2018年02月21日

厚生労働省裁量労働制データ捏造問題 その1

 働いた時間に関係なく賃金が支払われる「裁量労働制」をめぐり、厚生労働省は19日、一般労働者と裁量制で働く人の労働時間を異なる条件で比較し、裁量労働制の方が短いとする不適切なデータを作成していたと公表した。今国会に提出予定の「働き方改革関連法案」には裁量労働制の対象拡大が盛り込まれており、データは裁量労働制の効果を示す根拠として安倍晋三首相の答弁にも引用(後に撤回)された。法案審議に影響が出るのは必至だ。

 厚労省によると、データの根拠になったのは「平成25年度労働時間等総合実態調査」。厚労省はこれを元に、裁量労働制の労働時間(1日平均9時間16分)は一般労働者(同9時間37分)より短いとする比較データを作成した。

 しかし、調査は一般労働者に「1カ月で最も長く働いた日の残業時間」を尋ねたのに対し、裁量制では1日の平均的な労働時間を聞いており、比較には不適切だった。さらに、一般労働者の残業時間に法定労働時間の8時間を加えたものを「労働時間」としていたほか、1日の残業が「45時間」などと誤って記された例が少なくとも3件あったのに、それらも加えて平均を算出していた。

 比較データは27年3月の民主党(当時)の厚生労働部門会議に初めて示され、その後も塩崎恭久前厚労相や今年1月の安倍首相の国会答弁で使われた。野党から指摘を受け、厚労省は今月7日、加藤勝信厚労相に「調査の方法や定義が不明確」と報告したという。

 厚労省は「意図的に数字を作ったわけではない。異なる方法で選んだ数値という認識がないまま比較した」と釈明。同日午前の衆院予算委員会理事会に調査結果を報告し謝罪したが、野党側が反発し、質疑は一時中断した。

 菅義偉官房長官は記者会見で「極めて不適切だった」と述べ、加藤氏も午後の予算委で謝罪。ただ、菅氏は働き方改革関連法案について「労働者にとっても極めて重要な改革。実現に向け全力で取り組む」と強調し、今国会での成立を目指す考えを強調した。

 ◇

 裁量労働制 実際に働いた時間に関係なく、あらかじめ定めた時間を働いたとみなし、賃金を支給する制度。仕事の進め方が労働者の裁量に大きく委ねられる職種が対象で、弁護士や新聞記者などの「専門業務型」と、企画や調査などを担う事務系の「企画業務型」の2類型がある。労働者が主体的に業務の遂行手段や時間配分を決定できるとされるが、深夜や休日に働いた場合以外には割増賃金が支払われない。政府は多様で柔軟な働き方につながると裁量制拡大を推進。労働組合は「長時間労働につながる」と反対している。(産経新聞、2018.2.19)
posted by リュウノスケ at 22:52| Comment(0) | ニュース(労働問題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大杉漣逝去

 俳優大杉漣さんが、21日午前3時53分、急性心不全で死去した。66歳だった。

 大杉さんは、徳島県小松島市生まれ。73年に舞台デビューし、74年からは転形劇場の初期メンバーとして活躍。映画デビューは80年で、幅広い役柄を演じる演技派として知られ「ソナチネ」「HANA−BI」など、北野武監督作品には欠かせない俳優としても活躍。最近も、現在放送中のテレビ東京系「バイプレイヤーズ」(水曜午後9時)にも出演している。

 音楽やスポーツなど趣味も多く、ドキュメンタリー番組やナレーションなど多方面で活躍。サッカーJ2徳島の熱烈なサポーターとしても知られていた。(日刊スポーツ、2018.2.21)


 ご冥福をお祈りします。
posted by リュウノスケ at 21:32| Comment(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

第35回フェブラリーステークス(GI)

三連単 N→A・I・K・O→C・D・E・J・L・M=2400円
三連単 N→C・D・E・J・L・M→A・I・K・O=2400円
三連単 A・I・K・O→N→C・D・E・J・L・M=2400円
三連単 A・I・K・O→C・D・E・J・L・M→N=2400円
三連単 C・D・E・J・L・M→N→A・I・K・O=2400円
三連単 C・D・E・J・L・M→A・I・K・O→N=2400円
前回までのトータル:−363万3330円
回収率:55.6%
posted by リュウノスケ at 13:58| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

石牟礼道子逝去

 高度成長の矛盾を象徴する水俣病の悲惨な実態を告発した「苦海浄土(くがいじょうど)」などで知られる作家の石牟礼道子(いしむれみちこ)さんが十日、パーキンソン病による急性増悪のため死去した。九十歳。熊本県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は長男道生(みちお)氏。 

 出生直後、現在の天草市から水俣市に移住。一九五八年に、詩人谷川雁(がん)らの月刊誌「サークル村」結成に参加して文学活動を始めた。六九年、水俣病患者らへの聞き書きによる記録文学「苦海浄土−わが水俣病」を刊行。方言による幻想的で美しい語りを通して、被害者らの苦しみを浮かび上がらせた。この作品が、多くの人々が水俣病に目を向けるきっかけの一つとなった。同作品で第一回大宅壮一ノンフィクション賞に選ばれたが、受賞を辞退した。

 「苦海浄土」は未完となっていたが、二〇〇四年に完成させた。作家の池沢夏樹さんが「世界文学全集」を編集した際には、世界で読まれるべき日本文学として唯一、この作品が選ばれた。

 石牟礼さんは著述の傍ら一九六八年に「水俣病対策市民会議」の結成に参加。六九年の水俣病第一次提訴以降、患者らによる原因企業チッソとの自主交渉にも加わった。七〇年代前半の初期闘争では、患者への支援活動にも深く関わった。

 七三年には「アジアのノーベル賞」といわれるマグサイサイ賞を受賞。二〇〇二年、水俣病をテーマに現代文明を批判する新作能「不知火(しらぬい)」を発表した。

 晩年も意欲的に執筆活動を続け、一三年には「石牟礼道子全集 不知火」(全十七巻)を完結させた。

 <「苦海浄土(くがいじょうど)」> 四大公害病の一つで1956年に公式確認された水俣病をテーマに、被害の実態とともに患者と家族らの苦しみや憤りを描いた文学作品。69年に石牟礼道子さんが「わが水俣病」の副題を添えて刊行した。続編として74年に発表した「天の魚」は、シリーズの第3部に位置付けられている。第2部に当たる「神々の村」は、2004年に出版された。(東京新聞、2018.2.10)


 ご冥福をお祈りします。


<参照>
ウィキペディア 石牟礼道子
posted by リュウノスケ at 16:24| Comment(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第111回京都記念(GII)

三連単 D→E→@・A・B・C・F・G・H・I=2400円
三連単 D→@・A・B・C・F・G・H・I→E=2400円
三連単 E→D→@・A・B・C・F・G・H・I=2400円
三連単 E→@・A・B・C・F・G・H・I→D=2400円
三連単 @・A・B・C・F・G・H・I→D→E=2400円
三連単 @・A・B・C・F・G・H・I→E→D=2400円
前回までのトータル:−361万8930円
回収率:55.7%
posted by リュウノスケ at 14:29| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする