2006年10月29日

第134回天皇賞(秋)(GI)

三連単 C→I・J・N・P→I・J・N・P=1万2000円
前回までのトータル:−19万8000円
ranking
posted by リュウノスケ at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

「不倫アナ」山本モナ『NEWS23』降板

 TBSは23日、報道番組「NEWS23」のキャスター、山本モナさん(30)が同日付で番組を降板すると発表した。所属事務所を通じ「降板したい」との申し入れがあり、受け入れたという。山本さんは先月25日に番組に登場。しかし、同29日発売の写真週刊誌で、民主党の細野豪志衆院議員(35)との交際が報じられ、今月2日から体調不良を理由に休養していた。

 所属事務所は「本人と話し合い、反省と謝罪の意を込め番組を降板させていただいた」としている。山本さんは所属事務所を通じ、「私の軽率な行動で、番組と関係者の皆さまに多大なご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありません。今後は自らを厳しく律し、信頼回復に向けて努力します」とコメントした。(毎日新聞)



 結局降板になってしまったモナ。大阪から上京してようやく掴んだ全国区デビューだったんですが、自身の「軽率な行動」で全て台無しになってしまいました。しかし、当たり前ですが人生にチャンスはそう何度もないんですよね。いまさら「自らを厳しく律し、信頼回復に向けて努力」したからといって今後『NEWS23』レベルの大きな仕事がもらえるとは思えません。自業自得ですが、本当に惜しいことをしました。

 さて、千載一遇のチャンスを逃がした不倫女子アナといえば「スイカップ」こと古瀬絵理を思い出します。古瀬はモナと違い最初から不倫で有名になったんだからセクシー路線でいけばよかったのに、東京進出の記者会見で机に置かれたスイカを完全に無視。空気が読めないにも関わらずそれなりに仕事(主にTBS)をもらっていたんですが、エロ目線を拒否したのが災いし当然のごとくフェードアウトしてしまいました。

 もちろん机にスイカを置くのも山羊の乳搾りをさせるのも完全にセクハラですし私もセクハラは大嫌いなんですが、東京で一旗揚げようとわざわざ山形から出てきたんなら嫌な顔しないで微笑んでさえいればエロオヤジたちの心を鷲掴みにできたのに。長野の局アナ出身ながらキャスターとしてはあり得ないミニスカボディコンとこれ見よがしの巨乳で有名になった「天才」斎藤陽子とはえらい違いです。

 モナは『NEWS23』登板直後のスキャンダル。古瀬は全国的に注目されていた「スイカップ記者会見」での仏頂面。人生で最も大事な瞬間にヘマをするような奴は金持ちにはなりません。人ごとながら勉強になった今回の降板劇でした。
ranking


古瀬絵理と藤沢久美のいちばんやさしい投資信託―少額のお金を増やす息の長い投資の知恵を学びましょう古瀬絵理と藤沢久美のいちばんやさしい投資信託―少額のお金を増やす息の長い投資の知恵を学びましょう
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 古瀬絵理と藤沢久美のいちばんやさしい投資信託―少額のお金を増やす息の長い投資の知恵を学びましょう
[著者]
[種..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by リュウノスケ at 01:52| Comment(0) | TrackBack(1) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

第67回菊花賞(GI)

三連単 K→J・L・O・Q→J・L・O・Q=1万2000円
前回までのトータル:−18万6000円
ranking
posted by リュウノスケ at 02:09| Comment(0) | TrackBack(4) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

メトロン星人と鉤十字の日本シリーズ

 プロ野球の日本シリーズは21日、ナゴヤドームで開幕。2年ぶりにセ・リーグを制した中日がパ・リーグ覇者の日本ハムを4−2で破り、52年ぶりの日本一に向けて先手を取った。

 中日は2回に谷繁の中前打で2点を先制。3回に追い付かれたが、その裏すかさず井上が左前へ適時打を放って勝ち越した。川上は8回まで2失点で踏ん張り、9回は岩瀬につないで逃げ切った。

 中日が日本シリーズの初戦を物にしたのは、ロッテと戦った1974年以来32年ぶり。第2戦は22日に、同ドームで行われる。(時事通信)


 「パチンコを新しくするのはウルトラセブン君だ」。やたらとCMの多いTBSの中継だったんですが、そのCMも出てくるのはメトロン星人ばかり。ウルトラセブンの名シーンを使ったパチンコ台のCMはよくできているとはいえ、さすがにあれだけ流されると食傷気味でした。

 そんなメトロン星人と共に気になったのはバックネットフェンスに書かれた広告。「なんであんな所に鉤十字が!」と思ったら来月行われる「KONAMI CUP アジアシリーズ2006」のシンボルマークらしいんですが、冠スポンサーになったコナミとNPBは一体何を考えてあのデザインにしたんでしょうか。

 昔ビートたけしが司会をしていたTBS『ここがヘンだよ日本人』でナチス将校のコスプレをした青年をゲストに呼んだらスタジオのイスラエル人があまりの憤りに泣きながら抗議を始めたことがありました。まあバラエティ番組なのでどこまでが演出なのか分からないのですが、戦後一貫してナチス戦犯を追及しているイスラエル人にとってナチス及びハーケンクロイツ(鉤十字)というのは「悪」そのものであり全存在をかけて否定しなければならない対象であることは確かです。

 そんな悪の象徴「鉤十字」にそっくりのマークを使用する日本人の無神経さ。味の素がインドネシアでしでかした豚エキス混入事件を思い出しますが、どっちにしろ在日イスラエル人があれを見たら当然のことながら不愉快でしょう。大体プレゼンやったのならあのデザインが出た時点で「これは鉤十字みたいだからやめとこうか」というのが常識でしょう。なんのために大学出たんだ。世界に恥を晒すなよ関係者。
ranking


KONAMI CUP アジアシリーズ2006


夜と霧―ドイツ強制収容所の体験記録夜と霧―ドイツ強制収容所の体験記録
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 夜と霧―ドイツ強制収容所の体験記録
[著者] 霜山 徳爾V.E.フランクル
[種類] 単行本
[発売日] 1985-01
[出版社] み..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by リュウノスケ at 23:42| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

槇原敬之盗作疑惑とパクリの作法

 漫画家の松本零士氏(68)が代表作「銀河鉄道999」のフレーズを盗作されたとして、歌手の槇原敬之(37)に抗議していると、19日発売の「女性セブン」が報じており、松本氏はスポニチの取材に「私の言葉を奪われた。どうしてごめんと言えないのか」と怒りが収まらない様子。槇原側も「盗作呼ばわりされて嫌な気分。法廷で争ってもいい」と不快感をあらわにし、全面対決の様相だ。

 問題となっているのは槇原の作詞作曲で人気デュオ「CHEMISTRY」が今月4日に発売した新曲「約束の場所」。スープのCMソングとしてお茶の間にも流れ、オリコンチャート4位に入るなどヒット中だ。

 松本氏が「盗作」と断じているのは、「夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない」――というサビの部分。これが「銀河鉄道999」(小学館刊)の第21巻に登場する「時間は夢を裏切らない 夢も時間を裏切ってはならない」というフレーズに「そっくりだ」と主張している。

 これは主人公の星野鉄郎のセリフとして使われるだけでなく、作品全体のテーマにもなっている言葉。松本氏は「私のスローガンのような言葉。これを題目に講演会などで若者にエールを送っており、ファンにはなじみ深い。彼が知らないわけがなく、勝手に使うのは盗作」として抗議した。

 両者の話し合いが持たれたのは先週末。松本氏によれば、電話で2度話したところ「当初は“知らない”と言っていたが、2度目は“どこかで聞いたものが記憶にすり込まれたのかも”とあいまいな説明に変わった」という。さらに、16日にレコード会社幹部が謝罪に訪れ「槇原本人が“記憶上のものを使用したかもしれない”と半ば認めたとの説明を受けた」と強調。「本人の口からきちんと謝ってほしい」と求めている。

 これに対し、槇原の所属事務所は「槇原が自分の言葉で作ったもの」と完全否定。「銀河…」を読んだことすらないとし「そこまで盗作呼ばわりされたら、先生の“銀河鉄道”というタイトル自体、先人が作った言葉ではないのかと言いたくなる」と不快感をあらわに。「ぜひ訴えていただいて…」とまで語り、法廷で争うことも辞さない構えだ。(スポーツニッポン)


 「夢は時間を裏切らない時間も夢を決して裏切らない」(約束の場所)と「時間は夢を裏切らない夢も時間を裏切ってはならない」(銀河鉄道999)。確かに似てますね。槇原本人やレコード会社はやや弱腰なんですが、所属事務所は松本先生の怒りを煽るような余裕のコメント。弁護士と相談して裁判で勝てると確信したんでしょう。

 確かに浜崎あゆみのパクリ疑惑なんて結構話題になったのに結局うやむやになったわけだし、歌謡曲のパクリなんてほとんど社会的に制裁されることはないんですが、一方で小林亜星が服部克久の盗作を訴えて勝利したこともありました。大丈夫と思ってヘタに余裕かましてたら痛い目に合いますよ。

 ところで以前から気になっていたんですが、槇原敬之が作詞・作曲した大ヒット曲『世界に一つだけの花』。これを初めて聴いたとき、私はすぐにミヒャエル・エンデの『モモ』に出て来る「時間の花」を思い出しました。槇原が『モモ』を読んでいたかどうかは知りませんが、もし影響を受けていたとしてもこれは問題にはならないでしょう。要するに日本の作品、特に同業者の作品から引用した場合「パクリ」と非難されるわけです。

 B’zはエアロスミスだし、奥田民生はビートルズだし、竹内まりやはカーペンターズだし、特に隠しもしないで堂々と海外から「影響を受けている」ミュージシャンも多い日本の音楽業界。ヒップホップと同じで要はパクるセンスが重要なだけです。ただ、日本人からパクったらやはりだめですよ。法的に裁かれることはほどんどないにせよ、そんな奴はファンから非難されて当然です。特にCoccoみたいにいじめられっ子キャラの人からパクるなんて最悪です。しかも元ネタより稼ぎやがって。可哀想だろ。
posted by リュウノスケ at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする