2017年03月28日

東京03豊本不倫を認める

 女優でモデルの浜松恵(34)が28日、ブログを更新し、お笑いトリオ東京03豊本明長(41)との間で男女の関係を示唆するLINEのやりとりがあったと、この日発売の週刊誌「FLASH」で報じられた件について事実を認めた。

 浜松は「東京03豊本明長さんとの件についてご報告させて頂きます。誌面やネットで書かれている通り事実なので反論のしようがないのですが、ご迷惑をおかけしてしまった関係者の方々には深くお詫び申し上げます」(原文のまま)と謝罪した。

 一方で「ただ、男女ならこういう会話って時にはする事あるんじゃないかなと思います」ともつづった。豊本は14年に女子プロレスラーのミス・モンゴルこと上林愛貴と婚約しており、浜松はパートナーがいる豊本との男女関係をブログで認めた。その上で「元々、恋愛体質という性格もあるのですが、今回のLINE流出は見た方には過激だったかもしれませんが、私の中では普通の会話と思っていました。恥ずかしさとかはありませんが、信頼していた友人に裏切られたのが今回の報道で1番ショックでした。(もう友人とは思っていませんが…)」とLINEのやりとりを流出させた関係者を批判した。

 浜松は12年に、狩野英孝と川崎麻世との不倫を報じられた。また16年5月には、リズムネタ「本能寺の変」で人気のエグスプロージョンおばらよしお(34)との子どもを妊娠・流産したと報じられ、ブログでその事実を認めている。(日刊スポーツ、2017.3.28)


 なんでこんな恐ろしい女に手を出すのか。狩野英孝が入籍6日で浮気した相手だろ。


<参照>
ウィキペディア 濱松恵
posted by リュウノスケ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高木京介巨人復帰

 熊崎勝彦コミッショナーは27日、野球賭博に関与したとして1年間の失格処分を受けていた高木京介元巨人投手(27)の球界復帰を認めたと発表した。巨人は育成選手として再契約した。背番号は「028」。年俸は230万円。日本野球機構(NPB)によると、野球賭博で失格処分を受けた選手の現役復帰は初めて。

 復帰した高木京は東京・大手町の巨人の球団事務所で記者会見し「非常に罪が重く、簡単に償うことができないと十分に理解している。何で償えるかといったら野球しかない」と神妙に語った。

 処分期間満了後の23日に巨人が意見書を添えて日本野球機構(NPB)に復帰申請書を提出し、NPB調査委員会が本人と面談するなど精査。報告書を受けた熊崎コミッショナーは「痛切な反省の下に家族らへの思いも含め、賭け事に一切手を出すまいと固い決意をしたという経緯を承っている」と復帰を認めた。

 野球賭博問題では2015年10月に巨人の元選手ら3人の関与が発覚し、無期失格処分を受けた。高木京も16年3月に関与が明らかになったが、関わり方などが異なるとして、1年間の失格処分となっていた。(金額は推定)

 ◆「同じ過ち犯さない」

 プロ選手の身分を失い、涙に暮れた記者会見から約1年。失格処分を経て、球界に復帰した高木京が再び深々と頭を下げた。「真摯(しんし)に野球に取り組み、2度と同じ過ちを犯さないように努めたい」。硬い表情を崩すことなく、決意を口にした。

 失格処分の直後は「野球をやる資格がない」と思い悩んだが、その1カ月後に国学院大時代の恩師に諭されて復帰を決意したという。

 野球賭博への関与が発覚した後の調査で、違法スロット店に出入りしていたことが判明したことにも触れ「考えが非常に甘かった」と反省。「これからは公営も含め一切の賭け事はしないことで、少しでも信頼を回復したい」とギャンブルとの決別を改めて誓った。

 昨夏から母校で復帰に向けてトレーニングを行っていた。現在はブルペン投球をしている段階といい、実戦からは遠ざかっているため育成からの再スタート。今後は3軍で練習を始める。

 野球賭博で失格処分後に初めて現役選手で復帰した立場だけに、球団側では選手に向けた講習会で実体験を語る案も出ているという。「積極的に貢献したい」と高木京。過去の過ちを再発防止に役立てる意欲も示した。(東京新聞、2017.3.28)


ところが2016年3月8日、巨人は東京・大手町の読売新聞東京本社で緊急会見を開き、新たに投手の高木京介が野球賭博に関わっていた疑いがあることが新たに判明した。高木京からの聴取に基づく球団発表によると、2014年4月に高木京は笠原を介して野球賭博常習者である飲食店経営者と賭けをしており5月まで笠原が賭けた試合で一緒に3〜4回、計8〜9試合を対象に賭けを行ったが総額で50万〜60万円程度負けたため、以後野球賭博をやめ、その後の笠原や飲食店経営者の誘いも断っていたという。球団は8日付で高木京を当面の間謹慎処分とし、野球賭博を禁じた野球協約に違反したとして、NPBならびに熊崎に告発し、最終的な処分をNPBに一任した。4人目の野球賭博関与者の発覚という新たな事態を受け、巨人は渡邉顧問、白石オーナー、桃井会長の3首脳が引責辞任することも併せて発表した。なお、翌9日には白石オーナーの後任として3月11日の球団臨時株主総会並びに臨時取締役会を経て読売新聞グループ本社取締役最高顧問(読売新聞東京本社元社長)の老川祥一が就任し、社外取締役として松田昇(弁護士、元預金保険機構理事長)を招聘し、松田を球団オーナー代行に就任させる人事を発表した。なお、巨人が球団幹部に読売新聞社ならびに読売グループに在籍したことがない人物、および巨人の球団OB以外の人物を起用するのは今回が初めて。3月10日、巨人・山岸均取締役連盟担当がNPBを訪れ、高木京が野球賭博への関与を禁じる野球協約180条に違反したとする告発状を熊崎コミッショナーに手渡した。

3月11日、読売新聞東京本社で読売巨人軍球団臨時株主総会および臨時取締役会を開催。渡辺顧問・白石オーナー・桃井会長の引責辞任ならびに老川・松田の就任が正式決定した。老川新オーナーは就任記者会見を開き、冒頭「この度の不祥事で大変な信頼感を損失することになりました。すべての野球ファン、他の球団のみなさま、すべての球界関係者に深くおわび申し上げます。」と謝罪し、「一刻も早く事実を究明し、体制を立て直し、巨人軍の信頼を回復させたい」と意欲を示した。なお、老川新オーナーは白石前オーナーが務めていた「12球団オーナー会議」の議長職を「他の球団に迷惑を掛けた」として辞退する意向を表明している。

だが3月14日、2012年から自チームの公式戦の勝敗に絡んで1軍選手の多数が現金のやりとりをしていたことが判明された。巨人によると選手が試合ごとに現金を出し合い、投手と野手に分かれて行われる試合前の円陣で「声出し」と呼ばれる発声を担当した選手が、試合に勝てば1人あたり5000円の「ご祝儀」を受け取り、負ければ全員に1000円ずつ払うルールで一度で最大14万円の現金が動いていた。なお、NPBの調査委員会と巨人は、いずれも2015年の秋に行なった調査でこれを認識していたものの「ゲン担ぎ」として認識。調査報告書では未公表だった。今回の件についてNPB調査委員会の大鶴基成委員長は、選手の拠出金が一試合当たり5000円でプロ野球選手としては少額なことなどを理由に八百長や敗退行為にはつながらないと判断していたことを明らかにした。ちなみに、現在は『野球賭博と誤解される』としてこのような金銭のやり取りは、球団で禁止されている。一方、退団した笠原は産経新聞・サンケイスポーツの取材に対し、円陣でのゲン担ぎがあったことを認めた上で「最初は勝てば1000円を受け取るが、連勝で3000円、3連勝で5000円…と拠出金が増えていくシステムがあった」と発言。なお、これに対し巨人球団は産経新聞社に対し「名誉毀損」として記事の訂正を求める抗議書を送った。

声出しによる金銭授受について甲南大学法科大学院教授で刑法学者の園田寿弁護士によると、賭博罪は「(1)結果を制御できない事象を対象に金銭をやり取りする(2)双方が損をする可能性を共有すること」が条件であり、今回の「試合の勝ち負けを対象にして、勝てば円陣の選手たちが声出しの選手に現金を支払い、負けると声出しの選手が円陣の選手に支払うルール」は賭博罪の2つの条件に当てはまるとし、少額の金銭授受であったために問題としなかったことに対しても「大金持ちならば何億円かけても賭博に当たらないことになってしまう」として、金額の多寡は関係ないと述べた。(ウィキペディア 読売ジャイアンツ所属選手による野球賭博問題 高木京介案件の発生)


 悪質度の突出した笠原将生は別として松本竜也・福田聡志と高木にそれほど違いはあるんでしょうか。戦力として高木がどうしても必要ならば松本・福田も復帰させて2人はすぐに解雇すればいいのに。巨人と熊崎が贔屓しても野次られるだけだろ高木。


<参照>
ウィキペディア 読売ジャイアンツ所属選手による野球賭博問題
posted by リュウノスケ at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関根元死去

 1993年に埼玉県の愛犬家ら男女4人が殺害された事件で、殺人などの罪で死刑が確定した元犬猫繁殖販売業、関根元死刑囚(75)が27日、東京拘置所で死亡したことが関係者への取材で分かった。病死とみられる。

 判決によると、関根死刑囚は93年4〜8月、犬の販売をめぐるトラブルから、会社役員の男性=当時(39)=に猛毒入りカプセルを飲ませるなどして4人を殺害。一、二審は死刑を言い渡し、2009年6月に最高裁が上告を棄却し、確定した。

 関係者によると、昨年11月に体調を崩し、治療を受けていたが、27日早朝に死亡したという。(時事通信、2017.3.27)


 埼玉県で平成5年、愛犬家ら4人が相次いで殺害された事件で、殺人や死体損壊罪などで死刑が確定した元犬猫繁殖業、関根元・死刑囚が27日、収容先の東京拘置所で死亡した。75歳。関係者が明らかにした。

 関係者によると、昨年11月、拘置所内で心臓発作を起こし、外部の病院に救急搬送された。その後、拘置所内で治療を受けていた。

 関根死刑囚は元妻の風間博子死刑囚(60)と共謀して5年、犬の高額売買をめぐる金銭トラブルから埼玉県行田市の男性会社役員=当時(39)=ら3人に猛毒の硝酸ストリキニーネ入りカプセルを飲ませるなどして殺害し、遺体を切断、焼却して捨てた。関根死刑囚はさらに、行田市の主婦=当時(54)=も同様に毒殺し、遺体を遺棄した。

 1、2審ともに死刑判決を受け、最高裁も平成21年6月、「いずれの犯行も計画的で動機に酌量の余地はない」「冷酷無慈悲で悪質極まりない」などと指摘して上告を棄却、死刑が確定した。

 関根死刑囚は「犯行は元妻が主導した」、風間死刑囚は「一部の遺体損壊や遺棄に関与しただけで、(元夫に)利用された」と主張していた。(産経新聞、2017.3.27)


<参照>
ウィキペディア 埼玉愛犬家連続殺人事件
posted by リュウノスケ at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

「高校野球史上初」2試合連続15回引き分け再試合

 <センバツ高校野球>◇26日◇2回戦

 大会第7日は甲子園史上初の2試合連続引き分け再試合となった。

 第2試合の滋賀学園−福岡大大濠が延長15回、1−1で引き分け再試合。続いて行われた第3試合の高崎健康福祉大高崎(群馬)−福井工大福井も7−7で15回引き分け再試合となった。

 NHKテレビの第3試合のアナウンサーは「歴史に残る一日となりました」と実況した。

 甲子園で大会規定(18回または15回)による延長引き分け再試合が1大会で2度以上も初めて。第2試合では福岡大大濠の三浦銀二投手(3年)が15回、196球を1人で投げ抜いた。

 2試合続けて引き分け再試合となったことで日程が変更された。再試合はいずれも明後日28日に行われることが決まった。また準々決勝翌日の休養日がなくなり決勝戦は31日に行われる。

 【27日=2回戦3試合】

▽第1試合:秀岳館−作新学院(午前9時開始)

▽第2試合:東海大福岡−早実

▽第3試合:静岡−大阪桐蔭

 【28日=引き分け再試合】

▽第1試合:福岡大大濠−滋賀学園(午前11時開始)

▽第2試合:高崎健康福祉大高崎−福井工大福井

 【29日=準々決勝4試合】

 【30日=準決勝2試合】

 【31日=決勝】
(日刊スポーツ、2017.3.26)


 勝利なきマウンドへ福岡大大濠の三浦が走る。延長十五回。「再試合がある。そこにつながる終わり方をしなければ」。十三回から連続して三塁に走者を背負ったが、最後は小飛球を自らつかんでひとまず試合の幕を引いた。あいさつ後、握手を交わす選手はいない。戦いは続く。

 196球を投げ切った。打者の懐を直球で、これでもかと攻めた。安定した下半身主導のフォームで、驚くべきは制球ミスがほとんどないこと。この直球のおかげでスライダーなどの変化球も生きた。警戒していた1番真藤からは5三振を奪った。バックも無失策でもり立てた。

 八、九回から右腕の握力の低下や下半身の疲労を感じていた、という。八木監督も毎回、体調を確認していた。それでも「相手がしっかり投げていたのでスイッチを入れ直せた」。言葉通りなら三浦の粘投は、滋賀学園の2投手が引き出した、ということか。

 滋賀学園は東海大市原望洋戦で棚原が14回、192球を投げ抜いた。この日の朝、メンバー表には棚原の名前が再び書き込まれていたが、選手間の話し合いを経て、捕手の後藤が棚原の温存を山口監督に勧めた。

 公式戦初先発となった宮城が八回途中までを1失点に抑える。「ここまで投げられるとは思っていなかった」。マウンドを継いだ棚原は1回戦同様にスライダーが切れた。「三浦君が良かったので1点取られたら負けだと思った」。ここでも好投が好投を呼んだ。

 昨秋の公式戦は13試合すべてに完投した三浦。再試合での登板を問われると間髪を入れずに「もちろんです」。継投の滋賀学園に対し、第3試合も引き分け、1日の休養日ができたことがせめてもの救いだ。(朝日新聞、2017.3.26)


 今大会ナンバーワン投手の三浦(福岡大大濠)が15回196球完投するのを見るとさすがに堪忍袋の緒が切れます。プロ野球ファンとして球数制限はおろかタイブレークすら導入する気のない高野連は許せません。

 八木啓伸福岡大大濠監督は試合後すぐに三浦の再試合先発を明言しましたが、高校時代最速157キロの安楽が現状140キロ中盤しか出ないことを忘れないでほしいと思います。教え子の将来を考えるのが指導者の役目です。


<参照>
日刊スポーツ センバツ スコア速報 福岡大大濠 対 滋賀学園 試合終了】◇2回戦=延長15回◇甲子園◇観衆=25000人 2017年03月26日17時53分48秒更新
日刊スポーツ センバツ スコア速報 福井工大福井 対 高崎健康福祉大高崎 試合終了】◇2回戦=延長15回◇甲子園◇観衆=23000人 2017年03月26日18時31分13秒更新
ウィキペディア 延長引き分け再試合規定 (高校野球)
posted by リュウノスケ at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第24回マーチステークス(GIII)

三連単 A→B・E・G・I・J・N→@・C・D・F・H・L・O=4200円
三連単 A→@・C・D・F・H・L・O→B・E・G・I・J・N=4200円
三連単 B・E・G・I・J・N→A→@・C・D・F・H・L・O=4200円
三連単 B・E・G・I・J・N→@・C・D・F・H・L・O→A=4200円
三連単 @・C・D・F・H・L・O→A→B・E・G・I・J・N=4200円
三連単 @・C・D・F・H・L・O→B・E・G・I・J・N→A=4200円
前回までのトータル:−302万2360円
回収率:57.0%
posted by リュウノスケ at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第47回高松宮記念(GI)

三連単 F→A・B・E・H・K・L・N・Q→C・I・J・M・O・P=4800円
三連単 F→C・I・J・M・O・P→A・B・E・H・K・L・N・Q=4800円
三連単 A・B・E・H・K・L・N・Q→F→C・I・J・M・O・P=4800円
三連単 A・B・E・H・K・L・N・Q→C・I・J・M・O・P→F=4800円
前回までのトータル:−302万2360円
回収率:57.0%
posted by リュウノスケ at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする