2006年08月29日

「ジョンベネちゃん事件」カー容疑者DNA鑑定の結果「シロ」

 米コロラド州でジョンベネ・ラムジちゃん=当時(6)=が殺害された事件で28日、米国人元教諭ジョン・マーク・カー容疑者(41)を調べていた検察当局は28日、DNA鑑定の結果、ジョンベネちゃんの衣服から検出された犯人のものとみられる血痕のDNA型が一致しなかったことからこの事件での訴追は見送った。

 発生から10年越しの解決に向けて注目を集めた事件は一転して振り出しに戻ったが、ロイター通信などによると、同容疑者は2001年にカリフォルニア州で発生した別の児童ポルノ容疑で捜査が継続中で、再び拘束されている。

 カー容疑者は、今月16日、入国先のタイで逮捕されていたことが発覚。タイでの捜査ではDNA鑑定に応じていなかった。その後、ロサンゼルス経由でコロラド州ボールダーに移送された。同容疑者は「私はジョンベネを愛していた。彼女が死亡した際はかたわらにいたが、事故だった」などと供述していた。(産経新聞)


 結局、単なるジョンベネちゃん好きのロリコンだったカー容疑者。メールを受けたコロラド大教授が「彼は真犯人しか知らない秘密を知っている」と自信満々に語っていたので、これで事件解決なのかな思っていたんですが、DNA型は不一致。カーは完全に「シロ」と相成りました。

 おなじみのレスラー教授は今回の件について、「アメリカ警察の恥だ」と怒っていましたが、確かにこれだけ世界を騒がせといてあっさり間違いというのも情けない話です。

 せっかく疑惑が晴れたと思ったジョンベネちゃんのお父さんもこれでまた逆戻りになってしまいましたが、事件発生直後に行われた地元警察の初動捜査が滅茶苦茶なので、もう犯人は捕まらないだろうという声も多いそうです。
ranking
posted by リュウノスケ at 19:28| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

福岡幼児3人死亡事故加害者の父親が救助活動に参加していた

 福岡市職員の今林大(ふとし)容疑者(22)=同市東区=のことを、近所の人たちは「子どもやお年寄りを大切にするまじめな青年」と見ていた。飲酒、ひき逃げという凶悪な交通犯罪を突然引き起こしたことに、周辺は衝撃を受けている。

 自宅では26日、両親が目を赤く腫らし「すみません、すみません」とひたすら頭を下げ続けていた。父親は漁業関係者でつくる水上消防団の団長。息子が起こした事故とは知らないまま25日夜、幼児3人の救助に向かっていた。同行した団員の男性は「必死に捜していた。まさか息子さんが起こした事故だったとは」と驚いていた。(共同通信)


 <3児死亡飲酒事故が和解、遺族の無過失認め賠償>
 福岡市で2006年8月に起きた3児死亡飲酒運転追突事故で、両親が車を追突させた元市職員今林大受刑者(28)(最高裁で懲役20年が確定)や同乗者ら計4人を相手取り、約3億4700万円の損害賠償を求めた訴訟の和解協議が17日、福岡地裁(田中哲郎裁判長)であった。

 訴訟は、4人が事故について陳謝し、3児に哀悼の意を表明したうえで、損害金や見舞金を支払うことで和解した。これで、事故を巡る刑事、民事の手続きは全て終了した。

 和解内容には、「被害者の急ブレーキも事故の原因」などと遺族側に過失があるとした主張を取り下げ、自らの過失を全面的に認めることも盛り込まれた。損害金などの金額は明らかにしなかった。(読売新聞、2012.10.17)
posted by リュウノスケ at 00:52| Comment(0) | TrackBack(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

第42回農林水産省賞典 新潟記念(GIII)

三連単 Q→G・K・L・O→G・K・L・O=1万2000円
前回までのトータル:−9万円
ranking
posted by リュウノスケ at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

岩手大学の学生ネットに包帯巻いた患者の写真晒して中傷

 岩手大学の男子学生(20)がインターネット上に、包帯を巻いた患者の写真を掲載し「ミイラ」などと書き込み、大学から口頭厳重注意を受けていたことが分かった。一方、学生はこの書き込みを理由に、ネット上で攻撃を受け、大学は担任がケアにも努めている。

 学生は盛岡市内のアルバイト先の書店を訪れた皮膚病とみられる患者を隠し撮りし、7月9日にネット上の日記に包帯で左腕を覆った写真を掲載。「ミイラが来た」「刺激臭がする」などと書き込んだ。この記述を直後に別の人物がネット掲示板「2ちゃんねる」に転載。学生に「死ね」などの非難が相次いだほか、岩大にも抗議電話、処分を求めるメールが届いた。

 岩大が学生に事情聴取したところ、事実関係を認めたため、所属学部長が7月28日に口頭で厳重注意した。(毎日新聞)


 学力と倫理観になんの相関関係もないのは「スーパーフリー事件」なんかを見ても明らかですが、何なんですかねこいつは。岩手大って一応国立大学でしょう。恥ずかしくないのか、いい歳して。

 町で見かけた「ブサイクな人」や「ヘンな人」をカメラ付き携帯で撮り、それを友達に見せて笑ったりする若者は後を絶ちませんが、今回は病気の人を対象にした一層悪質なケース。記事を読むと2ちゃんねらーが被害者に代わって「成敗」したとはいえ残念ながらこんなことはほとんどあり得ません。ネットで写真を晒されようが、どれほど差別的な書き込みをされようが、被害者は泣き寝入りというのが現状です。

 仮にネット中傷の被害者になっても本人は気づきようがない以上、こういうことをやっている人間が人知れず大学を卒業し、何もやってない顔して社会に巣立っていくのかと思うと空恐ろしいものがあります。『時計じかけのオレンジ』みたいだ。

 しかし、厳重注意したとはいうものの、「学生はこの書き込みを理由に、ネット上で攻撃を受け、大学は担任がケアにも努めている」っていうのは悪い冗談ですかね。ケアが必要なほどダメージを受けていると発表することによって加害者への同情を誘い、悪いのは「脅迫まがい」のメールを送り付けた2ちゃんねらーだと問題をシフトする狙いなんでしょう。卑劣です。

 「ちょっと悪ふざけしただけの将来ある学生」を救いたい岩手大学。しかし、その「温情」は被害者への侮辱であり、同時に大学関係者の自己保身でもあります。なぜなら、これは中学校でイジメ自殺が起こった際、責任問題を恐れてイジメ加害者を擁護する教員と心理的に同じだからです。この事件は現在における学校社会のモラルを端的に現していると思います。
posted by リュウノスケ at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

キングダムトラストニューヨーク事件

 「必ずもうかる」と客を募り、100億円以上を集めていたとみられる会社が今年3月、投資金を返さずに事務所を閉鎖した。これに対し、22日午後、顧客の男性が出資法違反での告訴に向け、警視庁に相談に訪れた。

 顧客の65歳の男性によると、東京・千代田区の資産運用会社「キングダムトラストニューヨーク」の実質的代表者(40)は、元本などの保証を確約して新規公開株などへの投資を募っていたが、65歳の男性のもとには投資金が戻っていない。

 男性は、「(被害は)総額で2600万円くらいになりますかね。年率で22〜23%の利益になると(説明された)」と話している。

 会社の実質的な代表者は、今年3月から所在がわからず、事務所も閉鎖されていて、被害は全国で600人以上、100億円を超えるとみられている。

 この会社は演歌歌手・瀬川瑛子さんら著名人を広告塔にしたて顧客を募っていたが、瀬川さんの事務所は「知人に頼まれ、ディナーショーに参加しただけ」と関係を否定している。(日本テレビNNNニュース)


 日テレ『今日の出来事』でもこのニュースをやってましたが、瀬川瑛子と共に新田純一がこの会社の催した「ディナーショー」に出演していました。着物にちょん髷カツラの時代劇スタイルで登場した新田は、「最近純様と呼ばれています」と言いながら客席の間を踊り歩いていました。

 しかし、久しぶりに新田純一を見たと思ったらインチキ会社の広告塔か。それなりのギャラを貰ったんでしょうが、弱り目に祟り目というか、なんかせつないなあ。
posted by リュウノスケ at 01:30| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース(投資詐欺) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする