2007年01月30日

「負け方も絵になる?」山本KID腕折られる

 総合格闘技HERO’S実行委員の谷川貞治FEG社長(45)が28日、レスリング全日本選手権のKID戦を観戦。準々決勝での完敗に「負け方も絵になる。改めてドラマチックな男だと思いました」と話した。KIDに勝った井上が、格闘家を引退したばかりの須藤元気とそっくりだったことにも注目。「元気君に似ている男に(KIDが)どこまでできるかな、と思って見ました。井上選手以外にも化けそうな選手がたくさんいます。人材豊富です」とスカウティングに目を光らせていた。(スポーツ報知)


 オリンピックどころか病院送りにされてしまった山本KID。谷川さんもなんとかせねばと思ったものの、試合内容があまりに酷く褒めようがないので負けっぷりを礼賛する始末。しかし、ああいうのは「絵になる」と言うのかな。「右肘後方脱臼」で全治4カ月の重症なんですけど。

 それにしても今回の全日本選手権、「第1、2日は入場無料だったが、この日だけは有料。約2300席の会場は満員」(共同通信)だったそうでKIDの持つ集客力にはさすがという他ありません。大会を後援した日テレもスポーツニュースでKIDの経歴などをしつこいほど紹介していました。

 しかし、ZAKZAKでも書かれていましたが日テレはなんであそこまで肩入れしたんでしょうか。単純にプロだから強いだろうと思ったんでしょうが、アマレスと総合は似て非なるものであるし、父と姉は伝説的レスラーであるもののKID自身はオリンピックに出たこともなく、アマレスを引退してからずいぶん経つんだから常識的に考えれば優勝する可能性などほとんどないのは分かるはず。正直出るべきじゃなかったし、日テレを含め周りも浮かれ過ぎでした。

 話題作りもいいですが、プロとして実力もある人気選手なんだから総合の舞台で強い奴といいファイトをすればいいだけの話です。今回のことに懲りて無謀なアマレス挑戦はもうやめるべきでしょう。

 最後に井上の強引な投げについて。遺恨好きの格闘技マニア的にはマスコミ引き連れてでかいこと言ってるKIDを意識的に壊したと深読みしたい所です。まあ井上本人も決勝で負けちゃったのでこんなことで注目されたくないとは思いますが、文字通り天狗の鼻をへし折ったわけでマニアとしては痛快なシーンでした。谷川さんもプロのリングで再戦させたいでしょう。
posted by リュウノスケ at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

だいたひかる離婚アメザリ平井は江川有未と結婚

 お笑いタレントのだいたひかる(31)が、放送作家・北本かつら氏(30)と離婚することが17日、分かった。北本氏が16日付の自身のブログで明かしたもの。だいたを「軍曹」と呼び「もう少し有能な捕虜との訓練を軍曹が、従軍記者に撮られてしまったようです。離婚はお互いに原因があるもんです」と、だいたの不倫をにおわせている。2人は昨年1月16日に婚姻届を提出。ちょうど1年での離婚劇となる。

 交際3カ月足らずでスピード婚しただいたが、今度はわずか1年でスピード離婚。北本氏はブログで「週刊誌などで、おひれはひれがついて報道されるのもシャクなのでお先に報告させていただきます」と前置きした上で、結婚生活を「軍隊生活」に例えて「苦しいながらも楽しい軍隊生活から不本意ではありますが卒業する運びとなりました」と離婚を報告。

 「もう少し有能な捕虜との訓練を軍曹が、従軍記者に撮られてしまったようです」とつづり、週刊誌などがだいたの不倫現場をキャッチし、離婚原因となったことを示唆した。妻の不倫を「ど〜でもいいですよ」と見逃すわけにはいかなかったようだ。

 関係者によると不倫相手は、だいたが民放のバラエティー番組で共演したダンサーとされる。彫りの深い二枚目だという。現場をキャッチされた直後のスピード決断といえ、北本氏の怒りとショックの大きさがうかがえる。ブログでも「長年コントを書いてきましたが、このオチは読めませんでした(泣)」と記している。

 だいたは今月2日、成田空港からホノルルに出発する際、昨年末にノロウイルスに感染して入院したが、北本氏の看護で回復したとノロけた。わずか2週間後の急転直下の離婚劇になる。

 2人は05年10月末から真剣交際をスタート。だいたのプロポーズで、交際3カ月足らずだった昨年1月16日に都内の区役所に婚姻届を提出した。30代に踏み込んだ直後だったため「負け犬返上婚」と報じられた。(スポニチ)


 漫才コンビ、アメリカザリガニの平井善之(33)が、元タレントの江川有未さん(25)と結婚していたことが25日、分かった。

 2人は13日、有未さんの実家がある札幌市で挙式し、婚姻届を提出。都内で新婚生活を始めている。2年前に知り合い、交際を続けていた。

 平井は平成6年、ツッコミの柳原哲也(35)と「アメリカザリガニ」を結成。10年に上方お笑い大賞最優秀新人賞を受賞している。有未さんはプロ野球巨人の元投手で野球解説者の江川卓氏(51)の遠縁。(サンケイスポーツ)


 結局1年しかもたなかっただいたひかるの結婚生活。離婚原因が自身の浮気では自業自得と言われても仕方ありません。そういえば結婚前のだいたが『おしゃれイズム』に出演した際、自分の部屋で焼酎を際限なく飲み続けているVTRを放送していました。その泥酔した姿を見てなんだかだらしない人だなあと思ったんですが、男性関係もやはりだらしなかった模様。まあ女性とはいえ芸の肥やしになるからいいのか。杉田かおるみたいになったらそれはそれでおもしろいかもしれません。

 一方のアメザリ平井。よく知らないんですが声の高くない方ですよね。写真見ても分かんねえや。お相手の江川有未はカエルグッズを集めたりしておもしろい子なので結構好きだったんですが、あっさり引退・結婚してしまい非常に残念です。まあ写真集なんかもエロ路線になってたし芸能界に嫌気が差すのも分かります。それはそれで懸命な選択かもしれません。お幸せにと素直に言いたいところですが相手が芸人ですからね。続くかどうかはだいたと同じく平井の貞操次第でしょう。
posted by リュウノスケ at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第42回京都牝馬ステークス(GIII)

三連単 C→L・M・N・O→L・M・N・O=1万2000円
前回までのトータル:−32万7000円
posted by リュウノスケ at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

「本性見たり?」竹中平蔵が人材派遣大手パソナ特別顧問に

 人材派遣大手のパソナは23日、小泉内閣で経済財政担当相や総務相を務めた竹中平蔵慶大教授(55)を2月1日付で特別顧問に迎えると発表した。任期は1年。報酬額は明らかにしていない。取締役の諮問機関であるアドバイザリーボードの一員にもなる。学者や政府での経験を生かして、事業や経営に助言してもらうという。(アサヒ・コム)


 財政難の日本を立て直す救世主なのか財界から送り込まれた御用学者なのか評価の分かれる人なんですが、今回の特別顧問就任で後者である可能性が増した竹中さん。大企業に空前の利益をもたらす劣悪な派遣労働の現状を批判させないために自ら顧問として天下ったんでしょう。

 「私の経験からすれば(他の人にも信じるよう強く希望しているが)、「私有化」ということばを聞くたびに、どこかその背後には特別な利害が絡んでいると思った方がよい。なにしろアメリカ社会の黄金率は、「『私有化』ということばを聞けば、金儲けのサインである」というぐらいだから…。」(『おもいやりの経済』ジョン・ケネス・ガルブレイス著、福島範昌訳)

 ガルブレイスに言われなくても金儲けというのは本質的にいかがわしいものです。そこに政治が加わり、学者が承認を与えれば胡散臭さは3倍増。一握りの金持ちと大多数の貧者が構造的に維持される社会がはたして「美しい国」なのか。アパホテル問題で崖っぷちにも関わらず安倍さんは国会で調子のいいことを言っていましたが、フリードマン信者はマルクス信者と同じくらい社会にとって迷惑な存在のようです(下記記事参照)。

 哭きの竜が職業を問われて「無職です」と答えたように、ジェイコム株で有名になった天才トレーダーBNF氏は自分を「ニート」と呼んでいました。竹中を含め、労働者から搾取した金で儲けている奴は少しその謙虚さを見習った方がいいんじゃないでしょうか。


<「フリードマン崇拝を切る―市場万能主義は“信仰”」 カレル・V・ウォルフレン>

 今年死去した著名な二人の経済学者、ジョン・ガルブレイスとミルトン・フリードマンについての世界各国の追悼記事は、科学と称しながら実は宗教の代替物になった学説によって、現代世界がいかに誤解、誤導されているかを物語っている。

 ガルブレイスはその思考の深さと人間性、実践的見識、親しみやすい著作により栄誉を受けている。だが、フリードマンの方は、規制なき市場への科学的支持に貢献したとされ、はるかに高く評価されている。欧米さらにはアジアでさえ、多くの解説者が、現代世界の経済メカニズムに関する理解には、フリードマンの方が一層ふさわしいと決めてかかったのだ。

 こうした追悼記事は、世界各国の大学の経済学部の多くが経済思想史の講座をなくしてしまったことが、いかに重大な損失であるかを証明している。フリードマンを賞賛する人々(多くの場合、崇拝者なのだが)は、知っておくべき事柄について明らかに無知なのだ。

 フリードマンはノーベル経済学賞を受賞することになるマネタリスト理論を発表した後、一種の政治・社会哲学者として歩を進め、複雑なこの世界の理解を、二、三の基本的教義に矮小化してしまった。経済活動に関与する政府はほとんど常に悪であり、「市場」の名で知られる半ば神聖な抽象的存在が常に最大の自由と幸福をもたらし、ついでに貧困も減らす―彼を有名にしたのは、こんなスローガンにも似た主張であった。

 一方、ガルブレイスの経済思想は何よりも産業と金融の現実に対する鋭い観察と、初期の制度派経済学理論およびケインズ経済学の緻密さによって形成されており、こうした単純な教義を許さない。

 フリードマンは現存の資本主義システムを頭から受け入れるよう提唱したが、ガルブレイスは資本主義の疑わしい側面に疑問符を付けた。ガルブレイスは権力を経済システムにおける支配的な力として理解したが、フリードマンは政治的次元を排除した。

 フリードマンが好まれるのは、その議論があくまで論理的な筋道に沿って進められるという方法のためだ。だが、その議論は多くの環境条件を無視することによってのみ進めることができるため、現実からはるかに遊離してしまう傾向がある。

 この経済学は、政治と社会の現実に埋め込まれた経済実態を理解するために必要とされる作業を最小限に切り詰める。そうすることによって、研究者は窓の外を見もせずに理論に集中し、確立された理論になにがしかを付け加えるのだ。

 人間の思想史におけるこのひどい理論の結末は、アフリカや中南米、共産政権崩壊後のロシア、金融危機直後のアジアに見られる。どれもグローバル資本主義を代表する国際通貨基金(IMF)と世界銀行によって強制された破壊的な政策の結果である。私は本稿をマレーシアで書いている。同国はIMF処方せんに従わなかったことで重大な罪を犯したといまだに見られているが、実は独自の道を選択したことで、他のアジア諸国に比べ苦痛は少なくて済んだのだ。

 無論、市場は多くの益をもたらすことが可能だし、政府が真の企業精神を窒息させることによって国の経済に多大な害を及ぼすこともあり得る。だが、フリードマン流の市場崇拝と経済発展に関する新自由主義の処方せんは、米国と欧州の産業国家が自らの産業化の経験から学んだことに基づいてはいない。それは科学ではなく信仰なのだ。

 日本と韓国でもフリードマンがガルブレイスよりもてはやされてきたことに、私は困惑している。日本でのフリードマン人気は多分、市場がより大きな役割を果たすべきだと日本が気付いたことや、流行の結果にすぎない。日本経済は無論、改善の余地を残しているものの、フリードマン流の思想はいかなる刺激も与えはしない。


[タイトル] ゆたかな社会 決定版
[著者] J.K. ガルブレイス
[種類] 文庫
[発売日] 2006-10
[出版社] 岩波書店





posted by リュウノスケ at 01:12| Comment(0) | TrackBack(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

「藤田社長の執念成就」アパホテル耐震偽装発覚

 京都市は25日、京都市下京区にある「アパヴィラホテル京都駅前」(10階建て、139室)と「アパホテル京都駅堀川通」(地上11階地下1階、515室)の二つのホテルで耐震強度の偽装が発覚した、と発表した。市は同日、建築主の「アパマンション」(本社・東京都)に対し、ホテルの使用を禁止し、速やかに改修工事を行うよう求める是正勧告書を通知した。使用禁止の勧告は極めてまれという。

 市などによると、両ホテルは「田村水落設計」(本社・富山市)が設計を担当。建築確認申請書の構造図と意匠図に不整合があるほか、同書と工事施工にかかる構造関係図書に相違があり、耐震強度が最も弱いところで基準値の71〜79%しかなかった。

 田村水落設計は毎日新聞の取材に「京都市の計算が間違っており、こちらの強度計算したものは正しいと思っている」と話している。

 ホテルを運営する「アパグループ」(本社・東京都)の平野吉洋・総務部長は「連絡があるまで偽装は知らなかった。現在、新規の予約はお断りしている」と話している。(毎日新聞)


 『きっこの日記』で散々やっていたアパグループ耐震偽装問題がついに公となりました。各局ニュースではおなじみのアパホテル社長、元谷芙美子がダンナと二人で謝罪会見をしていたんですが、喪服のような黒スーツを着て泣いてはいるものの、いつも通りセレブ風の帽子かぶって来てるし、悪意はないみたいなこと言ってるし、なんだか嘘泣きにしか見えませんでした。

 ダンナはダンナで嫁が深々と謝罪のお辞儀をしているのにほとんと頭を下げず、設計した水落に責任転嫁する始末。その水落も耐震偽装についてしらばっくれていました。たぶん元谷夫婦も水落も何とかなると思っているんでしょう。

 「藤田社長がずっと告発し続けてるのに、なんでマスコミがスルーしてたのかっていうと、この「アパグループ」の後援会長が、あの森嘉朗だからだ。そして、さらには、この「アパグループ」の代表、元谷外志雄が、アベシンゾーの後援会「安晋会」の副会長だからだ。」(きっこの日記)。

 この問題がマスコミに取り上げられなかったのはアパ夫婦に政治的バックがあったからだそうで、そういうのも含めて今国会は大荒れになるでしょう。マスコミは相変らずこの問題に及び腰であまり触れませんが、ヘンな写真も出回ってるし安倍さんはもうだめなんじゃないですかね。


<参照>
きっこの日記 ガケップチのアパ晋三
きっこの日記 ツチノコ軍団VSガマガエル軍団
きっこの日記 藤田社長からアパグループへ
日刊スポーツ 藤田社長爆弾告発、安晋会関連物件も偽装
You Tube   藤田東吾


posted by リュウノスケ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする