2016年12月10日

長谷川穂積引退

 世界ボクシング評議会(WBC)スーパーバンタム級王者で世界3階級制覇を達成した長谷川穂積(35)=真正=が9日、神戸市内で記者会見し、「これ以上証明するものがなくなった」と現役引退を表明した。これまで世界王者のまま自らの意思で引退した日本選手は世界ボクシング協会(WBA)ミニマム級王者だった新井田(にいだ)豊(後に復帰)だけで、極めて異例だ。

 1999年にプロデビューし、2005年4月にバンタム級王座を獲得。5連続KO防衛を含む日本人2人目の10連続防衛に成功した。10年11月にはフェザー級、ことし9月に3階級目となるスーパーバンタム級で王者になった。35歳9カ月での世界王座奪取は日本男子の最年長記録だった。戦績は36勝(16KO)5敗。

 ◆忘れた試合一つもない 一問一答

−印象に残っている試合は。

「全部が印象に残っているし、一つも忘れた試合はない。初めてチャンピオンになった試合(05年4月16日、ウィラポンに判定勝ち)は夢がかなった瞬間だったのですごくうれしかった」

−競技生活で一番誇れることは。

「自分に負けないこと。トレーニングだけはいつも自分に負けないようにやってきた」

−亡くなった母裕美子さんは引退をどう思っていると感じているか。

「無事に健康で引退できたということを喜んでくれていると思う」

−今後について。

「年内はゆっくりして、来年から新しいステージでチャンピオンになれるように挑戦したい」

−長谷川選手にとってボクシングとは。

「ボクシングは僕の人生の全て。これからもずっとボクサー長谷川穂積として生きていきたい」

 ◇

 世界王者のままリングを去る。すべてのボクサーが憧れる引き際。「チャンピオンのまま、一番楽しい時に引退したいと思ってきた。今が一番美しい」。長谷川はやり切った表情で胸の内を明かした。

 3階級目を獲得するまでの5年5カ月はどん底。周囲から「もう長谷川は終わった」という声も聞こえてきた。「体と心が一致すれば誰にも負けない自信がある。それを証明したかった」。反骨心と己を信じる力。ことし9月、自らの拳で結果を出した。

 9月以降、続行か引退か、揺れ動いた時期もある。ふとボクサーになったころを思い出す。お金がほしかったのではない。有名になりたいわけでもない。どれだけ強いのか。それを知りたかった。「この前の試合で答えが出た。もう(目的を)探す意味がない。体はつくれても、気持ちをつくるのは難しい」

 5戦目までは3勝2敗。目立たないボクサーだった。「自分に負けない」と誰よりも練習に励み、持ち前のスピードに磨きをかけた。バンタム級王座で防衛を重ね、果敢に打ち合うスタイルでファンを魅了。当時は亀田3兄弟、内藤大助がお茶の間をにぎわせていた。しかし、05年からの5年で4度の年間最優秀選手賞を獲得するなどリング上は「長谷川の時代」だった。

 ファンからは「もっと見たい」という声もある。長谷川は「腹八分くらいがちょうどいい。ご飯と一緒」と笑う。実際は幾多の激闘であご、右脇腹、左手親指を骨折し、満身創痍(そうい)。身を粉にしてボクシングにささげた17年だった。(東京新聞、2016.12.10)


 ボクシングのWBC世界スーパーバンタム級王者長谷川穂積(35=真正)が9日、神戸市内で現役引退を表明した。世界王者のまま引退するのは国内では初めて。9月に5年5カ月ぶりに世界王座に返り咲き、現役を続ける考えもあったが、希望していた王者のままリングを去ることを決断した。今後は実業家や指導者への道を模索する。勇敢な打ち合いで魅了したレジェンドが、プロ17年間の現役生活に終止符を打った。

 元WBC世界バンタム級王者の辰吉丈一郎は、長谷川の引退を知ると「なんで?」と驚いた。98年12月に辰吉が敗れたウィラポンから、05年4月に王座を奪ったのが長谷川だった。何度も長谷川の試合を観戦した辰吉は「3階級制覇もすごい功績、自慢していいんちゃう。胸張っていい。体もガタがきてると思うしよく頑張ったとしか言いようがない」とねぎらった。(日刊スポーツ、2016.12.10)


 WBCのベルトを取り戻して引退した長谷川穂積。余力があるので本人も会見で復帰をちらつかせていましたが、冗談なのかマジなのか。とりあえずおつかれさまでした。
posted by リュウノスケ at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

崔順実事件 その2

 韓国国会は9日、朴槿恵(パク・クネ、Park Geun-Hye)大統領の弾劾訴追案の採決を行い、賛成234票、反対56票で可決した。これに伴い、朴氏の大統領権限は停止された。憲法裁判所(Constitutional Court)が弾劾を認め朴氏を大統領職から罷免するかどうかを180日以内に判断するまで、大統領の職務は首相が代行する。

 一方で、朴大統領は国内に政治的混乱をもたらしたことについて謝罪し、政府に対して、経済、安全保障の面で抜かりのない対応を続けるよう求めた。

 弾劾訴追案の可決後、朴氏はテレビ放送を通じて国民に向けた声明を発表し「われわれの国が経済から国防に至るまで本当に多くの困難に直面している最中に、私自身の不注意によりこのような混乱を生んでしまい誠に申し訳なく思う」と謝罪した。(AFPBB News、2016.12.9)


posted by リュウノスケ at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アフガニスタン人難民少年ドイツ女子医学生強姦殺人事件

 ドイツで女子医学生(19)をレイプして殺害した容疑で難民申請中のアフガニスタン人少年(17)が逮捕された事件について、反移民感情をあおるとの懸念から報道を控えたドイツ公共放送ARDに批判が殺到している。

 ARDは3日、夜のニュース番組「ターゲスシャウ(Tagesschau)」でアフガン少年逮捕のニュースを報道しないことを決めたが、これについてインターネット上では膨大な批判が巻き起こった。

 こうした批判に対しARDのカイ・グニフケ(Kai Gniffke)ニュース担当部長は、番組内の国内ニュースでは「個人による犯罪事件を報道することは非常にまれ」であり、「社会、国内、海外」の分野で適切と判断した出来事を主に扱っていると説明した。

 しかしソーシャルメディア上では、「ポリティカル・コレクトネス(政治・社会的な公正さ)」の立場を維持したいとの思惑や、政府のリベラルな移民政策に否定的なイメージを与えるとの懸念から事件を故意に無視したとの番組批判は収まっていない。

 ドイツのアンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相は2015年におよそ90万人、16年にはさらに30万人の難民・移民を受け入れてきたが、これに関する評価は敬意と厳しい批判とに割れている。(AFPBB News、2016.12.8)


 ドイツの警察と検察当局は3日、19歳の女子医学生をレイプし殺害した容疑で、難民申請中のアフガニスタン人少年(17)を逮捕したと発表した。

 ドイツ南西部フライブルク(Freiburg)当局は記者会見で、このアフガニスタン人少年のDNAが犯行現場で発見され、防犯カメラの映像でも人物が特定されたため、この少年は2日に逮捕されたと発表した。

 容疑者の少年は事件について捜査当局に対し何も話していないという。少年は2015年に保護者を伴わずにドイツに入国し、ホストファミリーと共に暮らしていた。被害者の女性は同市内を流れるドライザム(Dreisam)川のほとりで今年10月16日に遺体となって発見された。検視によると死因は水死だったという。

 被害者の女性は15日夜、学生のイベントに参加後に自転車で家路についたが、その数時間後に遺体で発見された。当局は被害者と容疑者間の個人的なつながりは発見されていないと述べた。

 この事件はドイツで大きなニュースになった。その後11月10日にもフライブルクに近いエンディンゲン(Endingen)の森でジョギングをしていた27歳の女性が性的暴行を受けて殺害される事件が発生した。エンディンゲンの事件は未解決で、捜査当局は現在のところフライブルクの事件との間の関連を立証していない。

 アフガニスタン人少年の逮捕はソーシャルメディアの炎上を招き、同国のアンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相に対し「感謝する」と皮肉を言う人もみられた。62歳のメルケル首相は来年4期目を目指しているが、難民・移民に門戸を開いた以前の政策で批判を浴び、現在は移民・難民の同国への流入に歯止めをかけようとしている。

 ドイツで行われた難民申請は2015年には89万件に達したが、トルコから欧州連合(EU)域内への移民流入の抑制を目指してEUとトルコが合意した後の今年1〜9月の期間では21万3000件に減少していた。

 移民による凶悪犯罪が発生したことで、ドイツへの難民大量流入に対する国民の怒りの声が高まっている。(AFPBB News、2016.12.4)
posted by リュウノスケ at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

テレビ朝日田中萌・加藤泰平アナ不倫交際

 テレビ朝日の人気アナウンサー・田中萌(25)が、共演する30代の男性アナウンサーと交際していることが「週刊文春」の取材により明らかとなった。男性は約3年前に一般女性と結婚している。

 田中アナは早朝5時前から始まる情報番組「グッド!モーニング」のMCを務めている。

「山形出身、明治大学政治経済学部卒、入社2年目のホープです。入社後4カ月の研修を終えてまもない昨年9月末に『グッド!モーニング』に抜擢されました。ベテランアナの松尾由美子(37)、セントフォース所属のタレント新井恵理那(26)とともに番組のMCを務め、『三姉妹』と呼ばれています」(テレ朝関係者)

 2人の関係は局内でも噂になっていたが、週刊文春では11月25日、番組の打ち上げ後に、男性アナが田中アナの自宅マンションを訪れ、翌朝、帰途につく様子を撮影した。

 田中アナは直撃取材に対し、「すみません。私からは何もお話しできないんです」。男性アナは「会社を通してください」と答えた。

 小誌は報道番組に携わる2人が不倫関係にあることについて、テレビ朝日に見解を質したが、同社広報部は「プライベートなことですので、コメントは控えさせていただきます」と回答した。(週刊文春、2016.12.7)


 テレビ朝日の報道・情報番組「グッド!モーニング」(月〜金曜前4・55)のサブMCを務める田中萌アナウンサー(25)と加藤泰平アナウンサー(33)が8日、同番組への出演を取りやめた。

 8日発売の「週刊文春」が2人の不倫疑惑を報道。同局は事実関係について「プライベートなことですので、お答えは控えさせていただきます」とする一方で、2人の出演については「報道・情報番組ということもあり、出演を当面見合わせることにしました」と説明していた。

 番組は今月2日、「2016ユーキャン新語・流行語大賞」のニュースを伝えた際、「ゲス不倫」「センテンススプリング」「文春砲」がノミネートされながら大賞を逃した「週刊文春」記者・文春(ふみはる)君にインタビューしたVTRを流した。

 (VTRからスタジオに戻り)
 田中アナ「いや〜、本当に今年は文春の記事が話題になりましたね」
 吉野真治アナ「そうですよね。そこで取材記者の方に、あらためてですね、今後、いつ文春砲が発動されるのか、聞いたんです。そうすると、気になる内容だったんですね。その時のやり取りを再現してみます。田中アナは質問したディレクター役をお願いします」
 (やり取りが文字表示され)
 田中アナ「(番組ディレクター役)次の文春砲はいつですか?」
 吉野アナ「(週刊文春記者役)まぁ、来週号で1個大きいの、あるんじゃないですか」
 田中アナ「(番組ディレクター役)えっ?内容は?」
 吉野アナ「(週刊文春記者役)ん…現場を震撼させるような…」
 田中アナ「(番組ディレクター役)現場?ちょっとヒントを頂けませんか?」
 吉野アナ「(週刊文春役)ん…何ですかね…」
 田中アナ「(番組ディレクター役)何でしょうか?」
 吉野アナ「(週刊文春記者役)ん…最後に逃げられたくないんで。勘弁して」

 この時点で「週刊文春」の取材は大詰めだったといい、田中アナは自身に降りかかるとは予想だにしなかったのか…。(スポニチ、2016.12.8)


 先日新聞を読んでいたら女性大学教授が不倫した女性有名人を叩くのはよくないと書いていました。その方は著名なフェミニストのようでしたが、性の自己決定権・家制度の問題性などの理屈は分かるとしても、現行の結婚制度が存在する以上田中萌的な女を庇って加藤泰平の奥さんを無視するのは筋としておかしいのではないか。

 私の違和感はベッキー擁護の芸能人たちをネット住民が川谷の奥さん目線で批判していたのと同じ。まあ川谷や加藤のようなゲス野郎が一番悪いんでしょうけど。


田中萌アナ「次の文春砲はいつですか?」自身に降りかかる



posted by リュウノスケ at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

千葉大医学部集団強姦致傷事件 その2

 千葉大医学部の男子学生3人が女性に集団で性的暴行をしたとして逮捕された事件で、千葉県警は5日、新たに医師の藤坂悠司容疑者(30)=千葉市中央区院内=を準強制わいせつ容疑で逮捕した。県警によると、大筋で容疑を認めているという。

 同事件で県警は、被害者への配慮や捜査への影響を理由に、先に学生3人を逮捕したことを公表しなかった。今回の逮捕に合わせて、容疑者全員の実名や住所を発表した。県警捜査1課は今回発表した理由について「捜査の見通しがつき、被害者からある程度理解が得られたため」などと説明した。

 発表によると、医学部学生3人は集団強姦(ごうかん)致傷容疑で11月21日に逮捕された。逮捕されたのは吉元将也(23)=千葉市中央区亥鼻=、山田兼輔容疑者(22)=同区旭町=、増田峰登容疑者(23)=同区本町=。いずれも当初容疑を一部否認していたが、今は大筋で認めているという。

 3人の逮捕容疑は共謀し、9月20日午後7時半から翌21日午前0時半ごろまでの間、千葉市内の飲食店で知人の20代女性にわいせつな行為をした上、同午前5時ごろまでの間、増田容疑者宅でもわいせつな行為をし、けがをさせた疑い。

 藤坂容疑者の逮捕容疑は吉元、山田両容疑者と共謀し、9月20日午後10時から約2時間半、同じ飲食店で、酒を飲んだ被害女性にわいせつな行為をした疑い。

 県警は他にも複数の人物が事件に関与したとみて、捜査を続けている。(時事通信、2016.12.5)


<参照>
日刊ゲンダイ 超エリート法曹一家の息子も 千葉大集団強姦“犯人の正体”
posted by リュウノスケ at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

荒川博逝去

 元プロ野球巨人の打撃コーチとして、王貞治氏に「一本足打法」を指導した荒川博(あらかわ・ひろし)氏が4日午後、心不全のために東京都内の病院で死去した。86歳。東京都出身。葬儀・告別式の日取りは未定。

 東京・早稲田実業高から早稲田大を経て1953年に毎日(現ロッテ)に入団し、外野手としてプレー。61年に現役を引退し、62年から70年まで巨人でコーチを務めた。「素振りをしていた部屋の畳がすり切れた」「集中力を研ぎ澄ませるため、日本刀で素振りをした」などのエピソードが残る猛練習は「荒川道場」と呼ばれ、伸び悩んでいた王氏を一流の打者に育てた。

 68年には阪神戦で王氏への危険球を巡りバッキー投手と乱闘となった。74年から76年途中までヤクルトの監督を務めた。

 現役時代の通算成績は9年間で503安打を放ち、打率2割5分1厘、16本塁打、172打点。監督通算は127勝142敗20分け。(日刊スポーツ、2016.12.4)


<参照>
ウィキペディア 荒川博
posted by リュウノスケ at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする