2007年03月22日

「改革やる気なし?」ドラフト希望枠今秋も暫定実施

 日本プロ野球組織(NPB)は21日、東京都内で球団代表者会議を開き、ドラフト制度の改革を協議し、大学生と社会人の選手が球団を自由に選べる「希望入団枠」を来年から撤廃することで合意した。今秋のドラフト方式については継続審議としているが、暫定的に現行制度を実施する方向。だが、希望枠の即時撤廃を求める日本高校野球連盟などアマチュアの団体は同日、「受け入れられない」と反発しており、情勢は流動的だ。(時事通信)


 結局希望枠存続になってしまった今年のドラフト会議。野球ファンなら誰しも思った通り、「すでに今年の希望枠で入団する選手と話ができているから、撤廃できないのだろう」(毎日新聞)ということなんでしょう。

 球界は芯から腐っているのでいまさら驚きませんし、正直これは予想通り。問題は松井秀喜以来の天才と呼ばれる超高校級スラッガー中田翔の行方です。現行のままだと希望枠撤廃に反対している巨人もクジ引きに参加できるんですよね。このブログでは過去に「いまの巨人に必要なのは高卒大物スラッガー」と散々書いたんですが、根来コミッショナー代行を従えて好き勝手言っている今年の巨人が中田を獲るのは何だか不愉快です。

 まあ、完全ウエーバーになってしまうと中田欲しさにシーズン中「負けろ〜」と贔屓チームの最下位を願ってしまうファンが出てきそうなんですが、日本一になったチームが中田に加えて大卒・社会人の最も優秀な選手まで獲れてしまう現行制度が最悪なのは確かです。

 一場事件からしばらくして再び起こった今回の不祥事は球界浄化のいいきっかけなんですが、この期に及んで現状を維持しようとする巨人ナベツネの往生際の悪さは思った以上の見苦しさ。戦後政治史の裏面で暗躍した特異な人物とはいえ、プロ野球界全体をコントロールしたいという欲望はあまりに不遜です。好き勝手させてもらえないJリーグを逆恨みしてヴェルディを見捨てたのを見れば分かるように、そのメンタリティは小学生時代の落合福嗣君レベルであり救いようがありません。

 しかし、いま話題の川内康範先生じゃないですが、社会的地位のあるお年寄りの頑固さなんて一生直りませんからね。現実的に考えてナベツネの目の黒いうちは日本のプロ野球に真の公正は来ないでしょう。でも死なないんですよね、あの手の人は。ストレスないし。


<参照>
玉木正之公式WEBサイト『カメラータ・ディ・タマキ』 スポーツを知らない権力者にスポーツが支配される不幸(必読)


生涯助ッ人 回想録生涯助ッ人 回想録
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 生涯助ッ人 回想録
[著者] 川内 康範
[種類] 単行本
[発売日] 1997-05
[出版社] 集英社

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by リュウノスケ at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

ドクター・中松とザ・グレート・サスケが出馬

 発明家のドクター・中松氏(78)=本名・中松義郎=は18日、毎日新聞の取材に対し、22日告示の東京都知事選に立候補する意向を明らかにした。近く会見して正式に出馬表明する。理由を「今回は出馬の意思はなかったが、今の立候補予定者では都民のもやもやが解消できない。世界に通用する人物など都知事の条件がクリアできるのは私しかいない」と説明した。

 中松氏の都知事選出馬は91、99、03年に続き4回目となる。いずれも落選したが、前回選挙では約11万票を獲得した。05年にはユーモアと独自性を兼ね備えた研究に贈られるイグ・ノーベル賞(栄養学賞)を受賞している。(毎日新聞)


 覆面プロレスラーのザ・グレート・サスケ岩手県議(37)は18日午前、盛岡市内で会見。4月の統一地方選で岩手県知事選に無所属での立候補を正式表明した。

 「岩手は混迷を極めており、黙ってはいられない。岩手を元気にしたい」と発言。公約として雇用拡大や知事報酬の80%減額、退職金の返上などに加え、存廃問題で揺れる岩手競馬についても存続の意向を示した。

 県議に初当選した03年にも議論を呼んだ覆面着用については「県議会の活動でこの顔が認められている。その延長上にある」とキッパリ。当選して知事になっても外す考えはないことを示した。

 ただ、覆面に隠れた知事の顔の情報開示要求が県民から高まった場合は「開示の可能性もある」と明言。県民の一部からは「マスクを透明にしたらどうか」との声もあり、サスケ氏は「検討します」とした。県によると知事に服装の規定はないという。(スポニチ)


 「都知事選の“風物詩”的存在」(夕刊フジ)とまで言われるドクター中松がついに重い腰を上げました。何かと胡散臭い人で「と学会」でも取り上げられていましたが、そのミステリアスなところが中松先生の魅力といえば魅力。前回選挙でも約11万票もの大量得票をしています。凄いなあ。

 さて、一方のサスケ議員。透明マスクにするくらいならマスクしなけりゃいいじゃんと思いますが、マスクマンにそんなことを言うの自体が無粋ですね。公約である「知事給与80%減額、退職金なし」というのは立派。しかし、負債総額330億円を抱える岩手競馬を存続させるというのはどうなんでしょうか。

 県が融資(297億5000万円)して競馬場を存続させた方が県民の負担が少ないという意見もあるもののそれは黒字転換した場合の話。失敗すれば大変なことになります。サスケはプロレスの興行で商売に自信があるんでしょうが、公営ギャンブルは中央競馬を除いてもう完全に斜陽産業。競合するパチンコ屋に重い課税でもしない限り復活はありません。

 正直見た目はどちらも泡沫候補っぽいんですが、そのまんま東も県知事になりましたしね。東京は厳しいと思いますが、公約はヘンでもサスケはキャラが立っているし地方の人は全国的にヤケクソ気味なのでもしかしたら当選するかもしれません。


<参照>
IPDL特許電子図書館 「中松義郎」が含まれる特許リスト93件(「中松義郎」で検索→「一覧表示」をクリック)


ドクター・中松の発明伝説―スリル・サスペンスとロマンドクター・中松の発明伝説―スリル・サスペンスとロマン
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] ドクター・中松の発明伝説―スリル・サスペンスとロマン
[著者] ドクター中松
[種類] 大型本
[発売日] 2003-09
[出版..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by リュウノスケ at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

「モーニング娘。」に中国人が新加入

 モーニング娘。がデビュー10年目にして初めて外国人をメンバーに加えることが15日、所属事務所から発表された。ジュンジュン=本名・李純=(19)とリンリン=同・銭琳=(16)で、ともに抜群の歌唱力とルックスを持つ中国人。プロデューサーのつんく♂(38)がオーディションや友人の紹介で発掘してきた。留学生を迎え、モー娘。が本格的にアジア進出する。

 北海道から九州まで日本全国からメンバーを集めてきたモー娘。が10年目にして初めて海外メンバーを迎え入れる。その裏には、ハロー!プロジェクトの活動の場を、アジア全体へと広げる壮大な構想があった。

 プロジェクトは、昨年からつんく♂によって極秘に進められてきた。まず、中国の国民的歌手オーディション「超級女声Super Girl」の落選組を集めて北京でオーディションを行い、長身ながら、あどけない笑顔が印象的なジュンジュンをスカウトした。

 次に、小学2年からドラマ出演やテレビ番組の司会を務めるなど、中国で芸能活動を行うリンリンを現地の友人から紹介され、今年1月のハロプロの全国ツアーにバックダンサーとして参加させてきた。

 つんく♂は2人の適性と実力を熟慮した上で、昨年12月加入の光井愛佳(14)と同じ8期で迎えることにした。今週中に東京へ引っ越し、リンリンは片言の日本語しか、ジュンジュンはまったく話せないため、日本語とダンス、ボーカルレッスンを徹底的に行う。

 2人は今月18日にテレビ東京系「ハロー!モーニング。」(日曜前11・30)でテレビ初出演し、リーダーの吉澤ひとみ(21)が卒業する5月6日のさいたまスーパーアリーナ公演でファンにお披露目される。ただ、4月25日発売のシングルには参加しない。

 ジュンジュンは「(歌手は)小さいころからの夢が現実となり、うれしい気持ちとなぜ自分が選ばれたのか信じられない気持ちでいっぱいです」と感激し、リンリンも「うれしさと感謝の気持ちでいっぱいです。早くモーニング娘。のメンバーと仲良くなりたい」と合流を心待ちしている。

 モー娘。は中国語圏で「早安少女組」の名で人気があり、中国本土ではCDが正規販売されていないにもかかわらず、ファンサイトが多数存在する。つんく♂は2人に対し「アジア展開の大きなキーパーソン。新しい進化を遂げるきっかけになる」と起爆剤として大きな期待を寄せている。(サンスポ)


 メンバーがどんどん入れ替わって宝塚歌劇団みたいになっている「モー娘。」に中国人が入ることになりました。『国民的美少女コンテスト』も中国系の人(林丹丹、母親が中国人)がグランプリを受賞していましたが、この流れを見ると日本の芸能関係者は完全に中国のマーケットを狙ってますね。

 国内の若年人口が漸減していく上にアイドルファンは「キモい」などと世間から差別されるのでこれから艱難辛苦を耐えてアイドルを応援していこうという若者が増えるかといえば現実的には無理な話。ジャニーズファンなんかは男の子のアイドルファンほど軽蔑されないせいか元気なんですけどね。「モー娘。」とか「AKB48」、「ベリーズ工房」のファンはそれに比べて勢いも絶対数もないような気がします。まあ、なんとなくですけど。

 それにしても中国人二人というのはいいとしてスカウトのきっかけが「なんだかよく分からない知人の紹介」と「中国の国民的歌手オーディションの落選組」というのはいかがなものか。バブルに沸く中国の金持ちが物価の高い日本にわざわざ観光旅行に来るのも憧れが強いから。一時は国民的人気を誇った「モー娘。」なんだからもっと上から目線で大々的に現地オーディションを開き、中国一の美少女をスカウトすれば日本のファンも少しは盛り上がったのに。

 などと私が文句ばかり言うのも公式HPを見たら新メンバーのルックスがイマイチだったから。しかも一人は19歳。もうアイドル引退する歳じゃねえか。なめてんのかつんく。正直がっかりしたわけですが、中国映画を観るとまさに天使みたいなイノセンス溢れる美少女が出てますけどね。ああいう子は日本に来てくれないのだろうか。こんなんならリア・ディゾンでも入れたらよかったのに。残念。


 <元モー娘。リンリン「300歳まで生きたい」5億円豪邸に暮らす社長夫人になっていた!>
 元モーニング娘。のリンリン(25)が27日、日本テレビ系「人生が変わる1分間の深イイ話 元アイドルは今幸せなのか?密着SP」(月曜・後9時)に出演し、故郷の中国に帰国してからの私生活に密着、結婚していることが分かった。

 卒業したリンリンは、中国の御曹司と2014年に結婚、地下室にシアタールームがある8LDKで、5億円の超豪邸に住む社長夫人となっていた。昨年9月には第1子を出産、その他にも中国のアイドルグループ「Idol School」をプロデュースしていることも分かった。

 リンリンは料理ができず食事は夫任せ、母乳が多く出る体質で75リットルものストックがあることを打ち明けた。モー娘。の時代と現在どちらが幸せか問われると「幸せの意味はケーキみたいにいっぱいある。モー娘。の時はチーズケーキ。今はミルクレープ」や、今の悩みは「死にたくない。300歳まで生きたいから、ヴァンパイアなるか悩んでる」など現役時代と変わらない天真らんまんな発言にスタジオの元モーニング娘。の藤本美貴(31)は「幸せそうで良かった」と後輩の幸せを喜んだ。(スポーツ報知、2016.6.27)
posted by リュウノスケ at 02:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第55回阪神大賞典(GII)

三連単 A→@・F・H・I→@・F・H・I=1万2000円
前回までのトータル:−39万9000円
posted by リュウノスケ at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

ライブドア粉飾決算事件判決要旨

<東京地裁が16日、全ライブドア(LD)社長堀江貴文被告に言い渡した判決の要旨は次の通り>

【事実認定の補足】
▽自社株売却益の利益計上
 各投資事業組合はいずれも脱法目的で組成された。その存在を否定すべきであるから、実質的にはライブドアファイナンス(LDF)がLD株を売却したと認められる。

 チャレンジャー1号はLD株の売却益をLDの連結決算で損益勘定とすることを可能とするなどのために組成された。VLMA1号、2号は、LD株を売却して、その売却益をLDの連結売り上げに計上するというスキームの中に組み込まれた組合で、会計処理に対する規制を免れる目的などがあった。

 堀江被告は遅くとも2004年9月期決算を承認した同年11月18日のLDの取締役会までには、売り上げ計上の許されないLD株売却益を含めた連結経常利益を記載した虚偽の有価証券報告書を提出することを認識、容認し、元LD取締役宮内亮治被告らとの間で共謀が成立した。

▽架空売り上げ計上の故意・共謀
 堀江被告は遅くとも04年9月期決算を承認した同年11月18日の取締役までには、架空売り上げを前提とした連結経常利益が記載された虚偽の有価証券報告書を提出することを認識、容認し、宮内被告らとの間で共謀が成立したと認められる。

▽虚偽事実の公表
 ライブドアマーケティング(LDM)がマネーライフ(ML)社との株式交換に関して行った04年10月の公表は、株式交換比率を1対1とする部分に虚偽があり、11月の公表もこの比率を前提に訂正しており虚偽だ。

 比率が虚偽が否かは公表された方法で適正に算出された企業価値を踏まえているかで判断される。しかし今回の比率は、宮内被告らがML社の企業価値を1億円程度と評価しながら、無関係の合併手数料や架空売り上げを上乗せするなどして4億円として決定した。

▽虚偽事実公表の故意・共謀
 堀江被告は遅くとも株式交換契約締結を承認した同年10月のLDM取締役会までに虚偽事実の公表を認容し、宮内被告らとの共謀が成立した。

 9月上旬ごろの定例会議で合併手数料の上乗せを堀江被告が了承した。この認定に沿う宮内被告らの供述はメールなどで裏付けられる。

 堀江被告は04年9月の戦略会議で、架空売り上げを計上してでも黒字化するよう指示した。

▽LDM株の売買目的
LDMの虚偽事実の各公表が株価の維持上昇などを図る目的だった。

 弁護人は、株売却益の一部を個人的に費消した件を起訴しない代わりに宮内被告らが検察主張に沿う供述をする黙契があったと主張する。

 検察官は捜査への疑念をぬぐう手続きを踏んでおらず、不公平感は理解できないわけではないが、宮内被告らの供述の主要部分は第三者の供述で裏付られ、メールとも符合している。

【量刑の理由】
 証券取引では個人投資家の自己責任が求められる一方、投資者に対する正確な情報開示は必須だ。各犯行は、証券取引法や東京証券取引所の情報開示制度の根幹を揺るがすもので、証券市場の公正性を害するきわめて悪質な犯行と言わざるを得ない。

 損失額を隠ぺいするような過去の粉飾決算事例とは異なり、投資者に対し、飛躍的に収益を増大させている成長性の高い企業の姿を示し、投資判断を大きく誤らせ、多くの投資者に資金を拠出させたもので、粉飾額自体は過去の事例に比べて必ずしも高額ではないにしても、その犯行結果は大きいものがある。投資者を欺き、その犠牲の上に立って企業利益だけを追求した犯罪で、目的に酌量の余地がないばかりか、強い非難に値する。

 粉飾の手口は、LD株売却益を連結売り上げに計上するために計画され、実態はLDが新株を発行して払込金を売り上げとして計上して業績向上を実現しているに等しく、本来は発生し得ないところに利益が発生しているように偽り、見せ掛けの成長を装った。

 しかも企業会計が十分整備されていない投資事業組合を悪用したもので、脱法を企図したことは明らか。架空売り上げの計上は公認会計士から粉飾の指摘があったのに意に介せずに強行し、強固な意志がうかがわれる。

 犯行は最高責任者の堀江被告ら経営陣が直接主導するなどして組織的に敢行された。短期的な企業利益だけを追求したものであって、投資者への配慮といった上場企業の経営者としての自覚はみじんも感じられない。

 堀江被告はLDMの架空売り上げ計上は前LDM社長岡本文人被告らに実行を指示、それ以外も宮内被告らからの報告、提案を受けて了承し、最終決定する形で関与したものであって、いずれも堀江被告が中心的な役割を担ったことは否めない。堀江被告の指示、了承なしには、各犯行の実行はあり得なかった。

 加えて本件スキームの実行で株式の保有率自体は低下したものの、筆頭大株主たる地位は失わず、株式の時価総額も増大し、犯行の利益を享受している。現に株式を売却し、多額の資金を得ており、個人的利益を得るために各犯行を行ったとまでは認められないにしても、量刑上、看過できない。

 さらに、自己の認識や共謀の成立を否定するなどし、各犯行を否認しており、メールの存在などで客観的に明らかな事実に反する供述をするなど、不自然、不合理な弁解に終始しており、株主や投資者に対する謝罪の言葉を述べることもなく、反省の情はまったく認められない。刑事責任は相当に重い。

 LDMの架空売り上げの計上以外、堀江被告は宮内被告らの提案などを了承したにとどまり、各犯行を主導したとまでは認められないことなどを最大限に考慮しても、実刑をもって臨まざるを得ず、責任の重さに照らすと、主文の刑は免れないと判断した。(共同通信)
posted by リュウノスケ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする