2007年02月27日

東国原英夫宮崎県知事23歳日テレ女性記者と宿泊密会

 全国区の注目を浴びている宮崎県の東国原英夫知事(49)に、“女性問題”が浮上した。宮崎市内の自宅マンションに、女性2人が宿泊していたと26日発売の「週刊現代」最新号が報じているのだ。県民の間でカリスマ的人気を誇りつつある知事だけに、痛手になる!?

 同誌によると、東国原知事宅に宿泊したのは、30代後半〜40代とみられるイベント経営会社の女性社長と、日本テレビ報道局で「NEWSリアルタイム」を担当し、1カ月以上も知事の密着取材を続けている新人記者(23)だったという。

 社長は2月12日午後9時過ぎに知事宅を訪れ、知事が自宅を出た後の翌13日午前10時にこの部屋を出た。新人記者は同日午後9時すぎに知事宅に入り、翌14日午前8時まで滞在していたという。

 2人の女性はともにエレベーターに乗り、知事の部屋がある8階で降りた。その後、外部から見えないように廊下の外壁より姿勢を低くして部屋に向かったという。

 同誌の取材に東国原知事は「いっぱい、いろんな人が出入りしているからねぇ」と答え、自身のHPの中にある「新そのまんま日記!」にも25日付で「僕の部屋は色んな人が出入りし(中略)時には泊まっていかれる」と“釈明”している。

 しかし、東京・渋谷のイメクラで未成年の相手と知らずにサービスを受けたとして、警視庁の事情聴取を受けた経験もある知事だけに、大きなマイナスイメージにならなければいいが…。(ZAKZAK)


 当選直後にセックススキャンダルを懸念する記事を書いたんですが、就任一ヶ月でもうやらかした東国原知事。さすがというかなんというか好色一代男の世之介みたいですね。ある意味凄いです。

 知事本人も明確に否定していないので二人共確実にやっていると思うんですが、それにしても女性社長はいいとして日テレの新人記者はいかがなものか。コメントを取って来ないと怒られる新人記者が必死になったのかもしれませんが、大学を卒業したばかりの右も左も分からない女の子をやるなよバカ。

 予想されたこととはいえ糸山英太郎氏の批判が当たってしまうとはなんとも不吉です。宮崎県の明日はどっちだ。
posted by リュウノスケ at 00:08| Comment(1) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする