2006年06月30日

ノアの小橋建太が腎腫瘍摘出手術

 日テレのスポーツニュース「スポんちゅ」で三沢社長が記者会見を行っていました。何事かと思ったら小橋が腎腫瘍摘出手術をするとのこと。腫瘍は右腎臓に4〜5センチの大きさだそうで、まだはっきりとは分かりませんが腎臓ガンの疑いが強いそうです。

 小橋といえば端正なマスクと筋肉質な体が印象的な正統派レスラー。三沢さんと共にノアの看板しょってる男なんだからこんな所で死んでもらっては困るわけです。敢えて言いますが橋本真也が死んだのは去年の今頃でした。しかも享年40。小橋はいま39です。総合格闘技に人気を奪われて久しいプロレス界で知名度がある数少ないレスラーだった橋本の悲劇を繰り返してはならない。小橋の腫瘍が最悪ガンであっても転移していませんように。ファンとしてはただそれを祈るばかりです。
posted by リュウノスケ at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

弱いぞ巨人

 また巨人が負けた。私は横浜ファンなので巨人が弱くても別に構わないと言いたいところなんですが、このままだと地上波のプロ野球中継がなくなっちゃうんですよね。野球解説者の豊田さんが「数年後には地上波での巨人戦の中継はなくなるだろう」と新聞で言っていましたが、この言葉はどうやら本当になりそうです。春先巨人が強かった時も視聴率が芳しくなかったし、日本テレビが巨人戦の中継をしないで芸能人の社交ダンス番組を放送しているのを見るにつけ、巨人戦というコンテンツはもうだめなんだなあと実感します。しかも人気がないのにこの弱さ。今年視聴率の実績を出しておかないと来年の編成で巨人戦はさらに減ってしまうでしょう。

 まあボヤいていても仕方がないので少しだけ巨人の現状分析でもしてみます。
 まず現時点で巨人は首位から8.5ゲーム差の4位で借金は3つです。今日負けたので連敗は8に延びました。巨人は今月一度8連敗しているのでこれで6月二度目の8連敗。ついでに言っておくとこの試合で今月17敗目なんですが、巨人の球団史上一月に17敗もしたことはかつて一度もないそうです。どうしてこんなに弱いのかというとひとえに怪我人が多いんですね。上原(右太もも裏肉離れ)は帰ってきましたが、小久保(右手親指骨折)、高橋由(左脇腹の内腹斜筋の軽い肉離れ)、矢野(左足第5中足骨の疲労骨折)が未だに故障中です。阿部も腰痛で今日は加藤が出ていました。いまの戦力ではさすがの原監督もお手上げらしく、元阪神のアリアス(メキシカンリーグ・ティフアナ)を急遽獲得したというニュースが28日に報じられました。しかし、アリアスって阪神クビになってからメキシコでやってたのね。余計なお世話ですがいまさら日本に連れて来て打つんでしょうか。まあ故障者が復帰するまでに借金が10を超えたら優勝はほぼ不可能ですからなりふり構っていられないんでしょう。

 とにかく故障者が早く治るしかない巨人ですが、現状で褒めるべき選手を最後に挙げておくとルーキーの福田ですね。今日も150キロを超えるストレートをガンガン投げていました。スライダーのキレがいまいちなので抑えるのが大変そうでしたが、フォークでも覚えたら物凄いピッチャーになります。それまで潰さないように大事に使って欲しいなあ原監督。
posted by リュウノスケ at 02:58| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

上野樹里キレる

 26日に映画「笑う大天使(ミカエル)」の完成試写会が行われたという話題を「2時ピタッ!」でやっていました。人気少女漫画が原作らしいんですが、リポーターの人からしたら映画なんてどうでもいいわけで、さっそく主役の上野樹里にオリラジ藤森との仲を質問していました。どうせにこにこしながら「いい友達です」とかなんとか言って誤魔化すんだろうなあと思っていたら、なんと上野は相手を小馬鹿にするようなヤな顔をして「はぁ?」と聞こえない振り。すげえな上野。そりゃイヤだとは思うが、中学生かよ。昔トシちゃんが結婚記者会見で「俺はビッグだ」と横柄な口を利いて干されてしまったという悲しい事件がありましたが、トシちゃんレベルでもそんなことになるのに上野は大丈夫なんでしょうか。まあ別にどうでもいいんだけどね。

 ワイドショーは秋田の鈴香容疑者の話題から渋谷の誘拐事件にシフトました。評論家の宮崎哲弥が新聞の社会面やテレビのニュースなんて所詮娯楽だと言っていましたが、まさにマスコミうってつけのおもしろニュース。被害者も死んでないしね。資料VTRもいっぱいあるし、今週はこれでいくのかな。
posted by リュウノスケ at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006FIFAワールドカップ・決勝トーナメント「イタリア×オーストラリア」

 TBSで見たんですが、なにかの事故なのか試合開始時間になっても東京のスタジオのまま。ようやく現地に切り替わるともう試合が始まっているのであった。ガーン。
 序盤はスローペース。イタリアの美技をもっと見せてくれと言いたくなるほど見せ場がない。オーストラリアの守備が堅いのかな。日本もオシムじゃなくてヒディングに頼んだ方がいいんじゃないか。ってどっちもそんなに知らないけどさ。前半19分伊ジラルディーノ、21分トニのシュート。おしかったが得点ならず。その後両チームシュートチャンスはあったものの決められず前半終了。
 後半開始5分伊マテラッツィが反則タックル。レッドカードで一発退場。なにやってんだ。イライラするのでオーストラリアを応援することにする。点が入らないままロスタイムに入り、後半47分豪痛恨のファールで伊PK。これを王子トッティが決めた所でタイムアップ。あーあ。PKになったファールは反則っぽくなかったけどなあ。オーストラリアは審判に負けたってとこですかね。

 東京のスタジオに戻り、極楽とんぼ加藤が「素晴らしい試合でした」とかなんとか感想を言っていると、東京渋谷で有名美容整形外科医の娘が誘拐されたという臨時ニュースが!しかし、TBSはヘンだな。バリバリバリューかなんかの被害者親子が出演した金持ちVTRをこれでもかと流してるよ。これ見たら誰だって自業自得じゃんって思うぞ。自局の番組に出てくれた素人(しかも犯罪被害者)に対してこの仕打ち。TBS恐るべし。
posted by リュウノスケ at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする