ダフネ・カルアナガリチア暗殺事件

 地中海の島国マルタの女性記者ダフネ・カルアナガリチアさん(53)が16日、マルタ島北部の自宅付近で自身の車に仕掛けられた爆弾によって殺害された。

 マルタのムスカット首相の夫人は、各国指導者らのタックスヘイブン(租税回避地)利用の実態を記載した「パナマ文書」で知られる中米パナマの銀行に隠し口座を保有していたと批判を浴びており、カルアナガリチアさんは口座について、アゼルバイジャンの銀行関係者からのリベート受け取りに使われたと主張していた。

 目撃者の証言によると、カルアナガリチアさんの体は爆発により近くの畑に吹き飛んだ。地元メディアの報道によれば、カルアナガリチアさんは何者かに脅迫を受けたとして、今月初めに警察に訴えていた。

 ムスカット首相は事件に関し「政治的にも個人的にも、彼女が私を厳しく批判してきたのは周知の事実だが、このような野蛮な行為を正当化できる者などいない」と強く非難。総力を挙げて捜査に努めるよう治安当局に指示した。(バレッタAFP=時事、2017.10.17)


 ご冥福をお祈りします。
posted by リュウノスケ at 00:38| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AKBCD不法投棄事件

 福岡県太宰府市の山中にアイドルグループ「AKB48」のCD585枚を捨てたとして、県警は16日、同市の会社員の男(32)を廃棄物処理法違反容疑で書類送検した。筑紫野署への取材でわかった。「選抜総選挙の投票券を抜いた後の処分に困って捨てた」と話しているという。

 筑紫野署によると、男は6月10日、太宰府市内の山中にシングルCD585枚を捨てた疑いがある。

 AKB48の選抜総選挙は、CDに付属するシリアルナンバーを専用のサイトに入力することで、好みのメンバーに投票できる。得票数が多いメンバーが、次のシングル表題曲を歌うメンバーに入れる仕組みだ。

 CDは千葉県の男性が、6月に沖縄県であった選抜総選挙のために購入。入力作業の協力をLINEで呼びかけ、男らファン仲間4人が応じた。大分県の男性に約1千枚(段ボール約20箱分)が届いた後、4人は6月9日に福岡県那珂川町の公園で開封。男は引き取った段ボール11箱分を車で持ち帰る途中に廃棄した。

 6月12日朝、山を散歩中の住民が見つけて通報。段ボールには千葉や大分の男性の連絡先などが書かれていたという。(朝日新聞、2017.10.17)
posted by リュウノスケ at 00:08| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

第22回秋華賞(GI)

三連単 C→@・A・F・M・O→E・G・J・K・L・P=3000円
三連単 C→E・G・J・K・L・P→@・A・F・M・O=3000円
三連単 @・A・F・M・O→C→E・G・J・K・L・P=3000円
三連単 @・A・F・M・O→E・G・J・K・L・P→C=3000円
三連単 E・G・J・K・L・P→C→@・A・F・M・O=3000円
三連単 E・G・J・K・L・P→@・A・F・M・O→C=3000円
前回までのトータル:−326万7040円
回収率:57.7%
posted by リュウノスケ at 11:21| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

清水良太郎覚醒剤取締法違反で逮捕

 覚醒剤を使用したとして、警視庁目白署は、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、ものまねタレント、清水アキラさん(63)の三男でタレントの清水良太郎容疑者(29)=東京都中野区江古田=を逮捕した。調べに対し、「覚醒剤については使った覚えがない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は9月下旬から10月10日にかけて、都内またはその周辺で若干量の覚醒剤を使用したとしている。

 目白署によると、10日午後1時40分ごろ、豊島区西池袋のホテルで、30代の接客業の女性から「男に薬物を飲まされた」と110番通報があった。

 同署の捜査員が駆けつけたところ、車でホテルから出ようとした良太郎容疑者を発見、任意同行を求めた。その後、任意での採尿に応じた良太郎容疑者の尿から覚醒剤の成分が検出されたため、翌11日に同容疑で逮捕した。

 通報した女性の尿から覚醒剤の成分は検出されなかったが、体調不良を訴えたため、都内の病院に救急搬送されたという。

 良太郎容疑者はバラエティー番組のほか、テレビドラマや舞台に出演するなど俳優としても活動。今年1月下旬には、違法カジノ店に出入りしたとして、所属事務所が謝罪コメントを出していた。(産経新聞、2017.10.12)


 風俗嬢に覚醒剤を強要するなんてヤクザがやることですよね。記者たちの前で父アキラが謝罪していましたが、本人は容疑を否認。犯行態様は極めて悪質であり、同情の余地は全くないと思います。


 <清水容疑者キメセク疑い「薬飲まされた」風俗嬢通報>
 ものまねタレント清水アキラ(63)の三男、タレント清水良太郎容疑者(29)が覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで警視庁目白署に逮捕されたことが12日、分かった。東京・池袋のラブホテルで風俗嬢が「薬物を飲まされた」と110番し発覚。当初否認したが後に容疑を認め、尿検査で陽性反応が出た。“キメセク”をしようとした疑いもある。アキラはこの日夜会見し、涙を流し事務所からの解雇を明言した。

 良太郎容疑者の逮捕容疑は9月下旬から10月10日までの間に、都内またはその周辺で、若干量の覚醒剤を使用した疑い。逮捕当初「使った覚えはない」と容疑を否認していたが、後に認めたという。

 目白署などによると、10日午後1時40分ごろ、東京・西池袋2丁目のラブホテルで30代女性から「男に薬物を飲まされた」と110番通報があった。警察官が現場に駆け付け、車でホテルから出ようとしていた良太郎容疑者を同署に任意同行。同日午後5時ごろ、所属事務所社長で兄の清水友人氏が同署で身柄を引き受け、いったん帰宅した。

 翌11日午後9時ごろ警察が都内の自宅を訪れ、尿から覚醒剤の陽性反応が出たとして逮捕。家宅捜索したという。当時、アキラも自宅エリアにいたが、逮捕の瞬間はその場に居合わせず、見ていなかったという。関係者によると通報した女性は派遣型風俗店の従業員で、陰性反応だったが体調不良を訴え救急搬送されたという。女性の通報内容などから、良太郎容疑者は、薬物を使って性的行為をする通称「キメセク」を、この女性相手に強要しようとした可能性も浮上している。

 アキラは12日午後9時15分ごろから会見し、涙で良太郎容疑者を突き放した。その約5時間前、都内自宅前で取材に応じた清水友人社長によると、良太郎容疑者は当初「遊んでいてトラブルになった」と説明し尿検査にも「大丈夫、大丈夫」と話したという。弟の逮捕に友人氏は「まさか、そこまでとは思っていなかった」と衝撃を受けていた。

 所属事務所は同日午後、報道各社に「多大なご迷惑をおかけいたしました事、深くお詫び申し上げます」と記した謝罪ファクスを送信。逮捕について「事実確認を現在おこなっている状況」とした。良太郎容疑者はライブやディナーショーの予定がいくつか入っており、キャンセルの対応に追われているという。

 今年2月、写真誌に闇カジノ店に出入りした違法賭博疑惑を報じられ、舞台降板など芸能活動を休止した。6月にライブで復帰した時会見し、店に2度出入りしたものの金は賭けていないとし「自分の不注意、甘さだったと思う」と涙を浮かべ謝罪。アキラに「報道が出た限り次はない」と厳しく言われたと明かし「新たな気持ちで仕事に励みたい」としたばかりだった。

 アキラは7月に自身のブログで、違法賭博疑惑について「子どもはいくつになっても自分の子であり、責任は親にあると思います」と思いをつづっていた。

 ◆清水良太郎(しみず・りょうたろう)1988年(昭63)8月15日、東京都生まれ。06年にNHK大河ドラマ「功名が辻」で俳優デビュー。その後ミュージカル「テニスの王子様」や映画「ごくせん THE MOVIE」やドラマなどに出演。ものまねタレントとしても活動。16年に一般女性と結婚し、同年に女児が誕生していた。(日刊スポーツ、2017.10.13)


 <トレエン斎藤、清水良太郎容疑者から「来年消える」>
 トレンディエンジェルの斎藤司(38)が、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕されたタレントの清水良太郎容疑者(29)から初対面時に言われた心無い一言を明かし、「二面性を感じた」と語った。

 斎藤は13日放送のフジテレビ系「バイキング」に出演。清水容疑者が違法賭博疑惑を報じられた当時、「個人的には絶対にやってるなって思った」という。

 その理由は清水容疑者とものまね番組で初めて対面した時の印象からだという。「僕が2年前にすごく忙しい時に、『忙しいでしょ?』って言われて。初対面なんですけど『まあ、来年消えるしね』って……。初対面の人への対応の仕方が、なんかちょっと違和感を覚えた」と清水容疑者から言われた言葉を明かした。

 斎藤はその場は笑って済ませたそうだが、その後の番組収録で清水容疑者が周囲の大人に対して謙虚な姿を見せていたことに「二面性を感じましたね、良い子の部分を大人に見せる」と語った。(日刊スポーツ、2017.10.13)


<参照>
テレビ大菩薩峠 清水良太郎違法賭博疑惑
posted by リュウノスケ at 02:06| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

アディーレ法律事務所業務停止

 東京弁護士会は11日、事実と異なる宣伝を繰り返したとして、弁護士法人アディーレ法律事務所を業務停止2カ月、元代表の石丸幸人弁護士を業務停止3カ月の懲戒処分とした。

 事務所は、ウェブサイト上で期間を限定して過払い金返還請求の着手金を無料や割引にするなどとうたうキャンペーンを繰り返していたが、実際には5年近く、無料や割引のサービスを続けていた。消費者庁は平成28年2月、景品表示法違反(有利誤認)に当たるとして、事務所にこうした表示をしないよう求める措置命令を出した。

 これを受け、事務所や所属弁護士に対する懲戒請求が東京弁護士会などに起こされていたという。

 事務所のホームページによると、事務所は東京の本店をはじめ、全国86カ所に拠点を構え、180人以上の弁護士が所属しているとしている。(産経新聞、2017.10.11)


<参照>
ウィキペディア 石丸幸人
posted by リュウノスケ at 20:08| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする