2007年03月22日

「改革やる気なし?」ドラフト希望枠今秋も暫定実施

 日本プロ野球組織(NPB)は21日、東京都内で球団代表者会議を開き、ドラフト制度の改革を協議し、大学生と社会人の選手が球団を自由に選べる「希望入団枠」を来年から撤廃することで合意した。今秋のドラフト方式については継続審議としているが、暫定的に現行制度を実施する方向。だが、希望枠の即時撤廃を求める日本高校野球連盟などアマチュアの団体は同日、「受け入れられない」と反発しており、情勢は流動的だ。(時事通信)


 結局希望枠存続になってしまった今年のドラフト会議。野球ファンなら誰しも思った通り、「すでに今年の希望枠で入団する選手と話ができているから、撤廃できないのだろう」(毎日新聞)ということなんでしょう。

 球界は芯から腐っているのでいまさら驚きませんし、正直これは予想通り。問題は松井秀喜以来の天才と呼ばれる超高校級スラッガー中田翔の行方です。現行のままだと希望枠撤廃に反対している巨人もクジ引きに参加できるんですよね。このブログでは過去に「いまの巨人に必要なのは高卒大物スラッガー」と散々書いたんですが、根来コミッショナー代行を従えて好き勝手言っている今年の巨人が中田を獲るのは何だか不愉快です。

 まあ、完全ウエーバーになってしまうと中田欲しさにシーズン中「負けろ〜」と贔屓チームの最下位を願ってしまうファンが出てきそうなんですが、日本一になったチームが中田に加えて大卒・社会人の最も優秀な選手まで獲れてしまう現行制度が最悪なのは確かです。

 一場事件からしばらくして再び起こった今回の不祥事は球界浄化のいいきっかけなんですが、この期に及んで現状を維持しようとする巨人ナベツネの往生際の悪さは思った以上の見苦しさ。戦後政治史の裏面で暗躍した特異な人物とはいえ、プロ野球界全体をコントロールしたいという欲望はあまりに不遜です。好き勝手させてもらえないJリーグを逆恨みしてヴェルディを見捨てたのを見れば分かるように、そのメンタリティは小学生時代の落合福嗣君レベルであり救いようがありません。

 しかし、いま話題の川内康範先生じゃないですが、社会的地位のあるお年寄りの頑固さなんて一生直りませんからね。現実的に考えてナベツネの目の黒いうちは日本のプロ野球に真の公正は来ないでしょう。でも死なないんですよね、あの手の人は。ストレスないし。


<参照>
玉木正之公式WEBサイト『カメラータ・ディ・タマキ』 スポーツを知らない権力者にスポーツが支配される不幸(必読)


生涯助ッ人 回想録生涯助ッ人 回想録
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 生涯助ッ人 回想録
[著者] 川内 康範
[種類] 単行本
[発売日] 1997-05
[出版社] 集英社

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by リュウノスケ at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

ドクター・中松とザ・グレート・サスケが出馬

 発明家のドクター・中松氏(78)=本名・中松義郎=は18日、毎日新聞の取材に対し、22日告示の東京都知事選に立候補する意向を明らかにした。近く会見して正式に出馬表明する。理由を「今回は出馬の意思はなかったが、今の立候補予定者では都民のもやもやが解消できない。世界に通用する人物など都知事の条件がクリアできるのは私しかいない」と説明した。

 中松氏の都知事選出馬は91、99、03年に続き4回目となる。いずれも落選したが、前回選挙では約11万票を獲得した。05年にはユーモアと独自性を兼ね備えた研究に贈られるイグ・ノーベル賞(栄養学賞)を受賞している。(毎日新聞)


 覆面プロレスラーのザ・グレート・サスケ岩手県議(37)は18日午前、盛岡市内で会見。4月の統一地方選で岩手県知事選に無所属での立候補を正式表明した。

 「岩手は混迷を極めており、黙ってはいられない。岩手を元気にしたい」と発言。公約として雇用拡大や知事報酬の80%減額、退職金の返上などに加え、存廃問題で揺れる岩手競馬についても存続の意向を示した。

 県議に初当選した03年にも議論を呼んだ覆面着用については「県議会の活動でこの顔が認められている。その延長上にある」とキッパリ。当選して知事になっても外す考えはないことを示した。

 ただ、覆面に隠れた知事の顔の情報開示要求が県民から高まった場合は「開示の可能性もある」と明言。県民の一部からは「マスクを透明にしたらどうか」との声もあり、サスケ氏は「検討します」とした。県によると知事に服装の規定はないという。(スポニチ)


 「都知事選の“風物詩”的存在」(夕刊フジ)とまで言われるドクター中松がついに重い腰を上げました。何かと胡散臭い人で「と学会」でも取り上げられていましたが、そのミステリアスなところが中松先生の魅力といえば魅力。前回選挙でも約11万票もの大量得票をしています。凄いなあ。

 さて、一方のサスケ議員。透明マスクにするくらいならマスクしなけりゃいいじゃんと思いますが、マスクマンにそんなことを言うの自体が無粋ですね。公約である「知事給与80%減額、退職金なし」というのは立派。しかし、負債総額330億円を抱える岩手競馬を存続させるというのはどうなんでしょうか。

 県が融資(297億5000万円)して競馬場を存続させた方が県民の負担が少ないという意見もあるもののそれは黒字転換した場合の話。失敗すれば大変なことになります。サスケはプロレスの興行で商売に自信があるんでしょうが、公営ギャンブルは中央競馬を除いてもう完全に斜陽産業。競合するパチンコ屋に重い課税でもしない限り復活はありません。

 正直見た目はどちらも泡沫候補っぽいんですが、そのまんま東も県知事になりましたしね。東京は厳しいと思いますが、公約はヘンでもサスケはキャラが立っているし地方の人は全国的にヤケクソ気味なのでもしかしたら当選するかもしれません。


<参照>
IPDL特許電子図書館 「中松義郎」が含まれる特許リスト93件(「中松義郎」で検索→「一覧表示」をクリック)


ドクター・中松の発明伝説―スリル・サスペンスとロマンドクター・中松の発明伝説―スリル・サスペンスとロマン
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] ドクター・中松の発明伝説―スリル・サスペンスとロマン
[著者] ドクター中松
[種類] 大型本
[発売日] 2003-09
[出版..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by リュウノスケ at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

朝青龍稀勢の里にひざ蹴り

 明白なマナー違反、品格の欠如だ。朝青龍がまたしても“暴走”した。

 この日の相手は八百長告発騒動で「八百長を拒否した力士」と報じられた稀勢の里。朝青龍はこの稀勢の里戦になると「ニラまれるのでこっちもつい気合が入るんだ」といつも過剰攻撃する。立ち合いに蹴たぐりを見舞って「横綱にあるまじきワザだ」と横審で批判されたのは先々場所。先場所も勝負がついた後、ダメ押しして土俵下まで突き飛ばしている。

 これがまた週刊誌などに深読みされ八百長疑惑をつのらせているが、この日の攻撃は激しかった。

 稀勢の里が土俵際で見舞った右張り手でプッツン。頭を押さえて引きずりまわし、後ろ向きになったところを送り投げで投げ飛ばし、ひっくり返った稀勢の里に右ひざで蹴りを一発入れたのだ。

 朝青龍は「イナされたけど落ち着いてよく見ていったな。(全勝の)栃東が負けたね。たまにはこんなふうにあとからついていく方がプレッシャーもなくていい」と蹴りについて触れなかったが、異常なダメ押しを目撃していた観客の間からはどよめきがあがった。

 今場所だけはこれ以上、朝青龍に脱線されると困るだけに北の湖理事長は「蹴っていないよ。稀勢の里に乗っかられた足を抜いただけだ。みんな、そういう目でみているんだな」と弁護も。今場所の朝青龍、明らかに精神的に乱れている。(ZAKZAK)


 北の湖理事長は蹴ってないと言ってますが、映像を見てもらえば分かる通り倒れた稀勢の里に右膝を入れているのは明らか。解説の北の富士さんも「まあ、これはいけませんね。これはだめだ。膝でおっつけちゃあね」とはっきり言っています。

 八百長報道でフラストレーションが溜まっているのは分かりますが、まさに横綱の品格なし。ヒクソン・グレイシーが失神した船木誠勝を蹴った試合を思い出します。そういえば当時プロレス雑誌のインタビューでヒクソンの蛮行について問われた桜庭和志は、「ヒクソンは道徳の教科書でも読んで一から出直せ」と強く非難していました。

 相撲は日本の国技。北の湖も桜庭の態度を見習うべきです。八百長疑惑で大相撲がピンチだからってこんなの庇ってたら相撲道が泣きますよ。
posted by リュウノスケ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

「モーニング娘。」に中国人が新加入

 モーニング娘。がデビュー10年目にして初めて外国人をメンバーに加えることが15日、所属事務所から発表された。ジュンジュン=本名・李純=(19)とリンリン=同・銭琳=(16)で、ともに抜群の歌唱力とルックスを持つ中国人。プロデューサーのつんく♂(38)がオーディションや友人の紹介で発掘してきた。留学生を迎え、モー娘。が本格的にアジア進出する。

 北海道から九州まで日本全国からメンバーを集めてきたモー娘。が10年目にして初めて海外メンバーを迎え入れる。その裏には、ハロー!プロジェクトの活動の場を、アジア全体へと広げる壮大な構想があった。

 プロジェクトは、昨年からつんく♂によって極秘に進められてきた。まず、中国の国民的歌手オーディション「超級女声Super Girl」の落選組を集めて北京でオーディションを行い、長身ながら、あどけない笑顔が印象的なジュンジュンをスカウトした。

 次に、小学2年からドラマ出演やテレビ番組の司会を務めるなど、中国で芸能活動を行うリンリンを現地の友人から紹介され、今年1月のハロプロの全国ツアーにバックダンサーとして参加させてきた。

 つんく♂は2人の適性と実力を熟慮した上で、昨年12月加入の光井愛佳(14)と同じ8期で迎えることにした。今週中に東京へ引っ越し、リンリンは片言の日本語しか、ジュンジュンはまったく話せないため、日本語とダンス、ボーカルレッスンを徹底的に行う。

 2人は今月18日にテレビ東京系「ハロー!モーニング。」(日曜前11・30)でテレビ初出演し、リーダーの吉澤ひとみ(21)が卒業する5月6日のさいたまスーパーアリーナ公演でファンにお披露目される。ただ、4月25日発売のシングルには参加しない。

 ジュンジュンは「(歌手は)小さいころからの夢が現実となり、うれしい気持ちとなぜ自分が選ばれたのか信じられない気持ちでいっぱいです」と感激し、リンリンも「うれしさと感謝の気持ちでいっぱいです。早くモーニング娘。のメンバーと仲良くなりたい」と合流を心待ちしている。

 モー娘。は中国語圏で「早安少女組」の名で人気があり、中国本土ではCDが正規販売されていないにもかかわらず、ファンサイトが多数存在する。つんく♂は2人に対し「アジア展開の大きなキーパーソン。新しい進化を遂げるきっかけになる」と起爆剤として大きな期待を寄せている。(サンスポ)


 メンバーがどんどん入れ替わって宝塚歌劇団みたいになっている「モー娘。」に中国人が入ることになりました。『国民的美少女コンテスト』も中国系の人(林丹丹、母親が中国人)がグランプリを受賞していましたが、この流れを見ると日本の芸能関係者は完全に中国のマーケットを狙ってますね。

 国内の若年人口が漸減していく上にアイドルファンは「キモい」などと世間から差別されるのでこれから艱難辛苦を耐えてアイドルを応援していこうという若者が増えるかといえば現実的には無理な話。ジャニーズファンなんかは男の子のアイドルファンほど軽蔑されないせいか元気なんですけどね。「モー娘。」とか「AKB48」、「ベリーズ工房」のファンはそれに比べて勢いも絶対数もないような気がします。まあ、なんとなくですけど。

 それにしても中国人二人というのはいいとしてスカウトのきっかけが「なんだかよく分からない知人の紹介」と「中国の国民的歌手オーディションの落選組」というのはいかがなものか。バブルに沸く中国の金持ちが物価の高い日本にわざわざ観光旅行に来るのも憧れが強いから。一時は国民的人気を誇った「モー娘。」なんだからもっと上から目線で大々的に現地オーディションを開き、中国一の美少女をスカウトすれば日本のファンも少しは盛り上がったのに。

 などと私が文句ばかり言うのも公式HPを見たら新メンバーのルックスがイマイチだったから。しかも一人は19歳。もうアイドル引退する歳じゃねえか。なめてんのかつんく。正直がっかりしたわけですが、中国映画を観るとまさに天使みたいなイノセンス溢れる美少女が出てますけどね。ああいう子は日本に来てくれないのだろうか。こんなんならリア・ディゾンでも入れたらよかったのに。残念。


 <元モー娘。リンリン「300歳まで生きたい」5億円豪邸に暮らす社長夫人になっていた!>
 元モーニング娘。のリンリン(25)が27日、日本テレビ系「人生が変わる1分間の深イイ話 元アイドルは今幸せなのか?密着SP」(月曜・後9時)に出演し、故郷の中国に帰国してからの私生活に密着、結婚していることが分かった。

 卒業したリンリンは、中国の御曹司と2014年に結婚、地下室にシアタールームがある8LDKで、5億円の超豪邸に住む社長夫人となっていた。昨年9月には第1子を出産、その他にも中国のアイドルグループ「Idol School」をプロデュースしていることも分かった。

 リンリンは料理ができず食事は夫任せ、母乳が多く出る体質で75リットルものストックがあることを打ち明けた。モー娘。の時代と現在どちらが幸せか問われると「幸せの意味はケーキみたいにいっぱいある。モー娘。の時はチーズケーキ。今はミルクレープ」や、今の悩みは「死にたくない。300歳まで生きたいから、ヴァンパイアなるか悩んでる」など現役時代と変わらない天真らんまんな発言にスタジオの元モーニング娘。の藤本美貴(31)は「幸せそうで良かった」と後輩の幸せを喜んだ。(スポーツ報知、2016.6.27)
posted by リュウノスケ at 02:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第55回阪神大賞典(GII)

三連単 A→@・F・H・I→@・F・H・I=1万2000円
前回までのトータル:−39万9000円
posted by リュウノスケ at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする