2018年01月16日

第158回芥川賞・直木賞

 第158回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が16日夕、東京・築地の新喜楽で開かれ、芥川賞には石井遊佳さん(54)の「百年泥」(新潮11月号)と若竹千佐子さん(63)の「おらおらでひとりいぐも」(文芸冬号)の2作が、直木賞には門井慶喜さん(46)の「銀河鉄道の父」(講談社)がそれぞれ選ばれた。

 石井さんは初候補で受賞した。作品はインドで日本語教師として働く女性の物語。大洪水で1世紀にわたり川底に堆積した泥が巻き上げられ、中から出現した品々にまつわる人々の混然とした記憶が実体化していく。

 若竹さんはデビュー作、初候補での受賞。2013年に75歳で受賞した黒田夏子さんに次ぐ高齢記録となる。新たな老いの境地を描いた受賞作は、74歳で独り暮らしの桃子さんが主人公。夫は他界、子どもらとも疎遠な日常の中、心には懐かしくもにぎやかな東北弁の声が満ち始める。

 選考委員の堀江敏幸さんは、石井さんの「百年泥」について「混沌(こんとん)としたインドの現実と奇想、妄想をうまく物語に収めた」と評価。若竹さんの「おらおらでひとりいぐも」については「東北弁と標準語をバランス良く配し、言葉に活気、勢いがある」と、年齢を感じさせない「若々しさ」に言及した。

 一方、門井さんは3回目の候補。作品は「銀河鉄道の夜」で知られる宮沢賢治とその父・政次郎の関係を描く。何事にも前のめりな息子への愛と、親としての建前のはざまで揺れる父の姿が浮き彫りにされる。

 選考委員の伊集院静さんは「歴史的事実だけでなく、賢治を思う父、父を思う賢治という、人間の感情が非常にうまく書かれていた。門井ワールドと言える短い文章で端的に表し、ユーモアもある」とたたえた。

 人気バンド「SEKAI NO OWARI」で活動し、デビュー作で直木賞の候補となった藤崎彩織さん(31)は受賞を逃した。(時事通信、2018.1.16)
posted by リュウノスケ at 22:11| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

アラカンロヒンギャ救済軍宣戦布告

 ミャンマー西部ラカイン州で国軍車両に対する襲撃事件が起き、イスラム系少数民族ロヒンギャの武装集団「アラカン・ロヒンギャ救世軍」(ARSA)が7日、犯行を認める声明を出した。声明は、住民保護を理由に攻撃を続ける可能性を示唆している。

 事件は5日に発生し、国営メディアによると、兵士5人が負傷した。ARSAは昨年8月25日、警察施設などを襲撃。国軍との衝突に発展し、国連の集計ではこれまでに65万5500人の住民が隣国バングラデシュに逃れた。

 声明は、昨年9月5日以降は掃討作戦を行っていないというアウン・サン・スー・チー国家顧問の説明は「見え透いたうそ」で、ロヒンギャ住民への「政府や国軍のテロ行為や戦争犯罪、人道に対する罪は続いている」と非難。「ロヒンギャ社会を守るには戦うしか選択肢がない」と強調し、「合法的な闘争の続行」を宣言した。(時事通信、2017.1.7)


 ミャンマー西部ラカイン州から少数派イスラム教徒ロヒンギャが隣国バングラデシュへ大量に逃れている問題で、ロヒンギャの武装組織「アラカンロヒンギャ救済軍(ARSA)」は11日までに、同州マウンドー北部の村落で今年1月5日朝、ミャンマー軍の拠点に待ち伏せ攻撃を仕掛け、5人を負傷させたことを認めた。

 ARSAのアタ・ウラー指導者がツイッターに声明を掲載した。昨年10月の停戦終了後、同組織が関与を認めた攻撃は初めて。

 ARSAは組織再編や戦闘員勧誘を進めているとされ、今回の声明は新たな武装闘争の開始を告げる可能性がある。ロヒンギャ問題の外交解決を探るミャンマー、バングラデシュ両国関係を緊張化させ、イスラム教に基づく聖戦を唱える国際的組織の注意を引き付ける可能性もある。

 ラカイン州では昨年8月にテロ組織の攻撃を受けたとするミャンマー軍が掃討作戦を始め、65万人以上のロヒンギャがバングラデシュ側へ大量避難した。ロヒンギャ居住地での虐殺、組織的なレイプや焼き打ちなど過酷な作戦手法も指摘され、民族浄化の試みとの非難もある。

 ミャンマーは仏教徒が圧倒的な多数派で、ロヒンギャは国籍付与も認められない差別を受けている。

 ミャンマーの国営紙「ミャンマーの新しい灯」によると、1月の襲撃では軍用車両が手製の爆発物で攻撃され、治安部隊と襲撃グループとの交戦も起きた。

 ミャンマー軍によると、ARSAの戦力は最大で1万人。ただ、数百人規模との見方もある。ARSAの存在が初めて公になったのは2016年10月、ラカイン州の警察の国境検問所が襲われ、警官ら9人が殺害された時だった。(CNN、2017.1.11)


 内戦になればミャンマー軍が大手を振って「テロ掃討作戦」という名の民族浄化を行えます。目の前で女子供が虐殺されているならば最低限の自衛は必要ですが、全面対決を避け、できるだけ平和的にロヒンギャの苦難を国際社会に訴えていくしかないんじゃないでしょうか。


<参照>
Newsweekjapan アルカイダがミャンマーに聖戦を宣言----ロヒンギャ迫害の報復で
ウィキペディア アラカン・ロヒンギャ救世軍
posted by リュウノスケ at 17:54| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第58回京成杯(GIII)

馬単 I→A・C・E・J=6000円
馬単 A・C・E・J→I=6000円
前回までのトータル:−356万8740円
回収率:55.7%
posted by リュウノスケ at 13:04| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第65回日経新春杯(GII)

三連単 B→F→@・C・H・J・K=2000円
三連単 B→@・C・H・J・K→F=2000円
三連単 F→B→@・C・H・J・K=2000円
三連単 F→@・C・H・J・K→B=2000円
三連単 @・C・H・J・K→B→F=2000円
三連単 @・C・H・J・K→F→B=2000円
前回までのトータル:−356万8740円
回収率:55.7%
posted by リュウノスケ at 12:45| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

秋元優里アナ竹林カーセックス不倫

 フジテレビアナウンサーの秋元優里(34)に不倫疑惑が再浮上した。

 秋元といえば、入社4年目にして滝川クリステルの後任として「ニュースJAPAN」に抜擢され、現在は「BSフジLIVEプライムニュース」のメインキャスターを務める、局を代表する女子アナの1人だ。

 父は元エリート外交官で、宮内庁の現・式部官長。美人アナとして、オジサン視聴者をすっかり虜にしたことでもフジ社内の評価は高かった。

 5年前、アナウンス室の後輩、生田竜聖アナ(29)と結婚して1女をもうけたものの、2016年に別居報道が出た。その際、MCとして出演する人気番組「ワイドナショー」で、別居については認めたが、不倫疑惑については「やましいことはないです」と断言していた。

 ところが昨年、小誌に「秋元は不倫疑惑の相手と密会している」との情報がもたらされる。その情報を元に動き始めた「週刊文春」取材班は、驚愕の光景の連続に目を疑うことになった。

 美貌の裏に隠されていたワイルドな素顔――秋元は、横浜市郊外の田園地帯の「竹林」や「小屋」で夫以外の妻子ある男性と密会を重ねていたのだ。(週刊文春、2018.1.9)


<参照>
デイリーニュースオンライン フジテレビ秋元優里アナが不倫現場を押さえられた?完全否定は嘘だった
posted by リュウノスケ at 00:27| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カヌー選手禁止薬物混入事件

 日本カヌー連盟は9日、昨年9月のスプリント日本選手権(石川県小松市)で鈴木康大選手(32=福島県協会)が小松正治選手(25=愛媛県協会)の飲み物に禁止薬物の筋肉増強剤メタンジエノンを混入させ、小松選手がドーピング検査で陽性となったと発表した。鈴木選手は2020年東京五輪代表入りを争うライバルを陥れようとしたと説明しているという。

 日本アンチ・ドーピング機構(JADA)によると、他者からの混入によるドーピング違反発覚は国内初。カヌー連盟は鈴木選手を定款上最も重い除名処分とする方向で、3月にも理事会に提案する。石川県警も捜査に乗り出した。

 JADAは鈴木選手に8年間の資格停止処分を科し、暫定的に資格停止としていた小松選手の処分を解除した。

 ともに昨夏の世界選手権に出場したトップ選手。五輪のフェアプレー精神に反する極めて悪質な鈴木選手の行為で、東京五輪の開催国として大きなイメージダウンとなった。

 スポーツ庁の鈴木大地長官は「日本のスポーツ史上あまり聞いたことがない性質のもので、非常にがっかりしている」と話した。

 カヌー連盟の古谷利彦専務理事によると、小松選手の陽性反応を知った鈴木選手が昨年11月、電話で混入を認めた。鈴木選手には若手の台頭で焦りがあったという。10年ごろから国内大会や日本代表の海外遠征中にパドルの破損や紛失、現金の盗難などが度々発生。鈴木選手は一部への関与を認め、小松選手以外への妨害行為も証言した。

 禁止物質を含むサプリメントの錠剤は、昨年8月中旬の海外遠征中にインターネットで購入したことも分かった。石川県警は禁止薬物混入のほか、競技で使用する道具を盗まれたとする被害届を小松選手から受理した。

 古谷専務理事は「スポーツマンシップという日本人のみなさんが長年積み上げられてきた美徳を著しく失墜させるもの。指導が行き届かず、おわび申し上げる」と謝罪した。

 カヌー連盟はドリンク保管所を大会中に設置するなどの再発防止策も発表した。(日刊スポーツ、2018.1.9)


 昨年9月の日本カヌースプリント選手権でライバル選手のドリンクボトルに禁止成分を含むステロイドを混入させ、飲ませた鈴木康大(32)が日本アンチ・ドーピング機構(JADA)から8年間の資格停止処分を下された問題で、日本カヌー連盟の成田昌憲会長と、古谷利彦専務理事が9日、都内で謝罪会見を行った。

 自身の競技成績の向上のためではなく、他人をおとしめるためという前代未聞のドーピングスキャンダル。発覚は本人の“自白”からだったという。古谷専務理事によると11月20日に鈴木本人が面会に訪れ、今回の薬物混入を“自白”。その後の調査などで複数のトップ選手への道具の窃盗や破壊という妨害行為を行ったことも明かしている。当時、鈴木は「私自身、大変弱い人間でした。無実の小松正治をこのままにしておけない。日本がアンチ・ドーピングの中、カヌーはやっていると思われたくない」と、話したという。

 被害者の小松正治(25)=愛媛県国体競技力向上対策本部=は同大会で優勝したものの、ドーピング検査で陽性となり、JADAから暫定的資格停止処分を受けていた。

 小松は日本カヌー連盟を通じ「今回、周囲の皆さまのご支援を得て、競技生活に復帰できることとなったことについて、心より感謝の言葉を述べたいと思います。2020年の東京五輪出場を目指して、日本代表として、今後とも競技に精進していく所存です」と、コメントしている。(デイリースポーツ、2018.1.9)


 昨年9月のカヌー・スプリント日本選手権で鈴木康大選手(32)が他の選手の飲み物に、禁止薬物を混入させた問題を受け9日、04年アテネ五輪・陸上男子ハンマー投げ金メダリストの室伏広治氏(43)が都内で取材に応じた。

 「前代未聞でスポーツマン精神に反する出来事。大変残念で言語道断」と話す一方で、被害を受けた側の対策も重要だと指摘。「実際に私も選手村で食事中、席を離れる際は必ず誰かに見させていた。帰ってきた時も変わったことはなかったかを確認し、食事をしていた。徹底していた」と自身の経験を振り返った。

 対策を取るようになったきっかけを聞かれ「海外ではよくある話。ボトルを1回空けて席を離れたら、もう飲むなというのは当たり前」と語った。

 日本人選手の自己防衛意識については「日本のアスリートはもう少し危機感を持つべきだと思う。口にするものはアスリート自身の責任というのは当然のこと」と断言。今後の対策は競技団体を中心に教育、指導を徹底すべきとした。

 事件の教訓について「今回の場合、フェアプレー精神に著しく反するが、そういう危機感を持つことは重要だと教えてくれた。国際的に活躍選手は今後、対策は必要だと思う」と警鐘を鳴らした。(日刊スポーツ、2018.1.9)


 日本スポーツ界に、前代未聞の不祥事が起きた。日本カヌー連盟は9日、昨年9月のスプリント日本選手権(石川県小松市)に出場した鈴木康大(32=福島県協会)が、大会中に小松正治(25=愛媛県協会)の飲み物に禁止薬物を混入させ、小松がドーピング検査で陽性となったと発表した。鈴木は過去に小松らのパドルなどを破壊、窃盗したことも認めている。ともに昨夏の世界選手権代表で、東京五輪を目指すトップ選手が、若手のライバルを陥れた事件。開催国としてもイメージダウンとなった。

 常識が覆された。強い倫理観とモラルの高さで、五輪でドーピング違反者はゼロの日本。その信用が崩れる事件が起きた。ライバルに“薬を盛る”という最悪の事態。日本アンチ・ドーピング機構(JADA)が鈴木に8年間の資格停止処分を科し、暫定的な資格停止となっていた小松の処分を解除した。この発表を受け、都内で会見した日本カヌー連盟の成田昌憲会長は「わびてもわびきれない。完全に裏切られた」と苦悶(くもん)の表情を浮かべた。

 昨年9月11日の日本選手権カヤックシングル200メートル。鈴木は小松のレース中に小松の飲料水ボトルをロッカー室に持ち込んだ。インターネット通販で購入した筋肉増強剤メタンジエノン(50錠、1300円)1錠を混入後、何事もなかったように元に戻した。前日10日の同500メートルで鈴木は5位。小松は3位。練習でも何度も力負けしており、関係者によると「本能的にもう勝てない」と実感し、妨害行為に及んだという。ただ最終的に200メートルも小松1位、鈴木8位だった。

 知らずに飲んだ小松はレース後のドーピング検査で陽性になった。同年11月17日の日本代表の沖縄合宿で、日本連盟の古谷利彦専務理事が5時間以上かけ、反ドーピングの啓発とともに選手1人1人へ聴取を行った。3日後の同月20日。良心の呵責(かしゃく)にさいなまれた鈴木が涙ながらに古谷専務理事に自白した。

 代表合宿や試合などで10年ごろからパドルなど道具の破損や紛失、現金の盗難が発生。これらに関しても鈴木は過去にライバル選手の道具を壊したり盗んだことを認めた。薬物混入の際も小松のパドルなどを盗んだ。他の3選手とは示談が成立したが、金銭を盗んだことも認めた。現在は千葉県の実家で謹慎している。

 小松は薬物混入とパドルを盗まれた件で、被害にあった試合会場の管轄でもある石川県警に被害届を提出した。日本連盟は、鈴木を除名処分とする方針を固め、県警の捜査を待って、今春にも最終処分を下す見通しだ。小松は検査で陽性になったことを真っ先に鈴木に打ち明けるほど、2人の関係は良好だっただけに周囲も驚きを隠せなかった。

 他者からの混入によるドーピング違反発覚は国内で初めて。日本連盟は再発防止策として、大会中にドリンク保管所を設け、医薬品相談窓口も開設する。東京五輪が2年後に迫り、これから代表争いは過熱する。今回の問題はスポーツ界全体に波紋を広げそうだ。(日刊スポーツ、2018.1.10)


 昨年九月に開催されたカヌーのスプリント日本選手権(石川県小松市)で、鈴木康大選手(32)=福島県協会=がライバルの小松正治選手(25)=愛媛県協会=の飲み物に禁止薬物を混入させ、小松選手がドーピング検査で陽性となった問題で、日本カヌー連盟は九日、鈴木選手を定款上、最も重い除名処分とする方向となった。三月にも理事会に提案する。石川県警も捜査に着手した。

 同連盟の古谷利彦専務理事によると、小松選手の陽性反応を知った鈴木選手が昨年十一月、電話で混入を認めた。二〇一〇年ごろから国内大会や日本代表の海外遠征中にパドルの破損や紛失、現金の盗難などが度々発生。鈴木選手は一部への関与を認め、小松選手以外への妨害行為も証言したという。

 禁止物質を含むサプリメントの錠剤は、昨年八月中旬の海外遠征中にインターネットで購入したことも分かった。

 石川県警は禁止薬物混入のほか、競技で使用する道具を盗まれたとする被害届を小松選手から受理した。古谷専務理事は、理事会の開催時期について「(捜査が)終わり次第、速やかに」と述べた。

 連盟はドリンク保管所を大会中に設置するなどの再発防止策も発表した。

 この問題で、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は鈴木選手に八年間の資格停止処分を科し、暫定的に資格停止となっていた小松選手の処分は解除した。

 ◆真っ先に被害相談した相手が…

 鈴木選手は日本選手権の1000メートルで優勝を果たすなどエキスパートとして知られる。チェコで開かれた昨夏の世界選手権では日本代表として出場。日本カヌー連盟の古谷利彦専務理事は「福島のジュニアやキッズに教えていた。指導者の側面もあった」と話す。

 代表選手の中でも三十二歳とベテランの域に達し、「康さん」と呼ばれて周囲に慕われ、時には後輩に助言することもあった。春園長公(おさひろ)常務理事は鈴木選手と小松選手の関係について「非常に仲が良かった」と説明。小松選手はドーピング検査で昨年十月二十日にA検体の陽性が分かると、すぐに鈴木選手に電話をかけて相談したほど信頼を置いていた。鈴木選手をよく知る連盟関係者も「競技のマナーもいいし、あいさつもきちんとしていた」と語る。

 同十一月十七日の強化合宿では、連盟側が実名を出さずにA検体の陽性反応が選手内から出たことを報告し、アンチ・ドーピングの理念の啓発を行った。その際、鈴木選手は「内部の犯行ではない。仲間にはいない」とかばうような発言を一番強い口調で訴えていたという。

 連盟側の調査に対し、鈴木選手は「私の愚かで弱い部分があった」と述べた。これまで五輪経験がないだけに、古谷専務理事は「地元での五輪にぜひ出たいという焦りがあったと思う」と指摘した。(東京新聞、2018.1.10)


<参照>
ウィキペディア 鈴木康大
posted by リュウノスケ at 00:18| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする