2006年12月29日

38歳阪神金本年俸5億5000万円3年契約で更改

 28日、現役の日本選手としてトップの年俸5億5000万円で来季の契約を更改した阪神の金本知憲外野手(38)は、チームの枠を飛び越え、名実ともに球界の顔となった。

 2002年オフに広島からフリーエージェント(FA)権を行使して阪神に移籍した際、4年契約を結んだ。その間、チームは2度優勝したが、年俸は現状維持。今回は「(それを)考慮しての金額になったと思う」と金本。球団が報いる形で、2億9000万円という大幅アップが実現した。

 39歳になる来季の目標は、あと154本に迫った通算2000本安打。「まあ、来年中に達成できれば…」。その数字にはこだわらないが、「阪神は勝つことが義務付けられている。4番(打者)の責任はある」とチームの勝利には執念を燃やす。

 球団の評価そのものは5億5000万円以上とも言われる。金本はチーム全体のバランスを考え、差額を裏方らの待遇改善に回してもらったという。

 球団が「阪神とファンの宝であり、球界の宝」(沼沢球団本部長)として、はじき出した額が現役日本選手最高年俸に。金本は「実感はわかないが、感謝したい。来季はゴー(5億)ゴー(5000万円)でゴー(GO)」。継続中の連続試合フルイニング出場の記録は当分、途切れないだろう。金額は推定。(時事通信)


  FAの再契約金は1億円以上ともいわれ、3年総額で約20億円もの大型契約を結んだ阪神金本。優勝を逃したにも関わらず阪神の提示した常軌を逸したギャラに本人もちょっと引いてしまったのか、裏方さんの待遇改善を条件に自ら減額を申し出てしまいました。

 確かに金本は名選手ですし38歳の年齢を勘案してもカープ仕込みの猛練習で今後も超人的な活躍をする可能性は十分にあるんですが、それにしてもこの金額提示はさすがに異常。いままで5億を超える年俸を得たイチロー、松井秀、中村紀、松中、城島といった日本人野手と比較しても、40前の金本と巨額の3年契約を結ぶというのは疑問を感じざるを得ません。

 打率・303、26本塁打、98打点の成績で2億9000万円増の年俸5億5000万円(提示はそれ以上)の3年契約というのは常識的に考えてあり得ませんから。年俸がここまで上がるのは通常三冠王レベルの成績を残した場合だけです。

 最近の選手はメジャー移籍も当然の選択肢として契約交渉に望むので阪神としてもある程度条件をよくせざるを得ないんでしょうが、さすがに金本本人がこんなにもらえないというほどの額を提示する必要はなかったんじゃないでしょうか。阪神は何を考えてこのような条件提示をしたのか。気になるというか疑問の残る契約更改でした。
posted by リュウノスケ at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

第51回有馬記念(GI)

三連単 D→C→@・A・B・E・F・G・H・I・J・K・L・M=1万2000円
前回までのトータル:−27万9000円
posted by リュウノスケ at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

本間辞任と松下プラズマディスプレイ偽装請負について

 派遣や請負会社に入り、12年間で約10カ所の職場を経験した大阪府のYさん(32)。10年前の時給の相場は約1200円だったが、今は1050円に。職場を転々とするので技能も身に付かず、昇給もない。

 松下プラズマディスプレイ(大阪府)で請負労働者として働き、違法な偽装請負の実態を一昨年、労働局に告発した。同社では有毒の鉛や有機溶剤を扱う作業にも従事。正社員は健康診断で血中の鉛濃度が高くなり勤務を交代したが、派遣には健診すらなく、待遇の違いを思い知らされた。

 「どうせ、おれの将来はホームレスですから」。数年前に別の会社で働いた時、20代の仕事仲間がぽつりと言った言葉が頭を離れない。「まじめに働く人に生活できる賃金を払うのが当然なのに、人を使い捨てしている。企業は法令順守を果たすべきだ」と憤る。

 横浜市の「よこはま若者サポートステーション」。35歳未満の若者を対象に就業を支援。12月に解説して以降、毎日3、40人が訪れる。うつ病や引きこもりのほか、いったん就職したものの上司や同僚のいじめがひどく、働けなくなる若者も多いという。

 相談スタッフの男性(42)は「ここまで若い人にひずみがきているとは…。仕事のノウハウや息の抜き方を教えた心配が今は成果主義と長時間労働にはさまれて、新人教育の余裕がなくなっているのではないか」と言う。

 派遣労働者らでつくる派遣ユニオンの関根秀一郎書記長は「若者は自分の将来像が見えない。再チャレンジの名で格差の底辺に細い糸を垂らす政策より、派遣など不安定な雇用を規制するのが先決だ」と話している。(共同通信)


 週刊ポストに愛人と同棲している事実を暴露され政府税制調査会会長の職を辞すことになった本間正明。自ら「政府資産・債務改革の基本的な方針」で官舎の売却を主張しておきながら事務次官が住むような「高級マンション(東郷台宿舎)」で愛人と楽しく暮らしていたとは矛盾も甚だしく許しがたい話です。安倍首相が最後まで本間の肩を持った理由にも疑惑が付きまとい、政府が主張する「改革」の程度が知れるような今回の解任劇でした。

 さて、そういったトップの醜聞と表裏をなすような「底辺労働者」の上記記事。「なんとかしてやれよ松下。儲かってるくせに」と個人的には思うんですが、財界は日本国民をできるだけ低賃金で働かせたいようで、正社員の残業代がなくなってしまう「21世紀の奴隷制度」ことホワイトカラー・エグゼンプションの導入さえ決まってしまいそうです。派遣社員のことなど自分には関係ないと思っている正社員たちもこのままでは残業代がなくなってしまう可能性大です。

 自民党・高級官僚・大企業は国民から収奪した富を山分けするつもりなんでしょうが、増税に加えて低所得者のみならず大企業社員からも露骨に搾取するとはさすがにやり過ぎというか末期的。死ぬか、選挙に行って反自民に投票するしか道のない低所得者層や過労死寸前の正社員が来年自民党に投票するんでしょうか。公明党だって何でもできるわけじゃないですよ。

 ソ連みたいな労働環境の国を目指しながらその一方で真の資本主義だとか愛国心だとか言っても全く説得力はありません。大体ワーキングプアー増加の影響で少子化が加速されたら同胞を見捨てて移民を受け入れればよいと考えている奴のどこが愛国者なのか。自民党及び経団連こそ国家・国民の敵なのではないでしょうか。


収容所群島(1) 1918-1956 文学的考察収容所群島(1) 1918-1956 文学的考察
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 収容所群島(1) 1918-1956 文学的考察
[著者] ソルジェニーツィン
[種類] 単行本
[発売日] 2006-08-03
[出版社] ブッ..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by リュウノスケ at 01:24| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

ソフトバンク「脅迫CM」について

 ソフトバンクのCMがブログや掲示板で話題になっています。ラクロス部員の女の子たちがソフトバンクの携帯を持っていない「きみちゃん」という仲間にイヤミを言っていじめるというどうしようもない内容。「きみちゃん」の携帯はソフトバンクじゃないので通話がタダにならないと遠回しに非難しているわけです。

 某カルト団体が「買わないと死ぬ」と脅して原価5000円の壷を200万で買わせる「脅迫商法」というのが昔社会問題になりましたが、最近では同じ手法に則った「脅迫CM」が流行しており「ファブリーズ」なんかが有名です。

 本当に必要なのか微妙なものをあざといCMで視聴者に恐怖心を植え付けて売り付けるというのは商売人として最低なんですが、熾烈な競争をしている企業からすればそんな悠長なことを言っている場合ではないんでしょう。

 それにしてもソフトバンクは通話料がタダのように見せかける新聞広告を出して公正取引委員会から警告を受けたばかりなのに孫さんは全然懲りてないですね。いじめ自殺が問題になっているこの時期に若い子を脅すようなCMを流すとは卑劣というか品性を疑います。

 膨大な投資をした携帯事業を育てたい気持ちは分かりますが、いくらなんでもこのCMは逆効果。不快感を持った人は多いんじゃないでしょうか。
posted by リュウノスケ at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第1回阪神カップ(GII)

三連単 E→F・L・N・O→F・L・N・O=1万2000円
前回までのトータル:−26万7000円
posted by リュウノスケ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする