年、国の補助金を受けた会社から50万円の献金を受けていたことが分かった。9日の参院予算委員会で井上哲士氏(共産)が「政治資金規正法に抵触するのではないか」と指摘。安倍首相は「(献金先が)補助金を受けているかどうかは確かめようがない」と答えた。

 規正法は、1年以内に国の補助金の交付決定を受けた法人から献金を受けることを禁じている。党支部は02年1月、山口県下関市のリサイクル機器会社から献金を受けたが、この会社は01年7月に経済産業省の補助金交付決定を受けていた。

 さらに井上氏は、この会社の社長が発信したとされる電子メールをもとに、01年に製品を旧日本道路公団の関連財団へ売り込む際、官房副長官だった安倍首相が口利きをしたのではないか、と追及。安倍首相は「まったく記憶がない。極めて心外だ」と答えた。

 社長は9日夜「メールに書かれたアドレスは当時使っていたものではなく、ありえないメールだ」と話した。(毎日新聞)


 いわゆる爆弾質問を受けた安倍首相。ピンチになるといつもそうなるように物凄い早口で答えていました。

 口利き疑惑に関しては元ネタがメールだけにほんとかよという気もしますが、共産党はこういうのに関してプロだからなあ。しかも質問した井上さんは京大法学部卒で元赤旗政治部記者。自爆した民主のアホ議員とはスライムとラスボスくらい違います。

 安倍さんの慌てぶりから見ても相当ヤバそうなんですが、横に座っている麻生さんはなぜか終始ニヤニヤ。「首相への絶対的忠誠のない閣僚は去れ」と中川幹事長は怒ってたんですけどね。全く相手にしてないようです。しかし下手したら逮捕されるかもしれないのにあれはないよ。人情無さ過ぎ。

 アパホテル問題が全く話題にならないので助かったと思いきや一難去ってまた一難。安倍さんも大変ですね。因みに上記「山口県下関市のリサイクル機器会社」とは「トヨ・システムプラント」のことです。


<参照>
参議院インターネット審議中継 予算委員会 2007年3月9日(金)(井上哲士(共産)を選択)
しんぶん赤旗 安倍首相に「口利き」疑惑


APAホテル社長 元谷芙美子の幸せ開運術!―全国20,000室ホテル展開を目指す 続・私が社長です。APAホテル社長 元谷芙美子の幸せ開運術!―全国20,000室ホテル展開を目指す 続・私が社長です。
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] APAホテル社長 元谷芙美子の幸せ開運術!―全国20,000室ホテル展開を目指す 続・私が社長です。
[著者] 元谷 芙美子
[..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by リュウノスケ at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第41回報知杯フィリーズレビュー(GII)

三連単 K→@・B・E・G→@・B・E・G=1万2000円
前回までのトータル:−38万7000円
posted by リュウノスケ at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

速報 宇多田ヒカル離婚

 大事なお知らせ

 3.3(Sat) 12:00

 昨日、3月2日に、私、宇多田ヒカルと、紀里谷和明は、正式に離婚しました。

 今まで私たち夫婦を応援してくれた皆さん、本当にありがとうございました。突然の知らせで驚かせてごめんなさい。

 4年半の結婚生活から、二人とも多くを学び、成長したと思います。

 互いに変化する中で、思い描く未来図や夫婦像の方向性に、徐々にズレが生じました。国際的な活動をしながらのすれ違い生活の中で、コミュニケーションが不足してしまったのも大きな理由です。

 「離婚は残念なことだけれど、出会えてよかったね」と二人で話しまし た。同じクリエイターとして、大切な友人として、これからもお互いの成長を見守っていけたらいいなと思います。

 今後の紀里谷くんの活躍を楽しみにしています。

2007年3月3日 宇多田ヒカル




 昨日、私、紀里谷和明と宇多田光が離婚した事をみなさまにお伝えいたします。これまで、光とは沢山のものを共有し、様々なものを創って来ました。それらはとても素晴らしい思い出で、かけがえのないものです。しかし、その創作の厳しさや苦しさ、そして孤独をお互い抱えたまま、相手に甘えるという事が最後までできなかったように思います。このような結論に達したものの、光と巡り会えた事、そして、とても幸せな時間を一緒に過ごせた事を心から感謝しています。私はこれからも光の幸せを願ってやみません。
 
 これまで私たちを支えてくださった方々、本当にありがとうございました。これからも変わらず、光と彼女の音楽を応援していただければ幸いです。

紀里谷和明  2007年3月3日


公式HP
posted by リュウノスケ at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする